NLPモデリングを行なう際に必要なこととして、以下のパターンを復習し、これらのパターンについて自分の能力を強化しておくことを強くすすめます。

 

●無意識のプロセスとコミュニケーションするための自発的な不随意シグナルの確立。

●ノウナッシングステートに入ることと、それを保つ能力。

●クリーンで強い第3ポジションの確立。

●内的対話を鎮めること。内的対話を起こさないという選択を持つこと。

●自分の身体のステートを操作すること。

 →どのような特定のステートも再活性化できる強い能力。

●極微筋肉運動と、モデルが出す音を、どのようなものであれ内側でこだまのように繰り返すこと。 


NLPモデリングは、自然なプロセスで、すべての子どもが、言語、文化、または民族的伝統に関わらず、自分の生まれた環境の基本的スキルを吸収するために直観的に使うものです。子どもたちと同じように、私たちも、特別な学びの状態であるノウナッシングステートに生きています。

Those participants intending to participate are urged to review and strengthen their abilities with respect to the following patterns:

 

●Involuntary signals to communicate with the unconscious processes

The ability to enter and sustain know-nothing states

A clean strong 3rd position

The quieting of internal dialogue-that is, the choice to not have internal dialogue on demand

An enhanced ability to re-activate any specific state simply by manipulating your own physiology

Micro-muscle movement and echoing internally whatever sounds the model makes

 

NLP Modeling is a natural process, one which every child, independent of language, culture or ethnic heritage uses intuitively to assimilate the fundamental skill sets of their birth environmentas children, we all live in a know-nothing state, a privileged learning state.


瞑想





 









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク