アメリカの心理学者ジョージ・ミラー(George Armitage Miller, 1920-2012)は、「マジックナンバー7±2」(The Magical Number Seven, Plus or Minus Two )という論文を発表しました。

この論文では、人間が短期的に記憶する能力、すなわち、人間が一度見ただけで、あるいは一度聞いただけで、ひとまず覚えられるものは「7±2」、すなわち7つ前後(5〜9程度)であるという見解を示しました。

ここでいう「7つ」というのは、数字や単語などにおけるひとつの塊(かたまり)、すなわち「チャンク」を意味します。

ジョージ・ミラー(George Armitage Miller, 1920-2012)
ジョージ・ミラー
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール