Milton_Erickson













神経学の主要な貢献のひとつで、催眠行動の理解に役立つのは、分離脳患者の研究である。分離脳患者と脳損傷患者との間に見られる右脳と左脳の際を観察することによって(Gardner)、人間の大脳のふたつの半球は異なる機能に役立っていることが明らかになっている。催眠を行なっているときのエリクソンの行動は、こうした差異を直観的に理解していることを示しているように思う。言語学が提供する豊かなリソースは、人間が言語の複雑な文節をどのように無意識レベルで処理しているかを理解するのに役立っている。

これら二分野の研究によって提起された問題−無意識とは何か−は、解決が延び延びになっている。これに対する完璧な回答は未だ出ていないが、エリクソンが無意識という言葉を使うときには、心理学のフロイト派の基礎が残した同じ用語がいう内容以上のものに言及していると私たちは硬く信じている。エリクソンは意識レベルの下で発生する優位大脳半球の機能に一部言及しつつ、非優位脳半球の機能にも言及している、彼はたぶん心的処理のこれらふたつの面以上に言及しているのだろうが、彼のこの言葉の使用には必ずこのふたつの機能が含まれている、と私たちは確信しているのである。

トランス誘導を行なっているときのエリクソンの総合的戦略には、以下の三つの特徴があるように思う。

(1)ペーシングして、優位(言語)半球の意識をそらす
(2)優位半球を利用し、意識レベルの下で発生する言語処理を行なう
(3)非優位半球にアクセスする



(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]p.11-12より)


One of the major contributions of neurology thathelps us to understand hypnotic behavior is the study of split-brain patients. Observations regarding hemispheric differences made of split-brain patients, and brain-damaged patients (Gardner) reveal that the two cerebral hemispheres of the brain in humans serve different functions. Erickson's behavior in hypnosis seems to demonstrate an intuitive understanding of these differences.

The field of linguistic offers us a vast resource for understanding how humans process complex segments of language at non-conscious levels. The research in these two fields raises the long overdue question: What is an unconscious mind? We, as yet, have no complete answer to this question; however, we do believe that when Erickson uses the term unconscious mind he is referring to more than just some term left over from the Freudian foundations of psychology. We believe he is referring partially to the functioning of the dominant cerebral hemisphere that occurs below the level of awareness, and also to the functioning of the non-dominant cerebral hemisphere. He is probably referring to more than these two aspects of mental processing, but we are sure that his use of this term includes these two functions. His overall strategy while conducting trance inductions appears to have these three dimensions.

(1) Pacing and distraction of the dominant (language) hemisphere;
(2) Utilization of the dominant hemisphere, language processing which occurs below the level of awareness;
(3) Accessing of thenon-dominant hemisphere.




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク