アメリカの心理学者ジョージ・ミラーは、1956年、サイコロジカル・レビューという科学系の学術雑誌に、「マジカルナンバー7プラス・マイナス2: 情報処理の容量制約について」(The Magical Number Seven, Plus or Minus Two: some limits on our capacity for processing information)という論文を発表しました。

サイコロジカル・レビュー(Psychological Review)
Psychological_Review






 





ジョージ・ミラーは、この論文で、人間の短期記憶の容量は「7±2」程度のチャンクしかないこと、つまり、人間は、短期的に「7±2」程度のものしか覚えられないことを提唱しました。ここでいう「±2」というのは個人差をあらわし、一般の人は7個程度、人によっては2個多めに、もしくは2個少なめに覚えることができるということを意味しています。

※チャンクとはある程度まとまった情報を計る、情報の認知単位を意味します。


ジョージ・ミラー George Armitage Miller
ジョージ・ミラー















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15