ノーナッシングステートの議論を、例示から始めましょう。

対戦相手の行動に対する素早い反応を成功の尺度とする状況において、競争的な活動についての幅広い経験を持つ読者は、この非常に価値のあるパフォーマンス状態−規律のある無知状態(ノーナッシングステート)−を認識するでしょう。あらゆる武道、テニス、ラケットボール、ハンドボール、スカッシュ、野球、サッカー、フットボール等は、競争のかなりの部分が、それらが丁度そこにあるかのような反応−言葉無しで飛び上がる稲妻のような素早い反応−に依存しています。


私たちのお気に入りの例は、武道における競技、例えば合気道です。このような競技において、競技を始める前に、例えば特定の手技Xで始める可能性が高い対戦相手の強さと弱点を分析し、Xに対応するために自分の位置(バランス、筋肉、緊張など)を偏らせることを考えて下さい。私たちが尊敬すべき相手に直面しているならば、実際には、私たちは既に試合に負けています。彼女は(無意識のうちに)偏りを検出し、(再び無意識のうちに)私たちが表現している偏りを利用するオープニングを選び、試合はかなり早く決着がつき、そして間違いなく彼女に有利になるでしょう。


ノーナッシングステートに入るには、あらゆる期待を回避すること、特定の一連の行動に対して偏りのないバランスのとれたリソース状態に自分自身を置くことを選択し、何が起こるのか予想するのを拒絶すること、全てのチャンネルのインターナルの表象がないこと、起こっていることをエクスターナルで感知し、ゲームの全ての応答パターンを等しくアクセス可能にすることにあなたの注意を捧げることが必要です。このような状態(「ゾーンに入っている」と呼ばれることもあります)は、貴方の対戦相手がしていることに反応して、長期間にわたる準備の間に実践してきた多くのパターンのどれを選択するかという権利と責任を、無意識に解放します。これは意識の関与なしに起こります。これは反応のスピードを大いに加速し、パフォーマーが無意識レベルで最も適切な選択を行うことを保証します

次のページ「Know-nothing State とその意味合い(2)」に続く


The Know-nothing State and some Implications

We begin the discussion of the know-nothing state by analogy.

Those readers who have extensive experience in competitive activities, in situations where lightening quick responses to actions by their opponent are the measure of success, will recognize this highly valued performance state - a disciplined no-know-nothing state. In any martial art, tennis, racquetball, handball, squash, baseball, soccer, football... there are significant portions of the competition that depend on such responses - lightening quick responses that spring forward withoutl anguage
−they are just there.


Our favorite example is competition in martial arts
Aikido, for example. In such a competition, suppose we decide prior to beginning the competition through an analysis, let's say, ofthe strengths and weaknesses of the opponent that she is likely to open with acertain maneuver X, and we bias our position (balance, muscle tension...) to respond to X. If we are facing a worthy opponent we have, in effect, already lost the match. She will detect the bias (unconsciously) and select (again unconsciously) an opening that exploits the bias we are expressing and the match will be over quite quickly, and most definitely in her favor.

 

Entry into this know-nothing state consists in eschewing any expectations, a refusal to anticipate what will occur in favor of putting yourself in a balanced resourcestate with no bias toward any specific course of action, freed of internal representations in all channels, your attention cleanly committed to sensing externally what is occurring and with all the response patterns of the game equally accessible. Such a state (sometimes called "being in thezone") releases to the unconscious the right and responsibility to select whichever of the many patterns practiced over long periods of preparation isoptimal in response to what your opponent is doing. This occurs without the involvement of the conscious mind. This greatly accelerates the speed of the response and guarantees that the performer will display the most appropriate of the choices available at the Entry unconscious level.

('Whispering in the Wind' p.236-237)

合気道

















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John and Carmen Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/13