ウィリアム・ジェームズは、一般的に、アメリカ心理学の父とみなされています。彼は、あるときハーバードに招待され、自分が選んだ話題について一連の講演を行いました。これらの講演は誰でも参加できる特別講演でした。いくらか考えた後、彼は、大胆な選択をし、最初の講演には「神の存在は証明できるか?」というタイトルを付けました。この話題は、20世紀初頭のニューイングランド地域では、人々の眉をひそめさせることは確実でした。

ウィリアム・ジェームス(William James, 1842-1910)
ウィリアム・ジェームズ














そういうわけで、彼は、講演場に聴衆が入ってくるのをいくらか心の動揺を覚えながら見守っていましたが、最後に、小柄な老女が中央の通路を駆けてきて、中央最前列に座りました。

ジェームズ教授は、いつも通りの機知と魅力を見せながら「神の存在は証明できるか?」という話題について語りました。教授は、講演を進めている間、老女が非常に魅力的で、楽しんでいるように見えることに気づきました。他の誰も笑っていないときに彼女が笑っている事実にも気づきました。とはいっても、すべてうまくいっているように思えました。

非常に好意的に受け入れられた講演の終わりに、教授に挨拶しようとする人の列ができあがったのは言うまでもありませんでした。そして、もちろん、列の最後にはあの小柄な老女がいました。順番がくると、彼女はジェームズ教授を明るい表情で見上げ、
「ジェームズ博士、私は先生の講演を非常に楽しみました。しかし、ひとつ質問があるのですが」と言いました。
「ええ、そうぞ、質問してください」とウィリアム・ジェームズは丁重に答えました。
老女は、目を輝かせて、
「ええっとですね、ジェームズ博士、もし神がいないとしたら、何が地球が下に落ちるのを防いでいるのですか?」と尋ねました。
ジェームズは、即座に回答のオプションを検討し、求心力、重力体系、といった説明的概念を考慮しましたが、賢明にも、この女性から自分が何かを学べるように回答することにしました。注目を女性に戻し、
「ご質問に答えたいとは思うのですが、あなた自身は、何が地球が下に落ちるのを防いでいると信じているか教えていただけますか?」と言いました。
「ジェームズ博士、答えは簡単です。地球は、大亀の背中に乗っているのです」
ジェームズは、彼女の説明の答えについてしばらく考えた後、勝ち誇ったように聞こえる声で、明白な質問をしました。
「それでは、どうか教えてください。何が大亀が下に落ちていくのを防いでいるのですか?」
老女は、
「ジェームズ博士、そうではありません、そうではないのです。きりがないのです。下に向かってどんどん無数の亀が重なっているのです!」

文章:ジョン・グリンダー
翻訳:北岡泰典

亀










Wikipedia: Turtles all the way down

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/03