‘As If’ Exercise

by John Grinder

 


The ‘as if’ frame is oneof the key tools for mentors and advisors. The following exercise applies the‘as if’ frame as a means to help someone to bypass limiting beliefs.


'As if'
フレームはメンターとアドバイザーのためのキーとなるツールです。次の練習では、制限をかけている信念をバイパスすることを助けるための手段として、'as if 'フレームを適用します。

 

1. The explorer is tothink of some goal or situation about which he or she has doubt. The exploreris to express the limiting belief verbally to the mentori.e., “It is notpossible for me to . . .,“ “I am not capable of . . ., “ “I don’t deserve . . ., “ etc.


エクスプローラーは、懸念事項となっているいくつかの目標または状況を考えます。そして、制限となっている信念を口頭でメンターに表現します。例えば、「・・・をすることは私には不可能です」「・・・は私にはできません」「私は・・・に値しません」などです。

 

2. The mentor respectfullyencourages the explorer by saying things likes:


What would happen if (it was possible/ you werecapable/ you did deserve it?


Act ‘as if (it was possible/ you were capable/ you diddeserve it). What would it be like?


Imagine that you had already dealt with all of theissues relating to your belief that (it is not possible/ you are capable/ youdo not deserve it). What would you be thinking, doing or believing differently?



メンターはエクスプローラーに敬意を持って次のように伝えることで勇気づけます。

「もしそれが可能なら/あなたができるなら/あなたがそれに値するなら、何が起こりますか?」


「あたかも、それが可能である/あなたにできる/あなたがそれに値する、かのようにふるまってください。それはどのような感じですか?」


「(それは不可能です/あなたにはできません/あなたはそれに値しません)といったあなたの信念に関連した問題を既に解決していると想像してください。あなたは今までと違って何を考え、何を行い、何を信じますか?」


 


3. If other objections or interferencearise from the explorer, the mentor is to continue asking:



Act’ as if you have already dealt with thatinterference or objection How would you be responding differently?




もし他に何らかの反対や支障がエクスプローラーから起こったなら、メンターは続けて尋ねます。

「あたかもあなたがその反対や支障を既に解決したかのようにふるまうとしたら、どのようにこれまでと異なった反応をしますか?」

Grinder













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク










記事更新日:2020/06/26