とてもシンプルな例を取り上げてみましょう。アメリカ英語の口語では、違いを解決するためにワークを行う文脈において人々の間で交わされるよく聞かれる共通の表現があります。

「違う、それは不公平です。貴方はリンゴとオレンジを比べている!」

 

特に、「リンゴとオレンジ」という慣用句の使用の意味に注意して下さい。一般的に理解されているこの意味は、「リンゴとオレンジ」という用語で呼ばれる二つの対象の集合は比較ができないものである、ということです。

 

したがって、この世界でリンゴとオレンジと名付けられた二つの対象の集合を考えてみましょう。これら二つの集合は、同じまたは異なる論理タイプとして分類されますか?今や、元の定義の空白が明瞭に現れます。以下の意図の記述について考えてください。


国の様々な地域の農業生産性についての報告書を準備するという意図を持っている官僚の観点からは、国の農業資源であるいくつかの地域からの果物の総生産量を集計する場合、リンゴとオレンジは同じ論理タイプです。それらは両方とも果物であり、したがって果物の総生産量へのその地域の貢献を決定するために、一緒にまとめられます。 

材料の一つとして果物を使って美味しい料理を準備することを意図している料理人の観点からは、リンゴとオレンジの間には重大な違いがあります。鴨のリンゴ添えは(もし本当にそれが存在するならば)鴨のオレンジ添えとは明らかに異なるでしょう。 


ここで何が起こっているのでしょうか?私たちは、重要な変数は分類を行う人の意図であると提案します。この意図は、同形のマッピングが起こる、または起こらない精神的空間を定義します。

 

この例では、どちらも樹で育つ、どちらもかなりの量の特定の天然ビタミンを含んでいる、どちらもおやつや料理のデザートとして提供される、どちらも例えばアメリカにおいて重要な商業作物である、などの共有している二つの集合の特性があります。

 

異なる農業害虫によって攻撃される、一つの集合の要素(リンゴ)は典型的には皮と一緒に食べられるがもう一つの集合の要素(オレンジ)はそうではない、全く違う風味がある、科学的分析が異なっている、などの全く異なっている二つの集合の特性もあります。

 

したがって、二つの(またはそれ以上の)集合が同じ論理タイプか異なる論理タイプかを決定するには、分類を提案する人が最初にそれらの意図を明確に述べる必要があります。したがって、それらの意図は精神的空間を規定します。意図において黙示的であるのは(そしてそのように生成された精神空間において明白であるのは)二つの(またはそれ以上の)集合の要素の特定の特性−官僚と料理人の差−へのフォーカスでしょう。これは、「全ての本質的な特徴における」というそもそも欠陥のある句における「本質的な」という形容詞の操作上の意味です。

したがって私たちは、もし分類を行う人が持っている意図の観点から本質的であると考えられる特徴が同形にマッピングされるなら、または等価的に、分類を行う人の意図によって生成された精神的空間において、リンゴとオレンジは同じ論理タイプと結論づけるかもしれません。

 

オレンジ240px-Discovery_apples








Let'stake a very simple example
incolloquial American English, there is a common expression, often heard inexchanges between people in the context of working to resolve difference:

  No, that is unfair - you are comparing apples and oranges! 


In particular, note the implication of the use of the idiom apples and orange. The commonly understood meaning of this is that there is something incomparable about the two sets of objects named by the terms, apples and oranges that renders the comparison invalid.

So, consider the two sets of objects in the world named by apples and oranges. Are these two sets to be classified as the same or different logical types? Now a gap in the original definition reveals itself with clarity. Consider the following descriptions of intention: 


From the point of view of bureaucrat with the intention of preparing a report on agricultural productivity of various parts of the country, when tallying the total production of fruit from some region of a country's agricultural resources, apples and oranges are of the same logical type. They are both fruits and will therefore be lumped together for purposes of determining that region's contribution to the total production of fruit.


From the point of view of a chef, with the intention of preparing a delicious dish that uses fruit as one of its ingredients, there are critical differences between apples and oranges. Canard aux Pomme (if indeed it exists) would be decidedly distinct from Canard a L'Orange.


So what is going on here? We propose that the critical variable is the intention of the person doing the classification. This intention defines a mental space in which an isomorphic mapping occurs or fails to occur.


There are features of the two sets involved in this example that are shared characteristics: both grow on trees, both contain significant amounts of certain natural vitamins, both are offered as snacks and dessert dishes, both are important commercial crops grown, for example, in the USA…


There are also features of these two sets of objects that are quite distinct: they are attacked by different agricultural pests, members of one set (apples) are typically eaten with the skin on while members of the other set (oranges) are not, they have quite distinctive flavors, their chemical analysis is distinct…


Therefore to determine whether two sets (or more) of objects are of the same or a different logical type requires the person proposing the classification to first specify their intention. Their intention thereby defines a mental space. Implicit in their intention (and explicit in the mental space so generated) will be a focus on certain characteristics of the members of the two (or more) sets involved
the difference between the bureaucrat and the chef. This is the operational meaning of the adjective essential in the originally flawed phrase, in all essential characteristics.


We may then conclude that apples and oranges are of the same logical type if the characteristics that are considered essential from the point of view of the intention carried by the classifying agent map isomorphically, or equivalently in the mental space generated by the intention of the classifying agent, and otherwise not.
('Whispering in the Wind' p.297-298)


Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/18