人間の網膜には、約1億6,000万の視細胞(photoreceptor)があります。

視細胞は、網膜の視細胞層から外網状層にかけて存在し、光刺激を吸収し、電気信号へと変換する役割をもちます。視細胞には、網膜の中心部に約500〜600万ほど分布している錐体細胞(すいたいさいぼう)と、網膜の周辺部に約1億2,000〜1億4,000万ほど分布している桿体細胞(かんたいさいぼう)があります。


錐体細胞(Cone cell)

・光を感じる視細胞の一種。
・網膜の中心部に約500〜600万ほど分布している。
・光に対する感度が低い。
・明るい場所で機能する。
・解像力に優れる。
・色を認識する。

細胞錐体















桿体細胞(Rod cell)

・光を感じる視細胞の一種。
・網膜の周辺部に約1億2,000〜1億4,000万ほど分布している。
・光に対する感度が高い。
・暗い場所で機能する。
・解像力に劣る。
・明暗を認識する。(色は認識しない)

細胞桿体












桿体細胞は、光刺激に非常に敏感で、光子(Photon)1つでも視神経に信号を送り出すことができ、分子よりも小さいものを見ることができる。(肉眼で見えないものも見ることができる)

私たちは、明るい場所にいるときは、視野の中心(中心視野)、すなわち錐体細胞を利用して「色」を認識しています。また、暗い場所にいるときは、中心視野から外れた視野(周辺視野)、すなわち桿体細胞を利用して「明暗」を認識しています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/13