ジョン・グリンダー:
13世紀のイタリアで起こったことを知っていますか。13世紀には多くのことが起こりました……(笑い)私が興味のある13世紀のイタリアで起こった出来事の一つは、それ以前のビジュアル・アートと違い……

マーン:
(中断しながら)私は、絵画の系譜のようなものはあまり詳しくありませんが、その頃、絵画において奥行き感が発見されたのだと思います。

絵画





ジョン・グリンダー:
そうです、「遠近法」です。よく注意して聞いてほしいのですが、この時代に、三次元の世界での測量によって真実とされた関係性を二次元の面に機械的に歪曲する方法が発見されました。この機械的な歪曲の目的は、最終的な二次元の結果が三次元的に見えるように、その歪曲を人間の視神経系にしっくりと収めさせることでした。三次元の二次元へのマッピングは、一次的注意が二次的注意のプロセスを受け入れようとしたとき、どのように一次的注意が弱められるか、を示す好例です。彼らは何をしたのでしょうか? 私が言ったことがわかりましたか? 二つの注意に対してこの質問をしていますが。

私は、かつてアテネの町のフィロパッポスの小さな丘に立って、遠くの大きな丘を眺めていました。視界には大きな丘が二つあり、二番目の丘はアクロポリスと呼ばれていました。フィロパッポス丘から見える構造物がアクロポリス丘を眺める私の目を引き付けました。それは、ギリシャ人は愚かにもトルコ人との戦争の際に内部に弾薬を置き、それをトルコ人が爆発させてしまったので、今では屋根の一部
と土台が残った円柱の集まりとなってしまったパルテノンでした。フィロパッポス丘の頂上まで登って、約1キロさきの彼らのパルテノンを眺めたとき……、私の体は歌いだしそうでした。私の視覚的な経験にあまりにもしっくりきたので、私の中の視覚/触覚回路が起動してしまいました。あたかも私の体が深い自然の歌を見つけたので、その時間と場所に適した歌を歌えるかのようでした。ここで驚くべきことは、もし足をのばしてフィロパッポスから歩いて離れてアクロポリスの頂上まで登り、巻尺で円柱同士の距離と円柱の実際の円周、すなわち、上方向きの円錐形状を(守衛がきて放り出されるまで)測ったなら、これらの測定によって13世紀のイタリアの場合のようにギリシャ人は、どこかで失われた知恵をもっていたことがわかるでしょう。ギリシャ人は、パルテノンの客観的現実を人間の神経系の視覚的歪曲にしっくり収まるように歪曲したのでした。

Parthenon






ジュディス・ディロージャ:
これらの円柱は同じ大きさではなく、円柱間の距離も同じではありません。しかしながら、それを眺めると、あなたの体はこの客観的な情報は間違っている、と告げます。ギリシャ人がパルテノンに施したことには非常に正しいことがあります。彼らは、認識論的な課題を遂行したのでした。ベイツンは、サイバネティック的に思考すること、すなわち、回路の「弧(訳注:『
arc』の訳で、本書では「回路全体の副区分」を意味しています)」だけではなく、回路全体、関係性が尊重されるような形でチャンク操作を行うことの重要性を何度も強調しています。経験のチャンクのし方によっては、私たちの思考に空恐ろしい認識論エラーが生まれる可能性もあります。ベイツンは、私たちがサイバネティック的に思考することを学ばない限り、地球全体が消失するだろう、と主張しています。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.37-39)


John Grinder:
You know what happened in thirteenth-century Italy. A lot of things happened in thirteenth-century... (laughter) One of the things that happened in thirteenth-century Italy that I'm interested in is that if you look at thevisual art available before...

Marne:
(interrupting) I'm not real good with timelines and that sort of thing but I think tha's when they discovered depth perception in their paintings.

John Grinder:
Perspective. They found a way, and listento this very carefully, of mechanically distorting the relationships they knew to be true by measuring them in the world in three dimensions onto a two-dimensional surface. The purpose of this mechanical distortion is to fit the distortions in the human visual nervous system in such a way that the end two-dimensional result would appear to be three-dimensional. Mapping from three dimensions onto two dimensions is a good example of how first-attention reduction occurs when first attention tries to appreciate second-attention process. What is it that they did? Did you hear what I said? Both attentions.

I once stood on a small hill in the city of Athens, Philopappus, and looked across a distance at a larger hill, the two main hills in the area, and the second hill was called the Acropolis, and there's one structure from Philopappus that drew my eye as I looked across at the Acropolis. It was the Parthenon, nowlargely a series of columns with a partial roof and a foundation because the Greeks were foolish enough to putmunitions inside of it during one of the wars with the Turks who then blew it up. When I climbed to the top of the Philopappus and looked across that intervening kilometer or so at the Parthenon... it wasas if my body sang atthat point. There was something so congruent about my visual experience that see feel circuits in me were triggered. It was as if mybody had found a deep natural song that it could sing that belonged there atthat time. Now the startling thing is that if you now make that journey, if youwalk down off Philopappus and walk over and up to the top of the Acropolis and take a tape measure and begin to measure the distance between the columns and the actual circumference of the columns−their tapering as they move upward (until the guards come alone and throw you out)−as you make those measurements you'll discover, as in the case of thirteenth-century Itaru, the Greeks had a wisdom that somewhere got lost. They distorted the objective reality of the Parthenon in such a way that it fits the visual distortions of the human nervous system.

Judith DeLozier:
Those columns are not the same size nor are the distances between them the same. And yet as you lookat it your body tells you that this objective information is false. There's something so very right about what the Greeks didwith the Parthenon. Those guys had done their epistemological homework.Bateson emphasizes again andagain the importance of thinking cybernetically,that is, chunking in a way that respects the entire circuit, the relationships,and not just arcs of circuits. The way in which we chunk experience can lead to epistemological errors in our thinking that are formidable. Gregory says thatunless we learn to think cybernetically the entire planet could be forfeit.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.11-12)

Grinder















Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01




ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/11