カリブレーションの背後にあるメカニズムの単純な説明でないとすれば、卓越性の連鎖とは何なのでしょうか?卓越性の連鎖は、卓越性を備えたパフォーマンスを行う能力には行って印の関連するステートがあり、そのようなステートのそれぞれが特定の生理機能と関連している、ということを提案しています。実際に、パフォーマンス/行動と、それ自身に関連する生理機能を伴った内在するステートとのつながりは、私たちがどのように非言語的コミュニケーションを行うかについての基本的な観察であり、それによってカリブレーションが可能になることを示しています。

私たちは、声の調子、姿勢、呼吸パターンによって、またそれどころか、彼または彼女が無意識的に私たちに提示し、私たちが無意識的に検出して反応する「ゲシュタルト(形態)(訳注:全体性を持ったまとまりのある構造)」や全体的な生理学的パターンによって、私たちの配偶者や親しい友人が、食事をしたり劇場に行ったりというオファーを積極的に検討する気分ではないということを「知って」います。実際に、私たちが正確にカリブレートしていて、自分自身の感情を幻覚(投影)していないのであれば、そのようなカリブレーションは私たちの周りの人々を上手く読み解くための基礎として役立ちます。卓越性の連鎖は、これらの一般的な観察結果を単に認識して積極的に利用することであり、カリブレーションの基本的なプロセスの意味を注意深く引き出すことです。


But what is the chain of excellence if not a simple explication of the mechanisms behind calibration? The chain of excellence proposes that our ability to perform with excellence has certain associated states and each such state has associated with it a specific physiology. This connection between performance/behavior and underlying states with their own associated physiologies is, in fact, the fundamental observation about how we communicate non-verbally and identifies that which makes calibration possible.

 We "know" that our spouse or close friend is not in a mood to consider positively an offer to dine or go to the theatre by the tone of voice, or posture, or breathing pattern or more likely, by the Gestalt or overall physiological pattern he or she presents to us unconsciously and which we typically detectand respond to unconsciously. If, in fact, we have calibrated accurately andare not presently hallucinating (projecting) our own emotions, suchcalibrations serve as the basis for successfully reading the people around us.The chain of excellence is simply the recognition and aggressive utilization ofthese commonplace observations: a careful drawing out of the implications ofthe fundamental process of calibration.
('Whispering in the Wind' p.235)


John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2020/07/13