私達が経験した他のどのグループよりも、日本人の皆さんは、周りの人に対して自分の行動や言葉が及ぼす結果について繊細に反応します。日本人は自分がしていることが周りの人達にどのように受け止められているか、非常に注意深くカリブレート(観察)しています。これは専門用語で言うと、ラポール関係、または第2ボジションとして知られています。これら暗黙のスキルは日本文化のいたるところにあるものですが、その使用に非常に長けている人達にさえ、必ずしもはっきりと気づかれていません。そこで私たちは、必要に応じて誰とでも強いラポール関係を作る能力を高めたいと望む人達に、そのための正確でシンプルでパワフルなパターンがあるということを明確にしたいと思います。これらのバターンを説明する目的は、日本文化の中にすでにある方法に加えて、変化ファシリテーターとしての皆さん一人ひとりがラポールを築ける明確な方法のセットを持つことを確実にすることです。訓練を積めば、皆さんはこれらのパターンを、日本人として既に持っているものと同じくらい自然なものとすることに成功するでしょう。これら全ての危機パターンの適用は、三つの動きから始まります。

 

1. 自分のステート(状態)に一貫性があり、集中していて、達成したいことの明確な意図があることを確実にするチェック。

 

2. クライアントが、自分の持つゴールを達成したり、今は持っていない選択肢を作りだすために、あなたとともに効果的に参加できるステート(状態)にいることを確実にするチェック。

 

3. ラポールの形成:クライアントの無意識のプロセスの注意をとらえ、保つこと。

 

これら3項目の達成を確実なものにしない限り、介入を試みることにほとんど意味はありません。ですから、これら3項目がうまく達成できていることを確実にするのは重要であり、プライオリティも高いのです。

ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア
 

More than any other group in our experience, the Japanese are responsive to and highly sensitive to the consequences of their actions andwords with respect to those around them - they are most careful to calibrate how what they are doing is touching those around them. This is technically known as rapport relationships or 2nd positioning. Whilst these implicit skillsets are ubiquitous in Japanese culture, they are not necessarily recognized explictly even by those extremely skilled in their use. We therefore wish tomake explicit that there are precise, simple and powerful patterns available tothose wishing to raise their competency in achieving a strong rapport relationship on-demand with anyone they chose. Our purpose in describing thesepatterns is to ensure that each of you as agents of change have a full set ofexplicit ways to achieve rapport in addition to those already available withinJapanese culture. With disciplined practice, you will succeed in making thesepatterns as natural as those already available to you as a Japanese person. Theapplication of each and every one of these Crisis Patterns begins with threemovements:

1. checking to ensure that your own state is congruent, focused andyou have a clear intention for what you wish to accomplish

 

2. checking to ensure that the client is in a state fromwhich they will be able to effectively participate with you to achieve thegoals that they have, to develop the choices they presently lack

 

3. establishing rapport: the seizing and holding of the attention of the unconscious processes of the client

 

Without ensuring that these three things are accomplished, there is little point in attempting to make an intervention - thus, the importance of and high priority given to making certain that these three thing are accomplished successfully

John Grinder & Carmen Bostic St. Clair
John&Carmen














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク