どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131より)

any aggregate of events orobjects (e.g. asequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shall be said to contain a "redundancy" or a “pattern" if the aggregate can bedivided in any way by a "slash mark" such that an observer perceiving only what is on one side of the slash mark can guess with better than random success, what is on the other side of the slash mark.... Or, again from the point of view of a cybernetic observer, the information available on oneside of the slash will restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing.
Gregory Bateson, Steps to an Ecologyof Mind, page 131

Gregory Batesib 1904-1980 ※写真右側

グレゴリー・ベイトソン












ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.52より
John&Carmen









 

 






Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14