ニューコードの変化のパターンでは、クライアントは無意識のマインドに一定の主要な責任を明確に割り当てることによって、ノーナッシングステートに誘導されます。

 

全てのNLP技術のセットの最も基本的なものであるカリブレーションを支える深いメカニズムに大部分が基づいているニューコードは、コンテンツがない高いパフォーマンス状態と、その状態が変化が起こることをクライアントが望む文脈を定義する刺激につながっていることに焦点を当てています。望ましい状態、挑戦に適用されるリソース、及び変化される行動を置き換える特定の新しい行動の選択に対する責任は、全て無意識に割り当てられるため、クラシックコードの設計上の問題は修正されます。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.239より)


In the new code change pattern, clients are induced into a know-nothing state bythe explicit assignment of certain key responsibilities to their unconscious minds.

 

The new code based in significant part on the deep mechanisms which underpin themost fundamental of all NLP skill sets – calibration - focuses on the development of content free, high performance states and their connection tothe stimuli that define the context in which the client desires that the change occur. The responsibility for the selection of the desired state, the resourcesto be applied to the challenge, the specific new behavior that will replace the behavior to be changed are all reassigned to the unconscious, thereby correcting some of the design flaws in the classic code.
('Whispering in the Wind' p.239)

John&Carmen















 



Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク