著者(ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー)の体験からいえば、医療や歯科治療、心理療法のために催眠を使う人びとは、どうやら他のいかなる業種の人びとよりも、わたしたち人間がこの世界そのものに基づいてというより、こうあるべきだと信じる世界の地図もしくはモデル(創作した表象)を使って動いていることをよく理解しているようだ。一般の人びとや特定の患者が自らの住む世界の表象をそれぞれどう創造しているかについて徹底的に理解すれば、催眠を行なう者には多くの利益がもたらされる。たとえば、トランス誘導のスピードが上がり、これまでより多くの患者を、これまでより深いトランスに、これまでよりうまく誘導できるようになる。どのように世界モデルが創られるかについて深く研究したい読者には、「魔術の構造」をお勧めする。ここでは本書の目的に従って、世界モデルを創るプロセスの基本モデルのみを提供しようと思う。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]p.5より)


ローズマリー










The Map Is Not the Territory


In theauthors' experience, people who use hypnosis for medical, dental, orpsychotherapeutic purposes seem more than any other single group to understandthat we, as human beings, do not operate behaviorally directly upon the world,but rather we operate through a map or model (a created representation) ofwhat we believe the world to be. A thorough understanding of how people ingeneral, and each client in particular, create a representation of the world inwhich they live will yield the practitioner of hypnosis many advantages. Amongthese will be greater speed in trance induction, more success with a greaternumber of subjects, and deeper trances. For additional study of the processesby which people create models of the world, we re commend The Structure ofMagic I and II. For our purposes here, we wish now to provide you with only abasic model of the processes by which people create models of the world.




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク