John&Carmen
















古典的コードに対する批判の中で、私たちはニューコードが修正する設計上の不具合を特定しました。これらの不具合は、私たちが提案している6ステップリフレーミングフォーマットとは最大限に対照的に、古典的コードからニューコードへの架け橋となります。ニューコードにおいて、私たちは以下のことを発見しました。

1. クライアントの無意識には、重要な要素−望ましいステート、リソース、新しい行動−の選択に対する責任が明示的に割り当てられています。

2. 無意識は全ての重要なステップに明示的に関与しています。


3. 新しい行動の選択には、厳密な制約があります。より具体的には、新しい行動は、変更される行動の元々の肯定的な意図を満たさなければなりません。


4. 操作は、行動のレベルではなく、ステートと意図のレベルで行われます。
 

さらに、これらの無意識的アクセスのパターンを伴う経験は、制御されたノーナッシングステートと呼ぶようになったものにつながっているようです。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.236より)


In thecritique of the classic code we identified design flaws that the new codecorrects. These flaws contrast maximally with the SixStep Reframing format that we are proposing creates the bridge from the classiccode to the new code. In the new code, we find that

1. Theunconscious of the client is explicitly assigned the responsibility for theselection of the critical elements − the desired statethe resourceor newbehaviors;

2. The unconscious is explicitly involved in all critical steps;

3.There are precise constraints placed upon the selection of new behavior(s); 
morespecificallythe new behavior(s) mustsatisfy the original positive intention(s) of the behavior(s) to bechanged;

4. The manipulation occurs at the level ofstate and intention asopposed at the level of behavior.

Further, experiences with these patterns ofunconscious access seem to lead to what we have come to call the disciplinedknow-nothing state.
('Whispering in the Wind' p.9-10)


Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク