ワーキングメモリには容量に限界があると考えられています。

人間が一時的に覚えていられる情報の量(短期記憶の容量)には限界があるという考えを具体的に示したものとして、アメリカの心理学者ジョージ・ミラーが1956年にサイコロジカルレビュー誌で発表した論文 The Magical number seven, plus or minus two: some limits on our capacity for processing information 「マジカルナンバー7プラスマイナス2: 人間の情報処理の容量」が有名です。この論文によると、人間が数字や単語を記憶する場合、一度に記憶できる量は「7プラスマイナス2」個の範囲に収まるとされています。


ジョージ・ミラー  George Armitage Miller
ジョージ・ミラー










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13