サンタクルーズ











この区別により、次の二つの出来事、すなわち、グリンダーとバンドラーがサンタクルーズへの車の旅で遊んだゲームと、最初のグループ会合で異なる色の紙が授与されたことの文脈の記述に潜在するパターンを説明できます。最初の例に注意してください。この例です。


 I see what you are saying

 私は貴方が言っていることを見ます 

 
 I feel what you are saying is unclear

 私は貴方が言っていることが不明瞭だと感じます

 

分析:下線を引いた述語(動詞と形容詞)は、それらが前提としている感覚モダリティに関して明確に述べていることに注意してください。次の分類はこれを明白にします。

    

参加者の述語

指示されたリプレゼンテーショナルシステム

見る see

視覚

言っている saying

聴覚

感じる feel

体感覚

言っている saying

聴覚

不明瞭 unclear

視覚

 

含まれている文全体の交差するモダリティマッピングを示す図式は、次のようになります

 
 I see what you are saying

私は貴方が言っていることを見ます。 

 

  視覚          聴覚

 (私は見ます)      (貴方が言っていること)

 
 I feel that what you are saying is unclear

 私は貴方が言っていることが不明瞭だと感じます。

 

  体感覚         体感覚          視覚

 (私は感じます)     (貴方が言っていること)  (不明瞭だ)

 

従って、私たちが直感的にやっていたことは、言語的に共感覚をそれらの定義的特徴として反映したよく形式化されたアメリカ英語の文章のセットの例を生み出すことでした。

 

これらの共感覚パターンは、NLPパターン化における多くの場所で役割を果たします。特に、サブモダリティのワーク(例:スウィッシュパターン)や、これらのクラスのパターン化の神経学的基盤として機能するメタファーにおける使用が考えられます。

 

第2のグループのパターン−新しいグループの最初の会合での参加者のミニプレゼンテーション−は、実際には共感覚パターンよりもかなり単純です。それらは、話している人の基盤として活性化され動作しているリプレゼンテーショナルシステムについて明確に述べられた述語の、話者による使用の例です。以前提供された例は、


はい、こんばんは。私の名前はリンダです。私は皆さんとここにいることに本当に興奮を感じて(feel)います。私は多少緊張して(チクチクしてtingly)少しナーバス(nervous)になっています。私の希望は、本当に私自身と交信する(getintouch with)こと、そして・・・

 

分析:下線を引いた述語は全て強固に体感覚(感触)に基づいており、その時点で話者は無意識のうちにコミュニケーションのための特定の言葉を選択する基礎として体感覚(感触)のリプレゼンテーショナルシステムを使用していることを示しています。

ワォ!私はこのグループを見(looking)回して、たくさんの輝く(shining)顔を見ています。私はジョージです。私が得ている光景(picture)は、現実に焦点が合って(focused)います。私が見たい(take a look)のは、私のガールフレンドとの関係と、私たちの未来を更に明るく(brighter)するために私がどのようにして手助けできるかです・・・。

 

分析:このプレゼンテーションで下線を引いた述語は、明らかに視覚ベースです。

 
私はポールです。私はこの二人、リチャードとジョンについてたくさんの素晴らしい話を聞いて(heard)います。私たちは一緒に本当にクールな時間を過ごそうとしているように聞こえます(sounds)。私は、おそらくここは私の中で起こっていることを本当に調整する(really tune into)ことができる場所−言い換えれば(intheother words)、グループ−だと私自身に言っています(saying tomyself)。

 

分析:下線を引いた述語は、共鳴的に聴覚ベースです。

 

通常の状況下での述語の選択は無意識の行為です。話者は、典型的にはそのような情報を提供しているということを意識することなく、現在進行中の思考や処理の基礎となる活性化されたモードが何であるかを明らかにしているため、これは訓練されたリスナーにとって特に価値があります。貴方が親密な関係(ラポール)を築こうとしている人が好むリプレゼンテーショナルシステムを追跡する(つまり、その人に合わせる)という単純な戦略で、重要な親密な状態を築くのは比較的簡単です−彼らがあるリプレゼンテーショナルシステムから別のリプレゼンテーショナルシステムへと変化するとき、貴方は単に同期が保たれるように貴方のコミュニケーションを調整します。

 

言うまでもなく、そのような形式的な操作は、双方が同じリプレゼンテーショナルシステムで題材を提示しているので、情報の効果的で効率的な伝達を容易にします。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システムの誕生(4)」に続く



Now with this distinction, we can explicate the pattern implicit in the descriptions of the context of the to incidents: the game Grinder and Bandler had played on the car trip to Santa Cruz and the awarding of different colored pieces of paper in the initial group meeting. Note in the first instance, the examples:

 I see what you are saying
 

 feel thatwhat you are sayingis unclear

 

Analysis: note the underlined predicates (verbs and adjective) are specified with respect to the sensory modality they presuppose.The following classification makes this explicit.
 
 Participant's predicate/ Representational system indicated
  see / visual
  saying / auditory
  feel / kinesthetics
  saying / auditory  

      unclear / visual


A diagrammatic representation showing the cross modality mapping, then, of the entire sentences involved would look like the following:  

 
 I see what you are saying

  visual  auditory
  (I see)   what you are saying

 
  I feel that what you aresaying is unclear

  kinesthetic  auditory         visual
  (I feel)     (what you are saying)   (in unclear

 

Thus, what we were intuitively doing was generating examples of the set of well-formed American English sentences that reflected synesthesia linguistically as their defining characteristic.


These synesthesia patterns play a part in a number of places in NLP patterning. In particular, we are thinking of their use in the sub modalities work (e.g. the Swish pattern) and in metaphors where they serveas the patterning neurological base for these classes of patterning.

The second group of patterns
the mini-presentations of the participants at the initial meeting of the new group is actually significantly simpler than the synesthesia patterns.They are examples of the use by the speakers of predicates that are specified with respect tot he underlying representation system activated and operating asthe base for the person speaking. The examples previously offered were, 


Well, good evening. Myname is Linda andI feel excited about being here with all of you. I'mkinda tingly and a little nervous. My hopeis to really get in touch with myselfand...


Analysis
: all of the underlined predicates are solidly kinesthetically (feeling) based and indicate that at the moment, the speaker isusing their kinesthetic representational system (feelings) as the base from which they are unconsciously selecting their specific words to communicate. 


Wow! I'm looking around the groupand I see a lot of shiningfaces. I'm George. The picture I'mgetting is real focused. What Iwant to take a look at is my relationships with my girl friendand how I can help make our futureeven brighter.


Analysis: the underlined predicates in this presentation are clearly visually based.

I'm Paul. I've heard a lot of groovy stuffabout these two guys here,Richard and John. Sounds to me like we gonna have a reallycooltimetogether. I was saying to myself that maybe here is the placein other words

, here is the settinghere I can really tune intowhat's happening insideof me.


Analysis
: The underlined predicates are resonantly auditorily based.

 

The selection of predicates under normal circumstances isan unconscious actthis makesit particularly valuable to the trained listener as the speakers are therebyrevealing what their present ongoing underlying activated mode of thought and processing is, typically without any awareness that they are offering such information. It is relatively simple to develop significant states of rapport by the simple strategy of tracking (that is, following the lead of) the representation system preferred by the person you are attempting to achieve rapport withas they shift from one representational system to another, you simply adjust your communication to remain in synch.

 

Needless to say, such a formal manipulation facilitates the effective and efficient transfer of information as both parties are presenting their material in the same representational system.
('Whispering in the Wind' p168-170)


John&Carmen
















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic Enterprises
2001-12-31






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2020/07/07