ノーナッシングステートが優れた適用と多数の利点を持ちながら、他に応用できる例がたくさんあります。

 

 私(カルメン・ボスティック)は何年もの間、アメリカの大手企業や他の企業のM&A(合併買収)のディレクターでした。実際の交渉や提案された資産の最終的な購入に加え、通常、交渉に先立つ適正評価(デュー・デリジェンス:債権の適正価格を値踏みすること)についても責任を負っていました。私は、適正評価の段階を交渉の不可欠な要素と考えました。そのため、私はそのような適正評価に要求される基準だけではなく、不満を抱いている従業員、競合他社に負けた顧客、自発的に供給契約を解除した供給者等といった、潜在的資産についてより伝統的ではない情報源を利用するといったことをかなり体系的に行いました。私は、これらの情報全てが、会社が成長のために設定したパラメータを満たす購入価格を確立するためだけでなく、次の段階−交渉−に備えるためにも不可欠だと考えました。

 

 私は、交渉の場に到着した瞬間に、調査と準備に要した数ヶ月間を意図的に脇に置いておくという明確な戦略をもってそれぞれの交渉を開始しました。私はノーナッシングステートで部屋に入りました−私は、機能している意識的なレベルで、私が熱心に開拓した情報そのものを自分自身から取り除いたのです。私は、証拠書類を入れているブリーフケースに儀式的に鍵をかけ、誘惑に負けないよう安全に置いておくことによって、このノーナッシングステートを自分自身にマークしました。このノーナッシング戦略によって、(合気道の達人のように)私は交渉テーブルの周りに座っている人たちによって提示されている情報を、意識的にも無意識的にも検出し利用する能力を最適化することができました。

 

準備の利益を失うことなく意識的なフィルターを一時停止するこの能力は、ノーナッシングステートの開発と展開に伴う利点のもう一つの例です。

次のページ「Know-nothing State とその意味合い(4)


There is anumber of other applications where by the know-nothing-stat has excellent application and numerous advantages.


I, (Carmen Bostic St. Clair), was the Director of Mergers and Acquisitions for a major American corporation and for other entities for a number of years. In addition to the actual negotiation and final purchase of a proposed asset, my responsibilities typically included the due diligence preceding the negotiations. I considered the due diligence phase an integral element in negotiation. As such, I was quite systematic in making use not only of the standards required by such duediligence, but also by tapping less traditional sources of information about the potential asset, such as: disgruntled employees; customers who had defected to competitors; suppliers who had voluntarily terminated their supply contracts... I considered all this information not only essential to establish apurchase price which would meet the parameters my company had set for growth, but to prepare me for the next phase – negotiation.

 

I commenced each negotiation with an explicit strategy to purposely set aside the months of investigation and preparation the moment that I arrived at the site of the negotiation. I would enter the room in a know-nothing state – having clearedmyself, at the conscious level functioning, of the very information I had sodiligently developed. marked this know-nothing state for myself, by ritualistically locking my briefcase that contained the documentation, puttingit safely beyond temptation. This know-nothing strategy enabled me (as if anAikido master) to optimize my ability to detect and utilize the information being presented both consciously and unconsciously by the individuals sitting around the negotiating table.


This ability to suspend conscious filters without losing the benefits of the preparation is another example of the advantages involved in the development and deployment of the know-nothing state.

('Whispering in the Wind' p.238)

カルメン














Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John and Carmen Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/13