NLPという分野は、20世紀の1970年代に、ジョン・グリンダー、フランク・ピューセリック、そしてリチャード・バンドラーによって作られました。NLPを作るにあたっての明確な意図は、人間の活動の様々な分野における天才の、もっとも卓越したパターンを抽出し、コード化し、そしてそれを、その分野で実践している人たちに提供することでした。上記の3人により、最初に選ばれた分野は、精神医学、心理療法、そして人に変化をもたらすワークの領域で実践されていた、変化のワークでした。

NLPがそこから発生した最初のパターンにはすべて、その元として、NLPモデリングと呼ばれるプロセスがありました。モデリングそのものは、どこにでも見られる人間の活動です。私たちが、経験したことの内なる地図を作ろうとする試みが、おそらくモデリングのもっともよく見られる形です。さまざまな科学的な体系における理論の構築もすべて、モデリングのかなりよくある例です。

NLPにおけるモデリングは、他の分野でモデリングが取る形と異なっています。それは5つの段階から成っています。

1. 天才を特定し、その人が天才としてパフォーマンスを行なう状況にアクセスできるようにアレンジする。

2.天才のパターンを、モデラー(モデリングを行なう人)が、ノウナッシングステートにおいて、極微筋肉運動などのモデリングのパターンを使って、無意識に吸収する。

3.モデラーは、無意識にパターンを吸収した状況に似た状況で、真似をする練習をする。この段階は、モデラーが天才のパフォーマンスを複製する能力を示した時、つまり、天才とだいたい同じ時間内に、同じ質をもって、同じ結果を達成できた時に、終わる。

4.パターンのコード化。3段階目に成功したということは、現段階において、パターンを示す人が2人いるということを保証するものである。つまり、オリジナルモデル(天才)と、モデラー(段階3の終わりにおいて)の2人である。

5.コード化したパターンのテスト。コード化されたパターンは、(今まで?)直接コンタクトを持たなかった人たちに渡される。モデラーは、この人たちの行動が、適当な時間内に、モデル(天才)とモデラーのパフォーマンスと同じような結果になるかを観察する。

上記のNLPモデリングプロセスの5段階の記述において、コメントが必要な言葉が2つあります。

●無意識の吸収
●ノウナッシングステート


「無意識の吸収」という言葉は、モデラーが、体験(この場合はモデリングされている天才が使うパターンと、パターンが起こっている直接の状況)から情報を捉えたり、吸収する能力のことを指しますが、この情報は、典型的に言語や理解と結びつくことが多い、分析的プロセスに影響を受けることなしに、捉えたり、吸収されることを意味します。

ノウナッシングステートとは、蓄積された知識のベース(そうした知識が見られる、内なる地図と、しばしば言及される)へのアクセスが一時停止している状態のことです。この知識のベースへのアクセスを一時停止することで、モデラーは、以前得た知識と、今入ってきていて、無意識に吸収しているデータの流れを比較するタスクを避け、それによって、その二つの間にマッチするところ、マッチしないところがあるかを決めなければならない、ということを回避しています。このノウナッシングステートを選択し、保持することで、モデラーは、フィルタリングを最小限にとどめて、天才のパターンを吸収することを促進します。


The Art of Neuro-Linguistic Modeling (NLP)


The field of NLP was created in the 70's of the last century by John Grinder, Frank Pucelik and Richard Bandler. The express intention for this discipline was to extract the most advanced patterning of geniuses from different fields of human endeavor, code them, andmake them available to practitioners in those fields. The first field selected by these three men was the art of change work as practiced in the domains of psychiatry, psychotherapy and human change work.


All the initial patterning from which NLP emerged had as their source a process called NLP Modeling. Modeling itself is a ubiquitous human activity. The attemptto construct internal maps of ourexperience is perhaps the most familiar such activity. All construction of theory in the various scientific disciplines is an additional and quite familiar set of examples or modeling.

The form that modeling takes is NLP is distinct from the form that modelingtakes in other disciplines. It consists of five phases:


1. The identification of a genius and the arranging of access to that genius in the performance context in which s/he operates as a genius

 

2. The unconscious assimilation of the patterns of the genius in a know-nothing state by the modeler, using modeling patterning such as micro muscle movements,…

 

3. The imitative practice of the unconsciously assimilated patterning of the geniuses by the modeler in contexts parallel to the contexts in which the modeler unconsciously assimilated the patterning.This phase terminates when the modeler demonstrates the ability to replicate the performance of the geniusthat is, achieves the same outcomes in roughly thesame time frames and with the same quality as the model (the genius).

 

4. The coding of the patterning success in phase three guarantees that there are now two exemplars of the patterning: the original model (the genius) and the modeler (the end of phase 3.

 

5. Testing the coded patternsthecoded patterns are given to people who havehad no direct contact. The modelerobserves whether these people's behavior converges with the performance of themodel (the genius) and the modeler in anacceptable lapse of time.

 

There are two terms in the above description ofthe 5 phases of the NLP Modeling process that require comment:

 

●Unconscious assimilation

●Know-nothing state

 

The term unconscious assimilation refers to the modeler's ability to take in or capture information from experience (inthisinstance, the patterning used by the genius who is being modeled, including the immediate context in which the patterning is occurring) without that information being subjected to the set of analytic processes typically associated with language and understanding.

 

A know-nothing state is one in which access tothe accumulated knowledge base (often referred to as the internal maps in which such knowledge is represented) is suspended. By suspending accessto this knowledge base, the modeler avoids the tasks of comparing previous knowledge acquired with the incoming data stream being unconsciously assimilated and therefore having to determine whether there is a match or amismatch between thetwo. By selecting and sustaining this know-nothing state,the modeler facilitates the assimilation of the patterning of the genius with aminimum offiltering.

会話












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク