Milton_Erickson



 Young Milton H. Erickson

1919年、高校を卒業してまもなく、私はポリオを発症し、数ヶ月の間ほぼ全身が麻痺しました。無事だったのは、目と耳と思考力だけでした。農場の我が家に隔離状態となったため、気晴らしになるようなことはほとんどありませんでしたが、幸い、以前から人間の行動に関心があったので、両親や8人きょうだい、さらには、私のケアをしてくれていた准看護師の行動を観察するようになりました。体を動かせないため、私の観察はどうしても、彼らが私に関してどのようなコミュニケーションを取り合っているかという点に絞られました。

当時の私には、ボディランゲージやそれ以外の非言語的コミュニケーションについて、すでに多少の知識はありました。しかし、たった1回のやり取りにも、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションとの間に頻繁に矛盾があることに気づいて、私は驚きました。しかもそれは、私にとって、しばしばぎょっとするような矛盾でした。これに興味をかきたてられた私は、ことあるごとにますますじっくり観察するようになりました。

「ダブルテイク〔ひとつの言葉が二重の解釈をもちうること〕」とは、しばしばまったく別の経験から来る連想を基盤とした、異なるふたつの理解レベルにおける知覚のことですが、これに気づいたことで、観察の新たな場が開けました。やがて、「トリプルテイク」も起こりうることに気づくと、私は頭の中で、ひとつのコミュニケーションについていろいろなフレージング(言葉づかい)を繰り返し練習し、異なる理解レベルで異なる知覚を発生させたり、さらには、特性が矛盾するような知覚を発生させたりするようになりました。こうした努力を重ねた結果、そのほかにも数多くの要因がコミュニケーションを支配していることを認識するようになりました。そうした要因には、たとえば、声の調子、時間的な価値、提示の順序、遠近関係、内在的な矛盾、削除、歪曲、冗語、強調の過不足、直接/間接、曖昧さ、適/不適などがあります。

また、どうやら知覚と反応には複数のレベルがあり、それらは必ずしも、普通の気づき、すなわち、意識的な気づきのレベルにあるわけではなく、自己が認識しない理解レベルにあって、それがしばしが「本能的」や「直観的」という言葉で表現されているのだということも明らかになってきました。

その好例としてわかりやすいのは、何といっても、フランク・ベーコンが舞台演劇「ライトニン」で主役として見せた演技でしょう。彼はさまざまな場面において短く「ノー」というだけで、少なくとも16種類の意味を伝えました。例えば、明確な「ノー」、微妙な「イエス」、望みをほのめかす「まだです」、面白がっていう「ばかじゃないの!」、さらには、強烈に否定する「何があろうとも絶対に」といったものまで伝えていました。声の調子が変われば、それがひとつの語彙となって、言葉によるコミュニケーションを実際に変えることができるということであり、これはボディランゲージでも同様です。

その後、私は、クラーク・L・ハルによる実験的な催眠に出会い、注意を向ける焦点の数を減らすことや具体的な焦点を選択して操作することの可能性に気づくようになりました。これがきっかけとなり、コミュニケーションの複雑さに関する自分の気づきと、催眠に関する自分の理解とを結びつけ、実験や心理療法に役立てるようになりました。

私は、いまこうして、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーによる本書の「まえがき」を書いていますが、本書は、私の方法論を完全に説明しきれているとは決していえません。けれども、ふたりは、自ら明言しているとおり、私が自分でするよりもはるかにうまく、私のやりかたを説明しています。私は自分がしていることを理解していますが、どのようにやっているかは、とても説明できません。

その簡単な例としては、娘のクリスティーナが医学生だったころの体験を挙げるといいかも知れません。娘はたまたま、アーネスト・ロッシと私が書いたダブル・バインドに関する論文を取り上げる機会があり、それを読んだあと、面白がって言いました。「なるほど、私はそういうふうにしているってわけね!」その場にいたロッシ博士はすぐに訊ねました。「で、君は何をそいうふうにしているってわけなんだね?」

娘は説明しました。「どんな患者さんにも直腸とヘルニアの検査を拒否する権利があって、実際、多くの患者さんがそうしています。でも、私は、検診のその段階になると、患者さんに共感を込めていうんです。『わかりますよ、こうして私に目や耳や鼻をのぞき込まれ、あちこち突かれたり叩かれたりするのは、さぞかしうんざりでしょうね。でも、直腸とヘルニアの検査が終わったら、すぐに私にさよならが言えますから』って。そうすると、患者さんたちはいつも最後まで我慢して、そのさよならを言おうとするんです」

私は、コミュニケーションの複雑性がさらに分析され催眠に役立てられることを願っていますが、本書一冊にそのすべてを収めるのは無理なようです。また、分析とは別に、入念に構成したコミュニケーションを行うと、実際にはそう請われてないことも多いのに、なぜ、どのようにして、あれほど多くの効果的な反応を患者から引き出せるのかについても、分析されることを願っています。そうした追加の研究がゆくゆく行われることは間違いありません。リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーによる本シリーズの第挟を私は期待しています。

本書にこのまえがきを書くことを、ずっと楽しみに思い、名誉に思ってきました。本書が私の催眠技法を中心としたものだから、そういうのではありません。くだくだしい語唱や直接暗示、権威を笠に着た命令に代わって、意味のあるコミュニケーションを行なうべきだということが明確に認識される必要があり、長年の懸案だったその必要が、とうとう満たされたからこそ、そういうのです。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]まえがきより)







森林











An attack of anterior poliomyelitis in 1919, shortly after my graduation from high school, rendered me almost totally paralyzed forseveral months, but with my vision, hearing and thinking unimpaired. Since I was quarantined at home on the farm, there was little diversion available. Fortunately, I had always been interested in human behavior, and there was that of my parents and eight siblings, and also that of the practical nurse who was taking care of me, available for observation. My inability to move tended to restrict me to the intercommunications of those about me.

Although I already knew a little about body language and other forms of non-verbal communication, I was amazed to discover the frequent, and, to me, often startling contradictions between the verbal and the non-verbal communications within a single interchange. This aroused so much of my interest that I intensified my observations at every opportunity.

The discovery that "double takes" were different levels of understanding, often based upon totally different experiential associations, opened a new field of observation. Then, when I discovered that a "triple take" could occur, I began mentally rehearsing the phrasing of a single communication to cause differing perceptions, even contradictory in character, at differing levels of understanding. These efforts led to the recognition of many other factors governing communication such as tonalities, time values, sequences of presentation, near and remote associations, inherent contradictions, omissions, distortions, redundancies, over- and 
under-emphases, directness and indirectness, ambiguities, relevancies and irrelevancies − to name a few.

Also, it became apparent that there were multiple levels of perception and response, not all of which were necessarily at the usual or conscious level of awareness but were at levels of understanding not recognized by the self, often popularly described as "instinctive" or "intuitive. "

Perhaps the best simple example is the instance of Frank Bacon's achievement during his starring role in the stage play "Lightnin'," in which, by the utterance of the single word no at various times, he conveyed at least sixteen different meanings. These meanings included an emphatic No, a subtle Yes, an implied promise of Not yet, an amused Don't be ridiculous, and even the exquisite negative Not even if all hell freezes over! Altered tone of voice can constitute an actual vocabulary of transformation of verbal communication, as can body language.

Then, I was introduced to experimental hypnosis by Clark L. Hull, and I became aware of the possibilities both of decreasing the number of foci of attention and of selecting and maneuvering specific foci of attention. This led to the combining of my aware nesses of the complexities of communication with my understandings of hypnosis, for experimental and psychotherapeutic purposes.

Although this book by Richard Bandler and John Grinder, to which I am contributing this Preface, is far from being a complete description of my methodologies, as they so clearly state it is a much better explanation of how I work than I, myself, can give. I know what I do, but to explain how I do it is much too difficult for me.

A simple example of this may be cited from the experience of my daughter, Kristina, as a medical student. She happened to pick up a paper by Ernest Rossi and myself, on the double bind, and, after reading it, amusedly commented, "So that's how I do it!" Dr. Rossi, who was present, immediately asked, "So that's how you do what?"

She explained,"Every patient has the right to refuse permission for a rectal and hernial examination, and many patients do. But when I have reached that part of the physical examination, I tell my patients, sympathetically, that I know they are tired of having me peer into their eyes, and peak into their ears and up their noses, and poking and thumping here and there, but that, as soon as I complete the rectal and hernial examinations, they can say good-bye to me. And they always wait patiently to say that good-bye"

While I would like still further analyses of the complexities of communication for hypnotic purposes, which would require much more than this book by Bandler and Grinder can encompass, I would also like an analysis of how and why carefully structured communications can elicit such extensive and effective patient responses, often not actually requested. Unquestionably, such additional studies will eventually be made. I look forward to Volume II in this series, by Richard Bandler and John Grinder.

It has been a pleasure and a privilege to write the Preface to this book. I say this, not because it centers around my hypnotic techniques, but because long overdue is the fulfillment of the need to recognize that meaningful communication should replace repetitious verbigerations, direct suggestions, and authoritarian commands.





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク