より典型的には、NLPモデリングプロジェクトの産物は、単一のパターンというより、パターンの集合、すなわち、モデルです。モデルは、複製や理論といった他の関連概念とははっきりと区別されます。

モデルは、単にモデルです。すなわち、元になっている人の行動のある部分を描写し、複雑な一連の相互作用を、単純化(簡略化)された要素のセットにマッピングすることです。したがって、結果としての描写は、常に、元となっている人によって提供された複雑な行動を単純化した表現となります。この点が、複製とモデルの違いです。モデルは、元となっている人のパフォーマンスと、それを説明するとしている描写との間で、同形のマッピングを達成しようとするどんな試みも表してはいません。実のところ、パターン/モデルの価値は、関係者に、元になっている人自身が見せている複雑な行動のシンプルな描写を提供することにあります。パターン/モデルが比較的効率的な方法で学習でき、伝達できるという条件を満たすためには、この単純化は不可欠です。

読者は、単純化された表出(reduced representation)と還元主義(過度の単純化)(Reductionism)との違いについて注意しなければなりません。還元主義は、精査の元で、パターン化を、通常はより基本的または初歩的なレベルの描写として、一定の要素のセットの単純化する(多くの分野で見られる)動きです。例えば、生物学的現象のパターン化を、純粋に科学的・物理学的用語にマッピングする試みは、還元主義の例です。実のところ、これは、単純化された表出へのマッピングという過程を経ているとは言えない複製に過ぎません。

※(註釈)還元主義:複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方。

単純化された表出は、必ずしも、一定の要素のセットあるいは一定の用語という意味を含んではいません。これは、単に、NLPのコード化の段階でモデルを行う人によってなされたマッピングは(それが成功裏に達成されたとき)、研究対象の個人またはグループの複雑なパフォーマンス(卓越性のパターン化の元となるもの)を、その元となる人のパフォーマンスのうち、そのモデリングが発生している文脈における元となる人の卓越した行動を再現するために学習者が学ぶ必要がない側面を単純に無視するモデリングにマッピングすることと認識されます。これは基本的に、パターン化の元となる個人または集団の偶発的な側面から本質的要素を選別することであり、明らかな意味で、単純化した表出です。

卓越性のモデリングから導き出されるパターンまたはモデルの集合は、複製だけでなく理論とも著しい対象をなしています。例えば、理論は、内的な整合性、明示性、洗練性(「オッカムのかみそり」で言う最小限の描写)、そして「現実」あるいは時に「真実」と表現されるものに即しているか等を含むいくつかの判定基準に従います。モデルは、より単純な創作物です。評価のための(少なくともこれまで受け入れられている)唯一の基準は以下の通りです。

「このパターン/モデルは機能するか? つまり、学習可能であり、それを学習すると、学習者は、それを抽出した元となる人と結果と質において同様の行動を見せるか?」

いくつかの共通の原則によって関連つけられたパターンの集合をモデルと呼びます。モデルは2つのクラスに識別できます。

1.共通の起源の原則−同じ元となっている人をモデルしたパターンのセット。例えば、バンドラーとグリンダーが、エリクソン医師によって採用された特定の戦略の観察、同化、試験によって発見しコード化したミルトンモデルと呼ばれるパターン。

2.共通の機能の原則−同じ機能を持つようにデザインされたパターンのセット。例えば、催眠パターンは、その人の意識的な参画なしに、それらを指図しているその人の無意識と直接コミュニケーションするという共通の目的を持っています。それらは、グリンダーとバンドラーがエリクソン医師についての拡張研究によってモデルしたパターン化だけではなく、他の催眠パターンの元となる人のモデリングによって発見された変数を用いてデザインしたパターンも含みます。

NLPにおいてモデルという用語は、体形的に多義的に使用されます。つまり、上に示唆したように、パターンの集合(例えばミルトンモデル)を指すことも、あるいはパターン化のためのインスピレーションの元となる人(ミルトンモデルの場合、ミルトン・エリクソン医師その人)を指すことこできます。

(いくつかの原則によって関連づけられたパターンの集合という意味において) モデルは、純粋なことも混成物(hybrid)のこともあります。純粋なモデルでは、我々は、集合の全てのパターンが共通の起源(元となる人)を持っていることを意図します。一方、混成物の場合、起源(元となっている人)が単一でない、つまり、一つ以上のパターン化の起源を持っているパターンの集合に言及していることを意図します。混成モデルの一つの例がメタモデルです(その起源には、パールスtこサティアの変形統語論の分野が含まれます)

これらのコメントをすべて集積すると、一連のパターンやモデルを作り出す結果となっているNLPの中核的な活動−NLPモデリング(NLP modeling )− があります。大まかにNLPの分野といわれているものの実際のい活動の大部分は、適用と訓練(application and training)です。すなわち、モデリングプロジェクトの産物である一連のパターン(または同等のものでるモデル)を特定の分野の試み(例えば、矯正、またはパフォーマンス、ビジネスの実践、スポーツ、医療、芸術等の最適化の目的で行う変化のワーク)に適用し訓練することです。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.54-56より)


Model


More typically than a single pattern, the work product of a NLP modeling project isa collection of patterns
that is, a model. Models are to be sharply differentiated from two other associated notions, replicas and theories.

 

A modelis simply that, a model − a description of some portion of the source's behavior, a mapping from a complex set of interactions onto a reduced set of elements. Thus the resulting description is always a reduced representation of the complex behaviors offered by the source. This is the distinction between areplica and a model. A model does NOT represent any attempt at achieving anisomorphic mapping between the source's performance and the description purporting to describe it. Indeed, the value of a pattern/model is to offer the interested party a simplified description of the complex behavior(s) the source himself or herself displays. This reduction is essential if the pattern/modelis to meet the requirements of being learnable and transferable in a relatively efficient manner.

 

The reader is alerted to the distinction between a reduced representation and reductionism. Reductionism is a movement (found in many disciplines) to reducethe patterning under scrutiny to a fixed set of elements, typically at what is considered a more fundamental or elementary level of description. For example,any attempt to map the patterning of biological phenomena onto a purely chemical and physical vocabulary is an example of reductionism. Indeed, it isonly replicas that may be said to not undergo a mapping onto a reduced representation.

 

Areduced representation does not necessarily imply a fixed set of elements or some fixed vocabulary. It simply recognizes that the mapping done by a modelerin NLP during the coding phase (when accomplished successfully) is a mapping from the complex performance of the man, woman or group under study (the sourceof the patterning of excellence) onto a model that simply ignores those aspects of the performance of the source not required for the learner to reproduce the excellent behaviors of the original source in the context in which the modeling occurs. This is fundamentally a sorting of essential from accidental aspects of the person or group serving as a source of the patterning, and is, in the obvious sense, a reduced representation.

The collections of patterns or models that result from the modeling of excellence contrast not only with replicas but critically also with theories. Theories are, for example, subject to a number of criteria for their evaluation including internal consistency, explicitness, elegance (minimal description Occam’s Razor) and fitwith ”reality” or as it is sometimes expressed, ”truth” ...Models are simpler creatures; the sole criterion (at least thus far accepted) for their evaluationis, 

 

Does this pattern/model work – that is, isit learnable and upon learning it, does the learner display behavior similar inresults and quality to the source from which it was extracted?

 

Collectionsof patterns associated by some common principle(s) will be called a model – wecan identify two such classes of models:

 

1. common source principle - a set of patterns all of which were modeled from the same source. For example, the patterns discovered and coded by Bandler and Grinder from their observation, assimilation and testing of the specific strategies employed by Dr. Erickson and named the Milton model.

 

2. common function principle – a set of patterns all of which are designed toserve the same function. For example, the hypnotic patterns that have in common the purpose of communicating directly with the unconscious of the person to whom they are directed without the conscious participation of that person.These include not only the patterning modeled by Grinder and Bandler in their extended study of Dr. Erickson, but patterns designed using the variables discovered in that modeling as well as other sources of hypnotic patterning.

 

The term model in NLP is used in a systematically ambiguous manner; it can refer either, as suggested above, to collection of patterns (e.g. the Milton model) or to the source of inspiration for the patterning (in the case of the MiltonModel, Dr. Milton H. Erickson himself).

 

Models (in the sense of a collection of patterns associated by some principle(s)) maybe pure or hybrid; by pure model, we intend that all the patterns in the collection have a common source (e.g. the Milton model) while by the term hybrid, we intend reference to a collection of patterns whose source is not unitary − that is, that has more than one source of patterning. An example of a hybrid model is the Meta model (whose sources include Perls, Satir and the field of transformational syntax).

 

Collectingall of these comments, we have the core activity of NLP − NLP modeling that results in the creation of a set of patterns or a model. The vast majorityof the actual activity at present in what is loosely referred to as the fieldof NLP is application and training − more specifically, application and training of the sets of patterns (or equivalently, models) that are the work product of modeling projects to specific areas of endeavor (change work. for example,either remedial or for the purposes of optimization of performance, business practice, sports, medicine, art...)
('Whispering in the Wind' p.54-56)

John&Carmen














Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク