人間の脳をめぐっては一般的に、左脳が言語を司り、右脳が空間・音楽を認識している、と言われています。ところが、日本人と西欧人では、音の種類により、反応する部位が異なることがわかってきました。

西欧人は、子音を含む音節は左脳で反応しています。言語やそれに似たものの音を聞いたときには左脳で反応し、それ以外はすべて右脳に入っていきます。西洋楽器の音、人間の感情音(泣く、笑う、嘆く、甘えるなど)、持続母音、動物の鳴き声、自然音、雑音などはすべて右脳で反応しており、邦楽器を聞かせた場合も同様です。つまり、西欧人の場合、言語は左脳で、それ以外は右脳で処理されているのです。

一方、日本人は、西洋楽器の音、機械音、雑音が右脳で、それ以外はすべて左脳で反応しています。人間の感情音(泣く、笑う、嘆く、甘えるなど)、邦楽器音を聞いた場合も、反応しているのは左脳です。つまり、それらを言語と同様に扱っているわけです。日本人は、言語・邦楽器音を含む自然界にある音はすべて左脳で、人工的な音は右脳で反応する、と理解できます。西欧人と非常に対照的です。

脳












日本人と西洋人の言語音、自然音、楽器音の大脳優位性パターンの比較

西欧人
[左半球:言語脳]
 −子音を含む音節(CV, CVC)

[右半球:音楽脳]
 −西洋楽器音
 −持続母音
 −ハミング
 −機械音
 −雑音
 −人間の感情音(泣く、笑う、嘆く、甘えるなど)
 −動物の鳴き声(動物の鳴き声、鳥のさえずり、虫の音など)
 −自然音(小川のせせらぎ、雨、風、波など)
 −邦楽器音

日本人
[左半球:言語脳]
 −子音
 −持続母音
 −ハミング
 −人間の感情音(泣く、笑う、嘆く、甘えるなど)
 −動物の鳴き声(動物の鳴き声、鳥のさえずり、虫の音など)
 −自然音(小川のせせらぎ、雨、風、波など)
 −邦楽器音

[右半球:音楽脳]
 −西洋楽器音
 −機械音 −雑音


脳













【参考文献】

倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村 明一
春秋社
2010-11-01





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事投稿日:2021/01/10