眼球の動きを観察することによって、相手が優位としている感覚を推測することができます。例えば、よく視線が上に動く人は視覚が優位であったり、よく視線が右下に動く人は身体感覚が優位であったりします。


眼球動作パターン












標準的な眼球動作パターンは、右利きの人の約90パーセントに適用されます。また、左利きの人の場合は50パーセントの割合で左右のパターンが逆になることがあります。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、眼球動作パターンについて、次のように述べています。

NLPを活用していくことに際して大切なことは、すでにある規則性を当てはめるということではなく、『どのようにしたらそれが見つかるか?』ということを自分で探究していくことです」

Grinder


















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク