New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

五感

シナスタジア/共感覚

シャボン玉













Synesthesia

 

The existence of the ordered sequences of representation that we call strategies presupposes interconnected networks of activity at the neurological level. Crossover connections between representational systemcomplexes, such that the activity in one representational system initiates activity in another system called synesthesia in NLP.

Hearing a harsh tone ofvoice and feeling uncomfortable is an example of auditory-kinesthetic synesthesia. Seeing blood and feeling nauseous would be a visual-kinesthetic synesthesia. Feeling angry and blaming someone verbally inside your head wouldbe a kinesthetic-auditory synesthesia. Hearing music and imagining a beautifulscene would constitute an auditory-visual synesthesia.

Synesthesia patterns constitute a large portion of the human meaning making process. Correlations between representational system activities are at the root of such complex processes as knowledge, choice and communication. The skills and abilities thathumans develop in all areas, fields and disciplines are the direct result ofthe establishment of crossover connections between neural representational complexes. The major differences among individuals possessing different skills, talents and abilities are derived from the synesthesia correlations within their particular domains of experience.

By making these correlative patterns explicit, neurolinguistics programming provides aworking model, an applied technology for the strategic utilization of correlative patterns to secure any behavioral outcome. By identifying synesthetic sequences that lead to specific outcomes and by making them available to those who desireto achieve those outcomes we can, in essence, replicate any behavior−whether that of a businessman, scientist, healer, athlete, musician or anyone that does something well. With the tools provided by NLP, we believe anyone can betransformed into a modern "renaissance" person.

 

 

シナスタジア/共感覚

 

私たちがストラテジーと呼んでいる、リプレゼンテーションの規則正しい順序の存在は、神経レベルにおける活動の相互接続した回路網(networks)があることを前提としています。ひとつのリプレゼンテーショナルシステムが、もうひとつ別のリプレゼンテーショナルシステムにおける活動を起動させるという、リプレゼンテーショナルシステムの複合体間のクロスオーバーコネクション(交差した連結)を、NLPではシナスタジアと呼んでいます。

耳障りなトーンの声を聞いて居心地が悪くなるのは、聴覚―体感覚シナスタジアの例です。血を見て吐き気を催すというのは、視覚―体感覚シナスタジアであろう。腹が立って、自分の頭の中で言葉にして誰かを非難するのは、体感覚―聴覚シナスタジアであろう。音楽が聴こえてきて美しい場面を想像するのは、聴覚―視覚シナスタジアとなります。

シナスタジアのパターンは人間の意味形成プロセスの構成要素の大部分を占める。知識(knowledge)、選択(choice)、コミュニケーションのような、複雑なプロセスの根底には、リプレゼンテーショナルシステムの活動間の相互関係がある。人間が、すべての領域(areas)、分野(fields)、学問(disciplines)において開発する、技術(skills)や能力(abilities)は、神経の表出複合体間のクロスオーバーコネクション(交差した連結)が確立されたことによる必然的な結果なのである。異なる技術(skills)や、才能(talents)や、能力(abilities)をもつ、個人間の主な違いは、彼らの固有の経験領域(domain)の中でのシナスタジアの相互関係から派生している。

これらの相互関係のパターンを明確にすることによって、神経言語プログラミングは、実用的なモデル、つまり、どのような行動の結果でも手に入れることのできる相関的なパターンの戦略的な利用のための、応用技術を提供できるようになります。明確な結果を導く共感覚の順序を特定することによって、そして、それらの結果を達成したいと願う人達がその順序を利用できるようにすることによって、我々は本質的に、どのような行動も―それがビジネスマン、化学者、ヒーラー、アスリート、音楽家、もしくは何かを上手く成す事が出来る人のものであれ再現することができというわけである。NLPによって提供される方法があれば、誰でも現代のルネッサンス人に変容されうると、私たちは信じていいます。 


---------------------------------------------------


引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.23-24





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(5)

手帳













Each of you reading this sentence has a strategy fortaking the peculiar patterns of black ink on this white page and making meaning out of them for yourself. These sequences of letters, like the othervisualization phenomena just described, are meaningless outside of the sensory experiences from your own personal history that you apply to them. Words, bothwritten and spoken, are simply codes that trigger primary sensory representations in word that we have never seen or heard before will have no meanus. A to us because we have no sensory experience to apply to it. (For afurther discussion of language as secondary experience see Patterns
.)

As you read these words you may, for example, be hearing your own voice inside your head saying the words as your eye reports the visual patterns formed byletters in this sentence. Perhaps you are remembering words that someone else has spoken to you before that sounded similar to those printed here. Perhaps these visual patterns have accessed some feelings of delight or recognition within you. You may have noticed, when you first read the description of theyoung man in the white smock, that you made images of what you were reading−you were using the same representational strategy for making meaning that the young man in our description was using.

The ability to transform printed symbols into internal images, intoauditory representations, into feelings, tastes or smells, allows us to usestrategies for making meaning that are available to each of us as human beings.Certain strategies are highly effective for creating meaning in certaincontexts while others are more effec- tive for other tasks. The strategy oftaking external visual symbols and translating them into internal auditorydialogue would not be appropriate if you were listening to a record, doing therapy or playing football.

This book presents what we call meta-strategies: strategies about strategies. More specifically, this book describes how to elicit, identify, utilize, designand install strategies that allow us to operate within and upon our environment. NLP is an explicit metastrategy designed for you
to shift dimensions of your experience from the class of environmental variables to the class of decision variables and, when appropriate, to assist others to do so. NLP is an explicit meta-strategy bymeans of which you may gain control over portions of your experience which youdesire to control, an explicit meta-strategy for you to use to create choicesthat you presently don't have and to assist others in securing the choices they need or want.

The principles of NLP are equally applicable in assisting business executives to reorganize their priorities and generate new options; in helping scientists and engineers get the most from their research and upgrade their teaching ability; in showing educators new and remarkably effective educational system design principles; in extending to lawyers and judges features of communication that greatly facilitate settlements; in aiding therapists to more effectively and quickly aid their clients. NLP is for people interested in getting things done and enjoying themselves in the process.


An important aspect of NLP is its versatility. Its methods of pattern identification and sequencing may be generalized from individual human beingsto larger order systems, from contexts involving remedial change (problem solving) to those involving evolutionary change (extending the domain ofdecision variables beyond the present state for an individual or system nowfunctioning effectively). NLP may be applied as profitably to the internal organization of a bureaucratic hierarchy as to the representational systems ofan individual. In all cases the formal sequencing and scheduling of activity between the structural components of a system will determine the possible outcomes of that system and the effectiveness of that system in securing those outcomes. 

In an organization, its departments or employees take the place of representational systems within a single human being. Each is responsible for a certain set of inputs, processing and outputs that contribute to one or more other sets of inputs, processing and outputs of the other members of the system and of that system as a whole. By understanding the functional characteristics of the components (employees, departments, sections, divisions, etc.) of an organization and the desired outcomes of that organization, the neurolinguistic programmer can assist in sequencing or resequencing the interactions between components to achieve the desired outcome in the most elegant and effective manner. 




この文章を読んでいる皆さんは、この白いページに載っている黒いインクの固有のパターンを取り出し、あなた自身のためにそこから意味を作り出す戦略を持っています。これらの文字の配列は、先ほど説明した他の視覚化現象と同様に、それらに適用してきた自分の個人的歴史の感覚体験の外では意味はありません。言葉は、書かれたものも話されたものも、私たちの中で一次感覚表現を引き起こす単なるコードです。これまで見たことも聞いたこともない言葉は、それを適用した感覚的な体験がないので、私たちにとって意味はありません。(二次体験としての言語についてのさらなる議論については、パターン胸仮)


例えば、あなたがこれらの言葉を読むとき、あなたの目がこの文章の文字によって形成されている視覚的パターンを伝えるにつれて、貴方の頭の中でこの言葉を言っている貴方自身の声を聞くかもしれません。もしかしたら、あなたは、ここに印刷されているのと同じ音の言葉を、誰か他の人があなたに話したことがあるのを思い出すかもしれません。もしかしたら、これらの視覚パターンは、貴方の中で喜びや認識のいくつかの感情にアクセスしているかもしれません。あなたは、あなたが最初に白いスモックを着た若い男の記述を読んだとき、あなたが読んでいるもののイメージを作ったことに気づいたかもしれません−あなたは、私たちが記述したその若い男が使ったのと同じ意味を作るための表現の戦略を使っていたのです。

 

印刷されたシンボルを内部イメージ、聴覚表現、感触、味、あるいは臭いに変換する能力は、私たちが人間としてそれぞれ利用できる、意味を作るための戦略を使用可能にしています。特定の戦略は特定の文脈で意味を創出するために非常に効果的であり、他の戦略は他のタスクに対してより効果的です。あなたがレコードを聴いたり、治療をしたり、サッカーをしたりしているときには、外部の視覚的シンボルを内部の聴覚対話に変換する戦略は適切ではありません。この本は、私たちがメタ戦略と呼ぶものを提供します。すなわち、戦略に関する戦略です。より具体的には、この本は、私たちが環境の中で、そして環境に対して働きかけることを可能にする戦略を、どのように導き出し、特定し、利用し、設計し、導入するかについて説明します。NLPは、あなたの体験を環境変数のクラスから決定変数のクラスに次元をシフトさせるとともに、必要に応じて他の人がそれを行うことを助けるために設計された明確なメタ戦略です。NLPは、それを用いることによって貴方がコントロールしたいと望んでいる貴方の体験の部分に対するコントロールを得ることができ、あなたが現在もっていない選択肢を作成し、他の人が必要なあるいはほしい選択肢を確保するのを助けるために使用できる明確なメタ戦略です。



NLPの原則は、同様に、ビジネスの管理職が優先順位を再編成し、新しい選択肢を生み出すのを支援することにも適用できます。科学者やエンジニアが自分の研究から最大限の成果を得、教える能力を向上させることを助けることにも適用できます。教育者に新しくて際立って効果的な教育システムの設計原理を示すことにも適用できます。弁護士や裁判官が調停を大幅に促進するコミュニケーション特性を伸ばすことにも適用できます。セラピストがより効果的かつ迅速にクライアントを助けることを支援することにも適用できます。NLPは、物事を完了させ、その過程を楽しむことに関心のある人のためのものです。


NLPの重要な側面は、その多用途性です。そのパターン認識と順序付けの方法は、個々の人間からより大規模な順序システムに、救済的変化(問題を解決する)を含む文脈から進化的変化(個人や現在効果的に機能しているシステムに対して、現在の状況を超えて決定変数の領域を拡大する)を含む文脈に一般化することができます。NLPは、個人のリプレゼンテーショナル・システムに関する官僚的ヒエラルキーの内部組織に対して有益に適用することができます。全ての場合において、システムの構造的構成要素間の活動の秩序だった順序付けとスケジューリングは、そのシステムの起こり得る結果とその結果を確保する際のそのシステムの有効性を決定します。


組織では、その部門又は従業員が、一人の人間の中のリプレゼンテーショナル・システムの代わりになります。それぞれが、一つに寄与する入力、処理、及び出力の特定のセットを担当し、あるいは他のシステムの要素とそのシステム全体に寄与する他の多くの入力、処理及び出力のセットを担当します。組織の構成要素(従業員、部門、課、部など)の機能特性とその望ましい結果を理解することにより、NLPを行う人は、最も優雅で効果的な方法で望ましい結果を達成するために、構成要素間の相互作用の順序付け又は再配列を支援することができます。

---------------------------------------------------


引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(4)

ネットワーク













Our representational systems form the structural elementsof our own behavioral models. The behavioral "vocabulary" of humanbeings consists of all the experiential content generated, either internally orfrom external sources, through the sensory channels during our lives. The mapsor models that we use to guide our behavior are developed from the ordering ofthis experience into patterned sequences or "behavioral phrases," soto speak. The formal patterns of these sequences of representations are called strategies in neurolinguistic programming.

The way we sequence representations through our strategies will dictate thesignificance that a particular representation will have in our behavior, justas the sequencing of words in a sentence will determine the meaning ofparticular words. A specific representation in itself is relativelymeaningless. What is important is how that representation functions in thecontext of a strategy in an individual's behavior.

Imagine a young man wearing a white smock, sitting in a comfortable position, sunlight streaming through a high window to his right and behind him. To his left is a red book with silver lettering on its cover. As we look closer, we see him staring at a large white sheet of paper, the pupils of his eyes dilated, his facial muscles slack and unmoving, his shoulder muscles slightly tense while the rest of his body is at rest. His breathing is shallow, high in his chest and regular. Who is this person?

From the description he could be a physicist, visualizing a series of complex mathematical expressions which describe the physical phenomena he wishes to understand. Equally consistent with the above, the young man could be an artist, creating vivid visual fantasies in preparation for executing an oil painting. Or, the man could be a schizophrenic, consumed in a world of inner imagery so completely that he has lost his connection with the outside world.

What links these three men is that each is employing the same representational system−attending to internal visual images. What distinguishes them from one another is how each utilizes his rich inner experience of imagery. The physicist may in a moment look up to a fellow scientist and translate his images into words, communicating through his colleague's auditory system some new pattern he's discovered through his visualizations. The artist may in a moment seize the white sheet of paper and begin to rough in shapes and colors with a brushmany of them drawn directly from his inner imagerytranslating inner experience into external experience. The schizophrenic may continue his internal visual reverie with such complete absorption that the images he creates within will distract him from responding to sensory information arriving from the outside world.

The physicist and the artist differ from the schizophrenic in terms of the function of their visualizations in the context of the sequence of representational syštem activities that affect the outcome of their behavior: in how their visualizations are utilized. The physicist and the artist can choose to attend visually to the world outside or to their own inner visual experience. The process of creating inner visual experience is the same, neurologically, for all three men. A visual representation in itself
like the waterfall or the mold on the bread previously discussedmay serve as a limitation or a resource to human potential depending on how it fits into context and how it is used. The physicist and the artist control the process; the process controls the schizophrenic. For the physicist and the artist, the natural phenomenon of visualization belongs to the class of decision variables; for the schizophrenic it belongs to the class of environmental variables.


私たちのリプレセンテーショナル・システムは、私たち自身の行動モデルの構成要素を形成します。人間の行動の「語彙」は、内的あるいは外的な要因によって私たちの生活の中で感覚チャンネルを通して生成された全ての体験内容から構成されています。私たちの行動をガイドすることに使われる地図やモデルは、この体験を、パターン化された配列(patterned sequences)、言ってみれば「行動の語句(behavioral phrases)」として順序づけることによって開発されます。NLPでは、これらの表現の配列の形式的なパターンは「戦略」と呼ばれます。

私たちの戦略を通して表現を並べる方法は、文中の単語の配列が特定の単語の意味を決定するのと全く同様に、特定の表現の私たちの行動における意義を決定します。特定の表現それ自体には比較的意味はありません。重要なことは、その表現が個人の行動における戦略の文脈においてどのように機能するかです。

若い男が白いスモックを身に着け、快適な場所に座り、高い窓を通して太陽の光が彼の右側と後ろに差し込んでいるところを想像してください。彼の左には、その表紙に銀のレタリングが付いた赤い本があります。更に近づいてみると、彼は大きな白い紙を見つめ、目の瞳孔は広がり、顔の筋肉は緩んでいて動かず、肩の筋肉は少し緊張し、体の残りの部分は休息しているのが見えます。彼の呼吸は浅く、胸の高いところで行っており、規則的です。この人物は誰でしょう?

この記述から、彼は、理解したいと思っている物理現象を記述する一連の複雑な数学的表現を視覚化しようとしている物理学者かもしれません。同様に、この若い男は、油絵を創作する準備として鮮やかな映像の幻想を創造している芸術家かもしれません。あるいは、この男は、内面の心象世界に夢中になって外の世界とのつながりを完全に失った統合失調症患者であるかもしれません。

これらの三人の男性に関連していることは、それぞれが同じリプレゼンテーショナル・システム、つまり内部の視覚画像に関心を向けているということです。彼らを互いに区別しているのは、豊かな内部のイメージの体験をそれぞれがどのように利用するかです。物理学者は、瞬時に仲間の科学者を見上げ、彼のイメージを言葉に翻訳し、同僚の聴覚システムを介して彼が彼の視覚化によって発見したいくつかの新しいパターンを伝えるかもしれません。芸術家は、即座に白い紙をつかんで、内側の体験を外側の体験に翻訳しながら、ブラシで形や色その多くは彼の内部のイメージから直接描かれたものを荒仕上げし始めるかもしれません。統合失調症患者は、彼が創造するイメージが、彼が外側の世界からやってくる感覚情報に応えるのを邪魔するくらい完全に没頭しながら、彼の内部の視覚的夢想を続けるかもしれません。


物理学者と芸術家は、彼らの行動の結果に影響を及ぼす、リプレゼンテーショナル・システムの活動の配列という文脈(context)における視覚化の機能に関して、すなわち、それらの視覚化がどのように利用されるのかという点で、統合失調症患者と異なります。物理学者と芸術家は、視覚的に、外側の世界に参加するか、自分の内側の視覚体験に参加するかを選択できます。三人の男性全員にとって、内側の視覚体験を創造するプロセスは神経学的に同じです。視覚表現それ自体は、以前に議論した滝やパンのカビのように、それが文脈にどのように適合し、どのように使われるかによって、人間の可能性の制限にも資源にもなります。物理学者と芸術家はプロセスをコントロールしており、統合失調症患者はプロセスにコントロールされています。物理学者と芸術家にとって、視覚化の自然現象は、決定変数(訳注:制御可能な変数(数学用語))のクラスに属しています。一方、統合失調症患者にとって、それは環境変数(訳注:OSが提供するデータ共有機能の一つ(IT用語)。タスクに対して外部からデータを与え、タスクの挙動・設定を変更するために用いる仕組み。)のクラスに属しています。


次のページ「リプレゼンテーショナル・システム(5)へつづく


---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(3)

脳












In NLP, sensory systems have much more functional significance thanis attributed to them by classical models in which the senses are regarded aspassive input mechanisms. The sensory information or distinctions receivedthrough each of these systems initiate and/or modulate, via neuralinterconnections, an individual's behavioral processes and output. Eachperceptual class forms a sensory-motor complex that becomes "response-able" for certain classes of behavior. These sensory-motorcomplexes are called representational systems in NLP.


Each representational system forms a three part network: 1) input, 2)representation/processing and 3) output. The first stage input, involves gathering information andgetting feedback from the environment (both internal and external). Representation/processing includes the mapping ofthe environment and the establishment of behavioral strategies such aslearning, decisionmaking, information storage, etc. Output is the casual transform of the representational mapping process.

"Behavior" in neurolinguistic programming refers to activity withinany representational system complex at any of these stages. The acts of seeing,listening or feeling are behavior. So is "thinking," which, if brokendown to its constituent parts, would incl sensory specific processes likesering in the mind's eye, listening to internal dialogue, having feelings aboutsomething and so on. All output, of course, is behavior−ranging frommicro-behavioral outputs such as lateral eye movements, tonal shifts in thevoice and breathing rates to macro−behavioral outputs such as arguing, diseaseand kicking a football.

 

NLPでは、感覚システムは、感覚は受動的な入力メカニズムであるとしている古典的モデルでみなされているよりも、より機能的な重要性を有しています。これらの各システムを通して受け取った感覚情報又は区別は、神経の相互接続を介して、個人の行動のプロセスと出力を開始し及び/又は調節します。それぞれの知覚分類は、特定のクラスの行動に応答可能になる感覚―運動複合体を形成します。これらの感覚―運動複合体をNLPではリプレゼンテーショナル・システムと呼びます。

 

それぞれのリプレゼンテーショナル・システムは、1)入力、2)表現/処理、3)出力の3つの部分ネットワークを形成します。第1段階である入力には、情報を収集し、(内部と外部両方の)環境からのフィードバックを得ることが含まれます。表現/処理には、環境のマッピングと、学習、意思決定、情報の保存といった行動の戦略を確立することが含まれます。出力は、表現のマッピングプロセスのカジュアルな(思いがけない/ざっくばらんな)変換です。


NLPにおける「行動」とは、これらのいずれかの段階において、いずれかのリプレゼンテーショナル・システム複合体の中で起こる活動を指しています。見る、聞く、感じる行為は行動です。「思考(考えるという行為)」もそう(行動)で、それは、構成要素に分解された場合、心の目で見たり、内的対話を聞いたり、何かについて感情を持ったりするような感覚の具体的なプロセスを含んでいます。もちろん、全ての出力は行動であり、それは水平方向の眼球運動、声のトーンの変化、呼吸数といったミクロな行動の出力から、議論、病気、フットボールのキックといったマクロな行動の出力に及んでいます。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システム」(4)へつづく

---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(2)

リビング












The following except from
Patterns will further assist the reader in understanding the 4-tuple:

"Assuming that you are a reader who at this point in time is sitting comfortably in a quiet place and that you are reading alone, the 4-tuple can beused to represent your present experience of the world as follows:

theprinted words of the book,
the lighting pattern of the room...

the feeling of the chair,
the temperature of the room...



the smell of the room,
the freshness of the air...
 i

The specific 4-tuple which represents the reader's experience where i is thereferntial index of the reader and the blankspace
indicates no experience in that mode.


"In words, the reader's present experience of the world is represented by a description of the visual input from the words, his present kinesthetic sensations and the olfactory sensation available. Since, by our assumption, thereader is in a place where he is presently receiving no auditory input from theexternal world, the value of the variable A, (the auditory tonal portion of hisexperience) is O. The values of the V, K and O variables are specified by adescription of the input from the world that is impinging on the reader at this point in time. Notice that in specifying the 4-tuple for the reader's present experience, we restricted ourselves to representing experience originating inthe world external to the reader. The 4-tuple can also be used to represent the reader's total experience−that is, his present ongoing experience independently of whether it originates in the world external to the reader or not. We have found it useful in our work to identify the origin of the portion of the experience described in the 4-tuple-that is to distinguish between which portion of the experience represented by the 4-tuple originates in the world external to the person whose experience is represented by the 4-tuple and which portion is generated by the person's own internal processes. One easy way of representing this distinction is by simply attaching a superscript to each component of the 4-tuple-either an i (internally generated) or an e (externally generated). Thus assuming that the reader is reading with internal dialogue at this point in time and using the superscripts which distinguish the internally generated from externally originated components of the 4-tuple, the reader's4-tuple would look like:



the printedwords(e), of the book,
the lighting pattern in the room...

the feeling of(e), the chair,
the temperature of the room...

the tempo and tonal(i), qualities ot the auditory internal dialogue...

the smell of(e), the room,
the freshness of the air...


"As with all the distinctions in the model, this superscript distinction between internally and externally generated experience will be employed onlywhen it is useful for the task for which it is to be used."

 

 

次のパターンの抜粋は、読者が4タップルをさらに理解することを助けてくれるでしょう。

 

あなたがこの時点で静かな場所に心地よく座って一人で読んでいる読者であると仮定すると、4タップルはあなたの現在のこの世界の経験を次のように表現することに使えます。

 

この本の印刷された文字、

この部屋の照明のパターン…

 

この椅子の感触、

この部屋の温度…

(空集合)

 

この部屋のにおい、

空気の新鮮さ… i 


読者の体験を表現している特定の4タップルは、iが読者の指示指標(referential index)であり、空白はそのモードについての体験がないことを示しています。

 

言い換えれば、読者の現在の世界の体験は、文字による視覚的な入力、彼の現在の体感覚、そして利用可能な臭いの感覚の記述によって表現されています。私たちの仮定では、読者は外側の世界から聴覚的な入力を何も受けていない場所にいるので、変数Aの値(彼の体験の聴覚の総量)は0です。変数V、K、Oの値は、現時点でその読者に作用している世界からの入力の記述によって規定されています。私たちは、読者の現在の体験についての4タップルを規定するときに、読者の外側の世界から発生している体験を表現するように自主制限したことに注意してください。4タップルは、読者の全体的な体験、すなわち、読者の外部の世界に由来するかどうかにかかわらず彼の現在進行形の体験を表現するためにも使えます。私たちは、4タップルで記述された体験の一部の起源を同定すること、すなわち4タップルによって表現されている体験のどの部分が、その体験が4タップルで表現されている人の外側の世界に由来し、どの部分がその人独自の内部プロセスによって生成されているのかを区別することが、私たちの仕事に役立つことを発見してきました。この区別を表現する簡単な方法の一つは、4タップルのそれぞれの構成要素にi(内部由来)又はe(外部由来)の上付き文字を付けるだけです。したがって、読者が現時点で内的対話とともに本を読んでいると仮定し、4タップルの構成要素が内部由来か外部由来かを区別する上付き文字を使うと、読者の4タップルは次のようになります。


印刷された本の文字(e)

この部屋の照明のパターン…

この椅子の感触(e)
この部屋の温度…


聴覚の内的対話のテンポと質(i)…

 

この部屋のにおい(e)

空気の新鮮さ…

 

このモデルの全ての区別と同様に、体験が内部由来か外部由来かについてのこの上付き文字の区別は、これが使用されるタスクに役立つときにのみ採用されます。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システム」(3)へつづく

---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(1)

都会














Representational Systems: The Building Blocks of Behavior


The basic elements from which the patterns of human behavior are formed are the perceptual systems through which the members of the species operate on their environment: vision (sight), audition (hearing), kinesthesis (body sensations) and olfaction/gustation (smell/taste). The neurolinguistic programming model presupposes that all of the distinctions we as human beings are able to make concerning our environment (internal and external) and our behavior can be usefully represented in terms of these systems. These perceptual classes constitute the structural parameters of human knowledge.


We postulate that all of our ongoing experience can usefully be coded as consisting of some combination of these sensory classes. In our previous work (see Patterns II) we have chosen to represent and abbreviate the expression of our ongoing sensory experience as a 4-tuple. The 4-tuple is shown visually as:

e,iVse,ie,ie,i


Here, the capital letters are abbreviations for the major sensory classes or representational systems that we use to make our models of the world:

A = Auditory/Hearing
V = Visual/Sight
K = Kinesthetic/Body Sensations
O = Olfactory/Gustatory − Smell/Taste

The superscripts "e" and "i" indicate whether the representa- tions are coming from sources external, "e", to us, as when we are looking at, listening to, feeling, smelling or tasting something that is outside of us, or whether they are internally generated, "i as when we are remembering or imagining some image, sound, feel- ing, smell or taste. We can also show the 4-tuple iconically as:


五感












リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素

人間の行動のパターンが形成される基本的な要素は知覚システムであり、これを通して人類(the membersof species)は環境に働きかけています。知覚システムとは、視覚(視力)、聴覚(聴力)、運動感覚(体感覚)そして嗅覚・味覚です。NLPのモデルは、私たちの(内部と外部の)環境と行動に関して私たち人間が行うことのできる全ての区別は、このシステムの単位で表現されること前提としています。これらの知覚の種類は、人間の知識(knowledge)の構造的パラメーターを構成しています。

私たちは、全ての進行中の体験は、これらの感覚の種類のいくつかの組み合わせからなるものとして有益にコードされると仮定しています。私たちの以前の研究(パターン胸仮函砲任蓮⊃聞埣罎隆恭仟慮海良集修鬘乾織奪廛襪販して表現することを選択してきました。4タップルは次のように視覚的に表されます。

e,iVse,ie,ie,i


ここでは、大文字は、私たちの世界のモデルを作るために使っている主要な感覚の種類又はリプレゼンショーナル・システムの略語です。


A
=聴覚

V=視覚

K=運動感覚/体感覚
O
=嗅覚/味覚

上付き文字の「e」と「i」は、私たちが何か私たちの外側にあるものを見て、聞いて、感じて、匂いを嗅いで、味わっているときに、その表現(representations)が外側「e」のソースから来ているか、あるいは私たちが何か画像、音、感触、匂い、味を思い出したりイメージしたりしている時のように内側「i」から起こっているかを示しています。私たちは4タップルを象徴(アイコン)的にこのように示すこともできます。

次のページ「リプレゼンテーショナル・システム」(2)へつづく

---------------------------------------------------

引用:Neuro-Linguistic Programming Volume
p.17-23





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


NLP体験会のお知らせ

「インスピレーションを磨き、人生の流れを変える!」

あるテーマに沿って、自由に絵を描いたり、美しい音を鳴らしたり、身体を動かしたりして、バランスよく五感を使うことによって、意識が広がり、インスピレーションを受け取りやすくなります。そして、今まで『できない』と思っていたことが『できる』と思えるようになったり、新しい未来を構築するための豊かな想像力やパワーが湧いてきたりします。

この体感型ワークショップは、たった4時間で最大の変容をうながすことができるようにプログラムされています。新しい自分に出会い、明るい未来を創造することができるようになるダイナミックなNLPテクニックを、楽しみながら体験していただけます。

【プログラム】
(1)五感が織りなす自分の内的世界を感じてみましょう
  ・自由に絵を描きながら、自分の内的世界を表現する
  ・美しい音を響かせながら、自分のオーラの音を感じる
  ・身体を動かしながら、思考や感情のブロックを解放する

(2)新しい未来を創造する内なるインスピレーションとパワーを発揮させましょう
  ・クリアな自分が創造する未来のヴィジョンを描く
  ・インスピレーションを受け取りながら、自分の意識を拡大する
  ・自分の可能性を広げる

【スケジュール&募集要項】
●講師:中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
●日時:2015年09月21日(月・祝)13:00〜17:00
●会場:GBJセミナールーム
●定員:20名
●受講料:6,000円(税込)
●主催:ゲリーボーネル・ジャパン

お問合せ&お申込みは、ゲリーボーネル・ジャパンにご連絡下さい。
ゲリーボーネル・ジャパン公式サイト

NLPshiho2015trial

NLP体験会のお知らせ

「インスピレーションを磨き、人生の流れを変える!」

あるテーマに沿って、自由に絵を描いたり、美しい音を鳴らしたり、身体を動かしたりして、バランスよく五感を使うことによって、意識が広がり、インスピレーションを受け取りやすくなります。そして、今まで『できない』と思っていたことが『できる』と思えるようになったり、新しい未来を構築するための豊かな想像力やパワーが湧いてきたりします。

この体感型ワークショップは、たった4時間で最大の変容をうながすことができるようにプログラムされています。新しい自分に出会い、明るい未来を創造することができるようになるダイナミックなNLPテクニックを、楽しみながら体験していただけます。

【プログラム】
(1)五感が織りなす自分の内的世界を感じてみましょう
  ・自由に絵を描きながら、自分の内的世界を表現する
  ・美しい音を響かせながら、自分のオーラの音を感じる
  ・身体を動かしながら、思考や感情のブロックを解放する

(2)新しい未来を創造する内なるインスピレーションとパワーを発揮させましょう
  ・クリアな自分が創造する未来のヴィジョンを描く
  ・インスピレーションを受け取りながら、自分の意識を拡大する
  ・自分の可能性を広げる

【スケジュール&募集要項】
●講師:中島志保(NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー)
●日時:2013年08月11日(日)13:00〜17:00
●会場:アクロス福岡(会議室601)
●定員:20名
●受講料:5,000円
●主催:
ニューコードNLPスクール

参加ご希望の方は、こちらのお申込みフォームにご記入のうえ送信して下さい。

3c223a27556a0b24c84892b4948ea4a7_m

リード・システム(誘導体系)

私たちは、何かを考えるとき、無意識に優先的なリプレゼンテーショナル・システム(Representational System preference)を使います。同様に、ある記憶を思い出すときも、無意識に優先的なリプレゼンテーションナル・システムを使います。

NLPでは、脳の中に記憶として保存された情報を引き出すときに優先的に使うリプレゼンテーショナル・システムを、リード・システム(Lead System/誘導体系)と呼んでいます。

私たちの記憶には、それを体験したときの視覚的な情報(風景や画像など)、聴覚的な情報(音や声など)、体感覚的な情報(触感、香りや味、感情など)が含まれています。そして、その記憶の中にあるある「1つの感覚」だけを優先して思い出すことによって、そこから他の感覚も引き出していきます。

例えば、ある記憶を思い出すとき、まず最初に風景や画像が浮かんできたらリード・システムは視覚です。音や声が聞こえたらリード・システムは聴覚です。触感、香りや味、感情が出てきたらリード・システムは体感覚です。

それでは、基礎的な実習してみましょう。

「昨日、夕食をどこで食べたか、思い出してみましょう」

昨日の夕食をどこで食べたのかを思い出すとき、まず最初に、夕食をとった場所、一緒にいた人、食べ物などの画像が浮かんできたらリード・システムは視覚です。物音や人の声、テレビやラジオの音、BGMなど、音が聞こえてきたらリード・システムは聴覚です。夕食をとったところの雰囲気、室温などの皮膚感覚、食べ物の匂いや味、そのときの気持ちなどが出てきたらリード・システムは体感覚です。

実習の結果はどうでしたか…?

皿












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


インターナル・マップ(内的地図)



私たちは、視覚、聴覚、体感覚、嗅覚、味覚という5つの知覚システムを使って、自分自身の内的な「世界」を作り上げています。これを、インターナル・マップ(Internal Map/内的地図)と呼んでいます。

五感は、私たちひとりひとりが構築している内的な「マップ」の構成要素の最小単位です。

内的世界















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「未来をマネジメントする」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」福岡開催
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの概要
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの概要
  • シナスタジア/共感覚
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(5)
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(4)
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(3)
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(2)
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(1)
  • リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(1)
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • NLPプラクティショナーコース東京2期のお知らせ
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • NLPプラクティショナーコース大阪2期のお知らせ
NLP関連書籍(洋書)
NLP関連書籍(和書)
脳科学に関する書籍
論理的思考に関する書籍
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ