NLPやコーチングなどのチェンジワーク(変化ワーク)において、意識の部分しか扱わないワークと、無意識の部分も扱うワークでは、下記のような違いがあります:

〔意識の部分しか扱わないワーク〕
●ワークに時間がかかる。
●クライアントの中に、トランスレーション(水平的な置き換え)しか起こらない可能性が高い。

〔無意識の部分も扱うワーク〕
●短時間で飛躍的なワークが達成できる。
●クライアントに恒常的な行動の変化が引き起こされる可能性が高い。
●クライアントの中に、トランスフォーメーション(垂直的な変容)が達成される可能性が高い。