ノーナッシングステートが優れた適用と多数の利点を持ちながら、他に応用できる例がたくさんあります。

(中略)


準備の利益を失うことなく意識的なフィルターを一時停止するこの能力は、ノーナッシングステートの開発と展開に伴う利点のもう一つの例です。これと同じノーナッシングステートが、NLPの初期のモデルであるメタモデル(第2部、第1章「発見の文脈」参照)を生み出す際に重要な役割を果たしました。それは、パターニングの元となる人からパターニングを吸収する際に行われる規律ある練習の期間や、パターンの習得につながる模倣的な練習の間に特に重要でした。

(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.238-239より)




There is a number of other applications whereby the know-nothing-stat has excellent application and numerous advantages.


This ability to suspend conscious filters without losing the benefits of the preparation is another example of the advantages involved in the development and deployment of the know-nothingstate. This same know-nothing state played a critical role in creating theinitial model of NLP (see chapter 1, Part II, Contexts of Discovery) – the metamodel. It was especially important during the period of disciplined practicethat occurred while assimilating the patterning from the source of the patterning as well as the imitative practice that led to mastery of the patterns.

'Whispering in the Wind' p.238-239)


John&Carmen















 




Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍












 

 


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク