New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

風の中のささやき

エリクソンのモデルの句読点

エリクソンのモデリングの句読点


 
1.適切なモデル(エリクソン)の識別

2.私たちが何をしているのかを意識的に理解しようとする試みを積極的に避け、長期にわたる正確な模倣の実践を通してエリクソンが使っていたパターン化と無意識的に同化すること

3.フィードバックを通して進行中の結果を厳密に評価すること

4.基準−すなわち、行動的にエリクソンの典型と同じ時間枠内で同じ質の同様の一連の反応をクライアントから引き出す能力−に達している場合に、行動を以下の2つに分類すること:

 A−同じ反応を引き出すために不可欠な(本質的な)一連の差異
 B−偶発的な又はエリクソンのスタイルに特有の一連の差異

5.それらの差異を関係者に効率的かつ効果的に伝達するための記述にそれらをマッピングし、上記の4で説明した基準と同じ基準を使用して、差異をコード化すること

6.伝達が効率的かつ効果的であると許容されるまで、付随する修正を伴って実際に伝達することにより、モデルをテストすること

 


私たちがここで追求している点は、ステップ4に含まれています。モデリングプロジェクトのステップ2と3は、モデラーが最小限の意識的なフィルタリング(f2フィルターの停止)でモデルの本質的なパターンに同化していることを保証します。ステップ4は、モデラーが、元のモデルまたはパターン化の元となっている人とほぼ同じ有効性で実行していることを保証します。残念ながら、無意識の模倣を使用しているモデラーは、モデルのワークの典型である強力な結果を達成することとは無関係なモデルの行動の一部も典型的に同化してしまいます。モデラーは、無意識のコンピテンス(能力)状態にあると言えるかもしれません。つまり、彼らは効果的にモデルの行動を再現していますが、依然として模倣しており、彼らが何をしているかについて意識的に理解していません(明白なモデルはありません)。彼らは、パターン化の元となる人に由来するパターン化についての暗黙の知識を有するとも言えます。

 

ステップ4は、偶発的な差異から本質的なものを分類することに焦点を当てており、重要な作業です。特に、実際の行動と、様々な行動の背後にある意図に特に注意してコード化されているより大きな一連の差異で機能する方法との間には、ダンスが必要です。ここで一つの例がわかりやすいでしょう。

 

エリクソンは、バンドラーとグリンダーが彼に会ったとき、部分的に麻痺していました。この状態は、彼の身体状態にはっきりと適応した特定の行動を引き起こしていました。例えば、彼は机(通常タイプライターに使っているもの)から引き出した格納棚に小さな枕を置き、右手をカップの形にした左手で受け、両手の重さを支えるために左肘を枕の上にのせて体を前方に傾けるという習慣がありました。

 

その上、とても特別な場合を除いて、彼は欠けている上の歯のための装具をつけていなかったので、大部分の歯がない状態(厳密に歯の意味でしかないが(訳注:toothlessは「権限がない」という意味もある))でした。この状態によって、発声する際に特定のスタイルの発音になりました。

 

制御された無認識の同化段階と一致して、グリンダーとバンドラーはエリクソンの特徴的な姿勢(右手をカップの形にした左手で受ける)と彼の声(欠けた上の歯の結果)の様式の再現を含む模倣的な様式で催眠パターンを行うことに数ヶ月費やしました。十数ヶ月の勤勉な実践の後、二人は同じ速さと同じ質で一貫して同じクラスの反応を引き出すのに十分な熟練を達成したという合意に達しました。したがって、ステップ4の基準に達しました。

 

反盲信プログラム(anti-superstition program)の詳細は、記述できるくらい単純です。グリンダーとバンドラーは、得られる限りに問題の表現とスタイルが近い二人のクライアントを連れてきました。次に、彼らの訓練された実践の一部分として彼らがマスターしたエリクソンのワークの典型的な全ての行動を使って、一人のクライアントにワークをしました。彼らは注意深くそのクライアントの反応をカリブレートしました。次に、彼らは二人目のクライアントに、最初のケースと同じ一連のパターンを行いましたが、意図的に最初のケースに含まれていたいくつかの単一の行動を除外しました。彼らは、二人のクライアントで得られた結果を比べながら、その結果を評価しました。鍵となる質問は以下の通りです。

 

 「二人のクライアントに提供された治療を区別している特定の行動を除外することは、結果に違いを生み出すだろうか?」

 

もしもその答えがイエスであるなら、そこに含まれていた行動は条件的にモデルの本質的な部分として維持されます。もしも違いが現れなければ、その行動は、モデルの有効性を減らすことなく安全に廃棄することのできる明らかに偶発的又は特有の行動です。これまでのところ、とても単純で順調です。

 

この行動の分類は全て、一般的な人々の行動では明白でないいくつかの能力を前提としていることに注意してください。これらのうち、私たちは以下のことを識別することができます。

 

  1. 知覚の形式的又は統語的フレーム−治療的接触に典型的な強い感情的コンテンツに直面したとき、専門家またはそれ以外の大多数の人々が、体験をその要素に分解する知覚的フィルターを適用するという反応をしていないという印象があります。より典型的には、彼らはそのコンテンツに感情的に反応しています。したがって、この形式的、統語的フィルターは、モデリングに不可欠な要素です。

     

  2. 結果をもたらす能力に基づく重大な責任と結果を伴って、貴方自身の行動を非常に熱っぽい感情的文脈に分割することができる自分自身の行動の運用能力。特に、貴方は、どの行動を適用し、どの行動をここに述べられている反盲信プログラムの一部として除外するかを決める能力を維持しています。

 

この特定の例を続けることによって、エリクソンの行動をその構成部分に分解するためのフィルターが与えられれば、二人はその姿勢(右手をカップの形にした左手で受ける)と上の歯が欠けていたことによる特徴的な声質を安全に捨て去ることができたことは確かです。彼らはそれぞれ、直接の体験で彼らの直感をテストしました。つまり、それぞれが「マッチした」クライアントと2回のセッションを実行しました。1回目は姿勢を使って、そして2回目は姿勢を外しました。予想通り、その結果は得られた一連のものに検出可能な差異を示しませんでした。


森林04










Whispering In The Wind p.179-182
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

A Punctuation of the Modeling of Ericksorn

1. the identification of an appropriate model (Erickson)


2. the assimilation unconsciously of the patterning used by the Erickson through rigorous imitative practice over an extended period oftime positively eschewing any attempt to understand consciously what we weredoing.

3. the evaluation of ongoing results strictly through feedback

4. upon reaching criterion - the ability to behaviorally elicit the same set ofresponses from our patients which were typical of Erickson in the same time frame and with the same quality - the sorting of the behaviors mastered into twosets:

 A - the set of differences essential for eliciting the same responses
 B - the set of differences that was accidental or idiosyncratic to Erickson's style

5. the codification of the differences, mapping them onto a description which allowed an efficient and effective transfer of these differences tointerested parties, using the same criterion as that mentioned in step 4 above.

6. the testing of the model through actual transfer with the attendantmodification until the transfer was acceptably efficient and effective.

The point we are pursuing here is that contained in step four. Steps two and threeof the modeling project ensure that the modelers have assimilated the essentialpatterns of the model with a minimum of conscious filtering (suspension of f2 filters). Step four guarantees that the modelers are performing with approximately the same effectiveness as the original model or source of thepatterning. Unfortunately, the modelers through the use of unconscious imitation have typically also assimilated portions of the model's behavior thatare irrelevant to achieving the powerful results typical of the work of the model. The modelers may be said to be in a state of unconscious competency - that is, they are effectively reproducing the behavior of the model but they arestill imitating and have no conscious understanding (no explicit model) of whatthey are doing. They can be usefully said to have tacit knowledge of the patterning that originated with the source of the patterning.

Step four isfocused on the sorting of essential from accidental differences and is a non-trivial task. In particular, it requires a dance between the actual behavior and the way it functions in the larger set of differences being coded with special attention to the intention behind the various behaviors. An example will servewell here.

Erickson was partially paralyzed at the point in hislife when Bandler and Grinder met him. This condition had given rise to certain behaviors that were clearly adaptations to his physical condition. For example, he had the habit of placing a small pillow on a retractable shelf which waspulled out his desk (the one normally used for a typewriter) and holding his right hand in his cupped left hand, he would lean forward restinghis left elbow on the pillow to support the weight of both arms.

Further, except for very special occasions, he wore no prosthetics for his missing upperteeth and thus was largely toothless (although only in the trictly dentalsense). This last condition resulted in a certain style of articulation whenspeaking.

Consistent with the disciplined non-cognitive assimilation phases (steps two and three in the above outline of modeling), both Grinder and Bandler spent months doing hypnotic patterning in an imitative mode includingthe reproduction of Erickson's characteristic posture (right hand resting intheir cupped left hand) and his style of articulation in voice (the result ofhis missing upper teeth). After some ten or so months of diligent practice bothmen were in agreement that they had achieved a mastery sufficient to consistentlyelicit the same class of responses with the same speed and quality - thusmeeting the criteria for initiating step 4.

The specifics of theanti-superstition program are simple enough to describe. Grinder and Bandler would take two clients as close in problem presentation and style as wereavailable. They would then do a piece of work with one of the clients using allthe behaviors typical of Erickson's work which by now had been mastered by eachof them as part of their disciplined practice. They would carefully calibratethe responses of that client. They would then take the second client and runthe same set of patterns as in the first case with the exception that theywould deliberately leave out some single Ericksonian behavior that they had included in the first case. They would then evaluate the results, comparingthe results they obtained with the two clients. The key question was,

 Did leaving out the particular behavior that distinguishes the treatment offered tothe two clients make a difference in the results?

If the answer is yes, thebehavior involved will be maintained as a conditionally essential part of themodel. If no differences emerge, the behavior is apparently an accidental or idiosyncratic behavior that can be afely discarded without reducing the effectiveness of the model - so far o good, simple enough.


Note all this sorting behavior presupposes severalcompetencies not obvious in the behavior of the general population. Among these, we can identify:

 1. a formal or syntactic frame of perception - it is ourimpression that the vast majority of people, professional or otherwise, whenfaced with the strong emotional content typical of therapeutic encounters donot respond by applying a perceptual filter which decomposes the experience intoits elements. More typically they respond emotionally to the content. Thisformal, syntactic filter, then, is an essential element for modeling.

 2. acommand of behavior within oneself that allows you to segment your own behaviorin a highly charged emotional context with grave responsibilities and consequences resting on your ability to deliver results. More specifically, youmaintain the ability to decide which pieces of behavior to apply and which toleave out as part of the anti-superstition program being here described.

Continuing with this specific example, both of the men were certain that giventheir filter for decomposing Erickson's behavior into its component parts, they could safely discard both the posture (right hand held in the cupped left hand) as well as the characteristic voice quality which resulted from Erickson's lack of upper teeth. Each of them tested these intuitions with direct experience - that is, each of them ran double sessions with "matched" clients, in one case using the posture and in the second in the consequences obtained - so far, so good. 



Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

方法論的解説

方法論的解説

 

エリクソンのパターン化の一部をとらえたモデル−いわゆるミルトンモデル−は、除外的なプロセスを経て完成しました。このプロセスは複雑なシステムのモデリングに不可欠であるため、少なくとも最初に説明するのに値します。

 

私たちは、モデリングの無意識の取り込み段階でエリクソンを無批判に同化し、自分自身とお互いと何も知らない私たちのクライアントに、私たちが彼の催眠のパターン化の特定の部分を習得したことを模倣を通じて示しました。自分自身を解読するというプロセスは、フィードバックによってもたらされた経験を好んで私たちがしていたことを意識的に理解するという信念と要求の両方を中断することによって、私たちが一時的に受け入れた盲信に挑戦するという形式を取りました。私たちは、エリクソンの行動を忠実に再現するための規律ある日々の実践に身をゆだねてきました。私たちの目標は、エリクソンが彼のクライアントに対して達成しているのを私たちが目撃したのと同じカテゴリーの反応を、ほぼ同じ時間枠で、ほぼ同じ質で、私たちのクライアントから引き出す信頼できる一貫した能力を開発することでした。この基準は、エリクソン自身の行動と機能的に同等である表現を私たちが(私たち自身の神経学において)行動的に手に入れたということを確実にしたでしょう。今や私たちが直面していた課題は、エリクソンがそれによって有名であった意識の変性状態を誘導し利用するという活動にとって、どの行動(と対応する内在している回路)が不可欠であるか、そして、どの行動が単に文体的あるいは純粋に特異的であるかを分類することでした。

 

ここで問題になっているのは、パターンとそのパターンが埋め込まれているノイズとの違いを判断する能力です。この問題は重要な方法論的ポイントを含んでいます。

 

例えば、医学的、薬理学的または心理学的実験の標準的な設計では、実験者は、ある治療法または化学物質がある特定の集団に対して特定の効果を及ぼす可能性について探求したいと考えます。実験者は、興味のある集団から抽出された適切な代表群を集めるでしょう。この集団のメンバーを無作為に割り当てることによって、または実験者が重要であると考える変数に関して2つの群のバランスがとれるように設計された割り当てを通して、彼女は実験群と対照群を作成します。次に彼女は、実験群に処置または化学物質を投与し、明示的に対照群には投与しません。薬理学的研究の場合は、対照群はプラセボ(いわゆる不活性物質)が与えられ、心理的研究においては、実験群が提供されている接触時間と同等の量の専門家との接触時間が与えられるでしょう。研究の終わりに、研究者は、統計学的に2つの群が不規則変動から予測されるよりも大きく異なっているかどうかを決定するために、いくつかの測定系を使用するでしょう。そのような違いが発見された場合には、その治療または薬物は集団の特定の割合に対して有効であると宣言されます。

 

この標準的な実験デザインを追加的(additive)と呼ぶことにしましょう。実験者は、何らかの条件(治療法、薬物等)の「追加」が、他の点では同等の集団として認められているもの(実験群と対照群)に違いを生むかどうかをテストしています。

 

エリクソンの優れたパフォーマンスを平均的な内科や精神科の催眠の実践者と区別する一連の差異のコード化に適用されたバンドラーとグリンダーの方法論は、この標準的なデザインをひっくり返すものとして有用に説明できます−それは除外的(subtractive)戦略です。エリクソンのモデリング(及びNLPの分野を生み出した他の天才の研究)を説明する一連の出来事は、以下の通りです。

次のページ「エリクソンのモデルの句読点」に続く

森林03










Whispering In The Wind p.178-179
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

Methodological Commentary
  

The model that captures some of the patterning of Erickson - the so-called Milton Model - was arrived at through a subtractive process. This process is so essential to the modeling of any complex system that it deservesat east an initial description.

We had assimilated Erickson uncritically duringthe unconscious uptake phase of modeling and demonstrated to ourselves, oneanother and our unwitting clients through imitation that we had masteredcertain portions his hypnotic patterning. The process of decoding ourselves took the form of challenging the superstitions we had temporarily accepted by suspending both belief and the requirement to understand consciously what we were doing in favor of experience driven by feedback. We had committed ourselves to a disciplined daily practice of reproducing Erickson's behavior with high fidelity. Our mark was to develop a reliable consistent ability toelicit the same category of responses from our own clients that we had witnessed Erickson achieving with his clients in roughly the same time frameand with roughly the same quality. This criterion would ensure that we hadcaptured behaviorally (in our own neurology) representations that were functionally equivalent to Erickson's own behavior. The challenge that now confronted us was to sort out which behaviors (and the corresponding underlying circuits) were essential to the enterprise of inducing and utilizing the altered states of consciousness for which Erickson was so well known; and which behaviors were simply stylistic or purely idiosyncratic.

What is at stake here is the ability of determining the difference between a pattern and thenoise in which the pattern is embedded. This issue contains an important methodological point.

In the standard design of medical, pharmacological or psychological experimentations, for example, the experimenter wishes to explorethe possibility that the some treatment regimen or chemical substance has acertain effect on some identified population. The experimenter will assemble anappropriate representative group drawn from the population that is of interest. Either through random assignment of members of this population or through anassignment designed to balance the two groups with respect to the variables the experimenter suspects are of importance she creates an experimental group and acontrol group. She then administers the treatment or chemical substance to the experimental group and expressly not to the control group. The control group inthe case of a pharmacological study will receive a placebo (an alleged inertsubstance) or in a psychological study an amount of contact time with aprofessional equivalent to the contact time the experimental group is beingoffered. At the termination of the study, the researcher will use some measurement system to determine whether statistically the two groups differgreater than can be anticipated through random variations. If such a differenceis discovered, the treatment or drug is declared effective for a specified percentage of the population.

Let us refer to this standard experimental designas additive. The experimenter is testing whether the addition of some condition (treatment regimen, drug...) produces a difference in what is accepted asotherwise equivalent population (the experimental and the control groups).

The methodology Bandler and Grinder applied in the coding of the set of renceswhich distinguished Erickson's superb performance from average practitioners of medical and psychiatric hypnosis can usefully be described as turning thisstandard design on its head - it is a subtractive strategy. The sequence ofevents that describe the modeling of Erickson (and the other studies of geniusthat created the field of NLP), was:

Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

NLPの3番目のモデル:ミルトンモデル(2)

この素晴らしい会合の一週間後、グレゴリーは再び私たちを彼の家に呼び、私たちのモデリング技術を彼が何十年間も持ち続けてきた夢に役立てるよう促しました。マーガレット・ミードと結婚した30年代、そしてバリで共同の人類学のフィールドワークを行う準備の間に、彼ら二人は意識の変性状態に関する基礎について勉強する必要性を認識していました。ダンスのような特定の芸術活動に含まれるパフォーマンス状態を達成するための、通常社会的に期待され受け入れられた方法として、バリ人が公式にトランス状態に入ることは既によく記録されていました。広範囲な調査の後、彼らは医学催眠術の実践者の中で最も熟練しているという評判のあった反逆的な精神科医のミルトンH・エリクソン博士を知りました。ミルトン・エリクソン博士について費やした彼らの時間は、グレゴリーに、無意識のコミュニケーションにおけるその男の天才性を確信させました。グレゴリーがMRIの調査を率いた何年も後に、彼はジェイ・ヘイリーとジョン・ウィークランドを含む彼の研究グループのメンバー数人を、エリクソン博士が暮らし、彼の理解しがたい技術を実践していたフェニックスに送りました。グレゴリーがこの会話の中で困惑した表情で顔をしかめながら言うには、

 

 彼ら全員が彼らのこの老人の経験に夢中になって戻ってきたんだ!

 

このときまでに、リチャードと私はいくつかの彼の出版物を読むことを通してエリクソンについていくらか精通していて、私たちがこの注目すべき人へのアクセスを求めることを既に決心していました。リチャードはすぐに、彼がフェニックスに向けて今すぐ出発する準備ができていると答えました。私の声がこのような言葉を発しているのを聞いたときの私の驚きを想像してみてください。

 

 ありがとう、グレゴリー。しかし私はまだエリクソンのモデリングをする準備ができていません。

 

私たちはグレゴリーに、私たちはそのモデルを行うだろうが、それはまだである、と断言しました。リチャードは私のためらいを理解していませんでした−私自身がそれを明確に話せなかったのに、どうして彼がそれをできたでしょうか。私は、行かないことを十分に知っていました・・・まだ。

 

私が自分自身を整理することに成功し、フェニックスに行くことについて矛盾がない状態を達成するまでに、3ヶ月以上が経過しました。リチャードは喜びました−私たちはグレゴリーに電話をし、彼も同じくそのニュースに本当に喜びました。彼は自信満々に、私たちに先に行って飛行機に乗るように言いました−その間に、彼はエリクソン博士に電話をして手配をしたのでしょう。彼は私たちに、フェニックスに着いたらなるべく早く電話をするようにと指示しました。私たちは翌日フェニックスに到着し、そこのチェーンホテルの一つのスイートにチェックインし、グレゴリーに電話をしました。がっかりしたことに、彼の説明によると、彼はエリクソンに話をし、エリクソンは私たちに会うことにとても興味を持っていたが、彼はちょうど彼にとってひどく骨の折れるイベントである臨床催眠学会の年次総会を終えたところで、今から数日間、彼の3人の親しい生徒と一緒にこもることになっているとのことでした。

 

私たちは電話を終え、お互いを見て、仕事に取りかかりました。私たちは聖書(「催眠術と治療の高度な技術」、編集者であるジェイ・ヘイリーとエリクソン博士によって書かれた豊富な記事の概要)の写しを取りだし、様々な記事の中に多くのトランス誘導を見つけました。私たちは、私たちの目的のために必要と思われるものをどのようにこのパターン化から抽出するかについて合意するまで、次の一時間ほどの間これらの誘導について互いに読みました。テンプレート(鋳型)があると思われるまで、私たちは数時間かけてこれらの誘導を分析し、その様々なパターンを分類しました。メタモデルの区別と、エリクソンの仕事がとても上手く行われているという事実は、形式からコンテンツを分類することをとても簡単にしました。私たちは、全てのコンテンツの場所でエリクソンが関与したクライアントにとって適切な反応を引き出すために利用した資源を削除して、エリクソン博士に提示したい二つのメッセージの変形を挿入しました。

 

 今すぐ時間を作って下さい!

 

 今すぐ私たちに会って下さい!

 

そして時には十分大胆に

 

 今すぐ時間を作って私たちに会って下さい!

 

私たちは、エリクソン自身の誘導の変換版の一部を、新しいメッセージを埋め込んで書き出しました。それから私たちはコインをはじきました。私が勝ちました−私はエリクソン博士と電話でこの誘導を行わなければなりませんでした。私は、リチャードが私の視界の外で、彼の口に手ぬぐいを詰めたまま、バスルームにある電話で聞くように主張しました。この仕事は私が持っている全ての集中が必要でした−私はバンドラーからのどのような気を散らすものも必要とせず、望んでもいませんでした−笑いの形でも、忍び笑いでさえも。

 

私はベイトソンがくれた番号に電話をかけました−リチャードはバスルームでもう一つの電話を取り上げました。ミルトンの妻であり、一人前のとても素晴らしい催眠術師であるベティ・エリクソンに、彼女の夫が本当に私と話したがっていたということを納得させた後、私は深く心が奪われるような声が私の耳に話すのを聞きました。

 

 はあああい、エリクソン博士です。

 

彼の息づかいがはっきりと聞こえ、私は言いました。

 

 エリクソン博士、ジョン・グリンダーです。グレゴリー・ベイトソンが私を送り出しました。

 

そして休むことなく、私は誘導を始めました。2分半の間(私たちは電話の前に時間を計っていました)、私の最大限のそして非常に限られた知識の限りにマスター自身のパターンを活用し、私は自分の挿入したメッセージを含む誘導を行いました。私は、彼の呼吸がゆっくりになったこと、そして私が提示した誘導を彼が静かに受け入れ続けたことに大いに励まされました。私は自分の声をゆっくりにしていき、最後に単に止めることで誘導を終えました。少なくとも30〜45秒の時間が経ち(私にとっては永遠でした)、それから彼は呼吸を速め、単に言いました。

 

 君たち、すぐにここに来なさい!

 

続く10ヶ月は奇妙で素晴らしい経験でいっぱいでした−私たちはフェニックスでエリクソンと一緒に3〜4日かけて、彼が患者とワークをした時に微細筋肉運動を使って彼を見て、聞いて、モデリングしました。それから私たちは、声が聞こえる範囲にやって来た人たち誰にでも私たちが執拗にマスターしようと試みているパターン化で拷問を加えるためにカリフォルニアに急いで戻りました。

 

毎日の時間は、公式の文脈とそれ自体を提示した文脈の両方において、実践訓練に費やされました−私たちのテーブルにシーザーサラダを用意しているウェイターは、突然彼の足が床にぴったりくっついて歩けなくなったことに気がつきました。

 

それからフェニックスへのフライトで私たち二人の間の中央席を占めた幸運な女性がいました。彼女はこの小旅行をくしゃみと咳をしながら始め、症状なく終えました。私たちがしたことは、砂漠の乾燥した空気とその治癒力について静かに話し合っただけです。

 

私たちは、催眠接触の誘導期を習得したと確信してからは、変更された状態の利用に集中したいので、時間を節約するために、クライアントの再誘導シグナルを用意しました。全ては催眠で、何も催眠ではなく、屋根はきしみ、床は震えました!

 

私たちは明白な分析を試みることを拒否するようかなり訓練されました−エリクソンに直接会う前でさえ、メタモデルを特徴付ける構文変数のいくつかが、この天才の言語的パターン化にいくつかの興味深い方法で関与していたことは私たちにとって明らかでした。しかし、私たちは、エリクソンがフェニックスで無私に私たちに示し、彼の記事で詳細に説明したものと同じ反応を私たちのクライアントから引き出すという私たちの行動能力を満足させるまで、どんな説明も拒否しました。私たちは、聖書(催眠術と治療の高度な技術)にある全ての催眠効果と私たちが直接観察したものとを再現することに着手しました−私たちは熱狂的な狂信者でした。

 

以前のように、リチャードは私より前に準備ができていました−3回彼は私たちがそれ−「ミルトンH・エリクソン医師の催眠技術のパターン」として知られるようになったものの第1巻−を書くことを提案しました−そして、3回にわたって私の返事は、まだだよ、兄弟、でした。

 

私が内的な一致を達成した後、バンドラーと私自身による本(「ミルトンH・エリクソン医師の催眠技術のパターン」第1巻)の最初の草稿の実際の執筆は、およそ36時間のマラソンで達成されました−その後の仕上げと洗練は8時間未満でした。

次のページ「方法論的解説」に続く

森林









Whispering In The Wind p.175-178
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

NLP's Third Model: The Milton Model
  

One week after this remarkable meeting, Gregory again called us to his home and urged us to put our modeling skills inservice of a dream he had carried for decades. In the '30's, married to Margaret Mead, and during the preparation for doing joint anthropological field work in Bali, the two of them had recognized the need to educate themselves onthe fundamentals of altered states of consciousness. It had already been well documented that the Balinese officially enter trance states as a normal socially expected and accepted way of achieving the performance states involvedin certain artistic activities such as dance. After making extensive enquiries, they learned of a renegade physician psychiatrist who had the reputation forbeing the most skillful of the practitioners of medical hypnosis, Dr. Milton H.Erickson. Their time spent with Dr. Milton Erickson had convinced Gregory ofthe man's genius in unconscious communication. Many years ater when Gregory was heading up the MRI investigations, he dispatched a umber of members of hisresearch group including Jay Haley and John Weakland to Phoenix where Dr. Erickson lived and practiced his arcane arts. As Gregory sald wryly during this conversation with a bemused look,

 They all returned entranced by theirexperiences of the old man!

By this time, Richard and I had some familiarity with Erickson's through reading some of his published work and had already determined that we would seek access to this remarkable man. Richard immediately responded that he was prepared to leave now for Phoenix. Imagine my surprise to hear my voice uttering the words,

Thanks, Gregory, but I'm notready to do the modeling of Erickson yet.


We assured Gregory that we would do the model but not yet. Richard did not understand my hesitation - how could he, when I, myself, couldnot articulate it. I knew enough not to go... yet.

More than three months passed before I succeeded in sorting myself out and achieved a state of congruity about going to Phoenix. Richard was delighted - we called Gregory who likewise expressed genuine pleasure at e news. He confidently told us to go ahead andget on a plane - he would meanwhile call Dr. Erickson and make the arrangements. He instructed us to call as soon as we got to Phoenix. We arrived the followingday in Phoenix, checked into a suite at one of the chain hotels there andcalled Gregory. To our dismay, he explained that he had spoken to Erickson and that while he was quite interested in meeting us, he had just finished the annual meeting of the Society for Clinical Hypnosis - a taxing event for himand that he was sequestered with his three closest students for the next few days. 

We finished the phone call, looked at one another and went to work. We took a copy of the bible (Advanced Techniques of Hypnosis and Therapy, a richcompendium of articles written by Dr. Erickson with Jay Haley acting as editor) and located a number of trance inductions inside various articles. We readthese inductions to one another for the next hour or so until we agreed on howto extract from the patterning what we believed we would need for our purposes. We spent several hours analyzing these inductions, sorting through its various patterns until we thought we had a template. The distinctions in the meta modeland the fact that Erickson's work is so well done made it quite easy to sortthe content from the form. In all the content spaces we removed material Erickson had used to elicit the res ponses appropriate for the client involvedand inserted variants of the two messages we wished to present to Dr. Erickson:

 Make time now!
 
 See us now!

And sometimes daringly enough even

 Make time to seeus now!

We wrote out portions of the transformed version of Erickson's own inductions with the new messages embedded. We then flipped a coin. I won - I was the one who got to do the induction on the phone with Dr Erickson. I insisted that Richard listen on the phone that was in the bathroom, out of my line ofsight with a washcloth stuffed in his mouth. Doing this task would require allthe focus I had - I neither needed nor wanted any distractions from Bandler - not in the form oflaughter or even giggles.

I placed the call to the number that Bateson hadgiven us - Richard picked up the other phone in the bathroom. After convincing Betty Erickson, Milton's wife, and a very good hypnotist in her own right, that her husband really did want to talk to me, I heard a deep riveting voicespoke into my ear,

 Yeeees, this is Dr. Erickson.

I could clearly hear hisbreathing and I said,

 Dr. Erickson, this is John Grinder - Gregory Bateson sent me.

and without pausing, I began the induction. For two and a half minutes (wehad timed it before the call), I moved through the induction containing the messages we had inserted, using to the best of my then quite limited knowledgethe master's own patterns. I was greatly encouraged by the slowing of his breathing and his continued acceptance by his silence of the induction I was presenting. I finished the induction by slowing my voice and simply finallystopping. A good 30 to 45 seconds followed (an eternity for me), then there wasa quickening in his breathing and he simply said,

 "You boys come over hereimmediately!" 

The succeeding 10 months were filled with strange and wonderful experiences - we would spend 3 to 4 days with Erickson in Phoenix watching, listening and modeling him with micro muscle movement as he worked with his patients. Then we would rush back to California to torture anyone whocame within hearing distance with the patterning we were obsessively attemptingto master.

Hours daily were devoted to disciplined practice, both in official contexts and in any context that presented itself - the waiter fixing the Caesar salad at our table suddenly found his feet were glued to the floor and wasunable to walk away.

Then there was the woman who had the good fortune to occupy the center seat between the two of us on a flight to Phoenix. She began thetrip sneezing and coughing and finished without a symptom and all we did wasalk to one another past her quietly about the dry desert air and its healing qualities.

We arranged re-induction signals with our clients once we had convinced ourselves that we had mastered the induction phase of the hypnotic encounter to save time since we wanted now to focus on utilization of altered states. Everything was hypnosis, nothing was hypnosis, the roof creaked, the floor trembled!

We were quite disciplined in refusing to attempt any overt analysis - it had been clear to us even before meeting Erickson directly that some of the syntactic variables that informed the meta model were involved in some interesting way with the linguistic patterning ofthis genius. However, we rejected any explication until we were satisfied withour behavioral competency in eliciting the same responses from our own clients that Erickson had both unselfishly demonstrated to us in Phoenix and had socarefully detailed in his articles. We set out to reproduce every hypnoticeffect in the bible (Advanced Techniques of Hypnosis and Therapy) as well asthose we had observed first hand - we were flaming zealots.

As before, Richardwas ready before I-three times he proposed that we write it - the first volumeof what came to be known as Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson, M. D.  - and three times my response was, Not yet, bro'

Once I had achieved the internal congruency, the actual writing of the first draft of theb ook (volume I of Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson,M.D.) by Bandler and myself was accomplished in a single marathon of some 36hours - the subsequent clean up and polishing less than 8 hours.

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


NLPの3番目のモデル:ミルトンモデル(1)

NLPの3番目のモデル:ミルトンモデル

1975年にバンドラー、グリンダー、ベイトソンは全員、個々の住居をカリフォルニア州ベンローモンドのアルバロード1000番地に持っていました。その年の後半に「魔術の構造 第1巻」として出版されたものの原稿版は、バンドラー、グリンダー、プセリックの3人の男性の周りに集まって彼らの研究を手助けしようとしていた興奮した人々のグループの間で回覧されていました。ベイトソンは数週間前にこの原稿のコピーを提供されていました。グリンダーとバンドラーは、彼らが達成しようと試みていたことを彼に認めてほしいと望んでいました。彼らの希望は、電話でベイトソンのところにやってくるよう招待され、知的な饗宴−何時間も続いたベイトソンとの並外れた刺激的な議論−をご馳走になった時に満たされました。

 

グレゴリー(訳注:グレゴリー・ベイトソン)は、ダイニングルームに長い木製のテーブル−神秘的なノルマン調で、ダークウッドの切りっぱなしで、頑丈な、価値のある一品−を置いていました。グレゴリーは、まるで裁判を行うかのように、この奇怪なものの一端に身を置き、二人の若い男性に自分のすぐ右隣(グリンダー)と左隣(バンドラー)に座るように指示しました。その後の会話は魅惑的でした。注目すべきことに(そしてグリンダーとバンドラーにとってその当時でもそう思われたように)、その原稿の中で詳しく研究されたベイトソンのパターン化の運用能力はあまりにも完璧だったので、実際にそれを議論するのにほとんど時間が費やされませんでした。

 

グレゴリーは独り言を言いました。その大部分はMRI(訳注:Mental Research Institute)で彼と彼の同僚が行った研究の思い出話であり、それから(彼が後に魔術の構造の序文で明確に述べたように)私たちが実際に発見しこの本の中でコード化したことをどのように彼と彼の仲間が見逃していたか−「どのように議論が言語学から上手く引き下げられたか、彼が病理学と文化的パターンから始めたことを試みることがどれほど混乱していることだったか」−についての妙に準謝罪的な解釈でした。彼は快く本の紹介文を書くことを申し出、そしてもはや関連性のない古くて反復的な夢から目覚めたかのように、好奇心と知性で輝く知的で容赦のない深い眼で私たちをそれぞれ順番にじっと見つめながら言いました。

 

 OK、貴方たちがしたことは非常に良いことですが、魔術の構造にあることは、少し前に起こったことだと確信しています。私の質問は、貴方たちがメタモデルをコード化してから何を発見したのか、ということです。

 

私たちは魅了されました−ここにいたのは、知的な巨人として容易に認識され、当時私たちが頭をいっぱいにしていた新しい一連のパターン化に飛躍するために私たちがどうしていたかを十分に理解した男でした。

 

 よくやった。そして・・・

 

リチャードと私は畏敬の念を抱きながら彼の質問を聞き、完全に同意しながらお互いを見て、明言をする前に経験における句読点の重要性を示すために崖に潜る人(クリフダイバー)のように一時停止し、そして努力なく私たちから流れ出す説明の大きな波を解放しました。

 

今や快活な様子で、グレゴリーは私たちを美しく編成しました−まるで追いかけられているように私たちがパターン化に突進している間、彼は私たち二人に耳を傾けました。時には私たちのうちの一人が、時には別の一人が、時には私たちの両方が同時に、彼の広大な知性を私たちの所見で満たすことを試みているかのように話しました。彼は私たちの間に座り、彼の目は水平線の上の特別な点に固定され、何ヶ月もの私たちの仕事の報告を徹底的に処理しました。

 

時々、彼は流れを凍らせ、興奮を冷まし、椅子にもたれかかり、前方の大きなテーブルや彼の左側に視線を落とし、この二人の狂人をより浅い水の中へと導く質問−彼の豊かな内なる王国をつなぐパターンを完成させる質問であり、彼の世界の知性に70年以上関与して集めた質問であり、彼が理解できないプロセスを続けることを欲した答え−を作りました。

 

私たちは二匹の犬のように、主人が行きたいと思われるところに案内しようとし、時々先を走り、時々彼をじりじりと追い上げ(nipping his heels)、常に彼の手がかりに注意を払い、常に彼の意図に忠実でした。

 

そして私たちは疲れ切って爽快な気分で、ついに私たちの長い登りの終わりに三人一緒に到着しました。今や私たちは、より思慮深く、もはや新しいものに追い立てられず、目下今という時に興味をもち、椅子に深く座っていました。

 

彼の豊かな声に新しいトーン−これまでに表現されたものより、さらに深い感情を示唆するもの−がありました。長い登りの間に鮮やかに光っていた彼の知性の鋭い刃は覆われました。間違いなく、何十ものケーススタディ、それぞれが独自の説得力のある比喩を伴ったライフストーリーの中で、長い間で初めて何かが彼を深く感動させました。彼は、彼の青春期からの特定の出来事、彼の愛する兄ジョンの喪失と続行していないスイスでの選択の喪失について−全てがまるで自身の物思いにふけっているかのようで、私たちの注意深くしかし受動的な存在の中で快適であるかのように−静かに語りました。彼はついに自分の要求を満たし、そして注意をもう一度私たちに向けました。

 

今や彼の助言は彼から私たちへと緩やかに移動しました。それは逆進する波でしたが、より洗練され、正確でした。彼はこのように多くのことを話しました−私はその二つだけ言及します。

 

彼は私たちが協力しながらどれくらいの時間一緒に働いてきたのか尋ねました。私たちは「約3年間」と答えました。彼は、このような生産的で革命的なコラボレーションは滅多に起こらず、しばしば短命であるので、毎瞬を大切に楽しむことを強く勧めました。リチャードと私は互いの目を引いて、不死性についての一定の知識と、他の人間達が尽力したパターンからの決定的に認められた例外のみからくる信頼を、そのきらめきで確認しました。

 

彼は、私たちが他の誰にこれらの投稿した「魔術の構造 第1巻」のパターンを提示したのか尋ねました。私たちは、「貴方以外には誰も」と答えました。彼は、どのような前向きなステップを講じるべきか確信がないと述べましたが、以下を指摘することによって彼のアドバイスを終えました。

 ・・・今日の午後にここで貴方たちが私に紹介したものより少なかったのに、彼らはジャンヌダルクを火あぶりにしたのだ。

次のページ「NLPの3番目のモデル:ミルトンモデル(2)」に続く

森林










Whispering In The Wind p.173-175
Part: The Eye of the Storm
Chapter 1: Contexts of Discovery

NLP's Third Model: The Milton Model


1975, Bandler, Grinder and Bateson all had their individual residences at 1000 Alba Road, Ben Lomand,California. The manuseript version of what would be published later that year as The Structure of Magic, volume I had been circulating among an excited group of people who had collected around the three men, Bandler, Grinder and Pucelik and who were assisting them with their research. Bateson had been provided with a copy of this manuscript some weeks earlier - Grinder and Bandler hoped that he would recognize what they had attempted to accomplish. Their hopes were more than met when they were invited by phone to come over to Bateson's place where they were treated to an intellectual feast - a remarkable and stimulating discussion with Bateson that lasted hours.

Gregory had a long wooden table in his dining room - one worthy of a mythical Norseman, rough-hewn of dark wood and sturdy. Gregory pointedly positioned himself at one end of this monstrosity as if conducting court and indicated to the two younger men to seat themselves immediately at his right (Grinder) and left (Bandler). The conversation that ensued was enchanting. It is noteworthy (and it seemed so even at the time to Grinder and Bandler) that Bateson's command of the patterning worked up in themanuscript was so complete that little time was spent on actually discussingit.

Gregory offered a soliloquy, in large part reminiscences of the research he and his colleagues at MRI had conducted and then a strangely semi-apologetic rendering of (as he later clearly stated in his Introduction to The Structureof Magic) how he and his associates could have missed what we had, in fact, discovered and coded in the book - "how well the argument flowed from the linguistics, how confusing it had been to attempt what he had done starting with pathology and cultural patterns." He graciously offered to write an Introduction to the book and then, as if rousing himself from an old and repetitive dream no longer of relevance, he fixed each of us in turn with his deep intellectually unforgiving eyes glinting with curiosity and intelligence and said

 OK, boys, what you have done is very good, but I am certain that what's in The Structure of Magic happened some time ago - my question is whathave you found since coding the meta model.

We were enchanted - here was a man, easily recognizable as an intellectual glant, who understood well enough what we were about, to leap to the new ets of patterning that were obsessing us atthe time.

 

 Well done and...

Richard and I listened to his question in awe, looked at one another with perfect agreement, paused like cliff divers tomark the importance of that point of punctuation in experience before committing and then released a great wave of descriptions that flowed from uswithout effort.

Buoyant now, Gregory orchestrated us beautifully - he would sitlistening intently to the two of us as we rushed forward into the patterning as if pursued. Sometimes one of us spoke, sometimes the other, sometimes both of us simultaneously as if attempting to fill his vast intelligence with our observations. He sat there between us, his eyes fixed at that special pointabove the horizon, processing thoroughly the reports of months of our work.

From time to time, he would freeze the cascade, breaking the spell, leaning back in his chair, dropping his gaze to point on the great table forward and tohis left, shaping the question that would guide these two madmen into shallower water - the question that would complete the pattern that connects in his rich internal kingdom, assembled over 7 decades of participation with intelligencein the world about him, the answer he wanted to continue his incomprehensible process.

We were like two dogs, attempting to guide their master to where they believed he wanted to go, sometimes dashing on ahead, sometimes nipping at hisheels, always attentive to his cues, always loyal to his intention.

The three of us arrived together then finally at the end of our long climb, exhausted and exhilarated. We sat back now, more thoughtful, no longer driven into the new,and presently curious about the now.

There was a new tone in his rich voice - one suggesting deeper emotions than thus far expressed. The sharp edge of his intelligence that had flashed brilliantly throughout the long climb was sheathed. No doubt,among the dozens of case studies, the life stories, each with its own compelling set of metaphors, something had stirred deep within him for the first time in a long time. He quietly recounted certain events from his youth, the loss of his dear brother John and of choices in Switzerland not pursued - all as if musing to himself, comfortable in our attentive, but passive presence. He worked it out finally then to his own requirements; and turned his attentiononce again to us.

His counsel now rolled softly from him to us, areciprocal wave, but more refined and precise. He spoke of many things in thisway - I will mention but two:

He asked how long we had been working together, collaborating. We responded, "Three years about" - He urged us tosavor every moment as such productive and revolutionary collaborations were rare occurrences and often short lived. Richard and I caught each other's eye,confirming with a twinkle the confidence that only comes with certain knowledge of immortality and an irrevocably granted exception from the patterns other members of the species labored under.

He asked who else we had presentedthese post Magic I patterns to - we replied, "To no one other thanyou." He indicated he was unsure of what positive steps to take but hefinished his advice by pointing out that

 ....they burned Joan of Arc for lessthan you have presented me here this afternoon.

Whispering In The Wind

Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


ワーキングメモリの限界

さらに、これらのパターンは、例えば、そのような変化は不可能であるというクライアントによって宣言された意識的信念があったとしても、適切に体系化され強要されたとき、無意識のプロセスは深い長期にわたる生態学的変化を生み出すだろうという共通の深い信頼を持っていました。意識の限界、すなわちワーキングメモリ(作業記憶)で利用可能な注目は7±2のチャンクであることは、意識が望ましいステート、適切なリソース、または特定の新しい行動を、どのような程度の能力でも上手く選択することができないということを理解可能にしています。しかし、この限界は、意識的処理にのみ適用され、無意識的処理には適用されません。したがって、貴方が予想するように、この違いを考えると、長期的な結果を評価し、次にその評価に基づいてそのような選択(望ましいステート、リソースまたは代替となる行動)をする無意識の能力は、意識的マインドの能力を大幅に上回ります。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.236より)


Further, these patterns had in common a deep trust that unconscious processes when properly organized and constrained would produce deep, long term ecological changes in spite of, for example, a client's declared conscious beliefs that such changes were impossible. The limitations of consciousness, the 7±2 chunks of attention available in working memory, makes understandable the inability of the consciousness to successfully select desired states, appropriate resources or specific new behaviors with any degree of competency. This limitation applies, however, only to conscious processing and not to unconscious processing. Thus, as you would expect, given this difference, the ability of the unconscious to assess the longer-term consequences and then, based on this assessment to make such selections (desired state, resource or replacement behavior) greatly exceeds that of the conscious mind.


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.236より
John&Carmen
















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

パフォーマンスを最適化するには

この世界におけるパフォーマンスはステートの作用です。−したがって、世界におけるパフォーマンスを最適化するには、無意識レベルで既に利用可能な膨大なリソースにアクセスできるステートを選択してください。そのようなステートを活性化するための最も効果的で直接的な方法は、あなた自身の生理機能を操作することです。生理機能を操作するための最も有効な方法の一つは、呼吸パターンを調節することです。

Performance in theworld is a function of state; therefore, to optimize performance in the world,select a state that gives you access to the enormous resources alreadyavailable at the unconscious level. The most effective and straightforward wayto activate such a state is through a manipulation of your own physiology. Oneof the most efficacious means for manipulating your own physiology is throughthe modulation of your breathing pattern.

 

ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.233より
John&Carmen














NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


個人的な儀式を開発すること

世界クラスのアスリート、俳優、女優、交渉担当者、音楽家など、その成功がプレッシャー下での一貫したハイクオリティのパフォーマンスにかかっている人は誰でも、儀式を開発するということに注目して下さい。これらの儀式は、彼らが自発的に高いパフォーマンス状態に入るかそれを維持することを可能にするために、これらの高いパフォーマンスの個人によってデザインされています。私たちの全員が、直感的にこれを達成しようと試みています。セールスの電話のために気持ちを高揚させたり、重要な会議のためにリハーサルをしたり、予想される挑戦のために「精神的に」準備をしたりします。そのお気に入りのブレスレットやネクタイ、または部屋に入る特別な方法−これらは全て、卓越性を持って特定のタスクを実行したりいくつかの課題に対処したりするために、私たちの中にある好ましいステートに再アクセスするための個人的な動的アンカーです。このように、私たちは、自分自身と私たちの周りの人々が、高いパフォーマンスの高く評価されたステートに再アクセスするための自然発生的な象徴的アンカーの自発的利用として儀式を使用しているのを容易に観察することができます。

ダンス










Thirdly, observe thatworld class athletes, actors, actresses, negotiators, musicians... indeedanyone whose success depends on consistent high quality performance underpressure, develop rituals. These rituals are designed by these high performingindividuals to allow them to voluntarily enter into or maintain highperformamce states. All of us intuitively attempt to accomplish this
getting pumped for a sales call, rehearsing for animportant meeting, preparing "mentally" for an anticipatedchallenge... That favorite bracelet or tie or that special way of enteringa room - all are personal dynamic anchors for re-accessing some favoredstate within us for  performing some particular task or responding tosome challenge with excellence. Thus,we can readily observe in ourselves and in those around us the use of ritualsas a spontaneous utilization of naturally occurring iconic anchors tore-access highly valued states of high performance.


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.234-235
John&Carmen

















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

多重知覚ポジション

次に、ニューコードで明示的な形式(form)を示す2番目のパターンに注目します。このパターンは多重知覚ポジションと呼ばれます。ニューコードの創造の中で、多重知覚ポジションを占める能力を与えるパターン化(フォーマット)が示されています。この能力が、認識論的に何を表すのか、そしてそれがどのように選択におけるレバレッジポイントを提供するのかについて理解することが重要です。


風の中のささやきの冒頭や、この本のいたるところで展開されている認識論において、私たちは、私たちが通常世界と呼んでいるものは、根本的に変形された表出のセット(FA)であると指摘してきました。それへのアクセスを得る前に、受容体からの情報の流れは、人間の神経系を定義する神経学的変形によって変更されています。私たちは、コージフスキーは保守的過ぎるという挑発的な発言をすることでこの点を捉えました。地図は領土でないだけでなく、彼の言う領土でさえ領土ではありません。私たちは、ファーストアクセスの後で、本質的に言語的(又は言語マッピングの派生)である2番目の変形セットを通常適用するということを主張し続けました。


私たちは今、一人ひとりに個人として固有で特有である自分の経験における更なるフィルタリングまたは変形を認識することを求めています。ここでは、私たちは、個人の歴史(personal history)と呼ばれるものの累積的影響について指摘しています。


それでは、この文脈で、個人の歴史という用語をどのように理解すればよいでしょうか。明らかなことは、全ての自然言語がFAに適用できる変形の豊富なセットを提供しているということです。しかし、私たちが母国語の基礎を習得する時点では、これらの事実を理解していません。実際に起こっていることは、この時点で私たちの生活の中で主要な影響力のある人物−通常は親と原家族のメンバー−の言語能力(またはその欠如)を直感的にモデリングしているということです。これは、母国語によって提供される変形の完全なセットのうち、無意識のうちに小さなサブセット−より具体的には、それらのモデルのサブセット−を採用していることと同じです。このことは、私たちが(多大な個人的な訓練とサポートツールなしには)母国語が提供する選択肢の完全な配列を習得することはめったにないことを意味しています。この状況は、私たち一人ひとりが無意識的に主要なリプレゼンテーショナルシステムを発達させる結果となる無意識モデリングに類似しています。


この言語能力の初期の無意識モデリングは、メタモデルが選択肢を作成するためにどのように機能するかについても説明しています。なぜなら、これは、個人、クライアント、またはユーザーの言語能力のセットに挑戦して拡張するための明示的な方法であるためです。私たちの言語的変形の個人的で限定されたサブセットを、長年にわたって無意識に体系的に自分の経験(FA)に適用することの累積的影響は、私たちがメンタルマップ、または世界についてのモデルと呼んでいるものです。次に、フィードフォーワードのプロセスを経て、これらのメンタルマップは、自分の経験に対する追加のフィルターのセットになります。したがって、私たちの個人的な歴史は、たまたま発展させた言語能力のセットを使用して生涯にわたって行ってきた一般化であるメンタルマップによって、最もよく表現されています。

 

NLPの多くの生徒は、特にパターン化を効果的に使用するための最初の熱意において、認識論的に奇妙な(そして不可能な)目標に飛びつきます。彼らが達成しようと取り掛かるタスクは、自分自身から全ての知覚フィルターをなくすことであり、彼らはしばしば、それによって歪曲のない世界を認識できるようになるだろうと言います。そのような甘い考えのプロジェクトは、確実に矛盾しています。私たちの種(人間)のメンバーであることの意味の重要な部分はf1 変形として識別したフィルターのセットによって正確に定義されています。実際に自分自身からそのようなフィルター取り去ることが何を意味するのかを知ることは困難です。


私たちの周りの世界の全てのフィルタリングから解放されることは不可能ですが、特定のf2変形の結果である歪曲を操作することは可能です。すなわち、私たちが子供として(マッピング機能として使用可能な言語パターンの配列から)通常は原家族の限定的なサブセットを選択したという点にもう一度注意を向けます。その無意識の選択の生涯にわたる累積的影響は、私たちのメンタルマップを発達させます。f2変形に注意を向けると、理路整然とした可能性が現れます。すなわち、意図的にシフトする優れたフィルターとなるよう自分自身を訓練することができるのです。実際、純粋に別の知覚ポジションに入ることは、知覚フィルターをシフトすることと同義です。

個人が知覚フィルターをシフトする技術を習得するために意図的に訓練するとき、その人は選択肢の世界を拡大します。以前は使用できなかった一連の選択肢を体系的に提供するプロセスが備わると、古い文脈で新しい行動を生み出す能力が自ずと現れます。世界についての複数の記述を作成すること、したがってより多くの選択肢を持つことの自然な結果は、与えられたいかなる文脈においても具体的にどのように行動するかについての柔軟性が高まることです。

より多くの選択肢を作成する最も単純な方法−柔軟性のレバレッジポイント−として、次のことを特定できます。

1. 注意をシフトさせること。より具体的には、注意を払う経験の世界の新しい部分を意図的に選択し、どのように具体的にそれらに注意を払うか。

2. いくつかの特定可能なグループの特性と知覚を採用すること。読者にこれを味わってもらう例として、よく熟成したチーズの塊が、次の観点からどう表出されるかを想像してみてください。

a.
ネズミ
b.

c.
飢えた学生
d.
乳糖不耐症患者
e.
マーケティング会社重役
f.
弁護士
g.
会計士

3. 三重記述によって特定された3つの特権的知覚ポジションの一つから別のポジションに、体系的に知覚ポジションをシフトすること。上記の2.は、一般化された第2ポジションに分類されることに注意してください。

4. 使用可能な言語能力を明示的に操作することにより、多重記述の技術を訓練して開発し展開すること。特に、読者が、記述、解釈、評価のプロセスによってもたらされた差異を使用することをお勧めします。私たちが(ポジションを)占めることを学ぶことが出来る潜在的に無限にある知覚ポジションのセットの中に、上記の3.としてリストされている三重記述と呼ばれる特権的なセットがあることに注意してください。

(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.246-248より)


MultiplePerceptual Positions

We turn our attention, then, to a second pattern that finds explicit form in the new code – the pattern called multiple perceptual positions. In the creation of the new code, the patterning (formats) that confers the ability to occupy multiple perceptual positions is made explicit. It is important to appreciate what this ability represents epistemologically and how it provides leverage points for choice.  

In the epistemology developed at the beginning of Whispering and in other places throughout the book, we have made the point that what we normally refer to as the world is a fundamentally transformed set of representations (FA). Prior to our gaining access to it, the data streaming in from our receptors has been modified by the neurological transforms that define the human nervous system. We captured this point by making the provocative statement that Korzybski was too conservative: not only is the map not territory, but his territory isn't even the territory. We went on to argue that after First Access, we typically apply a second set of transforms that are linguistic in nature (or derivative of linguistic mappings).

We are now asking you to recognize a further filtering or transformation of our experience, unique and specific to each of us as individuals – here we are pointing to the cumulative effects of what we call our personal history.

How, then, are we to understand the term personal history in this context? What is clear is that every natural language offers a rich set of transforms that can be applied to FA. However, at the point when we master the fundamentals of our native tongue, we have no appreciation of any of these facts. What in fact happens is that we intuitively model the linguistic competencies (or lackthereof) of the major influential figures in our life at this point−usually our parents and members of our family of origin. This is equivalent to saying that out of the full set of transforms offered by our native language, we unconsciously adopt a smaller subset – more specifically, those of our models. This implies that we rarely (without great personal discipline and supporting tools) come to a mastery of the full array of choices offered by our native tongue. The situation here is analogous to the unconscious modeling that results in each of us developing an unconsciously preferred representational system.

This early unconscious modeling of linguistic competencies also explains how the meta model functions to create choice - as it is an explicit method for challenging and expanding the set of linguistic competencies of the individual, client or user. The cumulative effect of unconsciously and systematically applying our personal limited subset of linguistic transforms to our experience (FA) over years is what we call our mental maps or models of the world. In turn through the process of feed-forward, these mental maps become an additional set of filters on our experience. Thus, our personal history is best represented by the mental maps that are the generalizations that we have made over our lifetime, using whatever set of linguistic competencies we happen to have developed.

Many students of NLP, especially in their initial enthusiasm for the effective use of the patterning, seize upon an epistemologically peculiar (and impossible) goal. The task they set about to accomplish is to free temselves from all perceptual filters, often stating that thereby they will appreciate the world without distortion. Such a naive project is surely incoherent. A significant part of what it means to be a member of our speciesis precisely defined by the set of filters that we identified as the f1 transforms. It is difficult to know what it might mean to actually free one's self of such filters.

Although, it is not possible to free one's self from all filtering of the world around us, it is possible to manipulate the distortions resulting from specific f2 transforms. We direct your attention once again towards our previous point, namely, that we as children selected (from the array of linquistic patterns available to us as mapping functions) a limited subset normally those of ourfamily of origin. The cumulative effects over a lifetime of that unconscious selection lead to the development of our mental maps. Focusing our attention on the f2 transforms, a coherent possibility presents itself; namely, that one can train oneself to be excellent at deliberately shifting filters – indeed, to genuinely enter into another perceptual position is synonymous with shifting perceptual filters.


When an individual deliberately trains himself to master the art of shifting perceptual filters, he expands his world of choice. Equipped with a process to systematically offer to himself an array of choices that were previously unavailable, the ability to generate new behaviors in old contexts manifests itself. A natural consequence of creating multiple descriptions of the world−hence more choice - is more flexibility about how specifically one may act in any given context.

Among the simplest methods to create more choice - a leverage point for flexibility - we can identify the following:

 

1. shifting attention – more specifically, deliberately selecting new portions of the world of experience to attend to as well as how specifically we attend to them.

2. adopting the characteristics and perceptions of some identifiable group. As an example to give the reader a taste of this, imagine what a well-aged hunk of cheese represents from the point of view of:

a. a mouse

b. a cow

c. a starving student

d. a lactose intolerant patient

e. a marketing executive

f. a lawyer

g. an accountant

・・・

3. systematically shifting perceptual position from one to another of the three privileged perceptual positions specified by Triple Description. We would like to note here that number 2 above could be classified as a generalized 2nd.


4. developing and deploying with discipline the art of multiple description through the explicit manipulation of the linguistic competencies available. In particular, we are suggesting that the reader use the differences proposed by the processes of description, interpretation and evaluation.

Note that within the potentially limitless set of perceptual positions we can learn to occupy, there is a privileged set that we call Triple Description, listed as number 3 above.
('Whispering in the Wind' p.246-248)

John&Carmen

















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍


















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク




卓越性の連鎖とカリブレーション

カリブレーションの背後にあるメカニズムの単純な説明でないとすれば、卓越性の連鎖とは何なのでしょうか?卓越性の連鎖は、卓越性を備えたパフォーマンスを行う能力には行って印の関連するステートがあり、そのようなステートのそれぞれが特定の生理機能と関連している、ということを提案しています。実際に、パフォーマンス/行動と、それ自身に関連する生理機能を伴った内在するステートとのつながりは、私たちがどのように非言語的コミュニケーションを行うかについての基本的な観察であり、それによってカリブレーションが可能になることを示しています。

私たちは、声の調子、姿勢、呼吸パターンによって、またそれどころか、彼または彼女が無意識的に私たちに提示し、私たちが無意識的に検出して反応する「ゲシュタルト(形態)(訳注:全体性を持ったまとまりのある構造)」や全体的な生理学的パターンによって、私たちの配偶者や親しい友人が、食事をしたり劇場に行ったりというオファーを積極的に検討する気分ではないということを「知って」います。実際に、私たちが正確にカリブレートしていて、自分自身の感情を幻覚(投影)していないのであれば、そのようなカリブレーションは私たちの周りの人々を上手く読み解くための基礎として役立ちます。卓越性の連鎖は、これらの一般的な観察結果を単に認識して積極的に利用することであり、カリブレーションの基本的なプロセスの意味を注意深く引き出すことです。

樹木

















But what is the chain of excellence if not asimple explication of the mechanisms behind calibration? The chain ofexcellence proposes that our ability to perform with excellence has certainassociated states and each such state has associated with it a specificphysiology. This connection between performance/behavior and underlying stateswith their own associated physiologies is, in fact, the fundamental observationabout how we communicate non-verbally and identifies that which makescalibration possible.

 We "know" that our spouse or close friend is not in a mood toconsider positively an offer to dine or go to the theatre by the tone ofvoice,orposture, or breathing pattern or more likely, by the Gestalt or overallphysiological pattern he or she presents to us unconsciously andwhichwetypically detect and respond to unconsciously. If, in fact, we have calibratedaccurately and are not presently hallucinating (projecting) our own emotions,such calibrations serve as the basis for successfully reading thepeoplearoundus. The chain of excellence is simply the recognition and aggressiveutilization of these commonplace observations: a careful drawing outof theimplications of the fundamental process of calibration.



ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.235より)
John&Carmen


















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

ノーナッシングステートとその意味合い

ノーナッシングステートとその意味合い


ノーナッシングステートの議論を、例示から始めましょう。対戦相手の行動に対する素早い反応を成功の尺度とする状況において、競争的な活動についての幅広い経験を持つ読者は、この非常に価値のあるパフォーマンス状態−規律のある無知状態(ノーナッシングステート)−を認識するでしょう。あらゆる武道、テニス、ラケットボール、ハンドボール、スカッシュ、野球、サッカー、フットボール等は、競争のかなりの部分が、それらが丁度そこにあるかのような反応−言葉無しで飛び上がる稲妻のような素早い反応−に依存しています。

 

私たちのお気に入りの例は、武道における競技、例えば合気道です。このような競技において、競技を始める前に、例えば特定の手技Xで始める可能性が高い対戦相手の強さと弱点を分析し、Xに対応するために自分の位置(バランス、筋肉、緊張など)を偏らせることを考えて下さい。私たちが尊敬すべき相手に直面しているならば、実際には、私たちは既に試合に負けています。彼女は(無意識のうちに)偏りを検出し、(再び無意識のうちに)私たちが表現している偏りを利用するオープニングを選び、試合はかなり早く決着がつき、そして間違いなく彼女に有利になるでしょう。

 
合気道
















このノーナッシングステートに入るには、あらゆる期待を回避すること、特定の一連の行動に対して偏りのないバランスのとれたリソース状態に自分自身を置くことを選択し、何が起こるのか予想するのを拒絶すること、全てのチャンネルのインターナルの表象がないこと、起こっていることをエクスターナルで感知し、ゲームの全ての応答パターンを等しくアクセス可能にすることにあなたの注意を捧げることが必要です。このような状態(「ゾーンに入っている」と呼ばれることもあります)は、貴方の対戦相手がしていることに反応して、長期間にわたる準備の間に実践してきた多くのパターンのどれを選択するかという権利と責任を、無意識に解放します。これは意識の関与なしに起こります。これは反応のスピードを大いに加速し、パフォーマーが無意識レベルで最も適切な選択を行うことを保証します。

 

より具体的には、このノーナッシングステートの戦略は、後で明らかになるように、ニューコードで強力に活用されています。しかし、この時点では、6ステップリフレーミングの始まりの議論(第2部、第3章)を思い出してください。本質的には、6ステップリフレーミングの4ステップ目を適用する際、変化される行動の肯定的な意図を満たす代替行動を生成するために、(目の前のタスクを無意識に割り当てる)ノーナッシングステートに頼っています。ほとんどの場合、クライアントは、次に元の行動が起こる文脈(コンテキスト)に入ったときに具体的にどのような新しい行動を経験するのかについて、この変化のフォーマットの適用が成功したことに気が付きません。彼らは、無意識が実際の新たな行動が現れる一連の代替行動を生み出したという不随意のシグナルを、無意識から受け取ったことを知っているだけです。これが、クライアントが文脈に入ったときに自動的に経験するであろうことです。私たちの印象は、次にその文脈に入るとき、クライアントは必然的に規律のあるノーナッシングステートにいて、その特定の時点で無意識は、変化の文脈を定義する聴覚と視覚の刺激でアンカーされた一連の代替行動を活性化するということです。さらに、その時点で、無意識は実際にその人の肯定的な意図と前回の変化のワークの際に生成された一連の代替行動に基づいた選択をし、クライアントが自分自身をみつめる実際の文脈で最も適切な新しい行動を選びます。これが、ノーナッシングステートの利点の合理的な説明です。

 

ノーナッシングステートが優れた適用と多数の利点を持ちながら、他に応用できる例がたくさんあります。

 

 私(カルメン・ボスティック)は何年もの間、アメリカの大手企業や他の企業のM&A(合併買収)のディレクターでした。実際の交渉や提案された資産の最終的な購入に加え、通常、交渉に先立つ適正評価(デュー・デリジェンス:債権の適正価格を値踏みすること)についても責任を負っていました。私は、適正評価の段階を交渉の不可欠な要素と考えました。そのため、私はそのような適正評価に要求される基準だけではなく、不満を抱いている従業員、競合他社に負けた顧客、自発的に供給契約を解除した供給者等といった、潜在的資産についてより伝統的ではない情報源を利用するといったことをかなり体系的に行いました。私は、これらの情報全てが、会社が成長のために設定したパラメータを満たす購入価格を確立するためだけでなく、次の段階−交渉−に備えるためにも不可欠だと考えました。

 

 私は、交渉の場に到着した瞬間に、調査と準備に要した数ヶ月間を意図的に脇に置いておくという明確な戦略をもってそれぞれの交渉を開始しました。私はノーナッシングステートで部屋に入りました−私は、機能している意識的なレベルで、私が熱心に開拓した情報そのものを自分自身から取り除いたのです。私は、証拠書類を入れているブリーフケースに儀式的に鍵をかけ、誘惑に負けないよう安全に置いておくことによって、このノーナッシングステートを自分自身にマークしました。このノーナッシング戦略によって、(合気道の達人のように)私は交渉テーブルの周りに座っている人たちによって提示されている情報を、意識的にも無意識的にも検出し利用する能力を最適化することができました。

 

準備の利益を失うことなく意識的なフィルターを一時停止するこの能力は、ノーナッシングステートの開発と展開に伴う利点のもう一つの例です。これと同じノーナッシングステートが、NLPの初期のモデルであるメタモデル(第2部、第1章「発見の文脈」参照)を生み出す際に重要な役割を果たしました。それは、パターニングの元となる人からパターニングを吸収する際に行われる規律ある練習の期間や、パターンの習得につながる模倣的な練習の間に特に重要でした。

 

ニューコードの変化のパターンでは、クライアントは無意識のマインドに一定の主要な責任を明確に割り当てることによって、ノーナッシングステートに誘導されます。

 

全てのNLP技術のセットの最も基本的なものであるカリブレーションを支える深いメカニズムに大部分が基づいているニューコードは、コンテンツがない高いパフォーマンス状態と、その状態が変化が起こることをクライアントが望む文脈を定義する刺激につながっていることに焦点を当てています。望ましい状態、挑戦に適用されるリソース、及び変化される行動を置き換える特定の新しい行動の選択に対する責任は、全て無意識に割り当てられるため、クラシックコードの設計上の問題は修正されます。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.236-239より)


The Know-nothing State and some Implications

 

We begin the discussion ofthe know-nothing state by analogy. Those readers who have extensive experiencein competitive activities, in situations where lightening quick responses toactions by their opponent are the measure of success, will recognize this highly valued performance state - a disciplined no-know-nothing state. In any martial art, tennis, racquetball, handball, squash, baseball, soccer, football… there are significant portions of the competition that depend on such responses - lightening quick responses that spring forward without languagethey arejust there.

 

Our favorite example is competition inmartial artsAikido, for example. In such a competition, suppose we decide prior to beginning the competition through an analysis, let'ssay, of the strengths and weaknesses of the opponent that she is likely to open with a certain maneuver X, and we bias our position (balance, muscle tension...) to respond to X. If we are facing a worthy opponent we have, ineffect, already lost the match. She will detect the bias (unconsciously) and select (again unconsciously) an opening that exploits the bias we are expressing and the match will be over quite quickly, and most definitely in her favor.

 

Entry into this know-nothing state consistsin eschewing any expectations, a refusal to anticipate what will occur in favorof putting yourself in a balanced resource state with no bias toward any specific course of action, freed of internal representations in all channels, your attention cleanly committed to sensing externally what is occurring andwith all the response patterns of the game equally accessible. Such a state (sometimes called "being in the zone") releases to the unconsciousthe right and responsibility to select whichever of the many patterns practiced over long periods of preparation is optimal in response to what your opponentis doing. This occurs without the involvement of the conscious mind. This greatly accelerates the speed of the response and guarantees that the performer will display the most appropriate of the choices available at the Entry unconscious level.

 

More concretely, this know-nothing state strategy is exploited strongly in the new code as will become apparent subsequently. We would like you to recall at this point, however, our discussion of six step reframing beginning (Part II, chapter 3). When one applies step four of six step reframing, in essence, one is relying upon aknow-nothing state (the assignment of the task at hand to the unconscious) to generate alternative behaviors to satisfy the positive intention of the behavior to be changed. In the majority of cases, the clients are unaware at the successful conclusion of the application of this change format what specific new behaviors they will experience when next they enter the context where the original behavior occurred. They only know that they have received an involuntary Signal from the unconscious that the unconscious has generated aset of alternative behaviors from which will emerge the actual new behaviors.This is what the clients will experience automatically when they enter the context. Our impression is that the client when entering the context the anchored to the auditory and visual stimuli that define the context of change.Further it is at that point that the unconscious actually makes the selection based on the positive intention of the person and the set of alternatives generated during the previous change work, choosing the most appropriate of the new behaviors given the actual context in which the client finds herself. This is a reasonable description of the advantages of the know-nothing state.

 

There is a number of other applications whereby the know-nothing-stat has excellent application and numerous advantages.


I, (CB), was the Director of Mergers and Acquisitions for a major American corporation and for other entities for anumber of years. In addition to the actual negotiation and final purchase of aproposed asset, my responsibilities typically included the due diligence preceding the negotiations. I considered the due diligence phase an integralelement in negotiation. As such, I was quite systematic in making use not onlyof the standards required by such due diligence, but also by tapping less traditional sources of information about the potential asset, such as:disgruntled employees; customers who had defected to competitors; suppliers whohad voluntarily terminated their supply contracts ... I considered all thisinformation not only essential to establish a purchase price which would meetthe parameters my company had set for growth, but to prepare me for the nextphase – negotiation.

 

I commenced each negotiation with anexplicit strategy to purposely set aside the months of investigation and preparation the moment that I arrived at the site of the negotiation. I would enter the room in a know-nothing state – having cleared myself, at the conscious level functioning, of the very information I had so diligently developed. marked this know-nothing state for myself, by ritualisticallyl ocking my briefcase that contained the documentation, putting it safely beyond temptation. This know-nothing strategy enabled me (as if an Aikido master) to optimize my ability to detect and utilize the information being presented both consciously and unconsciously by the individuals sitting around the negotiating table.

 

This ability to suspend conscious filters without losing the benefits of the preparation is another example of the advantages involved in the development and deployment of the know-nothingstate. This same know-nothing state played a critical role in creating theinitial model of NLP (see chapter 1, Part II, Contexts of Discovery) – the metamodel. It was especially important during the period of disciplined practicethat occurred while assimilating the patterning from the source of the patterning as well as the imitative practice that led to mastery of the patterns.

 

Inthe new code change pattern, clients are induced into a know-nothing state bythe explicit assignment of certain key responsibilities to their unconscious minds.

 

The new code based in significant part on the deep mechanisms which underpin themost fundamental of all NLP skill sets – calibration - focuses on the development of content free, high performance states and their connection tothe stimuli that define the context in which the client desires that the change occur. The responsibility for the selection of the desired state, the resourcesto be applied to the challenge, the specific new behavior that will replace the behavior to be changed are all reassigned to the unconscious, thereby correcting some of the design flaws in the classic code.
('Whispering in the Wind' p.236-239)

John&Carmen















 



Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


 

 

 

 

眼球動作パターンの活用法

眼球の動きを観察することによって、相手が優位としている感覚を推測することができます。例えば、よく視線が上に動く人は視覚が優位であったり、よく視線が右下に動く人は身体感覚が優位であったりします。


眼球動作パターン












標準的な眼球動作パターンは、右利きの人の約90パーセントに適用されます。また、左利きの人の場合は50パーセントの割合で左右のパターンが逆になることがあります。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、眼球動作パターンについて、次のように述べています。

「NLPを活用していくことに際して大切なことは、すでにある規則性を当てはめるということではなく、『どのようにしてそれが見つかるか?』ということを自分で探求していくことです。」(John Grinder)

Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





眼球運動パターン

私たちは通常、視覚的な情報、聴覚的な情報、体感覚的な情報など、ある一定の情報にアクセスする際に、眼球をある一定の方向に動かすことによって、大脳の特定の領域を刺激し、その部位から情報を集めています。このシステムをNLPでは眼球動作パターン(Eye Movement Patterns)と呼んでいます。

(1)眼球を上方に動かした場合には、視覚にアクセスしている。
  ・上方右側:視覚の構築(Visual Construction)
  ・上方左側:視覚の記憶(Visual Memory)

(2)眼球を水平に動かした場合には、聴覚にアクセスしている。
  ・水平右側:聴覚の構築(Auditory Construction)
  ・水平左側:聴覚の記憶(Auditory Memory)

(3)眼球を下方に動かした場合は、体感覚または内的対話にアクセスしている。
  ・下方右側:体感覚(kinesthetics)
  ・下方左側:内的対話(Internal Dialogue)


眼球動作パターン













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





眼球運動パターンの誕生

会話










物語は続く

 

このグループの会合で私たちが行ったことについての私たち(グリンダーとバンドラー)の最初の分析に続いて起こったことは、特に興味深いです。理由は今や記憶の霧の中で失われてしまいましたが、そのグループのワークとそれに続いて行われた報告会の直後の5,6日間、バンドラーとグリンダーは物理的に離れていました。一人か両方が町の外へ旅行中でした。彼ら再び会ったときには、グループワークと報告会から一週間近くが経過していました。彼らが会うことは非常に有益です。繰り返しますが、実際のやりとりに関しては、これらに近いことが起こりました。

 

 リチャード:ヘイ!何が起こっている?

 

 ジョン:ヘイ!知っているだろ!

 

 リチャード:つまり、それを見たんだね!

 

 ジョン:誰がそれを見逃せるかって!

 

上記のやりとりで言及していない代名詞「それ」は、もちろん、現在私たちが眼球運動(eye movement)パターンと呼んでいるものを指しています。このやや謎めいたやりとりに続いた激しい会話は、彼らが連絡を取らなかったワークと報告会から経過した一週間の間に、二人の男性それぞれに似たような知覚的体験があったことを明らかにしました。より具体的には、リプレゼンテーショナルシステムの聴覚フィルターが適所にきれいに叙述する場合に、彼らは関連する眼球運動の規則性と明白性に驚いていました。それは、よく言われるように、目から鱗が落ちたかのようでした。驚くべき部分は、男性たちがそれぞれ独立して眼球運動パターンを発見したということではなく−やり取りの中で彼らのうちの一人が言ったように、誰がそれを見逃せるでしょう!−以前はこの明白なパターンに気付かなかった可能性があるということです。

 

グリンダーとバンドラーは、彼らの独立した観察結果を、今やおかしな顔として知られるようになったものにコード化しました。


眼球動作パターン









おそらくもっとも一般的に認識されているNLPの人気のアイコンです。彼らは、利き手(いわゆる大脳半球優位性の一般的な尺度)と文化や言語に左右されないその堅牢性に敏感でありながら、そのパターンの単純さに心打たれました。

 

これは彼らに、元の基準点−リプレゼンテーショナルシステムに沿った述語−が与えられれば、他の人が同じパターンを見つけるかどうかを試す機会を与えました。それから彼らはこのパターンを見つけるために多くの学生に挑戦しました。この練習は、非常に挑戦的な生徒の大多数が、グリンダーとバンドラーが最初に独立して発見したのと同じ一連の眼球運動を見つけることに成功したため、非常に成功していることが分かりました。

 

NLPの共同創始者によるオリジナルの発見であると正当に主張できるNLPのパターンはほとんどありません(直感ではあるが非常に効果的な人々の行動に既に存在するパターン化のモデリングとは対照的に)。眼球運動の発見は、バンドラーとグリンダーによるそのようなオリジナルの研究の一つを表しています。NLPによってコード化されたパターンの大部分は、優秀なパフォーマーのモデル化(暗黙知(行動能力)から明示的なモデルへのマッピング、または言語学、神経学その他さまざまな分野からの借用)の結果です。例えば、眼球運動パターンのコード化の後で、グリンダーとバンドラーはカリフォルニア大学サンタクルーズ校の科学図書館を急襲し、彼らが行った眼球運動の観察と何らかの関連がある一連の神経学的研究について(その題材について文献の検索を通して可能な限り)勉強しました。確かに、彼らは埋もれた文献の中から、安静時の位置からどちらかの側の視野の中心に直接焦点を合わせる目の動きは、反対側の大脳半球を活性化する−したがって、眼球の中央から右への横方向の動きでは、左大脳半球が活性化され、逆もまた同様です−という50年代に行われた一連の研究を発見しました。垂直方向の重要性の識別とそのコード化は、明らかにグリンダーとバンドラーによる独創的なパターン化とコード化です。

 

 

The Narrative Continues 

 

What ensued subsequent to our (Grinder and Bandler) initial analysis of what we had done at this group meeting is particularly interesting. For reasons now lost in the mists of memory, the next 5 or 6 days immediately succeeding the work in the group and the debriefing which followed hard upon it. Bandler and Grinder were separated physically. One or both ofthem were on a trip out of town. When they met again, nearly a week had passed since the group work and debriefing. Their encounter is highly instructive.Once again, with all respect to the actual exchange, something close to the following happened: Hey, what's happening! 

 

Richard: Hey, you know as well as I do! 

 

John: So, you've seen it! 

 

Richard: How could anyone miss it! 

 

John:

 

 The non-referring pronoun it in the above exchange, of course, refers to what we now call eye movement patterns. The furious conversation that followed this somewhat enigmatic exchange revealed that each of the two men in the week that had passed since the work and debrief during which they had had no contact had had very similar perceptual experiences. More specifically, with the auditory filter for representational systems predicates cleanly in place, they had both been astonished by the regularity and obviou cales had fallen from their eyes. The astonishing part was not that f the associated eye movements−it was, as they say, as if o the each of the men had independently discovered the eye movement patterns−as one of them in the exchange says, How could anyone miss it!−but that they could have failed to notice this obvious pattern previously! 

Grinder and Bandler coded their independent observations into what has now become known as the funny face: 


眼球動作パターン


 

 








perhaps the most commonly recognized popular icon of NLP.They were struck with the simplicity of the pattern while sensitive to handedness (a common measure of so called cerebral dominance) as well as its robustness−in depen dent of culture and language. 

 

This provided them with the opportunity to test whether others, given the original reference point−the predicates specified for representational systems−would find the same pattern. They then challenged anumber of their students to find this pattern. This exercise proved highly successful as the majority of the students so challenged succeeded in findingthe same set of eye movements that the Grinder and Bandler had originally independently discovered. 

 

There are few NLP patterns that can be justly claimed to be original discoveries by the co-creators of NLP (as opposed to modeling ofatterning already present in the behavior of highly effective people albeit intuitively). The discovery of the eye movements represents one such originalpiece of research on the part of Bandler and Grinder. The majority of patterns coded by NLP are the result of the modeling of high performers (mapping from tacit knowledge (behavioral competency) toan explicit model; or borrowings from various fields such as linguistics, neurology and others. For example, subsequent to coding the eye movement patterns, Grinder and Bandler raided the Science Library at UCSC and educated themselves (as far as one can through a search of the lite ratu re on asubject) about the set of neurological studies that were in any way associatedwith their observations of the eye movements. Sure enough, there buried in the literature they found a set of studies conducted in the '50's in which neurologists had discovered that the movement of the eyes from a position at rest focused directly at the center of the field of vision to either side activated the contra-lateral hemisphere−thus, if the eyes move from center to the right ina lateral movement, the left cerebral hemisphere is activated, and vice versa.The identification of the significance of the vertical dimension and its coding apparently is an original piece of patterning and coding by Grinder and Bandler.


引用:Whispering in the Wind
p.170-172

 Amazon:

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク



シナスタジア/共感覚

シナスタジア/共感覚

 

シナスタジア(共感覚)とは、皮質の投影領域が交差配線されるように、様々な感覚入手様式とそれらの主要な皮質センターを結びつける人間の皮質(必ずしも人間に限りませんが)の回路の名称です。より具体的には、視覚皮質(後頭葉)の約1/3が体感覚と聴覚の入力チャネルからの入力を受け取り、聴覚皮質(側頭葉)の約1/3が体感覚と視覚の入力チャネルからの入力を受け取ります。

共感覚を含むより一般的な体験のいくつかの中で、あなたは目を閉じて音楽を聴き、音楽に関連した視覚的イメージ(色つきの完全なもの)の変化を見(聴覚から視覚へのマッピング、すなわち聞く−見る回路)、声を素晴らしく上手に操り、プレゼンテーションを充実させるために常に調性、リズム、音調曲線等を使用する話者を聞く時になだめられるような(smoothing)感覚を経験し(聴覚から体感覚、すなわち聞く−感じる回路)、素晴らしいダンサーやアスリートがこの上なく見事に演じているのを見て(あなたが特定の芸術形式におけるいくつかの経験を既に持っていて、あなたが観察しているものを極微筋肉運動でミラーリングしている場合は特に)、うきうきした(exhilaration)感覚を得ます(視覚から体感覚、すなわち見る−感じる回路)

研究者の中には、共感覚を経験している人が意図せずそうしているような場合だけを言及するよう、より厳密に共感覚という用語を使用する者もいます。言い換えれば、上記の例では、共感覚の経験を持っている人はその経験を持つことを選択し、もし彼らが決心すれば、それを終わらせることができます。時にはこの用語の臨床的な使用が、明らかにこのプロセスの開始または終了について選択の余地がない人に使用することに制限されています。私たちはこのような経験は人間であるという遺産の自然な部分であると思われるので、私たちはより一般的にこの用語を使用します。(風の中のささやきp.167-168)

Synesthesia

Synesthesia is the name for the circuitry in the human cortex (although certainly not exclusively human) which links the various sensory input modalities and their primary cortical centers in sucha manner that the cortical projection areas are cross wired. More specifically, approximately 1/3 of the visual cortex (occipital lobes) receives inputs from the kinesthetic and auditory sensory input channels, and again, approximately 1/3 of the auditory cortex (temporal lobes) receives inputs from the kinesthetic and visual input channel...

Among some of the more common experiences involving synesthesia you find listening to music with your eyes closed and watching shifting visual images (complete with color...) associated with the music (auditory to visual mapping: hear-see circuitry), the soothing feelings experienced when listening to a speaker who has excellent command of his or her voice and constantly uses tonality, rhythm, intonation contour... to enhance their presentation (auditory to kinesthetic: hear-feel circuitry), the feelings of exhilaration you achieve (especially if you have some previous experience in the particular art form and you mirror with micro muscle movements what you are observing) watching to a superb dancer or athlete perform exquisitely (visual to kinesthetic: see-feel circuitry)...

Some researchers use the term synesthesia rather more tightly−to refer only to those cases where the person who is experiencing the synesthesia
F ON does so involuntarily. In other words, in the above examples, the person having the synesthes ia experience chooses to have the experience and is able, if they so decide, to terminate it. The clinical use of the term is sometimes restricted in use to person who apparently has no choice about initiating or terminating the process. We use the term more generally as it seems to us that such experiences are a natural part of the legacy of being human.(Whispering in the Wind p.167-168)

イメージ












引用:Whispering in the Wind
p.167-168

Amazon:

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





リプレゼンテーショナル・システムの誕生(5)

NLPの2番目のモデルの解説

 

初期のNLPの実践からのこの2番目の例は、発見のプロセスの学生にとって興味深いいくつかの注目すべき特徴を含んでいます。
 

  1. FAでのパターン化の完全で自然な開発を可能にするために最初にあなたがしている(またはやろうとしている)ことを定義するためのどのような意識的な要求も中断する能力

     

  2. その集合が正確に何であるかを厳密に表現することなく、調査中の集合の追加的な要素を直感的に(または、貴方が好むなら無意識的に)生み出す能力

     

  3. 貴方が実際は意識的な手がかりを持っていない時に、まるであなたが一体何をしているのかを知っているかのように振る舞う能力

     

  4. 調査の初期段階において、高いレベルの不明確さと曖昧さ(経験の二つの独立した集合)を許容する能力

     

  5. 貴方がそうだろうと思っていることの結果が紛れもない方法で現れる文脈を操作する能力(例:最初のグループの会合での色紙と、その結果としてのグループの人々の行動の違い)

     

  6. 発見のプロセス(眼球運動パターン)の一部として、追加の動作とそれを関連付けることを容易にするために知覚における安定性の錯覚を生じさせる基準点(リプレゼンテーショナルシステムの述語)の固定

     

  7. コラボレーションの深い価値−チームで作業することは観察の交差的検証を可能にします。(「風の中のささやき」p.173より)


自然










Commentary on NLP's 2nd Model

This second example from early NLP practice contains a number of noteworthy features of interest tothe student of discovery processes :

 

1. the competency tosuspend any conscious requirement for definition of what you are doing (orattempting to do) initially to allow a full and natural development of the patterning at FA.

2. the ability to generate intuitively (or unconsciously, ifyou prefer) additional members of the set under investigation without arigorous representation of what precisely that set is.

3. the ability to act asif you know what the hell you are doing when, indeed, you have no conscious clue.

4. the ability to tolerate high levels of ambiguity and vagueness (two independent set of experiences) in the initial stages of investigation.

5. the ability to manipulate contexts in which the consequences of what you suspect is happening manifest themselves in ways that are unmistakable (e.g. the coloredpieces of paper at the initial group meeting and the resultant difference in behavior of the people in the group). 6. the fixing of a reference point (the representational system predicates) that creates the illusion of stability inperception to facilitate correlating additional behavior with it as part of the discovery process (the eye movements patterns).

7. the deep value of collaboration−working in a team which allows cross verification of observations.

 


引用:Whispering in the Wind
p.172-173

Amazon:

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク




リプレゼンテーショナル・システムの誕生(4)

サンタクルーズ














物語は続く

 

このグループの会合で私たちが行ったことについての私たち(グリンダーとバンドラー)の最初の分析に続いて起こったことは、特に興味深いです。理由は今や記憶の霧の中で失われてしまいましたが、そのグループのワークとそれに続いて行われた報告会の直後の5,6日間、バンドラーとグリンダーは物理的に離れていました。一人か両方が町の外へ旅行中でした。彼ら再び会ったときには、グループワークと報告会から一週間近くが経過していました。彼らが会うことは非常に有益です。繰り返しますが、実際のやりとりに関しては、これらに近いことが起こりました。

 

 リチャード:ヘイ!何が起こっている?

 

 ジョン:ヘイ!知っているだろ!

 

 リチャード:つまり、それを見たんだね!

 

 ジョン:誰がそれを見逃せるかって!

 

上記のやりとりで言及していない代名詞「それ」は、もちろん、現在私たちが眼球運動(eye movement)パターンと呼んでいるものを指しています。このやや謎めいたやりとりに続いた激しい会話は、彼らが連絡を取らなかったワークと報告会から経過した一週間の間に、二人の男性それぞれに似たような知覚的体験があったことを明らかにしました。より具体的には、リプレゼンテーショナルシステムの聴覚フィルターが適所にきれいに叙述する場合に、彼らは関連する眼球運動の規則性と明白性に驚いていました。それは、よく言われるように、目から鱗が落ちたかのようでした。驚くべき部分は、男性たちがそれぞれ独立して眼球運動パターンを発見したということではなく−やり取りの中で彼らのうちの一人が言ったように、誰がそれを見逃せるでしょう!−以前はこの明白なパターンに気付かなかった可能性があるということです。

 

グリンダーとバンドラーは、彼らの独立した観察結果を、今やおかしな顔として知られるようになったものにコード化しました。


眼球動作パターン










おそらくもっとも一般的に認識されているNLPの人気のアイコンです。彼らは、利き手(いわゆる大脳半球優位性の一般的な尺度)と文化や言語に左右されないその堅牢性に敏感でありながら、そのパターンの単純さに心打たれました。

 

これは彼らに、元の基準点−リプレゼンテーショナルシステムに沿った述語−が与えられれば、他の人が同じパターンを見つけるかどうかを試す機会を与えました。それから彼らはこのパターンを見つけるために多くの学生に挑戦しました。この練習は、非常に挑戦的な生徒の大多数が、グリンダーとバンドラーが最初に独立して発見したのと同じ一連の眼球運動を見つけることに成功したため、非常に成功していることが分かりました。

 

NLPの共同創始者によるオリジナルの発見であると正当に主張できるNLPのパターンはほとんどありません(直感ではあるが非常に効果的な人々の行動に既に存在するパターン化のモデリングとは対照的に)。眼球運動の発見は、バンドラーとグリンダーによるそのようなオリジナルの研究の一つを表しています。NLPによってコード化されたパターンの大部分は、優秀なパフォーマーのモデル化(暗黙知(行動能力)から明示的なモデルへのマッピング、または言語学、神経学その他さまざまな分野からの借用)の結果です。例えば、眼球運動パターンのコード化の後で、グリンダーとバンドラーはカリフォルニア大学サンタクルーズ校の科学図書館を急襲し、彼らが行った眼球運動の観察と何らかの関連がある一連の神経学的研究について(その題材について文献の検索を通して可能な限り)勉強しました。確かに、彼らは埋もれた文献の中から、安静時の位置からどちらかの側の視野の中心に直接焦点を合わせる目の動きは、反対側の大脳半球を活性化する−したがって、眼球の中央から右への横方向の動きでは、左大脳半球が活性化され、逆もまた同様です−という50年代に行われた一連の研究を発見しました。垂直方向の重要性の識別とそのコード化は、明らかにグリンダーとバンドラーによる独創的なパターン化とコード化です。(「風の中のささやき」p.170-172)

リプレゼンテーショナル・システムの誕生(5)に続く


 

The Narrative Continues 

 

What ensued subsequent to our (Grinder and Bandler) initial analysis of what we had done at this group meeting is particularly interesting. For reasons now lost in the mists of memory, the next 5 or 6 days immediately succeeding the work in the group and the debriefing which followedhard upon it. Bandler and Grinder were separated physically. One or both of them were on a trip out of town. When they met again, nearly a week had passedsince the group work and debriefing. Their encounter is highly instructive. Once again, with all respect to the actual exchange, something close to the following happened: Hey, what's happening! 

 

Richard: Hey, you know as well as I do! 

 

John: So, you've seen it! 

 

Richard: How could anyone miss it! 

 

John:

 

 The non-referring pronoun it in the above exchange, of course, refers to what we now call eye movement patterns. The furious conversation that followed this somewhat enigmatic exchange revealed that eachof the two men in the week that had passed since the work and debrief during which they had had no contact had had very similar perceptual experiences. More specifically, with the auditory filter for representational systems predicates cleanly in place, they had both been astonished by theregularity and obviou cales had fallen from their eyes. The astonishing part was not that f the associated eye movements - it was, as they say, as if o the each of the men had independently discovered the eye movement patterns - as one of them in the exchange says, How could anyone miss it!- but that they could have failed to notice this obvious pattern previously! 

Grinder and Bandler coded their independent observations into what has now become known as the funny face: 


 眼球動作パターン








 




perhaps the most commonly recognized popular icon of NLP. They were struck with the simplicity of the pattern while sensitive to handedness (a common measure of so called cerebral dominance) as well as itsrobustness- in depen dent of culture and language. 

 

This provided them with the opportunity to test whether others, given the original reference point−the predicates specified for representational systems−would find the same pattern. They then challenged anumber of their students to find this pattern. This exercise proved highly successful as the majority of the students so challenged succeeded in finding the same set of eye movements that the Grinder and Bandler had originally independently discovered. 

 

There are few NLP patterns that can be justly claimed tobe original discoveries by the co-creators of NLP (as opposed to modeling of patterning already present in the behavior of highly effective people albeitintuitively). The discovery of the eye movements represents one such originalpiece of research on the part of Bandler and Grinder. The majority of patterns coded by NLP are the result of the modeling of high performers (mapping from tacit knowledge (behavioral competency) to an explicit model; or borrowings from various fields such as linguistics, neurology and others. For example, subsequent to coding the eye movement patterns, Grinder and Bandler raided the Science Library at UCSC and educated themselves (as far as one can through a search of the lite ratu re on asubject) about the set of neurological studies that were in any way associated with their observations of the eye movements. Sure enough, there buried in the literature they found a set of studies conducted in the '50's in which neurologists had discovered that the movement of the eyes from a position at rest focused directly at the center of the field of vision to either side activated the contra-lateral hemisphere−thus, if the eyes move from center to the right ina lateral movement, the left cerebral hemisphere is activated, and vice versa.The identification of the significance of the vertical dimension and its coding apparently is an original piece of patterning and coding by Grinder andBandler.


引用:Whispering in the Wind
p.170-172

Amazon:



Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク



 



 



 

リプレゼンテーショナル・システムの誕生(3)

 サンタクルーズ

 












この区別により、次の二つの出来事、すなわち、グリンダーとバンドラーがサンタクルーズへの車の旅で遊んだゲームと、最初のグループ会合で異なる色の紙が授与されたことの文脈の記述に潜在するパターンを説明できます。最初の例に注意してください。この例です。


 I see what you are saying

 私は貴方が言っていることを見ます 

 
 I feel what you are saying is unclear

 私は貴方が言っていることが不明瞭だと感じます

 

分析:下線を引いた述語(動詞と形容詞)は、それらが前提としている感覚モダリティに関して明確に述べていることに注意してください。次の分類はこれを明白にします。

    

参加者の述語

指示されたリプレゼンテーショナルシステム

見る see

視覚

言っている saying

聴覚

感じる feel

体感覚

言っている saying

聴覚

不明瞭 unclear

視覚

 

含まれている文全体の交差するモダリティマッピングを示す図式は、次のようになります

 
 I see what you are saying

私は貴方が言っていることを見ます。 

 

  視覚     →     聴覚

 (私は見ます)      (貴方が言っていること)

 
 I feel that what you are saying is unclear

 私は貴方が言っていることが不明瞭だと感じます。

 

  体感覚    →     体感覚     →     視覚

 (私は感じます)     (貴方が言っていること)  (不明瞭だ)

 

従って、私たちが直感的にやっていたことは、言語的に共感覚をそれらの定義的特徴として反映したよく形式化されたアメリカ英語の文章のセットの例を生み出すことでした。

 

これらの共感覚パターンは、NLPパターン化における多くの場所で役割を果たします。特に、サブモダリティのワーク(例:スウィッシュパターン)や、これらのクラスのパターン化の神経学的基盤として機能するメタファーにおける使用が考えられます。

 

第2のグループのパターン−新しいグループの最初の会合での参加者のミニプレゼンテーション−は、実際には共感覚パターンよりもかなり単純です。それらは、話している人の基盤として活性化され動作しているリプレゼンテーショナルシステムについて明確に述べられた述語の、話者による使用の例です。以前提供された例は、


はい、こんばんは。私の名前はリンダです。私は皆さんとここにいることに本当に興奮を感じて(feel)います。私は多少緊張して(チクチクしてtingly)少しナーバス(nervous)になっています。私の希望は、本当に私自身と交信する(getin touch with)こと、そして・・・

 

分析:下線を引いた述語は全て強固に体感覚(感触)に基づいており、その時点で話者は無意識のうちにコミュニケーションのための特定の言葉を選択する基礎として体感覚(感触)のリプレゼンテーショナルシステムを使用していることを示しています。

ワォ!私はこのグループを見(looking)回して、たくさんの輝く(shining)顔を見ています。私はジョージです。私が得ている光景(picture)は、現実に焦点が合って(focused)います。私が見たい(take a look)のは、私のガールフレンドとの関係と、私たちの未来を更に明るく(brighter)するために私がどのようにして手助けできるかです・・・。

 

分析:このプレゼンテーションで下線を引いた述語は、明らかに視覚ベースです。

 
私はポールです。私はこの二人、リチャードとジョンについてたくさんの素晴らしい話を聞いて(heard)います。私たちは一緒に本当にクールな時間を過ごそうとしているように聞こえます(sounds)。私は、おそらくここは私の中で起こっていることを本当に調整する(really tune into)ことができる場所−言い換えれば(inthe other words)、グループ−だと私自身に言っています(saying tomyself)。

 

分析:下線を引いた述語は、共鳴的に聴覚ベースです。

 

通常の状況下での述語の選択は無意識の行為です。話者は、典型的にはそのような情報を提供しているということを意識することなく、現在進行中の思考や処理の基礎となる活性化されたモードが何であるかを明らかにしているため、これは訓練されたリスナーにとって特に価値があります。貴方が親密な関係(ラポール)を築こうとしている人が好むリプレゼンテーショナルシステムを追跡する(つまり、その人に合わせる)という単純な戦略で、重要な親密な状態を築くのは比較的簡単です−彼らがあるリプレゼンテーショナルシステムから別のリプレゼンテーショナルシステムへと変化するとき、貴方は単に同期が保たれるように貴方のコミュニケーションを調整します。

 

言うまでもなく、そのような形式的な操作は、双方が同じリプレゼンテーショナルシステムで題材を提示しているので、情報の効果的で効率的な伝達を容易にします。(「風の中のささやき」p.168-170より)

リプレゼンテーショナル・システムの誕生(4)に続く

 

Now with this distinction, we can explicate the pattern implicit in the descriptions of the context of the to incidents: the game Grinder and Bandler had played on the car trip to Santa Cruz and the awarding of different colored pieces of paper in the initial group meeting. Note inthe first instance, the examples:

 
I see what you are saying
 
 feel thatwhat you are saying is unclear


Analysis: note the underlined predicates (verbs andadjective) are specified with respectto the sensory modality they presuppose. The following classification makes this explicit.
 
 Participant's predicate / Representational systemindicated
  see / visual
  saying / auditory
  feel / kinesthetics
  saying / auditory  

       unclear / visual


A diagrammatic representation showing the crossmodality mapping, then, of the entire sentences involved would look like thefollowing:  

 
 I see what you are saying

  visual  auditory
  I see)   what you are saying

 
 
I feel that what you aresaying is unclear

  kinesthetic  auditory         visual
  I feel)     what you are saying)   in unclear


Thus, what we were intuitively doing was generating examples of the set of well-formed American English sentences that reflected synesthes ia linguistically as their defining characteristic.


These synesthesia patterns play a part in a number of places in NLP patterning.In particular, we are thinking of their use in the sub modalities work (e.g.the Swish pattern) and in metaphors where they serveas the patterning neurological base for these classes of patterning.

The second group of patternsthe mini-presentations of the participants at the initial meeting of the new group

is actually significantly simpler than the synesthesia patterns. They are examples of the use by the speakers of predicates that are specified with respect tot he underlying representation system activated and operating as the base for the person speaking. The examples previously offered were, 


Well, good evening. My name is Linda andI feel excited about being here with all of you. I'm kinda tingly and a little nervous. My hopeis to really get in touch with myself and...

Analysis: all of the underlined predicates are solidly kinesthetically (feeling) based and indicate that at the moment, the speaker isusing their kinesthetic representational system (feelings) as the base from which they are unconsciously selecting their specific words to communicate. 


Wow! I'm looking around the groupand I see a lot of shining faces. I'm George. The picture I'mgetting is real focused. What I want to take a look at is my relationships with my girl friend and how I can help make our futureeven brighter.


Analysis: the underlined predicates inthis presentationare clearly visually based.


I'm Paul. I've heard a lot of groovy stuffabout these two guys here, Richard and John. Sounds to me like we gonna have a really cooltimetogether. I was saying to myself that maybe here is the placein other words

, here is the settinghere I can really tune into what's happening insideof me.


Analysis
: The underlined predicates are resonantlyauditorilybased.


The selection of predicates under normal circumstances is an unconscious actthis makes it particularly valuable to the trained listener as the speakers are thereby revealing what their present ongoing underlying activated mode of thought and processing is, typically without any awareness that they are offering such information. It is relatively simple to develop significant states of rapport by the simple strategy oftracking (that is, followingthe lead of) the representation system preferred bythe person you are attemptingto achieve rapport withasthey shift from one representational system to another, you simply adjust your communication to remain in synch.

 

Needless to say, such a formal manipulationfacilitates the effective and efficient transfer of information as both partiesare presenting their material in the same representational system.


引用:
Whispering in the Wind
p.168-170 

Amazon:

Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク


リプレゼンテーショナル・システムの誕生(2)

サンタクルーズ










リプレゼンテーショナルシステムの最初のパターン化についての解説

私たち二人の間の私的な報告会−仕事の後に、何が起こったのか(そして何が起こり得たのか)についての話でお互いを楽しませる標準的な習慣の儀式−の間にもかかわらず、私たちが非常に強力なパターンの寸前でつまずいていることは明らかでした。そのパターンの形はまだはっきりしていませんでした。

私たちは、このパターンの形式的な性質についての明確な理解の前であっても、この初期の段階でパターンと戯れるスタイルの重要性を強調します。ベンロモンドからサンタクルーズに行く車の旅で起こったオリジナルのゲームの中で、当時私たちがコード化する能力がなかったパターンは、共感覚でした。共感覚とは、皮質の投影領域が交差配線されるように、様々な感覚入力様式とそれらの主要な皮質センターを結びつける人間の皮質(必ずしも人間に限りませんが)の回路の名称です。より具体的には、視覚皮質(後頭葉)の約1/3が体感覚と聴覚の入力チャネルからの入力を受け取り、聴覚皮質(側頭葉)の約1/3が体感覚と視覚の入力チャネルからの入力を受け取ります。


共感覚を含むより一般的な体験のいくつかの中で、貴方は目を閉じて音楽を聴き、音楽に関連した視覚的イメージ(色つきの完全なもの)の変化を見たり(聴覚から視覚へのマッピング、すなわち聞く−見る回路)、声を素晴らしく上手に操り、プレゼンテーションを充実させるために常に調性、リズム、音調曲線等を使用する話者を聞く時になだめるような(smoothing)感覚を経験したり(聴覚から体感覚、すなわち聞く−感じる回路)、素晴らしいダンサーやアスリートがこの上なく見事に演じているのを見て(貴方が特定の芸術形式におけるいくつかの経験を既に持っていて、貴方が観察しているものを極微筋肉運動でミラーリングしている場合は特に)、うきうきした(exhilaration)感覚を得たりします(視覚から体感覚、すなわち見る−感じる回路)。

研究者の中には、共感覚を経験している人が意図せずそうしているような場合だけを言及するよう、より厳密に共感覚という用語を使用する者もいます。言い換えれば、上記の例では、共感覚の経験を持っている人はその経験を持つことを選択し、もし彼らが決心すれば、それを終わらせることができます。時にはこの用語の臨床的な使用が、明らかにこのプロセスの開始または終了について選択の余地がない人に使用することに制限されています。私たちにはこのような経験は人間であるという遺産の自然な部分であると思われるので、私たちはより一般的にこの用語を使用します。(「風の中のささやき」p.167-168より)

リプレゼンテーショナル・システムの誕生(3)に続く


Comment on the First Patterning of theRepresentation Systems


Although during the private debriefing session between the two fo us−a ritual witch was standard practice after a piece of work in which we would regale one another with stories about what had happened (and what could have happened)−we were quite clear that we hadstumbled on the edge of a pattern that was wuite powerful; the shape of that pattern was not yet clear.

We emphasize the importance of the style of playing with the pattern in thisearly phase even before we had any explicit understanding of the formalproperties of that pattern. In the original game that occurred in the cartraveling from Ben Lomond to Santa Cruz, the pattern−whichat that time we were not competent to code was−synesthesia.

 

Synesthesia is the name for the circuitryin the human cortex (although certainly not exclusively human) which links thevarious sensory input modalities and their primary cortical centers in such amanner that the cortical projection areas are cross wired. More specifically,approximately 1/3 of the visual cortex (occipital lobes) receives inputs fromthe kinesthetic and auditory sensory input channels, and again, approximately1/3 of the auditory cortex (temporal lobes) receives inputs from thekinesthetic and visual input channel...

Among some of the more common experiencesinvolving synesthesia you find listening to music with your eyes closed andwatching shifting visual images (complete with color…) associated with themusic (auditory to visual mapping: hear-see circuitry), the soothing feelingsexperienced when listening to a speaker who has excellent command of his or hervoice and constantly uses tonality, rhythm, intonation contour… to enhancetheir presentation (auditory to kinesthetic: hear-feel circuitry), the feelingsof exhilaration you achieve (especially if you have some previous experience inthe particular art form and you mirror with micro muscle movements what you areobserving) watching exquisitely (visual to kinesthetic: see-feel circuitry)...

Some researchers use the term synesthesiara ther more tightly - to refer only to those cases where the person who isexperiencing the synesthesia does so involuntarily. In other words, in the above examples, theperson having the synesthesia experience chooses to have the experience and isable, if they so decide, to terminate it. The clinical use of the term issometimes restricted in use to a person who apparently has no choice aboutinitiating or terminating the process. We use the term more generally as itseems to us that such experiences are a natural part of the legacy of being human.

 
引用:Whispering in the Wind
p.167-168

Amazon:
Whispering In The Wind
Carmen Bostic St. Clair
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク




歴史的モデル:クラシックとニューコード

歴史的に、モデリングの成果物は、パターン、フォーマット(形式)、及び戦略と色々と呼ばれます。この本では、クラシックコードとニューコードを区別します。これらの用語は、以下のように理解されます。

1.クラシックコード:1973年から1979年の共同研究期間に、(例えばパールス、サティア、エリクソンなどの)天才たちの最初のモデリングによってグリンダーとバンドラーがコード化し、NLPの分野を創造した一連のパターン。この共同研究の期間の典型的なパターンには2つのパターン化が混在していることに注意が必要です。すなわち、以下の通りです。

a. 上述の元となる人から直接モデルしたパターン

b. 彼らが発見し、変化のワークの分野における卓越性の研究のインスピレーションとなった元の天才たちのモデリングの結果として部分的にコード化された本質的な変数を操作することにより、グリンダーとバンドラーによってデザインされたパターン

この2つめのパターン化の起源は、ここで定義されている意味において、モデリングではなくデザイン−より具体的には、最初のモデリング研究で発見された変数の操作と、新しいパターン化の創造における本質的な設計変数の使用であることに注意してください。

2.ニューコード:(1984年から1986年の)共同研究期間にグリンダーとディロージャによってデザインされた最初の一連のパターンと、より最近の拡張と洗練。

グリンダーは、ニューコードの特性に合致した追加のパターンの拡張、洗練、デザインを1986年から続けています。1989年から、この研究で彼はカルメン・ボスティック・サンクレアと共同研究をしています。ボスティック・サンクレアとグリンダーはまた、大きな組織(企業、学会、ある場合は行政機関)の文脈における卓越性のパターン化のモデリングとデザインについて、この暫定期間に努力を重ねてきました。

したがって、クラシックとニューコードはモデルの例です。

(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.56より)

 

Historical Models: Classic and New Code

 

Historically, the work products of modeling are variously referred to as patterns, formats, and strategies. In this book, we distinguish between the classic code of NLP and the new code of NLP. These terms are to be understood as follows:

 

1. Classic code: the set of patterns coded by Grinder and Bandler during the collaboration (1973 through 1979) that created the field of NLP modeling through their initial modeling of geniuses (e.g. Perls, Satir, Erickson...). It is important to note that the patterns typical of this period of collaboration are a mixture of two types of patterning:

 

a. Patterns modeled directly from the sources as mentioned above.


b.Patterns designed by Grinder and Bandler by manipulating the essential variables they had uncovered and partially coded as the result of the modeling of the original geniuses who served as the inspiration for the studies in excellence in the field of change work.

 

Note that this second source for patterning is not modeling in the sense defined here but design − more specifically, the manipulation of the variables discovered in the initial modeling studies and their use as essential design variables in the creation of new patterning.

 

2. New Code: the initial set of patterns designed (1984- 1986) by Grinder and Delozier during their collaboration and its more recent extensions and refinements.

 

Grinder has continued since 1986 to extend, refine and design additional patterning consistent with the characteristics of the new code. Since 1989, he has been collaborating with Carmen Bostic St. Clair in this work. Bostic St. Clair and Grinder have also focused their efforts during this interim on the modeling anddesign of patterning of excellence in the context of large organizations (companies, institutes and in some cases governments).

 

Thus, the classic and new codes are examples of models.

('Whispering in the Wind' p.56)

John&Carmen














Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright2001
書籍














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

モデルについて

より典型的には、NLPモデリングプロジェクトの産物は、単一のパターンというより、パターンの集合、すなわち、モデルです。モデルは、複製や理論といった他の関連概念とははっきりと区別されます。

モデルは、単にモデルです。すなわち、元になっている人の行動のある部分を描写し、複雑な一連の相互作用を、単純化(簡略化)された要素のセットにマッピングすることです。したがって、結果としての描写は、常に、元となっている人によって提供された複雑な行動を単純化した表現となります。この点が、複製とモデルの違いです。モデルは、元となっている人のパフォーマンスと、それを説明するとしている描写との間で、同形のマッピングを達成しようとするどんな試みも表してはいません。実のところ、パターン/モデルの価値は、関係者に、元になっている人自身が見せている複雑な行動のシンプルな描写を提供することにあります。パターン/モデルが比較的効率的な方法で学習でき、伝達できるという条件を満たすためには、この単純化は不可欠です。

読者は、単純化された表出(reduced representation)と還元主義(過度の単純化)(Reductionism)との違いについて注意しなければなりません。還元主義は、精査の元で、パターン化を、通常はより基本的または初歩的なレベルの描写として、一定の要素のセットの単純化する(多くの分野で見られる)動きです。例えば、生物学的現象のパターン化を、純粋に科学的・物理学的用語にマッピングする試みは、還元主義の例です。実のところ、これは、単純化された表出へのマッピングという過程を経ているとは言えない複製に過ぎません。

※(註釈)還元主義:複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方。

単純化された表出は、必ずしも、一定の要素のセットあるいは一定の用語という意味を含んではいません。これは、単に、NLPのコード化の段階でモデルを行う人によってなされたマッピングは(それが成功裏に達成されたとき)、研究対象の個人またはグループの複雑なパフォーマンス(卓越性のパターン化の元となるもの)を、その元となる人のパフォーマンスのうち、そのモデリングが発生している文脈における元となる人の卓越した行動を再現するために学習者が学ぶ必要がない側面を単純に無視するモデリングにマッピングすることと認識されます。これは基本的に、パターン化の元となる個人または集団の偶発的な側面から本質的要素を選別することであり、明らかな意味で、単純化した表出です。

卓越性のモデリングから導き出されるパターンまたはモデルの集合は、複製だけでなく理論とも著しい対象をなしています。例えば、理論は、内的な整合性、明示性、洗練性(「オッカムのかみそり」で言う最小限の描写)、そして「現実」あるいは時に「真実」と表現されるものに即しているか等を含むいくつかの判定基準に従います。モデルは、より単純な創作物です。評価のための(少なくともこれまで受け入れられている)唯一の基準は以下の通りです。

「このパターン/モデルは機能するか? つまり、学習可能であり、それを学習すると、学習者は、それを抽出した元となる人と結果と質において同様の行動を見せるか?」

いくつかの共通の原則によって関連つけられたパターンの集合をモデルと呼びます。モデルは2つのクラスに識別できます。

1.共通の起源の原則−同じ元となっている人をモデルしたパターンのセット。例えば、バンドラーとグリンダーが、エリクソン医師によって採用された特定の戦略の観察、同化、試験によって発見しコード化したミルトンモデルと呼ばれるパターン。

2.共通の機能の原則−同じ機能を持つようにデザインされたパターンのセット。例えば、催眠パターンは、その人の意識的な参画なしに、それらを指図しているその人の無意識と直接コミュニケーションするという共通の目的を持っています。それらは、グリンダーとバンドラーがエリクソン医師についての拡張研究によってモデルしたパターン化だけではなく、他の催眠パターンの元となる人のモデリングによって発見された変数を用いてデザインしたパターンも含みます。

NLPにおいてモデルという用語は、体形的に多義的に使用されます。つまり、上に示唆したように、パターンの集合(例えばミルトンモデル)を指すことも、あるいはパターン化のためのインスピレーションの元となる人(ミルトンモデルの場合、ミルトン・エリクソン医師その人)を指すことこできます。

(いくつかの原則によって関連づけられたパターンの集合という意味において) モデルは、純粋なことも混成物(hybrid)のこともあります。純粋なモデルでは、我々は、集合の全てのパターンが共通の起源(元となる人)を持っていることを意図します。一方、混成物の場合、起源(元となっている人)が単一でない、つまり、一つ以上のパターン化の起源を持っているパターンの集合に言及していることを意図します。混成モデルの一つの例がメタモデルです(その起源には、パールスtこサティアの変形統語論の分野が含まれます)

これらのコメントをすべて集積すると、一連のパターンやモデルを作り出す結果となっているNLPの中核的な活動−NLPモデリング(NLP modeling )− があります。大まかにNLPの分野といわれているものの実際のい活動の大部分は、適用と訓練(application and training)です。すなわち、モデリングプロジェクトの産物である一連のパターン(または同等のものでるモデル)を特定の分野の試み(例えば、矯正、またはパフォーマンス、ビジネスの実践、スポーツ、医療、芸術等の最適化の目的で行う変化のワーク)に適用し訓練することです。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.54-56より)


Model


More typically than a single pattern, the work product of a NLP modeling project isa collection of patterns
that is, a model. Models are to be sharply differentiated from two other associated notions, replicas and theories.

 

A modelis simply that, a model − a description of some portion of the source's behavior, a mapping from a complex set of interactions onto a reduced set of elements. Thus the resulting description is always a reduced representation of the complex behaviors offered by the source. This is the distinction between areplica and a model. A model does NOT represent any attempt at achieving anisomorphic mapping between the source's performance and the description purporting to describe it. Indeed, the value of a pattern/model is to offer the interested party a simplified description of the complex behavior(s) the source himself or herself displays. This reduction is essential if the pattern/modelis to meet the requirements of being learnable and transferable in a relatively efficient manner.

 

The reader is alerted to the distinction between a reduced representation and reductionism. Reductionism is a movement (found in many disciplines) to reducethe patterning under scrutiny to a fixed set of elements, typically at what is considered a more fundamental or elementary level of description. For example,any attempt to map the patterning of biological phenomena onto a purely chemical and physical vocabulary is an example of reductionism. Indeed, it isonly replicas that may be said to not undergo a mapping onto a reduced representation.

 

Areduced representation does not necessarily imply a fixed set of elements or some fixed vocabulary. It simply recognizes that the mapping done by a modelerin NLP during the coding phase (when accomplished successfully) is a mapping from the complex performance of the man, woman or group under study (the sourceof the patterning of excellence) onto a model that simply ignores those aspects of the performance of the source not required for the learner to reproduce the excellent behaviors of the original source in the context in which the modeling occurs. This is fundamentally a sorting of essential from accidental aspects of the person or group serving as a source of the patterning, and is, in the obvious sense, a reduced representation.

The collections of patterns or models that result from the modeling of excellence contrast not only with replicas but critically also with theories. Theories are, for example, subject to a number of criteria for their evaluation including internal consistency, explicitness, elegance (minimal description Occam’s Razor) and fitwith ”reality” or as it is sometimes expressed, ”truth” ...Models are simpler creatures; the sole criterion (at least thus far accepted) for their evaluationis, 

 

Does this pattern/model work – that is, isit learnable and upon learning it, does the learner display behavior similar inresults and quality to the source from which it was extracted?

 

Collectionsof patterns associated by some common principle(s) will be called a model – wecan identify two such classes of models:

 

1. common source principle - a set of patterns all of which were modeled from the same source. For example, the patterns discovered and coded by Bandler and Grinder from their observation, assimilation and testing of the specific strategies employed by Dr. Erickson and named the Milton model.

 

2. common function principle – a set of patterns all of which are designed toserve the same function. For example, the hypnotic patterns that have in common the purpose of communicating directly with the unconscious of the person to whom they are directed without the conscious participation of that person.These include not only the patterning modeled by Grinder and Bandler in their extended study of Dr. Erickson, but patterns designed using the variables discovered in that modeling as well as other sources of hypnotic patterning.

 

The term model in NLP is used in a systematically ambiguous manner; it can refer either, as suggested above, to collection of patterns (e.g. the Milton model) or to the source of inspiration for the patterning (in the case of the MiltonModel, Dr. Milton H. Erickson himself).

 

Models (in the sense of a collection of patterns associated by some principle(s)) maybe pure or hybrid; by pure model, we intend that all the patterns in the collection have a common source (e.g. the Milton model) while by the term hybrid, we intend reference to a collection of patterns whose source is not unitary − that is, that has more than one source of patterning. An example of a hybrid model is the Meta model (whose sources include Perls, Satir and the field of transformational syntax).

 

Collectingall of these comments, we have the core activity of NLP − NLP modeling that results in the creation of a set of patterns or a model. The vast majorityof the actual activity at present in what is loosely referred to as the fieldof NLP is application and training − more specifically, application and training of the sets of patterns (or equivalently, models) that are the work product of modeling projects to specific areas of endeavor (change work. for example,either remedial or for the purposes of optimization of performance, business practice, sports, medicine, art...)
('Whispering in the Wind' p.54-56)

John&Carmen














Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


グレゴリー・ベイトソンの言葉

どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131より)

any aggregate of events orobjects (e.g. asequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shallbe said tocontain a "redundancy" or a “pattern" if the aggregatecan bedivided in any way by a "slash mark" such that an observerperceiving only what is on one side of the slash mark can guess with better thanrandom success, what is on the other side of the slash mark.... Or, again fromthepoint of view of a cybernetic observer, the information available on onesideof the slash will restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing.
Gregory Bateson, Steps to an Ecologyof Mind, page 131

ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.52より
John&Carmen









 

 






Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





パターンについて

【モデリング】

NLPモデリングの基幹となる単位は、モデリングプロセスの自然な成果物であるパターンです。パターンそれ自体は冗長性(redundancy)であり、グレゴリー・ベイトソンの著作によれば、以下の通りです。

「どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。」
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131)

その結果、NLPモデリングプロジェクトの成果物は、常に(最小限に)パターンです。

一般的な例として、鳥たちが木に止まっている状態から飛び立つのを観察してみてください。彼らの一連の行動は、常に、飛び立つ前に止まっている木の表面を足で押し下げるという点を含んでいます。したがって、この鳥の活動を、止っている状態から始まって空中に飛び立った時点で終わるまで描写するとしたら、この鳥が止まり木を足で押し下げる時点の描写と、飛び立った時点の間にスラッシュマークを置くことができます。

NLPの中で適用パターンがとることができる典型的な形態は、何が操作されるべきかを特定する変数と、それらの変数に対して実行すべき操作を指示する命令とを含む一連の(部分的または全体的に順序立った)声明(大部分が宣言的ではなく命令的な)です。適用の文脈の中では、しばしば「フォーマット」という用語が「パターン」の同義語として使われます。

実際の適用パターンをさらに深く分析すると、そのような適用パターンは、実際的には、クライアントと変化を導き出す人(ファシリテーター)のどちらかあるいは両方の注意をどこでどのように集中させるかということを示す一連の注意点であることが明らかになります。

この議論は、非常に具体的な研究の提案につながります。私たちは、NLPモデリングで提案され、文献や口頭発表のいずれかの分野で発表された全てのパターンが、次の3つの最小要件 (またはそれと同等のもの)を満たすことを要請します。具体的には以下の通りです。


【パターン化の提示】

1.パターンの記述:パターンの要素とその重要な順序づけ (すなわち、これらの要素が適用される順序−歴史的に、NLPでは、フォーマットにおいて実践者が最初にすべきこと、2番目にすべきこと・・・を定義するステップの形式をとってきた)についての感覚に基づく記述。

2.パターンを使用した結果:実践者がパターンを矛盾なく適用することによってどのような結果が予測されるかについての感覚に基づく記述。

3.選択基準:パターンの選択と適用が(モデルの作成者によって当時考えられていたように)適切である状況または文脈の識別−例えば、変化のワークの分野では、1次変化と2次変化に対するパターンの適切性を区別すること。この記述にはいかなる禁忌(パターンが明らかに選択または適用されない条件)も含まれなければならない。

パターン化の提示について上記の形式の提案をする私たちの意図は、モデルの作成者が、彼の業績と、さらなるパターン化によってそれを構築する能力と、それを適用するための明確な基準とを容易に評価できる方法で、彼らが発見したもの(パターン化)を報告することができる標準様式を作成することです。私たちが選択基準を含めていることは、NLPモデリングにおけるパターン化の報告のあまり開発されていない部分を開発し、改良し、促進するために明示的にデザインされているのです。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.52-54より)


Pattern

 

The key unit of analysis in NLP modeling is the pattern, the natural work product of a modeling process. A pattern itself is a redundancy or, borrowing from Gregory Bateson's work,

 

any aggregate of events or objects (e.g. asequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shall be said tocontain a "redundancy" or a “pattern" if the aggregate can bedivided in any way by a "slash mark" such that an observer perceivingonly what is on one side of the slash mark can guess with better than randomsuccess, what is on the other side of the slash mark.... Or, again from thepoint of view of a cybernetic observer, the information available on one sideof the slash will restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing.

Gregory Bateson, Steps to an Ecology of Mind, page 131

 

The work product of a NLP modeling project then is always (minimally) a pattern.

As a common example, observe birds moving from perching behavior to flight. Their sequence always includes a point in their behavior where they push down on thesurface upon which they are perched prior to achieving flight. Thus, if we were to write out a description of the bird's activities beginning while the bird isperched and terminating when the bird airborne, we would be able to place aslash mark between the portion of the description when the bird pushes down onits perch and its achieving flight.

 

The typical form an application pattern takes in NLP is a sequence (partially ortotally ordered) of statements (for the most part injunctive as opposed to declarative) containing variables that identify what is to be manipulated andinstructions indicating which operations to perform on those variables. In the context of application, the term format is often used synonymously with pattern.

 

A deeper analysis of the actual applicationpatterns reveals that such application patterns are actually a series ofattention points that indicate where and how to fix either the client'sattention, the agent of change's attention or both.

 

This discussion leads us to a very specific research proposal. We urge that all patterns proposed in NLP modeling and presented in the field eitherin the literature or through oral presentation, satisfy the following three minimal requirements (or their equivalents) − sptecifically:


Presentation of Patterning

 

1. Description of the pattern: asensory-grounded description of the elements in the pattern and their critical ordering (that is, the sequence in which those elements are to be applied−historically, in NLP, this has taken the form of steps in a format which definewhat the practitioner is to do first, second...).

 

2. Consequences of the use of the pattern: a sensory-grounded description of whatconsequences the practitioner can anticipate through a congruent application of the pattern.

 

3. Selection criteria: the identification of the conditions or contexts in which the selection and application of this pattern is appropriate (as known at the timeby the modeler)−for example in the field of change work, making the distinction between the pattern's appropriateness for 

1stand 2nd order changes. This description should include any contraindications (conditions under which the pattern is expressly NOT to be selected and applied).

 

Our intention in proposing the above format, Presentation of Patterning, is to create a standard format whereby modelers can report their findings(patterning) in a manner that allows easy evaluation of their work, the abilityto build on it with further patterning and a clear procedure for itsapplication. Our inclusion of selection criteria is expressly designed to develop, refine and promote this less well-developed portion of reporting of patterningin NLP modeling.
('Whispering in the Wind' p.52-54)

John&Carmen


















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク




NLPモデリングとNLPの適用の区別

もしも私たちがNLPという用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。

もしも私たちがNLPのモデリング(NLP modeling)とNLPの適用(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue − how shall we refer to NLP and its various activities.

If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.51より
John&Carmen

















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

メタモデルとは何か

メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。


The meta model can, for example, be usefully understood to be an application of the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar. 


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
風の中のささやきp.51より
John&Carmen
















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

NLPとは何か

グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。


Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...).


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.50
John&Carmen
















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

NLPとは何か

ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。


In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.50より
John&Carmen















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

モデリング、アプリケーション(適用)、デザイン(型)

ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。

必要な区分は、物理学と工学、医学研究と臨床の実践、あるいは化学と薬理学の区別と同様です。例えば、物理学は、私たちの周りの物理的現象を支配するパターンについての研究です。何世紀にもわたるこれらの研究は、特定のパターン、原則、自然の法則等のコード化という結果を生み出しました。橋を設計するエンジニアは、彼の仕事を実行するために、このテストされ検証されたパターンの集合体(特に計算式)を引用するでしょう。彼は、特に橋がどのように建築されるべきかという仕事のために、物理学の原則を適用していると言うことができます。物理的現象の基本的パターンの研究である物理学は、橋の建設から宇宙船のデザインまで多くの例に適用することができます。このような例は、純粋でシンプルな物理学の適用です。

同様に、グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。顧客の会社の課題に取り組んでいるビジネスコンサルタントは、このパターンを引用するでしょう。彼女は、この課題をいかに具体的に解決するかということを決定するために、このテストされ検証されたパターンの集合体を適用していると言えます。人間のパフォーマンスの卓越性の基本的パターンの研究である NLP は、(例えばビジネスの実践という文脈においては)経営管理、戦略的企画、人事、人員採用、新製品の設計等に適用することができます。これらの例は、純粋でシンプルな NLP の適用です。

例えば、メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。

グリンダーとバンドラーによって行われた初期のモデリングにおける多数のパターンのコード化では、一連の変数があることに注意することが重要です。

コード化された各モデルに固有のそれらの変数(例えば、状態)は、卓越性のパターンが構成されている最初の語彙を構成します。そのような変数は、追加のパターンを作成しテストするための設計変数として機能することができます。これらの変数は、最初にバンドラーとグリンダーによって発見されたコード化されたパターンから大きく変化したものになるかも知れませんが、真に新しいパターン化とモデルを開発するために使用することが可能です。(Part兇 The New Code に取り上げられている) ニューコードは、純粋なデザインの優れた例であり、これらの変数の純粋な操作です。したがって、私たちはモデリングとデザインの区別を明らかにします。

実際に、私たちの限られた視点から言えば、NLPモデリング(NLP modeling)として知られている一般的な分野では、厳密に言えばそのようにラベル化されるべき活動はほとんどありません。実のところ、私たちがこの本を書く動機の一部は、私たちが現在提案している区別が認識されない限り、そしてより重要なことには、モデリングの活動が実際に、漠然と NLP と呼ばれるものの重要な活動にならない限り、このような力強いパターン化を作りだしたモデリングの技術が単に消え去ってしまうといことを心配しているからです。例えば、リプレゼンテーショナル・システムや多くの言語パターン化といった NLP のコード化されたパターンに遭遇することなく、アメリカや西欧で質の高いマネージメントセミナーに参加することはほとんど不可能です。したがって、モデリングにおける新たな活動や新しい卓越性のパターンのコード化が NLP の試金石にならない限り、最初にモデル化されコード化された卓越性のパターンは、腐った適用分野に簡単に組み込まれることになってしまいます。ひとたびこのような統合が完了してしまうと、NLP と呼ばれるものは正当化されなるなるでしょう。

したがって、私たちはこの本で、どのように NLP とその様々な活動に言及すれば良いのかという難しい言語上の問題に直面しています。もしも私たちが NLP という用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。もしも私たちが「NLPのモデリング」(NLP modeling)と「NLPの適用」(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは、使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

次にここで詳しく説明するために、NLP をモデリングから適用、訓練までの幅広い活動を指す包括的なラベルとして使用します。この本の中でのどんな使用においても、私たちはコアの NLP −すなわち、NLP modeling と上述したもの−について言及しているのか、何か NLP の適用−NLP application −について言及しているのかについて明確にします。私たちの意見としては、そこにはとても重要な違いがあります。時には、私たちは NLP training という言葉を使うことによってトレーニング(訓練)と適用をさらに区別します。意図している区別が文脈(著者の意図を適切に指定してる周囲の文章)から明らかである場合には、私たちはプレゼンテーションにそれを明記しないことによって、記述されたプレゼンテーションのために選択してきた人工的な手段を避けるでしょう。私たちは、この区別が、読者の一部の関心を活性化し、卓越性のモデリング−すなわち NLP modeling −に熟達して積極的になることに全力を傾けるよう彼らを鼓舞するほど明確で説得力があるものになることを望んでいます。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.50-52より)


Modeling, Application or Design

In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.

The required distinction is the same as the distinction between physics and engineering, or medical research and clinial practice, or chemistry and pharmacology. Physics, for example, is the study of the patterns that govern the physical phenomena about us. Such studies over centuries have resulted in the coding of certain patterns, principles, laws of nature... An engineer designing a bridge will draw upon this body of tested and verified patterning (especially the computational formulae) to carry out his work. He is said to be applying the principles of physics in order to work how specifically the bridge should be constructed. Physics−the study of the fundamental patterns of physical phenomena−can be applied in multiple instances from bridge bulding to the design of extraterrestrial vehicles. Such examples are application of physics, pure and simple.

Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...). A business consultant addressing a challenge within a client company will draw upon the pattern. She will be said to be applying this body of tested and verified patterns in order to determine how specifically to resolve the challenge. NLP−the study of the fundamental patterns of excellence in human performance−can be applied (in the context of business practice, for example) to manegement practice, strategic planning, personnel, recruitment, new product design... Such examples are applications of NLP, pure and simple.

The meta model can, for example, be usefully understood to be an application ot the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar.

It is important to note that in the coding of a large number of patterns in the initial modeling done by Grinder and Bandler is a set of variables. These variables (for example, state), inherent in each of the coded models, constitute an initial vocabulary out of which the patterning of excellenceis composed. Such variables may function as the design variables for creating and testing assitional patterns. While these may be largely variations on the patterning initially discovered and coded by Bandler and Grinder, it is possible to use them to develop genuinely new patterning and models. The new code (covered in Part under The New Code) is an excellent example of pure design, a pure manipulation of these variables. Thus, we identify the distinction between modeling and design.

Indeed, from our limited point or view, there is little activity in the general field knows as NLP modeling that strictly speaking should be so labeled. In fact, part of the motivatoin for writing this book is our concern that unless the distinction we are presently proposing is recognized and more importantly, the activity of modeling becomes in fact a significant activity of what is loosely called NLP, the technoolgy of modeling that produced such powerful patterning will simply fade away. It is, for example, almost impossible to attend a high quality management seminar in the USA or Western Europe without encountering any number of NLP coded patterns of excellence such as representational systems or much of the vgerbal patterning. Thus, unless renewed activity in modeling and the coding of new patterning of excellence becomes the touchstone for NLP, then it is quite likely that the patterns of excellence initially mideled and coded will simply be incorporated in the various applications areas. Once such an integration is completed, there will be no justification for anything called NLP.

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue−how shall we refer to NLP and its various activities. If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

For purposes of the exposition here then, we will use NLP as a generic label referring to the entire range of activities from modeling through applivations to training. In any usage in this book, where in our opinion it makes an important difference, we will specity whether we are referring to core NLP−that is, as presented above, NLP modeling −or to some application of NLP−therefore, NLP application. At times we will further distinguish application from training with the use of NLP training. In some cases, the intended distinction is clear from context (the surrounding text specifies the intention of the writers adequately) and we will avoid the artifical device we have selected for a written presentation by leaving the specification out of the presentation. Our hope is that the distinction will be clear and cogent enough to activate interest on the part of some of the readers and inspire them to commit to becoming proficient and active in the modeling of excellence − that is,

             NLP modeling.

('Whispering in the Wind' p.50-52)

John&Carmen
















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

神経言語プログラミング NLP

NLPはモデリング技術であり、特に、同じ分野または活動における天才のパフォーマンスと平均的な人のパフォーマンスの違いを作り出す一式の差異を主題にしています。この意味で、NLPにおけるモデリング研究の目的は、伝達可能で学習可能なコードとしてこれらの一式の差異を説明することにあります。このため、その中核的な活動は、暗黙的な知識を明示的なモデルにマッピングすることです。このメタ学問分野は、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって1970年代前半に創始されました。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.50より)


Neuro-Linguistic Programming NLP

(NLP) is a modeling technology whose specific subject matter is the set of differences that make the difference between the performance of geniuses and that of average performars in the same field or activity. In this sense, the objective of modeling studies in NLP is to explicate in a transferable and learnable code these sets of difference. The core activity, then, is the mapping of tacit knowledge onto an explicit model. This meta-discipline was created by John Grinder and Richard Bandler in the early 70's. ('Whispering in the Wind' p.50)

John&Carmen
















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

アルバート・アインシュタインの言葉

一方では感覚体験の全体性が、他方では概念と命題の全体性が見られます。概念と命題の間の相互関係は論理的性質のものであり、論理的思考の仕事は、しっかりと定められた規則に従って概念と命題の相互接続が達成されることに厳密に制限されており、それは論理の懸念事項です。概念と命題は、感覚体験とのつながりを通してのみ、「意味」つまり「内容」を獲得します。後者が前者とつながることは、それ自体が論理的性質ではなく、純粋に直観的です。この接続、つまり直観的な結合が引き受けることができる確実性の程度によって、中身のないファンタジーと科学的な「真実」が区別されます。概念体系とは構文の規則と共に人間を創造することであり、それが概念体系の構造を構成しています。
(アルバート・アインシュタイン「自伝的ノート」p.13より)


I see on the one side the totality of sense-experiences, and on the other, the totality of the conceptsand propositions. The relations between the concepts and propositions among themselves and each other are of a logical nature, the business of logical thinking is strictly limited to the achievement of the connections between concepts and propositions among each other according to firmly laid down rules,which arethe concern of logic. The concepts and propositions get“meaning" viz.,"content" only through their connection withsense-experiences. The connection of the latter with the former is purely intuitive, not itself of alogical nature. The degree of certainty which this connection, viz., intuitive combination, can be undertaken and nothing else,differentiates empty fantasy from scientific "truth". The system of concepts is a creation of man together with the rules of syntax, which constitute the structure of the conceptual system.
Albert Einstein, Autobiographical Notes, p.13



アルバート・アインシュタイン












ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.28より
John&Carmen









 

 






Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク



NLPとは何か?

私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。

 

We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology.


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.10より

John&Carmen















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

NLPは高次の操作の認識論です

私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。この説明によって、私たちはいくつかのことを意味しています。第一に、モデリングと、このモデリングの結果である多くのコード化された卓越性のパターンの適用の両方によって定義される操作は、私たちが通常疑いなく受け入れているマインドマップの一部を形成しているプロセスそのものに挑戦するように設計された操作です。これらの挑戦は、私たちが私たちの経験から通常引き出している結論と、私たちがそのような一般化を正当化するために使用している証拠との関係について、新鮮な見方をするように要求しながら、私たちのマインドマップの重要な部分に重大な改定を行うことを強制するよう設計されています。実際に、そのような挑戦は、私たちが意識的に自分自身について、お互いについて、そして私たちの周りの世界について知的な決断を試みるための、私たちの受容体からより高いレベルのコード化に至るまでのマッピング操作に対して、私たちを敏感にします。これが、私たちが提案したNLPの特徴付けにおける「操作」という用語の意味です。

この特徴付けにおける「高次の」により、NLPの焦点であるパターンは物理的世界のパターンではないことを、より具体的に読者に指摘することを意図しています。これらの物理的世界のパターンは、物理学とそれに関連する分野の領域です。NLPの焦点であるパターンは、それらが一時的経験となる前に既に神経学的変換を受けた表象−本書でファーストアクセス(FA)と呼ぶもの−です。私たちが提案していることを正しく理解するためには、認識論の世界への小旅行が必要です。私たちは、どのような深さであってもそれを動機づけることなく自分の立場を述べます。興味のある読者は、「日常生活の認識論(作業タイトル)」(グリンダーとボスティック、2002年)で私たちが行っている全ての議論を調べたいと思うかもしれません。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.10-11より)



We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology. By this statement, we mean several things: first that the operations defined both by modeling and by the application of many of the coded patterns of excellence that result from this modeling are operations that are designed to challenge the very processes by which we form portions of our mental maps that we normally accept which we form portions of our mental maps that we normally accept without question. These challenges are designed to force a critical revision of significant portions of our mental maps, calling for a fresh perspective about the relationship between the conclusion we typically draw from our experiences and the evidence that we use to justify such generalizations. In effect, such challenges, sensitize us to the mapping operations ranging from our receptors to the higher level codes by which we consciously attempt to make intelligent decisions about ourselves, one another and the world about us. This is the sense of the term operational in our proposed characterizationof NLP.

uestion. These challenges are designed to force a criticalrevision of significant portions of our mental maps, calling for a freshperspective about the relationship between the conclusion we typically drawfrom our experiences and the evidence that we use to justify such generalizations.In effect, such challenges, sensitize us to the mapping operations ranging fromour receptors to the higher level codes by which we consciously

By higher order in this characterization, we more specifically intend to point out to the reader that the patterns that are the focus of NLP are not the patterns of the physical world; those patterns of the physical world arethe domain of physics and associated disciplines. The patterns that are the focus of NLP are the representations that have already been subjected to neurological transforms prior to our first experience of them – what in this book we will call First Access (FA). To appreciate what we are proposing requires a brief excursion into the world of epistemology. We will state ourposition without attempting to motivate it in any great depth. The interested reader may wish to examine the full argument we make in RedTail Math: theepistemology of everyday life (working title), Grinder and Bostic, 2002.
('Whispering in the Wind' p.10-11)

John&Carmen














Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

カール・マルクスの言葉

外観と現実に違いがなければ、科学は必要ないでしょう。
カール・マルクス

If there were no difference between appearance and reality, then there would be no need for science.
Karl Marx(1818-1883)

カール・マルクス














ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.10より
John&Carmen















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク



私たちは生きて、存在しています

私たちは生きて、存在しています。私たちは、感情なく、判断もなく、目撃しています。

We are alive; we are present. We witness without emotion, without judgement...


ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.9より
John&Carmen















Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
書籍















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

エピステモロジー(認識論)

湿った牧草地の上を湿原の鷹が素早く優雅に舞い降り、そしてけたたましい鳴き声をあげながらまるで壊れた夢のようにあっという間に地上に急降下します・・・狩りで勝利を収めて再び上昇し、その爪の中には獲物がしっかりと握られています。

鷹


 












その停止した瞬間、私たちは言葉もなくそれを目撃し、豊かな質感のある感覚で満たされ、生き物との同一性を確認しています。私たちはこの短い時間ために、人間以外の仲間の種に近いのです。私たちの目は、鷹の優雅さ、スピード、正確さを捉えて味わいながら正確に焦点を合わせ、私たちの耳は、獲物が逃げようと無駄な試みをする必死な動きの音と、私たちが目の前に展開するドラマに沿って静かに滑らかに位置を移動しても私たちの顔と手を冷やす太陽に道を譲る朝の海霧の最後のささやきに合わせます。私たちは生きて、存在しています。私たちは、感情なく、判断もなく、目撃しています。

 

 「貴方は、彼がウサギの上に降りるために翼をひねった方法に気がつきましたか?」

 

私たちは仲間に尋ねます・・・そしてその瞬間は沿岸の霧と共に消えていき、私たちは良くも悪くも人間に戻ります。

 

私たちがその質問に答えるか、単にうなずくかにかかわらず、その蜘蛛の巣(のような関係)は引き裂かれ、その同一性は風に乗って過ぎ去っていきます。この質問は、努力なしに、実際には、選択なしに生み出された、言葉によって引き起こされた突風のようなイメージ、音、感触への扉を開きます。ハリアー(鳥名)がそのドラマを完成させる具体的な方法のイメージは、それを味わうためではなく、比較と分析のために再生されます。

 

 彼は右翼で旋回しただろうか、左翼で旋回しただろうか?

 

貴方は、旋回の間に彼の尾っぽを横切る白い光の帯をはっきりと見たこと、そして今は貴方のイメージを調べていることを思い出し、彼が実際にその標的に降りる前に右翼をひねったことに気がつきます。「ウサギ」という言葉は、貴方が一度見たことがある高いシャパラル(訳注:カリフォルニアの常緑の低木から成る生物群系)からジャックウサギが行った驚異的なジャンプから、貴方が子供の時に小さいウサギを初めて抱っこした時の温かいフワフワした感覚に及ぶ、長い一連の音、イメージ、感情を引き出します。

 

しかし、言葉が貴方を連れて行くところがどこであっても、言葉は最も確実に貴方をその瞬間から連れ出します。湿地の鷹とウサギ、朝の霧と朝日、そしてそれらの停止した瞬間の全ての経験は、貴方の気付きをかすかに駆け抜け、貴方の神経系の中の関連するファイルの別の項目にこの独特な経験を変形する関連付けの大きな渦の中で失われてしまいます。言語を通して、特定のものは一般的なものに変化します。

 

その日の後半には、貴方はこの話を友達に説明し、貴方が聞いたことを覚えている最後の鳴き声が、鷹が視界から見えなくなる前に起こったのか直後に起こったのか、風が貴方の左から上がったのか右から上がったのか、この湿地の鷹が先週見たものより大きかったのか小さかったのか、そのウサギが十分に成長していたのかどうかを思い出すことを試みて、貴方は言葉に詰まり、部分的に難しいと気付くでしょう。貴方がその瞬間を再構築するにつれて、感覚的印象は記憶に沈んでいきます。

 

しかし、その瞬間は実際に起こったのでしょうか?霧は貴方の顔を冷やしましたか?それとも、皮膚と空気との間で複雑な熱と水分による交換が起こり、それが貴方の顔や手の温度を下げましたか?貴方は牧草地に湿地の鷹がいるのを見ましたか?それとも、後頭葉のV1として知られている場所で見ましたか?

 

もちろん、どうしてその瞬間が起こったのでしょう・・・太陽が昇るということと同じくらい確実に。それは、もちろん、地球がその軸で回転していて、太陽が地球に対して常に一定の場所にいるということが明らであることとは反対に、太陽が実際に昇ったということに同意してくれる教養人を見つけなければならないという問題があります。

 

神経学と言語−これら2つの大きな一連の変形は、私たちを周囲の世界から切り離し、そして私たちを周囲の世界につなげます。このように、神経学と言語は、私たちの一人一人、全員を小馬鹿にします。
(ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著「風の中のささやき」p.9-10より)

 

A marsh hawk swoops swift and graceful over the damp meadow and then with a shrill cry falls like a broken dream precipitously to the earth... only to rise again triumphant in the hunt, itsprey grasped firmly in its talons.

For that suspended moment we witness without words, filled with rich textured sensory knowledge, confirmed in our identification with living things. We are for this brief passage of time closeto our non-human companion species. Our eyes focus with precision, capturing and savoring the grace, speed and precision of the falcon, our ears tune themselves to the sounds of the desperate movements of the prey's futile attempt at escape and the last wisps of the morning sea fog giving way before therising sun cools our face and hands even as we silently and smoothly shiftposition to follow the unfolding drama before us. We are alive; we are present.We witness without emotion, without judgment...

" Did you notice the wayhe turned on his wing to fall upon the rabbit?"

asks our companion... andthe moment vanishes along with the coastal fog and we are again human, for better or for worse.

Whether we respond to the question or simply nod, the webis rent; the identification passes on the wind. The query throws open the gatesto a gust of images, sounds and feelings triggered by the words, generated without effort, indeed, without choice. The images of the specific way in whichthe harrier completes the drama are now replayed, not for appreciation but for comparison and analysis.

Did he pivot on his right wing or his left?

You remember seeing clearly the flash of the white band across his tail during thepivot and now examining your images, you realize that he actually turned on hisright wing before falling upon his mark. The word rabbit drags a long sequence of sounds, images and feelings ranging from an incredible launch by ajackrabbit you once saw out in the high chaparral through the warm furry sensations of the first time you, as a child held a small rabbit.
 
But wherever the words take you, they most assuredly take you out of the moment: the marsh hawk and the rabbit, the morning's mists and the rising sun, and all the experiences of those suspended moments are lost in a maelstrom of associations thatrush through your awareness dimly, converting this unique experience into another entry in the associated files within your neurology. Through language, the specific has transformed itself into the general.

Later that day, you will hesitate, only partially aware of the difficulty, as you relate the story to a friend and attempt to remember whether the last squeal you remember hearing occurred before the hawk dropped out ofsight or immediately afterwards, whether the wind rose from your left or right, whether this marsh hawk was larger or smaller than the one you saw last week orwhether the rabbit was fully grown... Sensory impressions sink into memory asyou reconstruct that moment.

But did that moment actually happen? Did the mistcool your face or did a complex heat and moisture driven interchange occur between skin and air that reduced the temperature of your face and hand? Didyou see the marsh hawk out there in the meadow or in the area known as V-1 onyour occipital lobe?

Why, of course, that moment happened...as surely as thesun rises. There is, of course, the problem of finding an educated person whowill agree that the sun did actually rise as opposed to the earth having turnedon its axis to reveal the sun precisely where it always was with respect to the earth.

Neurology and language - those two great sets of transforms that both separate us from, and connect us to, the world around us. Thus do neurology and language make fools of us all, each and every one of us!
('Whispering in the Wind' p.9-10)


Whispering in the Wind
by Carmen Bostic St. Clair & John Grinder

(c)Copyright 2001
風の中のささやき















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

 



NLP関連書籍の紹介:「Whispering In The Wind」

Whispering In The Wind
381P (英語) ペーパーバック−2001/12/31
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair

書籍03















Amazon:
Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
photo garally
  • ニューコードNLPトレーナートレーニングのご案内
  • ニューコードNLPトレーナートレーニングのご案内
  • ニューコードNLPトレーナートレーニングのご案内
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第5回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第5回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第4回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第4回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第3回
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第3回
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第2回
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第2回
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第1回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース第1回プログラム
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース東京3期のお知らせ
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース東京3期のお知らせ
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース東京3期のお知らせ
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース大阪3期のお知らせ
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース大阪3期のお知らせ
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース大阪3期のお知らせ