呼吸は、古来から武道や瞑想などに取り入れられています。先人たちは身体の機能を効果的に働かせたり心身をマネジメントしたりするために呼吸を意識的に行うということを大切にしてきました。実際に呼吸をどのように行うかによって、自分自身のステートも変わってきます。

生理学的に見ると、呼吸というのは通常、自律神経の働きによって無意識に行っているものですが、それを意識的に行うことも可能です。息を吸うときは交換神経が刺激されて気持ちが高まり、反対に、息を吐くときは副交感神経が刺激されてリラックスします。息をゆっくりと吸うことと、吸う時間よりも吐く時間の方を長くすることで、副交感神経が刺激されて、心身がリラックスしていきます。このプロセスによって、ステートが変化し、高いパフォーマンスを発揮することができるうようになります。

状態を作り出すことができるということです。

瞑想












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク