著者(ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー)の体験からいえば、医療や歯科治療、心理療法のために催眠を使う人びとは、どうやら他のいかなる業種の人びとよりも、わたしたち人間がこの世界「そのもの」基づいてというより、こうあるべきだと「信じる」世界の地図もしくはモデル(創作した表象)を使って動いていることをよく理解しているようだ。一般の人びとや特定の患者が自らの住む世界の表象をそれぞれどう創造しているかについて徹底的に理解すれば、催眠を行なう者には多くの利益がもたらされる。たとえば、トランス誘導のスピードが上がり、これまでより多くの患者を、これまでより深いトランスに、これまでよりうまく誘導できるようになる。どのように世界モデルが創られるかについて深く研究したい読者には、「魔術の構造」をお勧めする。ここでは本書の目的に従って、世界モデルを創るプロセスの基本モデルのみを提供しようと思う。

わたしたち人間が創るモデルは、主に三つの点で現実の世界と異なっている。

第一に、体験は部分的に削除され、モデルには表現されない。これは、モデリングに不可欠な一面であると同時に、ときにその内容を乏しくする一面でもある。感覚として入力されたものを何から何まで表現しようとすれば、データに飲まれてしまうだろう。しかし、重要な面、あるいは致命的な面を表現し損なえば、さんざんな結果となる。いずれにせよ、世界モデルを創る際には、体験は必ず部分的に削除される。こうした削除のみならずモデリングに伴うあらゆるプロセスは四六時中発生しているが、わたしたちがそれに気づくことはほとんどない。

第二に、世界モデルは歪曲によって現実の世界と異なったものになる。歪曲というモデリング・プロセスを使うと、感覚データから成る体験を変更することができる。たとえば、緑色の牛というものについて、たとえ実感を伴う体験はなくとも思い描くことはできる。体験を歪め、それが現時点のことだと想像することによって未来を設計できるのである。このモデリングのブロセスは、それがどう使われるかによって、有用なものにもなれば、不都合なものにもなる。

第三は一般化である。世界モデルを構成する一要素はそれが属するカテゴリーの一例でしかない。にもかかわらず、その要素がカテゴリー全体を代表するようになるのが一般化である。このプロセスのおかげで、目を左から右に移動させることによって本を読めば、その内容を把握できることがわかるようになる。ほかのドアと同じようなドアが目の前にあれば、そのドアを見るのは初めてであっても、以前と同じやりかたをすれば開くだろうと見当がつく。世界モデルの中で一般化を行なうことによって、状況から状況へとより効率よく動くことができるようになるのである。さらには、より高次のパターニング(パターン形成)レベルで体験を再コード化しつづけることもできるようになり、その結果、人間が機能しているあらゆる分野の知識や技術が進歩する。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]p.5-6

地図













The Map Is Not the Territory


In the authors' experience, people who use hypnosis for medical, dental, or psychotherapeutic purposes seem more than any other single group to understand that we, as human beings, do not operate behaviorally 'directly' upon the world, but rather we operate through a map or model (a created representation) of what we 'believe' theworld to be. A thorough understanding of how people in general, and each clientin particular, create a representation of the world in which they live willyield the practitioner of hypnosis many advantages. Among these will be greater speed in trance induction, more success with a greater number of subjects, anddeeper trances. For additional study of the processes by which people create models of the world, were commend 'The Structure of MagicI and II'.

For our purposes here, we wish now to provide you with only a basic model of the processes by which people create models of the world.

First, the models that we as humans create will differ from the world of reality in three major ways. Some parts of our experience will be deleted, not represented in our model. This is both a necessary and sometimes impoverishing aspect of our modeling processes. If we tried to represent every piece of sensory input, we would be overwhelmed with data. However, when we fail to represent an important or vitala spect, the results can be devastating. In anyevent, we do delete parts of our experience when creating models of the world.These deletions, and all of the processes of modeling, go on all the time and, for the most part, without our conscious awareness.

The second way in which our model of the world will be different from the world itself is through distortions. Distortion is a modeling process which allows us to make shifts in ourexperience of sensory data. For example, we can fantasize a green cow, eventhough we have never experienced one with our senses, We can distort our experience and plan the future by imagining that it is now. This modeling process can be an asset or a liability, depending upon how it is used.

The third process of modeling is generalization. This is the process by which one element of our model of the world comes to represent an entire category of which it is only an example. This allows us to know that when weread a book, by moving our eves from left to right, we will be able to extractthe content. When we are confronted with a door just like any other door, even though we have not seen this particular door before, we make the assumption itwill open by the same process we have used before. Generalizations in our modelof the world allow us to operate more efficiently from context to context. Generalizational so allows us to keep recoding our experiences at higher levels of patterning.This makes possible the advances in knowledge and technology in all areas of human functioning. 
Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume, p.7-8)


ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】

ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
春秋社
2012-04-25





Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D



NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2020/06/23