サンタクルーズ















NLPの2番目のモデル:リプレゼンテーショナルシステム−NLPのパターン化における初期のブレークスルー

私(ジョン・グリンダー)が、サンタクルーズから約8マイルほど離れたサンロレンツォ渓谷の小さな山岳地帯であるベンロモンドにある1000アルバロードの彼の家にリチャードを迎えに行ったのは、70年代半ばの気持ちがいい午後遅くでした。私たちはその晩に新しいグループを始めることになっていました。最初の会合がそうであるように、そのようなグループの最初の会合もとりわけ楽しく期待に満ちています。私たちは、現れる人々が誰であるかほとんど知らなかったのですが、彼らがサンタクルーズ出身であることから、少なくとも楽しいものになるだろうということは確信していました。

リチャードは、たばこを買うことができるようベンロモンド酒店に立ち寄るように私に頼みました。私は店の前の車の中に座り、彼が取引を完了するのを待ちながら、ここ数ヶ月の出来事について思いを巡らせ、次にどこに向かって進むのか熟考しました。私たちは、メタモデルで「魔術の構造」第1巻を完成させ、舞い上がっていました。地元の熱狂的ファンと全国の専門家からの私たちの仕事への反応は、速やかで非常に肯定的なものでした。

私たちは楽しんでいました。私たちは、食べること、飲むこと、そして眠ることのパターン化−他にもいくつかあるかもしれません−以外はほとんど何もしていないようでした。リチャードが車の中に戻り、私の空想を妨げたとき、彼は笑っていました。私は、何がそんなに面白いのか尋ねました。彼は(多かれ少なかれ)言いました。

ねえ、ジョン、人々はとても奇妙なことを言うね。カウンターにいる私が話していた女性、彼女は「I see what you are saying.(私は貴方が言っていることを見ます/私は貴方が言っていることが分かります)」と言ったよ。


それから彼はけいれん的な笑いをぶり返しました。私はサンタクルーズを目指してハイウェイ9に乗りながら、彼を周辺視野で見て、彼にとってその発言をそれほど面白くしたのは何だったのだろうと思いました。しばらくして、私は彼に言いました。

「I feel that you are saying is unclear.(私は貴方が言っていることが不明瞭だと感じます)」という発言は、同じくらい面白く君の心を打つかい?

バンドラーは私を鋭く見て、同時に困惑し驚いているように見えました。それから私たちは、とても特別でとても典型的なゲームを始めました。私たちはサンタクルーズに向かってドライブしながら、「同じ」パターンの例を次から次へとお互いに提示しました。またしても、ゲームは進行中でした!

その時点で私たちの誰もが、このパターンは私たちが例を生み出しているのだということを定義できなかったということを理解して下さい。パターン化におけるこの直感的な始まりの手法は、私たちの間ではとても良くあることでした。私たちは二人とも、私たちがパターンを追いかけており、ある時点でそのパターン自体を詳細に説明することは有用になるでしょうが、この時点でその将来にはまだいくらかの距離が横たわっているということを認識していました。その間、私たちはゲームを追求することに満足していました。

私たちがお互いにそして自分自身をより突飛な例で面白がらせ続けたので、この旅は愉快なものでした。私たちはサンタクルーズに近づくと、雑貨店の駐車場に寄り、私は数分後に緑、赤、そして黄色の色紙の束を持って現れました。

そのグループがその日の晩に会う場所(私邸)に着いたとき、私たちはいつものように正面に身を置き、最後の数人が到着するのを待っている間、そこにいる人々の間の交流を見たり聞いたりしました。
サンタクルーズでは当時、そのようなグループの最初の集会は、グループの各メンバーに、一人ずつ立って、通常彼らの名前と、もしあれば、彼らがそこでやっていることについてどのような考えを持っているかについて発表して自己紹介するよう促すことで始めるのがお決まりでした。しかし、この晩は、グループの各メンバーが短い自己紹介を終えたとき、リチャードか私は手を伸ばして、私たちの正面の床にある三色の紙のうちの一色に触れました。私たちのうちのもう一方がうなずいたら、その紙に触れた一人はその紙の一部をはがして、自然に説明なく、その参加者にそれを意味があるように提示しました。

私たち(ボスティックとグリンダー)は、読者にプロセスの体験を与えるために、参加者による典型的なプレゼンテーションのいくつかの例を提供します。

参加者1:ええと、こんばんは。私の名前はリンダです。私は皆さんとここにいることに本当に興奮を感じています。私は多少緊張して(チクチクして)少しナーバスになっています。私の希望は、本当に私自身と交信することと・・・。

参加者1は黄色い紙を受け取ります。

参加者2:ワォ!私はこのグループを見回して、たくさんの輝く顔を見ています。私はジョージです。私が得ている光景は、現実に焦点が合っています。私が見たいのは、私のガールフレンドとの関係と、私たちの未来を更に明るくするために私がどのようにして手助けできるかです・・・。

参加者2は赤い紙を受け取ります。

参加者3:私はポールです。私はこの二人、リチャードとジョンについてたくさんの素晴らしい話を聞いています。私たちは一緒に本当にクールな時間を過ごそうとしているように聞こえます。私は、おそらくここは私の中で起こっていることを本当に調整することができる場所−言い換えれば、グループ−だと私自身に言っています。

参加者3は緑の紙を受け取ります。

グループの各メンバーが話し、彼らが理解できない色紙を正式に受け取った後、リチャードと私は、グループの他のメンバーにあまり堅苦しくない形で自己紹介するよう彼らに指示しました。私たちは、私たちがどのようにして彼らがこれを達成してほしいと思っていたかについて特別で非常に重要な方法があった(当時、私たちは全てが重要であるかのように行動しました)と彼らに教えます。最初の10分間は、彼らが持っていたのと同じ色の紙を持っていた人とだけ会話することに時間を費やすことになりました。次に私たちは、10分後には他の色の紙を持っている人たちとだけコミュニケーションを取るように彼らに依頼するだろうと説明しました。私たちは椅子に腰掛けて、見たり聞いたりしました。


最初と2番目の10分間の違いは驚くべきものでした。最初の10分間−マッチした状況−は、部屋の中の音量、様々な人々からの笑い声のとどろき、参加者の活気に満ちた動き、彼らがつながっているという熱心で受容的な姿勢・・・全て良くつながった人々のグループの自発的な指標でした。 


ミスマッチした状況である次の10分間は、これ以上ないくらい対照的でした−小さい音量、とりとめのない切れ切れの会話、長時間の沈黙、最小限の体の動き、硬い姿勢、最小限のアイコンタクト・・・リチャードと私が同じグループのセッション間の紛れもない違いを観察したとき、私たちは非常に強力なパターンを追跡していることに気がつきました。私たちはいくつかの他の資料を使ってそのグループを終了し、そのグループの人たち−二つのセッションの違いに自分で気付いていた人たち−に、これらの違いを生み出した違いは何だったかについて解き明かすことを強く勧めました−明らかに、私たちは自分たちにも同じように指示を出していました。(「風の中のささやき」p.164-167より)


リプレゼンテーショナル・システムの誕生(2)に続く


NLP’s Second Model: Representational Systems−an arly breakthrough in NLP patterning

It was late one plesant afternoon in the middle 70's when I(John Grinder) picked Richard up at his place at 1000 Alba Road in Ben Lomond, a small mountain community up the San Lorenzo Valley some 8 or so miles from Santa Cruz. We were to begin a new group that evening−the first meeting of such groups is especially amusing and charged with expectations, as first meetings tend to be. We had little if any knowledge who the people who would show up would be, but we were certain that since they were from Santa Cruz, it would be at least amusing.

Rechard asked me to stop at the Ben Lomond liquor store so that he could buy some cigarettes. As I sat in the car in front of the store waiting for him to complete his transaction, I mused over the events of the last few months as well as speculated where we were headed next. We had completed The Structure of Magic, volumewith the meta model and we were flying. The response to our work, both by local aficionados and professionals from around the country had been immediate and extremely positive.

We were jamming−we seemed to do little but eat, drink and sleep patterning−well, maybe there were a few other things. As Richard stepped back into the car, interrupting my reverie, he was laughing. I asked what was so funny. He said (more or less), 

You know, John, people say the weirdest things, the woman I was talking to at the counter. She said, "I see what you are saying."

He then relapsed into convulsive laugher. As I pulled onto Highway 9 heading for Santa Cruz, I watched him in my peripheral vision, wondering to myself what it was that made the statement so funny to him. After several moments, I said to him,

Does the statement, "I feel that you are saying is unclear." strike you as funny as well?

Bandler looked at me sharply, appearing to be simultaneously bemused and started. We then began a very special and very typical game between us: as we drove toward Santa Cruz, we presented one another with example after example of the "same" pattern. Yet again, the game was afoot!

Please understand that neither one of us could have at that point defined what this pattern was that we were generating examples of. This intuitive opening gambit in patterning was very common between us. Both of us recognized that we were tracking a pattern and while at some point it would become useful to explicate the pattern itself, that that point still lay some distance in the future. In the interim, we were content to pursue the game. 

The journey was hilarious as we continued amusing one other and ourselves with more and more outlandish examples. As we approached Santa Cruz, I pulled into the parking lot of a general store and several minutes I later emerged with a sheaf of colored paper, green, red and yellow.

When we got to the place where the group was meeting thet evening (a private home), we positioned ourselves as was our custom at the front and watched and listened to the interactions among the people present while waiting for the last few to arrive. In those days in Santa Cruz, it was de rigueur to begin the first meeting of such groups by inviting each of the members of the group, one by one, to stand and present themselves, usually announcing their name and what idea, if any, they had about what they were doing there. This evening, however, as each member of the group finished their short self-introduction, either Richard or I would reach down, touch one of the three colors of paper lying on the floor in front of us. If the other one of us nodded, the one touching the paper would tear off a piece of that paper and present it meaningfully to the participant, naturally without explanation.

We (Bostic and Grinder) offer several examples of typical presentations by participants to give the reader a taste of the process.

Participant 1: Well, good evening. My name is Linda and I feel really excited about being here with all of you. I'm kinda tingly and a little nervous. My hope is to really get in touch with myself and....

Participant 1 receves a yellow piece of paper

Participant 2: Wow! I'm looking around the group and I see a lot of shining faces. I'm George. The picture I'm getting is real focused. What I want to take a look at is my relationships with my girl friend and how I can help make our future even brighter...

Participant 2 receives a red piece of paper

Participant 3: I'm Paul. I've heard a lot of groovy stuff about these two guys here, Richard and John. Sounds to me like we gonna have a really cool time together. I was saying to myself that maybe here is the place−in other words, here is the group−where I can really tune into what's happening inside of me...

Participant 3 receives a green piece of paper.

After each of the members of the group had spoken and duly received their incomprehensible piece of coloed paper, Richard and I gave them instructions to introduce themselves less formally to other members of the group. We instruct them that there was a particular and very important method (we acted as if everything was importanr in those days) to how we wanted time to accomplish this. For the first 10 minutes, they were to spend time conversing only with people who had the same color piece of paper that they had. We went on to explain that after 10 minutes, we would ask them to communicate uniquely with people who had pieces of paper of another color. We sat back to watch and listen.

The difference between the first and the second 10 minute periods was astonishing: During the first 10 minutes−the matching condition−the volume of sound in the room, the peals of laughter from different people, the animated movenebts of the participants, the eager and receptive postures as they connected... all spontaneous indicators of a group of well connected peaple.

The second 10 minutes, the mismatching condition, couldn't have been more contrasting−low volume, desultory fragments, pieces of conversation, extended periods of silence, minimal physical movement, wooden postures, minimal eye contact... As Richard and I observed the unmistakable difference between the sessions in the same group, we realized that we were tracking a very powerful pattern. We finished the group with some other material and exhorted the people in the group−who had noted the difference in the two sessions themselves−to figure out what the difference that made those differences was−obviously, we were giving instructions to ourselves as well.

引用:Whispering in the Wind
p.164-167

Amazon:

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


ロゴマーク