私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。この説明によって、私たちはいくつかのことを意味しています。第一に、モデリングと、このモデリングの結果である多くのコード化された卓越性のパターンの適用の両方によって定義される操作は、私たちが通常疑いなく受け入れているマインドマップの一部を形成しているプロセスそのものに挑戦するように設計された操作です。これらの挑戦は、私たちが私たちの経験から通常引き出している結論と、私たちがそのような一般化を正当化するために使用している証拠との関係について、新鮮な見方をするように要求しながら、私たちのマインドマップの重要な部分に重大な改定を行うことを強制するよう設計されています。実際に、そのような挑戦は、私たちが意識的に自分自身について、お互いについて、そして私たちの周りの世界について知的な決断を試みるための、私たちの受容体からより高いレベルのコード化に至るまでのマッピング操作に対して、私たちを敏感にします。これが、私たちが提案したNLPの特徴付けにおける「操作」という用語の意味です。

この特徴付けにおける「高次の」により、NLPの焦点であるパターンは物理的世界のパターンではないことを、より具体的に読者に指摘することを意図しています。これらの物理的世界のパターンは、物理学とそれに関連する分野の領域です。NLPの焦点であるパターンは、それらが一時的経験となる前に既に神経学的変換を受けた表象−本書でファーストアクセス(FA)と呼ぶもの−です。私たちが提案していることを正しく理解するためには、認識論の世界への小旅行が必要です。私たちは、どのような深さであってもそれを動機づけることなく自分の立場を述べます。興味のある読者は、「日常生活の認識論(作業タイトル)」(グリンダーとボスティック、2002年)で私たちが行っている全ての議論を調べたいと思うかもしれません。

 


We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology. By this statement, we mean several things: first that the operations defined both by modeling and by the application of many of the coded patterns of excellence that result from this modeling are operations that are designed to challenge the very processes by which we form portions of ourmental maps that we normally accept which we form portions of our mental mapsthat we normally accept without question. These challenges are designed to force a critical revision of significant portions of our mental maps, calling for a fresh perspective about the relationship between the conclusion wetypically draw from our experiences and the evidence that we use to justify such generalizations. In effect, such challenges, sensitize us to the mapping operations ranging from our receptors to the higher level codes by which we consciously attempt to make intelligent decisions about ourselves, one another and the world about us. This is the sense of the term operational in our proposed characterization of NLP.

uestion. These challenges are designedto force a criticalrevision of significant portions of our mental maps, callingfor a freshperspective about the relationship between the conclusion wetypically drawfrom our experiences and the evidence that we use to justify suchgeneralizations.In effect, such challenges, sensitize us to the mappingoperations ranging fromour receptors to the higher level codes by which weconsciously

By higher order in this characterization, we more specifically intend to pointout to the reader that the patterns that are the focus of NLP are not thepatterns of the physical world; those patterns of the physical world are the domain of physics and associated disciplines. The patterns that are the focus of NLP are the representations that have already been subjected to neurological transforms prior to our first experience of them – what in this book we will call First Access (FA). To appreciate what we are proposing requires a briefexcursion into the world of epistemology. We will state ourposition without attempting to motivate it in any great depth. The interested reader may wish to examine the full argument we make in RedTail Math: the epistemology of everyday life (working title), Grinder and Bostic, 2002.

'Whispering in the Wind' p.10-11

John&Carmen














Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13