Milton_Erickson

 Young Milton H. Erickson

天才セラピストはいかに語りかけるか

ミルトン・エリクソンは、医療催眠の第一人者として、世界的に賞賛されている。催眠に関する専門論文を百本以上書き、1920年代以降は、催眠を教授し、催眠による治療を行い続けている。

催眠には、人類に提供しうる大きな可能性があるが、その可能性を探究し、かつ、それを立証するエリクソンの能力は、この分野の誰よりも優れている。しかし、科学者たちはその能力に困惑した。それゆえ、眼前で彼が行なったことが否定しよもない現実であり、そこでは、人間の心には到底なしえないと思われていることが起きていたにもかかわらず、彼の業績を概して奇跡とみなすか、ありえないこととして糾弾している。

さらに、彼の弟子には、彼がいとも手軽に使う催眠技法を実際に使えるようになる者がほとんどいない。ミルトン・エリクソンが催眠誘導を行ない、意識の催眠状態を利用する間に示す行動は、きわめて複雑だ。それでいて、非常に体系的でもある。すなわち、彼の行動には特徴的なパターンがあるということだ。一方、わたしたちには、複雑な人間行動の明示的なモデルを構築するスキルがある。つまり、そうした複雑な行動パターンを示す地図をわたしたちが創れば、ほかの人びとがその地図を使ってその行動パターンを学び、利用できるようになるのである。ノーム・チョムスキーが現代の生成文法の一モデルを表わす最初の公式について語った言葉を引用しておこう。

…ひとつは、言語構造について、はっきりした形をもつ一般理論を構築し、そうした理論の基盤を探ろうとしているのである。言語学で厳密な公式を探究するのには、論理的な正確さに対する単なる関心や言語分析法を洗練して揺るぎないものにしたいという希望よりもはるかに重い動機がある。正確に構築された言語構造モデルは、発見自体のプロセスの中で、否定的にも肯定的にも、重要な役割を果たす可能性がある。正確ではあるが不充分な公式化を押し通し、容認できない結論に到ることによって、なぜ不充分なのか、まさにその原因をしばしば顕在化させることができ、その結果として、言語学的データをより深く理解できるようになる。もっと前向きにいえば、はっきりした形をもつ理論が構築されれば、元々その理論で解決しようとしていた問題以外の数多くの問題の解決法が自動的にもたらされるかもしれないということである。

本書は、これと同じことを催眠の分野で行なおうとする私たちの努力を示すものである。

エリクソンは、私たちのこのスキルを認め、催眠を行なう他の人びとが自分の強力なツールやテクニックを利用できるよう本書を構成してほしいといった。催眠を行なっている最中のエリクソンの行動パターンをいくつか本書で提示しているのは、私たち著者の意向である。私たちは読者がこれらのスキルを自分の仕事で活かせるよう、簡単に学習できる段階的な形で、明示的なモデルを提供するつもりである。第鬼は三部から成り、それぞれにおいて、モデリングの三つのレベルを説明している。

第吃瑤砲蓮▲┘螢ソンの論文を数本掲載している。彼のワークがよくわかり、わくわくする好例である。彼の行動パターンを特定する注釈を併記している箇所があるが、私たちが特定したパターンでは、エリクソンのワークで提示されているものを論じ尽くしているとは決していえない。本書は、この作業に着手すること、同時に、エリクソンの言語パターンのもっとも本質的な要素を提示することのみを目指すものである。

第局瑤任蓮△修Δ靴織僖拭璽鵑鯡詰のないグループに分類している。これによって、エリクソンのワークを理解し、催眠に関する自分自身の体験を体系化するための総合的な方法をつかんでいただければと思う。私たちの目的は、読者の皆さんにこうしたパターンに親しんでいただくこと、そして、それらがエリクソンのワークでどのように発生しているかを例示することである。そのために、すでに世に出ている彼のワークに関するさまざまな論文を部分的に引用している。その大半は、トランスクリプトの類である。

第敬瑤任蓮第機↓局瑤覇団蠅靴織僖拭璽鵑鮹奮的に系統立てて提示している。第敬瑤量榲は、各パターンの形式的な特徴を理解していただけるようにし、そのパターンを構築する際に必要なスキルを提供することである。そうすることで、読者はエリクソンの行動パターンを手に入れ、それらを自らのワークで活用できるようになると私たちは信じている。

本書を入念に読み、ある程度の時間をかけて各パターンを実践することを強くお勧めする。本書はそもそも、小説としてではなく、トレーニング・マニュアルとして計画されたものである。注意深く何度も繰り返し活用することによって、ぜひとも最高の実りを手にしていただきたいと思う。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]読者へのガイドより)

ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】






森林












Milton Erickson is internationally acclaimed as the leading practitioner of medical hypnosis. He has written more than a hundred professional articles on hypnosis and has taught and practiced hypnosis since the 1920's. He, more than any other human being in this field, has been able both to explore and to demonstrate the vast potentials that hypnosis has to offer humaniry, His ability baffles the scientific mind, and his accomplishments, typically, are either viewed as miracles or denounced as impossibilities, although first-hand experience presents him as an undeniable reality, a striking contrast to what most people believe is possible for the mind to accomplish. Furthermore, few of his students have learned to exercise the skills in hypnosis that Milton Erickson uses so easily. The behavior Milton Erickson demonstrates while both inducing and utilizing hypnotic states of consciousness is extremely complex. Yet he is very systematic; that is, his behavior has distinctive patterns.

Our skill is in building explicit models ofcomplex human behavior. What this means is that we build maps of these complex patterns of behavior and these maps then allow other people to learn and use these behavior patterns. We quote Noam Chomsky's remarks concerning his initial formulation of a model for modern transformational linguistics.

... forms part of an attempt to construct a formalized general theory of linguistic structure and to explore the foundations of such a theory. The search for rigorous formulation in linguistics has a much more serious motivation than mere concern for logical niceties or the desire to purify well-established methods of linguistic analysis. Precisely constructed models for linguistic structure can play an important role, both negative and positive, in the process of discovery itself. By pushing a precise but inadequate formulation to an unacceptable conclusion, we can often expose the exact source of this inadequacy and, consequently, gain a deeper understanding of the linguistic data. More positively, a formalized theory may automatically provide solutions for many problems other than those for which it was explicitly designed. 

This volume represents our effort to perform this same service for the field of hypnosis.

When Erickson recognized this skill, he expressed the hope that this volume would be constructed so that other practitioners of hypnosis would have available to them his powerful tools and techniques. It is the authors' intention in this first volume to present to you some of the patterns of Erickson's behavior in hypnosis. We intend to give you, in an easily learnable, step-by-step manner, an explicit model which will make these skills available to you in your own work. This book has three stages or levels of modeling,each represented by a separate part.

Part I contains several of Erickson's articles, exciting examples of his own work. We will present a parallel commentary that will identify the patterns in his behavior. The patterns we will identify do not, by any means, exhaust what is present in Erickson's work. This volume is designed only to begin this process, and, at the same time, to present the most essential elements of Erickson's language patterns.

In Part II we will take these patterns and sort them into natural groupings. Hopefully,this will provide you with an overall way of both understanding Erickson's work and organizing you own experience in hypnosis. Our purpose is to familiarize you with these patterns, and to show examples in which they occur in Erickson's work. This will be accomplished by excerpting small portions of various published articles about his work, most of them of a transcriptual nature.

Part III of this volume is a step-by-step, explicit presentation of the patterns identified in Parts I and II. This Part isintended to give you the skills necessary to construct each pattern through an understanding of its formal characteristics. Our belief is that in this way thepatterns of Erickson's behavior will be made available an to you for use inyour own work.

We strongly recommend that you read this volume carefully and that you spend some time experimenting with each pattern. This book is designed primarily asna training manual, not as a novel. Careful use and re-use will real the best rewaeds for you.

FOOTNOTE
1. Syntactic Structures, Mouton & Co.,The Hague, 1957, p. 5.

 




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク