New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト:
http://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLPスクール日本語研究部:
http://nlp-kotoba.blog.jp/

風の中のささやき

Six Step Reframing(7) An analysis of Six Step Reframing5

ステップ5では、クライアントは、この集合から3つまたはそれ以上の行動を選び、変化すべき行動が発生したまさにその文脈の中で、無意識がこれらの新しい行動を実行する責任を取れるかを尋ねます。

 

最後のステップ(ステップ6)では、無意識に対して、元の行動に代替するように選ばれた新しい行動が、その本人(クライアント)の他のパーツの要求と一致しているかを確認します。もしも新しい行動の1つまたはそれ以上に対して異論があれば、NLPプラクティショナーには2つの選択肢があります。1つ目は、異論のある行動を、生成された元の集合から選んだ他の行動に置き換えます。2つ目は、その異論を、他のリフレームのスタート・ポイントとして使い、ステップ3に戻って、その異論の背後にあるいくつかの肯定的な意図を確認するところから始めます。驚くべきことに、これらすべてのことは、有能なNLPプラクティショナーによって、関与する内容にアクセスすることなしに達成されることが可能であり、変化プロセスへのNLPの適用の際立った利点です。



Instep #5, the client then selects three or more behaviors from this set and asks that the unconscious take responsibility for implementing these new behaviors in precisely the contexts in which the original behavior being changed used to occur.


Thefinal step (#6) is a request to the unconscious to verify that the new behaviors selected to replace the original behavior are congruent with the requirements of other parts of the person, Should it prove that there are objections to one or more of the new behaviors, the practitioner has two choices: either replace the behavior(s) to which there are objections with other behaviors from the original set generated; or use the objection as the starting point for another reframe, beginning with step #3 in which there is a verification of some positive intention behind the objection made. All this remarkably can be accomplished by askilled practitioner without access to the content involved − a distinctive advantage of this application of NLP to change processes.


 

('Whispering in the Wind' p.222)  

Grinder














Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

Six Step Reframing(6) An analysis of Six Step Reframing4

絵画






飲酒問題をもっているアルコール中毒患者、または減量したいと思っている人を、例に取ってみましょう。それは、いかなる中毒にも有効に適用できます。典型的なケースでは、クライアントの過去を調査してみると、一定期間は禁酒することができても、また飲酒を始めていることが明らかになります。該当の行動の「見返り」、すなわち「二次的恩恵」や「二次的利益」が何であるかを明確にすると、以下のようなことが発見できます:

 彼は、リラックスするために酒を飲む

 

 彼は、日々の生活のプレッシャーから逃げるために酒を飲む

 

 彼は、社交的な状態を達成するために酒を飲む

 …

リラックスした状態にアクセスすることを達成するという肯定的な意図にフォーカスするとします。この肯定的な意図は、クライアントにリラックスした状態へのアクセスを提供するすべての行動の集合の名称です。この集合は、定義上、常に元の行動を含んでいます。

※図は省略


言い換えると、リラックスした状態を達成する方法の集合には、b1(スポーツ), b2(読書), b3(瞑想), bi(ドラッグ), bi+1(ヨガ),bi+j(アルコール中毒), bn(呼吸エクササイズ),(コミュニティ・サービス)などといった多数の行動があります。この集合の要素(メンバー)が何であるかを、いったん(少なくとも部分的に)特定した後は、変化の作業は一般的に単純なものになります。つまり、この集合から問題の行動−この事例ではアルコール中毒−に代替する3つ以上の行動を選ぶだけです。


アルコール中毒のような古典的な中毒のケースでは、通常、複数の見返りまたは二次的利益があります。したがって、NLPプラクティショナーは、変化ワークを、肯定的な意図とそれに関連した見返りごとに、一連のセッションに分ける必要があります。このステップを適用することで、一連の集合が自然に生成され、各集合は、変化すべき行動の背後にあるそれぞれの肯定的な意図によって定義されます。


これらの2つのステップ(3と4)は、意識的に内容の開示をする必要がないことに注目して下さい。より具体的に言えば、不随意のシグナル体系の強力な支援があれば、有能なNLPプラクティショナーは、完全にコンテント・フリーのアプローチを取り続けることができます。さらに注目すべきことは、無意識が、肯定的な意図と新しい行動のどちらに関しても、その内容を開示することなしに、これらすべてを管理することができるという点です。従って、クライアントが意識的に内容の開示を行わないことを選択する場合、または無意識が情報の開示を拒否する場合に、ステップ3で、内的対話を通してクライアントが自分の無意識に行う質問は以下の通りです:


 「変化すべき行動の背後に肯定的な意図がありますか?」

 

あるいは、同様に、以下のように質問することができます:


 「無意識さん、変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認することはできますか?」

 

ステップ4で、内的対話を通してクライアントが無意識に要求するのは、以下の通りです:

 「貴方が既に確認した変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を、すべて満足させる様々な行動を生成し、その中から実行に移す3つ以上の行動を選択してください。そして、この作業が完了したら、私に肯定的なシグナルを送ってください。」


このパターンは、クライアントが、元の行動が提供していた見返りへのアクセスを失うことがないことを保障します。私たちの累積35年以上の経験では、大多数のセラピーの実践者が直面する主要な障害である「抵抗」は、発生しません。 


抵抗は、私たちに言わせれば、特に重要な非言語的フィードバックの形式であり、適用されている変化プロセスが、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を適切に特定していないか、これらの意図を満足させるための代替となる行動が不十分である、ということを告げてくれるものです。これは、クライアントが変化したいと意識的に言う行動には、現在進行中の変化プロセスによって尊重されていない重要な二次的な見返りが含まれているという言こともできます。言い換えれば、本人(クライアント)は、自分自身がいる文脈(コンテキスト)の知覚において、自分のメンタルマップの制限の中で選択することができる最善の選択肢である行動を取っているということです。より具体的には、ステップ3と4では、この原理が十分に尊重されていて、抵抗が取り除かれます。

次のページに続く
6ステップリフレーミング(7)「6ステップリフレーミングの分析」5


Let's take as an example a man who has a drinking disorder - an alcoholic - or to people who desire to lose weight. It can beusefully applied to any addiction. In the typical case, an investigation of the client's past would reveal that he has succeeded in stopping drinking for limited periods of time but then returns to the bottle. If we were to make explicit what the payoffs − secondary benefits or secondary gains − of this behavior are, we positive intention. would discover one or more of the following:

 

he drinks torelax


 he drinks toescape the pressures of everyday life


 he drinks toachieve a state of sociability


 ...

 

Suppose that we focus on the positive intention of achieving access to a state of relaxation. This positive intention is the name of a set - namely, the set of all behaviors that offer the client access to astate of relaxation. This set will, by definition, always include the original behavior.

 

In other words, within the set of ways to achievestates of relaxation, we find a large number of behaviors, b1 (sports),b2 (reading), b3 (meditation bi (drugs), bi+1(yoga), bi+j (alcoholism), bn (breathing exercises),(community service)... Once we have specified (partially at least) what the members of the set are, the change task is greatly simplified: simply select threeor more behaviors from the set to replace the behavior in question – in thiscase, alcoholism.

 

In a classic addiction case, such as alcoholism, thereis typically more than a single payoff or secondary gain involved. Thepractitioner is cautioned then to divide the change work into a series ofsessions, one for each of the positive intentions and their associated payoffs. Thus, the application of this step leads naturally to the generation of aseries of sets, each defined by each of the positive intentions behind the behavior to be changed.

 

It is interesting to note that these two steps (#3 and#4) need not involve conscious disclosure of content. More specifically, withthe aid of a robust, involuntary signal system, the skilled practitioner canremain entirely content free in her approach. The more remarkable thing is thatall this can be managed without the unconscious revealing the content involved- neither the positive intention nor the new behaviors. Thus, if the clientchooses not to have a conscious disclosure of the content or the unconsciousdeclines to reveal the information, the question presented by the client to his unconscious through internal dialogue in step # 3 is:

 

 Is there apositive intention behind the behavior to be changed?

 

Or, equivalently:


 Can you, myunconscious, confirm that there is a positive intention behind the behavior tobe changed?


In step #4, the request delivered by the client to his unconscious via internal dialogue is:



Develop a range of behaviors, all of which satisfy the positive intention you have already confirmed lies behind the behavior to be changed, and select three or more of these behaviors for implementation. When you have completed this task, please give me a positive signal.


This pattern guarantees that the client will not lose access to the payoffs the original behavior delivered. It has been our experience over some 35 accumulated years, that the major difficulty that confronts most therapeutic practitioners – resistance - simply does not occur.

 

Resistance, then, we propose, is a particularly important form of non-verbal feedback that carries the message that the change process being applied has not identified adequately the positive intentions behind the behavior to be changed or the alternative behaviors to satisfy those intentions are unsatisfactory. This is equivalent to saying that the behavior that the client says consciously he wishes to change has significant secondary payoffs that are not being respected by the change process presently being implemented. This is another way of saying that the person is engaging in a behavior that represents the best choice available at present within the limits of her own mental maps, given her perception of the context in which she finds herself. In this pattern., More specifically, in steps #3 and # 4, this principle is fully respected and resistance is obviated.

 

('Whispering in the Wind' p.220-222)  


Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

Six Step Reframing(5) An analysis of Six Step Reframing3

ステップ3と4では、リフレーミングの心髄(主要部)が概念的に明示されています。これらのステップは、2つの別個の動作(手順)として行うことがベストですが、ここではひとまとめにして論じます。そのストラテジーは、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を特定し(ステップ3)、そしてその後に、この肯定的な意図を満たすような、新しい行動のセットを生成するということです(ステップ4)。

この(肯定的な意図を特定し、代替手段を生成する)ストラテジーが、特にどのように機能するかについて、読者が理解するのを助けるために、例を挙げます。実践の場において、NLPプラクティショナーは、通常、効果を生み出している変化の内容が何であるかを知りません。これはシークレット・セラピーであり、変化の仲介者が、変化のプロセスで適用するNLP適用の非常に優れた利点の1つです。実のところ、クライアントは、(ステップ1を達成した結果)起きている変化が何であるかを知っていますが、多くの場合、クライアントは、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図が何であるかは意識的に分かっていません。また、このようなクライアントは、前の行動が起こったような文脈(コンテキスト)に実際に入ってみるまでは、元の行動に取って代わる新しい行動も意識的に分かっていません。このようなポイントに入った時だけ、彼らは、肯定的な意図を満たすために「無意識的に」選択された新しい行動を発見します。

次のページに続く
6ステップリフレーミング(6)「6ステップリフレーミングの分析」4



Steps 3 and 4 define conceptually the heart of reframing, and while they are best accomplished in two discrete moves, we will discuss them together here. The strategy is to identify what the positive intention behind the behavior to be changed is (step 3) and subsequently to generate a new set, namely, the set of behaviors that will satisfy this positive intention (step 4).

 

We present an example to assist the reader in 4 appreciating how specifically this strategy (to identify positive intention anddevelop alternatives) works. Remember that in practice, it is typical that thepractitioner will not know What the content of the change being effected is − secret therapy, one of the distinguishing advantages of NLP applications asapplied by the agent of change to the change process. Indeed, while the clientwill know what the change being made is (as a result of having accomplished step #1) − in many cases he or she will not know consciously what the positive intention(s) behind the behavior to be changed is; nor will such a client consciously know what the new behaviors that will replace original behavior are - until such time as they actually enter the contexts where the former behaviorused to occur. It is only at that point that they will discover what new behaviors were that were unconsciously selected to satisfy the positive intention.

('Whispering in the Wind' p.219-220) 


Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15


Six Step Reframing(4) An analysis of Six Step Reframing2

会話










ステップ2では、変化の仲介者は、パターンの残りの部分を実際に機能させるための極めて重要なプロセスを調整します。それは、クライアントの内部にある敬意を表すべき自己との対話であり、ここでは、クライアントは、フレームや質問からなる一連のせりふ(プロンプト)で内的対話(独り言)を行い、無意識からの反応を受動的に待ちます。意識的には再生できない生理的反応であるこれらの反応の不随意な性質により、パターンが、自分の恣意的な錯覚による最終的には無意味なエクササイズではないことが保証されます。

 

クライアントが自分の無意識に提示する最初のフレームは、自分の無意識を変化のプロセスに密接に関与させようとする、クライアントの(明らかにNLPプラクティショナーに促された)意識的要求を認識しています。実際にシグナル体系を確立するのを達成する具体的なプロセスには、たくさんのバリエーションがありますが、最もシンプルで、最も分かりやすいものは、以下のような、内的対話形式の質問を無意識に提示することです:

 

 あなたは(クライアント自身の無意識のことです)、私とコミュニケーションをとりますか?

 

この質問を提示した後、クライアントは、NLPプラクティショナーの指示により、無意識からの反応を検知するために、体感覚系(身体感覚)に注意を集中させながら、受動的に待ちます。感覚の変化が現れたら、クライアントは、そのシグナルを(その感覚が発生した身体の部分を触りながら)認証し、(内的対話を通じて)ありがとうと感謝します。クライアントは、次に、そのシグナルの意味を判定する作業を行います。身体感覚というものは、結局は、単なる感覚でしかありません。そのシグナルが、最初の質問に対する「Yes」と「No」 のどちらの答えを意味するのかを判定する明確化の作業は、自分の無意識に対して(ふたたび内的対話を通じて)以下のような指示をすることで行われます:

 

 もし、今のシグナルが「Yes」であれば、もう一度同じシグナルを送ってください。

 

次に、フレーミングを使って(フレームの中で「No」のシグナルの必要性を説明して、それを要求することで)否定の不随意シグナルを生み出します。

 

ここからは、非常に重要なステップに入ります。無意識が活動しないように要請しながら、クライアントは、NLPプラクティショナーにより、「Yes」と「No」 の各シグナルを、意識的に、すなわち、変性意識状態(トランス)に入らない形で再生するように指示されます。クライアントが、無意識から送られたシグナルを意識的に再生できないようであれば、すなわち、該当のシグナルが不随意であれば、ステップ2は完了したことになります。もしクライアントが、2つのシグナルのうち、どちらかのシグナルを再生できる場合、シグナルは意識的です。この場合、クライアントは、フレーミングを使って無意識に代わりとなるシグナルを要請し、不随意のシグナルが確実に生み出されるまで、そのシグナルを随意/不随意のテストにかけます。

これは、一般的な手順の例で、図式的には下記のようになります:
※図は省略


このプロセスは、文字通り適切な方法の中に無意識を位置づけているので、以前言及したクラシックコードのフォーマットに対する本質的な修正の1つとなっています。このプロセスはまた、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーに対して、変化のプロセスに無意識が直接的に関与する完全な生成型のフォーマットを提供するものと期待されます。その手順にはいくつかの利点があります。1つの明らかな点は、無意識は、ある特定の変化の長期的でグローバルな影響にアクセスする能力については、結果の観点から、意識よりも優れているということです。情報の7±2チャンクの限界がある意識は、このような評価をするには十分ではありません。

 

次に明らかな利点は、この手順を使うパターン(どのような変形であっても)と、直接的な催眠との比較です。催眠、特に深い催眠は、通常は、意識と無意識の大きな分離を意味しています。実際のところ、催眠が選択すべき治療であることを示す指標の1つは、クライアントが、意識で理解することの必要性にとらわれていたり、変化するのは不可能だという信念を持っていたりして、変化の仲介者が、これらの行動がクライアントの変化する能力を大いに妨げると判断するときです。従って、クライアントの意識的マインドを完全に回避することでクライアントの意識的活動が示す障害をバイパスできる催眠テクニックを通じて、熟練した催眠療法家は、意識的なパターンにも関わらず、早く深い変化を生み出すようにクライアントの無意識を刺激することができます。

 

ただし、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーの倫理的なコミットメントの1つとして、NLPプラクティショナーは、自分のクライアントに誘導した分離(ディソシエーション)に注意し、セッションの終わりの仕上げの際に、このような分離(ディソシエーション)を全て元に戻すことを確実にしなければならないということに注意してください。すなわち、クライアントが変化のプロセスの一部で分離した部分を再統合するために、関連するアソシエーション・テクニックが必要となります。意識は通常その(催眠の)適用の中で役割を演じていないため、明らかに催眠自体はこの意味で分離的です。従って、催眠療法家は、ワークの後の仕上げの際に、意識と無意識を再統合する調整を行う責任を受け入れる必要があります。

 

リフレーミング・パターンのステップ2から6は、すべてこの不随意のシグナル体系を活用しており、ここでクライアントは、意識の「正常」な状態(NLPプラクティショナーとコミュニケートしている部分)と、変性意識状態(通常は、軽度から中度のトランス状態)の間を行ったり来たりします。

従って、私たちは、この種類の手順(ステップ2〜6のクライアントの変性意識状態のシフト)は、ミルトン・エリクソンが彼のキャリアの終わりに取ったポジションと一致していると考えています。次のような質問をされたとき、

 

「催眠療法家が、クライアントに求めるべき変性意識状態は、どれほど深くあるべきですか?」

 

ミルトン・エリクソンは以下のように答えました。

 

「望んでいるセラピー上の目標を達成するのに必要な深さです。」

 

実際、後ほど説明するように、このような不随意のシグナル体系のいくつかの形式を含めることによって、グリンダーとバンドラーの当初の共同ワークが生み出した欠陥が大きく修正されるという意味において、どのようなクラシックコードのパターン化でも、ニューコードに変換することが可能になります。

次のぺージに続く
6ステップリフレーミング(5)「6ステップリフレーミングの分析」3



In step 2 the agent of change arranges the essential process that makes the rest of the pattern actually work. It is a respectful interactive dialogue within the client whereby he or she uses internal dialogue (talking to themselves) to present a series of prompts consisting of frames and questions to which he or she will then passively await the responses from the unconscious. It is the involuntary nature of these responses − physiological responses that cannot be reproduced by the conscious mind - that ensures that the pattern is not some arbitrary self-serving delusional and ultimately futile exercise.

 

The initial frames that the client presents to their unconscious acknowledges the conscious desire of the client (obviously promptedby the practitioner) to involve his or her unconscious intimately in the change process. While there are many variations on how specifically the process of actually establishing the signal system can be accomplished, the simplest and most transparent is to present to the unconscious in the form of internal dialog the following question,

 

Will you (referring to his or her own unconscious) communicate with me?

 

After presenting this question, the client is instructed by the practitioner to wait passively with their attention focused on their kinesthetic system body sensations)  to detect the response from the unconscious.When a change in sensation arrives, the client simply validates its arrival (atouch on the portion of the body where the sensation occurred and a thank you delivered through internal dialogue). The client next engages in a procedure to determine what the signal represents − after all, a body sensation is simply asensation. The disambiguation procedure to determine whether the signal means yes or no as an answer to the original question posed, proceeds simply by presenting the following statement to their unconscious (again using internal dialogue),

 

If the signaljust offered means yes, please repeat it.


The subsequent use of framing (explaining the need for a no signal ina frame and then requesting one) will yield the negativein voluntary counterpart.

Now comes the critical step. Requesting that the unconscious remain inactive, the client is instructed by the practitioner to reproduce each of the signals, yes and no, consciously - that is, without entering into an altered state, If the client proves incapable of consciously reproducing the signals offered by the unconscious − that is, the signal(s) is involuntary, then step 2 is accomplished. If the client succeeds in reproducing one or the other of the two signals − the signal is voluntary and the client isinstructed through the use of framing to request of the unconscious alternative signal(s) which are then subjected to the voluntary/involuntary test, untilin voluntary signals are achieved.


This, then, is an example of a much more general procedure diagrammatically presented below:


This process literally positions the unconscious in an appropriate way - one of the essential corrections to the classic code formats mentioned previously. Hopefully it also suggests to the trained NLP practitioner an entire generative class of formats to directly involve the unconsciousin the change process. The procedure carries a number of advantages. One obvious one is that the unconscious is superior in its competency for accessing the long term and global effects of some particular change with respect to consequences. Consciousness with its limitation of 7
±2 chunks of information is ill-equipped to make such evaluations.

 

One less obvious advantage is to compare any pattern with this procedure (in whatever variant) with direct hypnosis. Hypnosis,especially in its deeper forms, typically implies a severe disassociation between conscious and unconscious. Indeed, one of the indicators that hypnosis is the treatment of choice is when the agent of change is presented with a client who isso filled with conscious requirements for understanding; has beliefs about theim possibility of change... that the agent of change determines these behaviors will greatly impede the client's ability to make changes. Thus, through hypnotic techniques that by pass the client's conscious mind entirely and therefore the obstacles that clients' conscious activities represent, a skillful hypnotist can stimulate the client's unconscious to make rapid and deep change in spite of such conscious patterns.

 

Please note, however, one of the ethical commitments of well-trained NLP practitioners is a sort of mental gymnastic whereby the practitioner makes note of any disassociations she induces in her clients andensures in the dean up phase at the end of the session that all such disassociations are reversed - that is, some corresponding association technique is required to re-integrate the portions of the client disassociated as part of the change process. Clearly hypnosis itself is disassociative inthis sense, as consciousness typically plays no part in its application. Thusthe hypnotist must accept the responsibility of making arrangements for are integration of consciousness and unconsciousness as part of the clean upafter a piece of work.


In steps 2 through 6 of the reframing pattern, all of which involved the use of this involuntary signal system, the client will be alternating between a “normal” state of consciousness (communicating with the practitioner) and an altered state of consciousness (usually a light to medium trance state).

 

Thus, we regard this class of procedures (the shifting altered state of the client during steps 2−6) as congruent with the position that Erickson held at the end of his career. When asked the following question,


 How deep analtered state should a hypnotist strive for with his clients?

 

Erickson replied,

 

Only as deep asnecessary to achieve the therapeutic goals desired

 

In fact as we will explicate subsequently, the inclusion of some form of this involuntary signal system allows the conversionof any of the classic code patterning into new code in the sense of significantly correcting the flaws created by Grinder and Bandler in their original work together.

('Whispering in the Wind' p.216-219) 


Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

Six Step Reframing(3) An analysis of Six Step Reframing1

Grinder














クラシックコードと6ステップリフレーミングの比較


これらの(クラシックコードの)欠陥を6ステップリフレーミングの構造と比較することは有益です。読者のメンタルマップが筆者のメンタルマップと一致していることを確認するために、6ステップリフレーミングの分析を提供します。

 

 6ステップ・リフレーミング

  1. 変化すべき行動を明確にする

  2. 信頼できる不随意のシグナル体系を無意識と確立する

  3. 変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認する

  4. 元の行動と同様にまたはそれ以上に肯定的意図を満たすことのできる代替手段のセットを生成する

  5. 実行のための責任を無意識に受け入れてもらう

  6. エコロジーチェック


ステップ1では、単に、クライアントが、このパターン化の残りの部分(2以降のステップ)を適用するのに十分に具体的な行動を特定したことを確認します。望ましい状態に関する情報は引き出さないことに注意して下さい。


次のページに続く

6ステップリフレーミング(4)「6ステップリフレーミングの分析」2


 
A Comparison between the Classic Code and Six Step Reframing


It is instructive to compare these flaws with the structure of Six Step Reframing. To ensure that the reader's mental map isaligned with those of the authors, we offer an analysis of Six Step Reframing.

 
 Six Step Reframing 

 
 1. identify the behavior(s) to be changed

2. establish areliable involuntary signal system with the unconscious 

3. confirm that there is a positive intention(s) behind the behavior(s) to be changed

4. generate a set of alternatives as good or better than the 1 identify the behavior(s) to bechanged unconscious behavior(s) to be changed original behavior(s) in satisfying the positive intention(s)

5. get the unconscious to accept responsibility for implementation

6. ecological check 


Step 1 is simply to verify that the client has identified some behavior that is concrete enough to apply the remainder of the patterning to. Note that no information about the desired state is elicited.


('Whispering in the Wind' p.215-216)

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

Six Step Reframing(2) The Breakthrough Pattern2

聖ポール精神病院
St. Paul's Psychiatric Hospital

病院






その取引の意識側の約束を守って、私は仕事の後、直ちにホテルに戻り、ブランデーを2杯飲んだ後、ベッドに倒れ込んで熟睡しました。朝、目覚めると、私は、13時間の眠りの間にすっかり汗をかいて、気分がとても良いと感じました。朝食の間、私は、その日にすべき課題、すなわち、前日の患者とのワークで私が使ったパターンを説明することについて考えました。この時、私は、前日行ったことに意識的なアクセスが全く無いことに気付きました。


従って、私は、研修施設に早めに到着して、以下のような質問をしながら、参加者と、情報を引き出す非公式のセッションをすることにしました。

 
 「あなたが最も興味深いと感じたのはどのデモンストレーションですか?」

 
 「その特定のデモンストレーションの何が心を打ちましたか?」

 
 「具体的に私と患者のどのやり取りを最も興味深く感じましたか?」

 
 「具体的にどのように、それらが興味深いと感じましたか?」


これらの種類の情報を、トレーニングルームの後方で、少し自暴自棄になりながら、早めに到着した参加者に求めていたとき、私は、部屋の前方、より具体的にはそこにある黒板に、私の目が何度も向けられることに気付きました。最後に、自分の無意識が強く引き寄せられる馴染みのある感じを覚え、「失礼」と言ってトレーニングルームの前方まで進み、黒板の前に立ったところ、そこには、自分自身の手書きで次のように書かれていました。

 

 リフレーミング


  1. 変化すべき行動を明確にする
  2. 信頼できる不随意のシグナル体系を無意識と確立する
  3. 変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認する
  4. 元の行動と同様にまたはそれ以上に肯定的意図を満たすことのできる代替手段のセットを生成する
  5. 実行のための責任を無意識に受け入れてもらう
  6. エコロジーチェック


私は、このパターンの前に立って、私の無意識の直接的産物であるその単純さに驚きました。このパターンは、ゆくゆくはニューコードとクラシックコードのパターンを区別することになると思われる相違を正確に含んだものでした。このエレガントなパターンは、バンドラーと私による長年のワークの産物で、また、ベイトソンとエリクソンの影響の輝かしい統合を表していたということには、今もそのときも疑いがありません。 何というギフトであったことでしょう!


参加者とのさらに進んだ会話から、彼らの何人かは、私が前日に扱った各統合失調症患者とのセッションのあるポイントで、パターンにある項目の一部または全てを(異なる形式で)行ったことに、非常に興味深く気付いていたことが判明しました。これは、前回の4日間のトレーニングでは、参加者の誰も気付かなかったパターンで、極めて効果的なものでした。その日の終わりに、一人の参加者が、私の使っていたパターンを説明するように求めました。私は、私の目の前の黒板にあるパターンがそれですと答えました。


今日まで、長年に渡り、たくさんの個人的な経験と何千人ものクライアントとの経験を持っていて、適切なフレーミングと文脈(コンテキスト)が設定され、指揮権が無意識に明け渡されれば、無意識は非常に複雑でクリエイティブなことを行う能力があるということが何度も証明されてきましたが、私は依然として、結果についてはパワフルで、形式についてはエレガントで、適用については普遍的な、個人的な変化のための完全なパターンの提示となったこの経験に、畏敬の念を感じています。


次のページに続く

6ステップリフレーミング(3)「6ステップリフレーミングの分析」1
 

Keeping the conscious part of the bargain, I went immediately after the day’s work to the hotel, popped acouple shots of brandy, collapsed into bed and sweet oblivion. I awoke in themorning feeling superb after thirteen hours of sleep and a good sweat out. Duringbreakfast, I thought through the task before me for the day – namely, explicating the patterns I had used as part of the previous day's work with the chronics. It was at that moment that I realized that I had absolutely noconscious access to what I had done.


I resolved therefore to arrive at the training facility early and to conduct an informal elicitation session with the participants, using questions such as,


 Which of the demonstrations did you find most interesting?


 And what struck you about that particular demonstration?


 Which specific interactions between myself and the patient did you experience as most intriguing?


 You found them intriguing, how specifically?

 …


While seeking these classes of information from the early arriving participants with casual desperation in the back of the trainingroom, I noted my eyes wandering repeatedly to the front of the room and more specifically to the blackboard located there. Finally recognizing the familiartug of my unconscious, I excused myself and walked the front of the trainingroom only to find myself standing in front of the blackboard on which thefollowing was written in my own hand: 

 REFRAMING

 

   1. identify the behavior(s) to be changed


   2. establish areliable involuntary signal system with the unconscious


3. confirmthat there is a positive intention(s) behind the behavior(s) to be changed

4.generate a set of alternatives as good or better than the original behavior(s) in satisfying the positive intention(s)


5. get the unconscious to accept responsibility for implementation


6.ecological check 

 

I stood before this pattern stunned by its simplicity − a direct production of my unconscious − a pattern that contains precisely the differences that would come eventually to distinguish patterns of the new codefrom patterns of the classic code. There is no doubt, nor was there any at thetime, that this elegant pattern was the product of years of work by both Bandler and myself and represented a dazzling integration of the influences of Bateson and Erickson. Yet what a gift!


Further conversations with participants revealed that some of them had noted with great interest that at some point in the sessions with each of the schizophrenics I had treated the preceding day, had run someor all of the points listed in the pattern (in varying forms). This was apattern that none of them recognized from the previous four days training that I had conducted and one that had been effective in the extreme. At the close ofthe day, one of them had asked me to explicate the pattern I had been using. My response was the pattern that now appeared before me on the blackboard.


To this day, and with many experiences both personally and with thousands of clients over the years which repeatedly have demonstrated that the unconscious is capable of enormously complex and creative acts when the proper framing and context have been established and the lead is releasedto the unconscious, I remain awestruck by this experience – the presentation ofa complete pattern for individual change, powerful in its consequences, elegantin its form and universal in its application.


('Whispering in the Wind' p.210-211) 

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

Six Step Reframing(1) The Breakthrough Pattern1

Grinder














ブレークスルーのパターン 

私(ジョン・グリンダー)が、ヨーロッパから飛行機でシアトル・タコマ空港に到着したのは木曜日の夕方遅くでした。海外に出張する仕事は大変で、ヨーロッパからアメリカ西海岸への一時帰国の際には健康管理が必要でしたが、私はこれからの3日間を楽しみにしていました。


シアトル・タコマ国際空港
Seattle-Tacoma International Airport
シアトル・タコマ空港






数ヶ月前、私は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーにある聖ポール精神病院の専門職のスタッフに、4日間のセミナーを開講しました。トレーニングは、この精神病院の精神科医、精神科の看護師、そしてその他の補助職員のために、精密なパターンと戦略を提供するように、明確にデザインされていました。この最初のトレーニングは快く受け入れられ、参加者は、それから数ヶ月間、彼らの仕事の中に提示されたパターンを組み入れることに同意しました。私は、病棟の慢性の統合失調症患者に対してワークを行う1日間のデモンストレーションと、2日間のトレーニングを行うために帰国をしました。2日間のトレーニングでは、デモンストレーションの際に私が行ったことを説明し、過去数か月間の彼らの直接的体験について整理するのを援助することになっていました。

私は、空港で車を借りた後、バンクーバーまで運転をして、ホテルにチェックインしました。その時、私は体の不調を感じたので、翌日にフレッシュな形で仕事ができるように、一晩熟睡することにしました。翌朝、目覚めると、体に異常が起こっていることに気づきました。40度くらいの熱があり、軽くうっ血していました。私は、それは肺炎を起こしかかっている症状だと気が付きました。私は状況をすばやく評価して、最も効果的な方法は私の無意識に任せることだと決めました。


私は次のように提案しました。「OK、私はあなたの支援が必要です。これから取引をしましょう。私は、自分の行動をあなたに委ねます。私のお願いは、デモンストレーションをする際、病院の専門職員と患者さんが最も恩恵を得る形で、私たちが最高レベルのクオリティのパフォーマンスを行うこと保証してくれることです。その代わり、私は、仕事が終わり次第、直ちにホテルに戻り、ブランデーを2杯飲んだ後、ベッドに入って熱を冷ますことを約束します。」


その日は、意識のない日がいつもそうであるように、あっという間に過ぎました。その日に、私は5人の別々の統合失調患者とワークを行い、少なくとも参加者の意見では、ハイクオリティの結果を生み出していたことを、後に参加者との会話を通して知りました。実を言うと、私は現在まで、その日に起こったことについては、当日2度ほど(休憩時間とお昼休みに)小休止して自分の周囲に関していくらかの意識を回復したとき以外は、何についても意識的な記憶がありません。私は、無意識に、うまくいっているかどうかを尋ねました。返答は即座でした:

 
 「黙っていてください!私がこれを処理しています。」


次のページに続く:

6ステップリフレーミング(2)「ブレークスルーのパターン」2


The Breakthrough Pattern


The historical narrative continues:  


It was late on a Thursday afternoon when I (John Grinder) arrived from Europe by plane at Sea Tac (Seattle Tacoma airport). Although the work trip had been strenuous and the temporal displacement from Europe to the west coast of the US required careful management, I was looking forward to the next three days. 


Several months before, I had presented a four-dayseminar to the professional staff of St. Paul's Psychiatric Hospital in Vancouver, British Columbia. The training had been explicitly designed to offerprecise patterns and strategies to the psychiatrists, psychiatric nurses andancillary staff of this psychiatric Institute. The initial training had been well received and the agreement was that the participants would spend the intervening several months integrating the patterns presented into their work. I was to return to offer one day of demonstrations, working with chronic schizophrenics from the back wards, followed by two days of training − both to explain what I had done during the demonstrations and to assist the staff incleaning up their own direct experiences of the last couple of months. 

After renting a car at SeaTac, I drove to Vancouver and checked into the hotel. I sensed an imbalance and resolved to get a fullnight's sleep to begin work freshly the following day. When I awoke the following morning, I knew I was in trouble. I was running a fever of 104F and although only mildly congested, I recognized the symptoms of walking pneumonia.I rapidly assessed the situation and decided the most effective way through wasto make a deal with my unconscious.

OK, I proposed, I need your help − here's the deal. Iwill put my behavior entirely in your hands. My request is that you ensure that we perform at the highest level of quality possible in the demonstrations, assurely these professionals as well as their clients deserve the best we can offer. In return, I promise as soon as the workday is finished, I will go directly to the hotel, down a couple of shots of brandy, fall into bed and sweat this feverout.


The day went quickly
as all days without consciousness do. I learned later through conversations with the participants that I workedwith five different schizophrenics during the day and, at least in the opinions of the participants, with high quality results. I must confess that to this very day, I have no access consciously to any of the events of that daywith the exception of pausing twice during the day (a coffee break and the noonmeal) when I managed to achieve some consciousness of my surroundings. Ichecked with my unconscious asking how we were doing. The response was immediate:


 Hush up! I'mhandling this. 


'Whispering inthe Wind' p.209-210

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/15

メタモデルとは何か

メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。


The meta model can, for example, be usefully understood to be an application of the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar. 

('Whispering in the Wind' p.51)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/10

ワーキングメモリと意識の限界

さらに、これらのパターンは、例えば、そのような変化は不可能であるというクライアントによって宣言された意識的信念があったとしても、適切に体系化され強要されたとき、無意識のプロセスは深い長期にわたる生態学的変化を生み出すだろうという共通の深い信頼を持っていました。意識の限界、すなわちワーキングメモリ(作業記憶)で利用可能な注目は7±2のチャンクであることは、意識が望ましいステート、適切なリソース、または特定の新しい行動を、どのような程度の能力でも上手く選択することができないということを理解可能にしています。しかし、この限界は、意識的処理にのみ適用され、無意識的処理には適用されません。したがって、貴方が予想するように、この違いを考えると、長期的な結果を評価し、次にその評価に基づいてそのような選択(望ましいステート、リソースまたは代替となる行動)をする無意識の能力は、意識的マインドの能力を大幅に上回ります。



Further, these patterns had in common a deep trustthat unconscious processes when properly organized and constrained would producedeep, long term ecological changes in spite of, for example, a client'sdeclared conscious beliefs that such changes were impossible.
Thelimitations of consciousness, the 7±2 chunks of attention available in workingmemory, makes understandable the inability of the consciousness to successfullyselect desired states, appropriate resources or specific new behaviors with anydegree of competency. This limitation applies, however, only to consciousprocessing and not to unconscious processing. Thus, as you would expect, giventhis difference, the ability of the unconscious to assess the longer-termconsequences and then, based on this assessment to make such selections(desired state, resource or replacement behavior) greatly exceeds that of theconscious mind.

('Whispering in the Wind' p.236)

John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

パフォーマンスを最適化するには

この世界におけるパフォーマンスはステートの作用です。−したがって、世界におけるパフォーマンスを最適化するには、無意識レベルで既に利用可能な膨大なリソースにアクセスできるステートを選択してください。そのようなステートを活性化するための最も効果的で直接的な方法は、あなた自身の生理機能を操作することです。生理機能を操作するための最も有効な方法の一つは、呼吸パターンを調節することです。

Performance in the world is a function of state; therefore, to optimize performance in the world, selecta state that gives you access to the enormous resources already available atthe unconscious level. The most effective and straight forward way to activate sucha state is through a manipulation of your own physiology. One of the most efficacious means for manipulating your own physiology is through the modulation of your breathing pattern.

by John Grinder

Grinder
















NLP
創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク







記事更新日:2020/07/27

個人的な儀式を開発すること

世界クラスのアスリート、俳優、女優、交渉担当者、音楽家など、その成功がプレッシャー下での一貫したハイクオリティのパフォーマンスにかかっている人は誰でも、儀式を開発するということに注目して下さい。これらの儀式は、彼らが自発的に高いパフォーマンス状態に入るかそれを維持することを可能にするために、これらの高いパフォーマンスの個人によってデザインされています。私たちの全員が、直感的にこれを達成しようと試みています。セールスの電話のために気持ちを高揚させたり、重要な会議のためにリハーサルをしたり、予想される挑戦のために「精神的に」準備をしたりします。そのお気に入りのブレスレットやネクタイ、または部屋に入る特別な方法−これらは全て、卓越性を持って特定のタスクを実行したりいくつかの課題に対処したりするために、私たちの中にある好ましいステートに再アクセスするための個人的な動的アンカーです。このように、私たちは、自分自身と私たちの周りの人々が、高いパフォーマンスの高く評価されたステートに再アクセスするための自然発生的な象徴的アンカーの自発的利用として儀式を使用しているのを容易に観察することができます。

ダンス










Thirdly, observe that world class athletes, actors, actresses, negotiators, musicians... indeed anyone whose success depends on consistent high quality performance under pressure, develop rituals. These rituals are designed by these high performing individuals to allow them to voluntarily enter into or maintain high performance states. All of us intuitively attempt to accomplish this
getting pumped for a sales call, rehearsing for an important meeting, preparing "mentally" for an anticipated challenge... That favorite bracelet or tie or that special way of entering a room - all are personal dynamic anchors for re-accessing some favored state within us for  performing some particular task or responding to some challenge with excellence. Thus, we can readily observe in ourselves and in those around us the use of rituals as a spontaneous utilization of naturally occurring iconic anchors tore-access highly valued states of high performance.

('Whispering in the Wind p.234-235)

John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/19

三重描写

クラシックコードとニューコードの違いの1つは、適切に構成されフレーム化された場合に、無意識の処理の能力と知恵を積極的に利用することです。私たちは、三重記述の適用とその結果に関して、無意識の機能の特性を正確に利用します。ニューコードのフォーマットの中で、三重記述は、その適用において、無意識の処理に頼ることへのシフトと、知覚フィルターをシフトするための明示的なフォーマットを形成する方法の1つです。三重記述は、基本的に認識論的フォーマットです。

 

三重記述は、もともとベイトソンの二重記述(例えば235ページの「精神生態学へのステップ」や「精神と自然」を参照)−ある特定の現象を複数の知覚ポジションから知覚することの必然性と付随する知恵に関する声明−の概念に触発されました。ベイトソンは、二重記述を達成するためのこの動きは、神経組織の最も基本的なレベル−例えば、私たち全員がその影響下にある無意識のサッカード眼球運動は、実際に、私たちは常に変化している2つの視点から見ているものを知覚していることを保証しています−から、さらに高いレベルの組織(現代の西欧と北米の政治システム内のチェックとバランスのシステム)にまで発生していると指摘しました。

 

三重記述にはまた、世界についての多重記述を(これらの記述のうちのどれが現実を表しているかという問題を解決するいかなる動きもなく)集める人物としてのカスタネダの戦士の定義も寄与しています。このようなポジションは、第1章で述べた認識論と完全に一致しています。問題は

 

 何が現実なのか?

 

ではなく、むしろ

 

 私たちを取り巻くものをどれだけ多くの方法で認識することが出来るか?

 

です。

 

三重記述自体は、3つの異なる価値の高い知覚ポジションに入ることのできる能力です。すなわち、


1)第1ポジション:その人自身の知覚ポジション。つまり、その人は自分自身の目を通して見て、自分自身の耳を通して聞き、自分自身の体と接触しています。その人は完全にそこに存在しています。

2)第2ポジション:対象のコンテキストに関与している他の人(人々)の知覚ポジション。他の人の目(及び他の人の知覚ポジション)を通してコンテキスト(そのコンテキストにおける役者としての貴方自身を含む)を見て、他の人の耳を通してコンテキストを聞き、対象のコンテキストで他の人が体感覚的に経験していることを感じます。


3)第3ポジション:この特権的な外側の知覚ポジションから、役者の一人としての貴方自身の表現を含む対象のコンテキストで起こっていることをはっきりと明確に見て聞くことができる知覚ポジション。この特権的なポジションは、メタポジション、ディレクタ−またはオブザーバーポジションなどと呼ばれることもあります。以下の例の後の第3ポジションについての拡張説明を参照ください。

 

TripleDescription

One of the differences between the classic code and the new code is the aggressive exploitation of the power and wisdom of unconscious processing−when properly organized and framed. We exploit precisely this property of unconscious functioning with respect to the application of Triple Description
and its consequences. Among the formats of the new code, Triple Description, in its application, is one of the ways in which a shift to reliance on unconscious processing and an explicit format for shifting perceptual filters takes form. Triple Description is fundamentally an epistemological format.

Triple Description was originally inspired by Bateson's notion of double description (see Steps to an Ecology of Mind as well as Mind and Nature, e.g. page 235) − a statement about the inevitability and the attendant wisdom of perceiving any particular phenomenon frommore than one perceptual position. Bateson pointed out that this movement toward achieving a double description occurred from the most fundamental levels of neurological organization – for example, the unconscious saccadic eye movements that we are all subject to that guarantee that we are, in fact, perceiving what we see from two constantly shifting perspectives−to even higher levels of organization (the system of checks and balances within modern western European and North American political systems). 

Triple Description also owes much toCastaneda's definition of a warrior as a person who collects multiple descriptions of the world (without any movement to resolve the question of which of these descriptions represents reality). Such a position is fully congruent with the epistemology developed in Chapter 1. The question is NOT

What is real?

But, rather

How many ways can we appreciate what surrounds us?

Triple Description itself is the ability to enter into three distinct and highly valued perceptual positions: namely,

1) 1st position: the perceptual position of the person himself – that is, he is seeing through his own eyes, hearing through his own ears and in contact with his body. The person is fully present.

2) 2nd position: the perceptual position of the other person(s)

involved in the context under consideration, seeing the context (including youyourself as an actor in that context) through the eyes (and perceptual positionof the other person(s); hearing the context through the ears of the otherperson(s); and feeling what the other person(s) is experiencing kinestheticallyin the context under consideration. 
    

3) 3rd position: a perceptual position fromwhich you are able to see and hear clearly and cleanly that which is occurring in the context under consideration including a representation of yourself as one of the actors, from this privileged outside perceptual positions, director or observer position. See expanded expanation of 3rd position after the example below.

The example that 

follows is a story that enfolds from each of the three perceptual positions enumerated above. The narrative describes a specific situation involving a person (Angela) who planted a garden and the person (Geraldo) whowas hired to maintain that garden. The dialogue moves from 1st position (I - Angela), to 2nd position (he−Geraldo - other person involved in the context), and, finally into Angela's 3rd position (meta, observer, director or consultant position). Please note that in this specific example that after entering 2nd position and 3rd positions, Angela always re-enters 1st position (I - Angela). This repetitive re-entry into 1st after entering each of the other positions is highly effective and represents one of the sets of variations about how to operationalize Triple Description. The intention for offering the following detailed example is to provide the reader with an explicit application format for using triple description on an individual basis.
('Whispering in the Wind' p.248-250)

John&Carmen


















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31






NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/16

多重知覚ポジション

次に、ニューコードで明示的な形式(form)を示す2番目のパターンに注目します。このパターンは多重知覚ポジションと呼ばれます。ニューコードの創造の中で、多重知覚ポジションを占める能力を与えるパターン化(フォーマット)が示されています。この能力が、認識論的に何を表すのか、そしてそれがどのように選択におけるレバレッジポイントを提供するのかについて理解することが重要です。

風の中のささやき
の冒頭や、この本のいたるところで展開されている認識論において、私たちは、私たちが通常世界と呼んでいるものは、根本的に変形された表出のセット(FA)であると指摘してきました。それへのアクセスを得る前に、受容体からの情報の流れは、人間の神経系を定義する神経学的変形によって変更されています。私たちは、コージフスキーは保守的過ぎるという挑発的な発言をすることでこの点を捉えました。地図は領土でないだけでなく、彼の言う領土でさえ領土ではありません。私たちは、ファーストアクセスの後で、本質的に言語的(又は言語マッピングの派生)である2番目の変形セットを通常適用するということを主張し続けました。


私たちは今、一人ひとりに個人として固有で特有である自分の経験における更なるフィルタリングまたは変形を認識することを求めています。ここでは、私たちは、個人の歴史(personal history)と呼ばれるものの累積的影響について指摘しています。


それでは、この文脈で、個人の歴史という用語をどのように理解すればよいでしょうか。明らかなことは、全ての自然言語がFAに適用できる変形の豊富なセットを提供しているということです。しかし、私たちが母国語の基礎を習得する時点では、これらの事実を理解していません。実際に起こっていることは、この時点で私たちの生活の中で主要な影響力のある人物−通常は親と原家族のメンバー−の言語能力(またはその欠如)を直感的にモデリングしているということです。これは、母国語によって提供される変形の完全なセットのうち、無意識のうちに小さなサブセット−より具体的には、それらのモデルのサブセット−を採用していることと同じです。このことは、私たちが(多大な個人的な訓練とサポートツールなしには)母国語が提供する選択肢の完全な配列を習得することはめったにないことを意味しています。この状況は、私たち一人ひとりが無意識的に主要なリプレゼンテーショナルシステムを発達させる結果となる無意識モデリングに類似しています。


この言語能力の初期の無意識モデリングは、メタモデルが選択肢を作成するためにどのように機能するかについても説明しています。なぜなら、これは、個人、クライアント、またはユーザーの言語能力のセットに挑戦して拡張するための明示的な方法であるためです。私たちの言語的変形の個人的で限定されたサブセットを、長年にわたって無意識に体系的に自分の経験(FA)に適用することの累積的影響は、私たちがメンタルマップ、または世界についてのモデルと呼んでいるものです。次に、フィードフォーワードのプロセスを経て、これらのメンタルマップは、自分の経験に対する追加のフィルターのセットになります。したがって、私たちの個人的な歴史は、たまたま発展させた言語能力のセットを使用して生涯にわたって行ってきた一般化であるメンタルマップによって、最もよく表現されています。

 

NLPの多くの生徒は、特にパターン化を効果的に使用するための最初の熱意において、認識論的に奇妙な(そして不可能な)目標に飛びつきます。彼らが達成しようと取り掛かるタスクは、自分自身から全ての知覚フィルターをなくすことであり、彼らはしばしば、それによって歪曲のない世界を認識できるようになるだろうと言います。そのような甘い考えのプロジェクトは、確実に矛盾しています。私たちの種(人間)のメンバーであることの意味の重要な部分はf1 変形として識別したフィルターのセットによって正確に定義されています。実際に自分自身からそのようなフィルター取り去ることが何を意味するのかを知ることは困難です。


私たちの周りの世界の全てのフィルタリングから解放されることは不可能ですが、特定のf変形の結果である歪曲を操作することは可能です。すなわち、私たちが子供として(マッピング機能として使用可能な言語パターンの配列から)通常は原家族の限定的なサブセットを選択したという点にもう一度注意を向けます。その無意識の選択の生涯にわたる累積的影響は、私たちのメンタルマップを発達させます。f変形に注意を向けると、理路整然とした可能性が現れます。すなわち、意図的にシフトする優れたフィルターとなるよう自分自身を訓練することができるのです。実際、純粋に別の知覚ポジションに入ることは、知覚フィルターをシフトすることと同義です。

個人が知覚フィルターをシフトする技術を習得するために意図的に訓練するとき、その人は選択肢の世界を拡大します。以前は使用できなかった一連の選択肢を体系的に提供するプロセスが備わると、古い文脈で新しい行動を生み出す能力が自ずと現れます。世界についての複数の記述を作成すること、したがってより多くの選択肢を持つことの自然な結果は、与えられたいかなる文脈においても具体的にどのように行動するかについての柔軟性が高まることです。

より多くの選択肢を作成する最も単純な方法−柔軟性のレバレッジポイント−として、次のことを特定できます。

1. 注意をシフトさせること。より具体的には、注意を払う経験の世界の新しい部分を意図的に選択し、どのように具体的にそれらに注意を払うか。

2. いくつかの特定可能なグループの特性と知覚を採用すること。読者にこれを味わってもらう例として、よく熟成したチーズの塊が、次の観点からどう表出されるかを想像してみてください。

 a.
ネズミ
 b.

 c.
飢えた学生
 d.
乳糖不耐症患者
 e.
マーケティング会社重役
 f.
弁護士
 g.
会計士

3. 三重記述によって特定された3つの特権的知覚ポジションの一つから別のポジションに、体系的に知覚ポジションをシフトすること。上記の2.は、一般化された第2ポジションに分類されることに注意してください。

4. 使用可能な言語能力を明示的に操作することにより、多重記述の技術を訓練して開発し展開すること。特に、読者が、記述、解釈、評価のプロセスによってもたらされた差異を使用することをお勧めします。私たちが(ポジションを)占めることを学ぶことが出来る潜在的に無限にある知覚ポジションのセットの中に、上記の3.としてリストされている三重記述と呼ばれる特権的なセットがあることに注意してください。



Multiple Perceptual Positions

We turn our attention, then, to a second pattern that finds explicit form in the new code – the pattern called multiple perceptual positions. In the creation of the new code, the patterning (formats) that confers the ability to occupy multiple perceptual positions is made explicit. It is important to appreciate what this ability represents epistemologically and how it provides leverage points for choice.  

In the epistemology developed at the beginning of Whispering and in other places throughout the book, we have made the point that what we normally refer to as the world is a fundamentally transformed set of representations (FA). Prior to our gaining access to it, the data streaming in from our receptors has been modified by the neurological transforms that define the human nervous system. We captured this point by making the provocative statement that Korzybski was too conservative: not only is the map not territory, but his territory isn't even the territory. We went on to argue that after First Access, we typically apply a second set of transforms that are linguistic in nature (or derivative of linguistic mappings).

We are now asking you to recognize a further filtering or transformation of our experience, unique and specific to each of us as individuals – here we are pointing to the cumulative effects of what we call our personal history.

How, then, are we to understand the term personal history in this context? What is clear is that every natural language offers a rich set of transforms that can be applied to FA. However, at the point when we master the fundamentals of our native tongue, we have no appreciation of any of these facts. What in fact happens is that we intuitively model the linguistic competencies (or lackthereof) of the major influential figures in our life at this point−usually our parents and members of our family of origin. This is equivalent to saying that out of the full set of transforms offered by our native language, we unconsciously adopt a smaller subset – more specifically, those of our models. This implies that we rarely (without great personal discipline and supporting tools) come to a mastery of the full array of choices offered by our native tongue. The situation here is analogous to the unconscious modeling that results in each of us developing an unconsciously preferred representational system.

This early unconscious modeling of linguistic competencies also explains how the meta model functions to create choice - as it is an explicit method for challenging and expanding the set of linguistic competencies of the individual, client or user. The cumulative effect of unconsciously and systematically applying our personal limited subset of linguistic transforms to our experience (FA) over years is what we call our mental maps or models of the world. In turn through the process of feed-forward, these mental maps become an additional set of filters on our experience. Thus, our personal history is best represented by the mental maps that are the generalizations that we have made over our lifetime, using whatever set of linguistic competencies we happen to have developed.

Many students of NLP, especially in their initial enthusiasm for the effective use of the patterning, seize upon an epistemologically peculiar (and impossible) goal. The task they set about to accomplish is to free temselves from all perceptual filters, often stating that thereby they will appreciate the world without distortion. Such a naive project is surely incoherent. A significant part of what it means to be a member of our speciesis precisely defined by the set of filters that we identified as the f1 transforms. It is difficult to know what it might mean to actually free one's self of such filters.

Although, it is not possible to free one's self from all filtering of the world around us, it is possible to manipulate the distortions resulting from specific f2 transforms. We direct your attention once again towards our previous point, namely, that we as children selected (from the array of linquistic patterns available to us as mapping functions) a limited subset normally those of ourfamily of origin. The cumulative effects over a lifetime of that unconscious selection lead to the development of our mental maps. Focusing our attention on the f2 transforms, a coherent possibility presents itself; namely, that one can train oneself to be excellent at deliberately shifting filters – indeed, to genuinely enter into another perceptual position is synonymous with shifting perceptual filters.


When an individual deliberately trains himself to master the art of shifting perceptual filters, he expands his world of choice. Equipped with a process to systematically offer to himself an array of choices that were previously unavailable, the ability to generate new behaviors in old contexts manifests itself. A natural consequence of creating multiple descriptions of the world−hence more choice - is more flexibility about how specifically one may act in any given context.

Among the simplest methods to create more choice - a leverage point for flexibility - we can identify the following:

 

1. shifting attention – more specifically, deliberately selecting new portions of the world of experience to attend to as well as how specifically we attend to them.

2. adopting the characteristics and perceptions of some identifiable group. As an example to give the reader a taste of this, imagine what a well-aged hunk of cheese represents from the point of view of:

 a. a mouse

 b. a cow

 c. a starving student

 d. a lactose intolerant patient

 e. a marketing executive

 f. a lawyer

 g. an accountant

 ・・・

3. systematically shifting perceptual position from one to another of the three privileged perceptual positions specified by Triple Description. We would like to note here that number 2 above could be classified as a generalized 2nd.


4. developing and deploying with discipline the art of multiple description through the explicit manipulation of the linguistic competencies available. In particular, we are suggesting that the reader use the differences proposed by the processes of description, interpretation and evaluation.

Note that within the potentially limitless set of perceptual positions we can learn to occupy, there is a privileged set that we call Triple Description, listed as number 3 above.
('Whispering in the Wind' p.246-248)

John&Carmen

















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31





NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/16

卓越性の連鎖とカリブレーション

カリブレーションの背後にあるメカニズムの単純な説明でないとすれば、卓越性の連鎖とは何なのでしょうか?卓越性の連鎖は、卓越性を備えたパフォーマンスを行う能力には行って印の関連するステートがあり、そのようなステートのそれぞれが特定の生理機能と関連している、ということを提案しています。実際に、パフォーマンス/行動と、それ自身に関連する生理機能を伴った内在するステートとのつながりは、私たちがどのように非言語的コミュニケーションを行うかについての基本的な観察であり、それによってカリブレーションが可能になることを示しています。

私たちは、声の調子、姿勢、呼吸パターンによって、またそれどころか、彼または彼女が無意識的に私たちに提示し、私たちが無意識的に検出して反応する「ゲシュタルト(形態)(訳注:全体性を持ったまとまりのある構造)」や全体的な生理学的パターンによって、私たちの配偶者や親しい友人が、食事をしたり劇場に行ったりというオファーを積極的に検討する気分ではないということを「知って」います。実際に、私たちが正確にカリブレートしていて、自分自身の感情を幻覚(投影)していないのであれば、そのようなカリブレーションは私たちの周りの人々を上手く読み解くための基礎として役立ちます。卓越性の連鎖は、これらの一般的な観察結果を単に認識して積極的に利用することであり、カリブレーションの基本的なプロセスの意味を注意深く引き出すことです。


But what is the chain of excellence if not a simple explication of the mechanisms behind calibration? The chain of excellence proposes that our ability to perform with excellence has certain associated states and each such state has associated with it a specific physiology. This connection between performance/behavior and underlying states with their own associated physiologies is, in fact, the fundamental observation about how we communicate non-verbally and identifies that which makes calibration possible.

 We "know" that our spouse or close friend is not in a mood to consider positively an offer to dine or go to the theatre by the tone of voice, or posture, or breathing pattern or more likely, by the Gestalt or overall physiological pattern he or she presents to us unconsciously and which we typically detectand respond to unconsciously. If, in fact, we have calibrated accurately andare not presently hallucinating (projecting) our own emotions, suchcalibrations serve as the basis for successfully reading the people around us.The chain of excellence is simply the recognition and aggressive utilization ofthese commonplace observations: a careful drawing out of the implications ofthe fundamental process of calibration.
('Whispering in the Wind' p.235)


John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2020/07/13

歴史的モデル:クラシックとニューコード

歴史的に、モデリングの成果物は、パターン、フォーマット(形式)、及び戦略と色々と呼ばれます。この本では、クラシックコードとニューコードを区別します。これらの用語は、以下のように理解されます。

1.クラシックコード:1973年から1979年の共同研究期間に、(例えばパールス、サティア、エリクソンなどの)天才たちの最初のモデリングによってグリンダーとバンドラーがコード化し、NLPの分野を創造した一連のパターン。この共同研究の期間の典型的なパターンには2つのパターン化が混在していることに注意が必要です。すなわち、以下の通りです。

a.
上述の元となる人から直接モデルしたパターン

b.
彼らが発見し、変化のワークの分野における卓越性の研究のインスピレーションとなった元の天才たちのモデリングの結果として部分的にコード化された本質的な変数を操作することにより、グリンダーとバンドラーによってデザインされたパターン

この2つめのパターン化の起源は、ここで定義されている意味において、モデリングではなくデザイン−より具体的には、最初のモデリング研究で発見された変数の操作と、新しいパターン化の創造における本質的な設計変数の使用であることに注意してください。

2.ニューコード:(1984年から1986年の)共同研究期間にグリンダーとディロージャによってデザインされた最初の一連のパターンと、より最近の拡張と洗練。

グリンダーは、ニューコードの特性に合致した追加のパターンの拡張、洗練、デザインを1986年から続けています。1989年から、この研究で彼はカルメン・ボスティック・サンクレアと共同研究をしています。ボスティック・サンクレアとグリンダーはまた、大きな組織(企業、学会、ある場合は行政機関)の文脈における卓越性のパターン化のモデリングとデザインについて、この暫定期間に努力を重ねてきました。

したがって、クラシックとニューコードはモデルの例です。



Historical Models: Classic and New Code

 

Historically, the work products of modeling are variously referred to as patterns, formats, and strategies. In this book, we distinguish between the classic code of NLP and the new code of NLP. These terms are to be understood as follows:


1. Classic code:the set of patterns coded by Grinder and Bandler during the collaboration (1973 through 1979) that created the field of NLP modeling  through their initial modeling of geniuses (e.g. Perls, Satir, Erickson...). It is important to note that the patterns typical of this period of collaboration are a mixture of two types of patterning:

 

a. Pattern smodeled directly from the sources as mentioned above.


b. Patterns designed by Grinder and Bandler by manipulating the essential variables they had uncovered and partially coded as the result of the modelingof the original geniuses who served as the inspiration for the studies inexcellence in the field of change work.

 

Note that this second source for patterning is not modeling in the sense defined here but design more specifically, the manipulation of the variables discovered in the initial modeling studies and their use asessential design variables in the creation of new patterning.

 

2. New Code: theinitial set of patterns designed (1984- 1986) by Grinder and Delozier during their collaboration and its more recent extensions and refinements.

 

Grinder has continued since 1986 to extend, refine and design additional patterning consistent with the characteristics of the new code. Since 1989, he has been collaborating with Carmen Bostic St. Clair in this work. Bostic St. Clair and Grinder have also focused their efforts during this interim on the modeling and design of patterning of excellence in the context of large organizations (companies, institutes and in some cases governments).

 

Thus, the classic and new codes are examples of models.

'Whispering in the Wind' p.56

John&Carmen

 
















Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

モデルについて

より典型的には、NLPモデリングプロジェクトの産物は、単一のパターンというより、パターンの集合、すなわち、モデルです。モデルは、複製や理論といった他の関連概念とははっきりと区別されます。

モデルは、単にモデルです。すなわち、元になっている人の行動のある部分を描写し、複雑な一連の相互作用を、単純化(簡略化)された要素のセットにマッピングすることです。したがって、結果としての描写は、常に、元となっている人によって提供された複雑な行動を単純化した表現となります。この点が、複製とモデルの違いです。モデルは、元となっている人のパフォーマンスと、それを説明するとしている描写との間で、同形のマッピングを達成しようとするどんな試みも表してはいません。実のところ、パターン/モデルの価値は、関係者に、元になっている人自身が見せている複雑な行動のシンプルな描写を提供することにあります。パターン/モデルが比較的効率的な方法で学習でき、伝達できるという条件を満たすためには、この単純化は不可欠です。

読者は、単純化された表出還元主義(過度の単純化との違いについて注意しなければなりません。還元主義は、精査の元で、パターン化を、通常はより基本的または初歩的なレベルの描写として、一定の要素のセットの単純化する(多くの分野で見られる)動きです。例えば、生物学的現象のパターン化を、純粋に科学的・物理学的用語にマッピングする試みは、還元主義の例です。実のところ、これは、単純化された表出へのマッピングという過程を経ているとは言えない複製に過ぎません。

(註釈)還元主義:複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ、と想定する考え方。

単純化された表出は、必ずしも、一定の要素のセットあるいは一定の用語という意味を含んではいません。これは、単に、NLPのコード化の段階でモデルを行う人によってなされたマッピングは(それが成功裏に達成されたとき)、研究対象の個人またはグループの複雑なパフォーマンス(卓越性のパターン化の元となるもの)を、その元となる人のパフォーマンスのうち、そのモデリングが発生している文脈における元となる人の卓越した行動を再現するために学習者が学ぶ必要がない側面を単純に無視するモデリングにマッピングすることと認識されます。これは基本的に、パターン化の元となる個人または集団の偶発的な側面から本質的要素を選別することであり、明らかな意味で、単純化した表出です。

卓越性のモデリングから導き出されるパターンまたはモデルの集合は、複製だけでなく理論とも著しい対象をなしています。例えば、理論は、内的な整合性、明示性、洗練性(オッカムのかみそりで言う最小限の描写)、そして「現実」あるいは時に「真実」と表現されるものに即しているか等を含むいくつかの判定基準に従います。モデルは、より単純な創作物です。評価のための(少なくともこれまで受け入れられている)唯一の基準は以下の通りです。

「このパターン/モデルは機能するか? つまり、学習可能であり、それを学習すると、学習者は、それを抽出した元となる人と結果と質において同様の行動を見せるか?」

いくつかの共通の原則によって関連つけられたパターンの集合をモデルと呼びます。モデルは2つのクラスに識別できます。

1.共通の起源の原則−同じ元となっている人をモデルしたパターンのセット。例えば、バンドラーとグリンダーが、エリクソン医師によって採用された特定の戦略の観察、同化、試験によって発見しコード化したミルトンモデルと呼ばれるパターン。

2.共通の機能の原則−同じ機能を持つようにデザインされたパターンのセット。例えば、催眠パターンは、その人の意識的な参画なしに、それらを指図しているその人の無意識と直接コミュニケーションするという共通の目的を持っています。それらは、グリンダーとバンドラーがエリクソン医師についての拡張研究によってモデルしたパターン化だけではなく、他の催眠パターンの元となる人のモデリングによって発見された変数を用いてデザインしたパターンも含みます。

NLP
においてモデルという用語は、体形的に多義的に使用されます。つまり、上に示唆したように、パターンの集合(例えばミルトンモデル)を指すことも、あるいはパターン化のためのインスピレーションの元となる人(ミルトンモデルの場合、ミルトン・エリクソン医師その人)を指すことこできます。

(いくつかの原則によって関連づけられたパターンの集合という意味において) モデルは、純粋なことも「混成物」のこともあります。純粋なモデルでは、我々は、集合の全てのパターンが共通の起源(元となる人)を持っていることを意図します。一方、混成物の場合、起源(元となっている人)が単一でない、つまり、一つ以上のパターン化の起源を持っているパターンの集合に言及していることを意図します。混成モデルの一つの例がメタモデルです(その起源には、パールスとサティアの変形統語論の分野が含まれます)

これらのコメントをすべて集積すると、一連のパターンやモデルを作り出す結果となっているNLPの中核的な活動−NLPモデリング(NLP modeling)− があります。大まかにNLPの分野といわれているものの実際のい活動の大部分は、適用と訓練(application and trainingです。すなわち、モデリングプロジェクトの産物である一連のパターン(または同等のものでるモデル)を特定の分野の試み(例えば、矯正、またはパフォーマンス、ビジネスの実践、スポーツ、医療、芸術等の最適化の目的で行う変化のワーク)に適用し訓練することです。


Model


More typically than a single pattern, the work product of a NLP modeling project isa collection of patterns
that is, amodel. Models are to be sharply differentiated from two other associated notions, replicas and theories.


A model is simply that, a model
adescription of some portion of the source's behavior, a mapping from a complex set of interactions onto a reduced set of elements. Thus the resulting description is always a reduced representation of the complex behaviors offered by the source. This is the distinction between a replica and a model. A model does NOT represent any attempt at achieving an isomorphic mapping between thesource's performance and the description purporting to describe it. Indeed, thevalue of a pattern/model is to offer the interested party a simplified description of the complex behavior(s) the source himself or herself displays.This reduction is essential if the pattern/mode lis to meet the requirements of being learnable and transferable in a relatively efficient manner.


The readeris alerted to the distinction between a reduced representation and reductionism. Reductionism is a movement (found in many disciplines) to reduce the patterningunder scrutiny to a fixed set of elements, typically at what is considered amore fundamental or elementary level of description. For example, any attempt to map the patterning of biological phenomena onto a purely chemical andphysical vocabulary is an example of reductionism. Indeed, it is only replicas that may be said to not undergo a mapping onto a reduced representation.

 

A reduced representation doesnot necessarily imply a fixed set of elements or some fixed vocabulary. Itsimply recognizes that the mapping done by a modeler in NLP during the codingphase (when accomplished successfully) is a mapping from the complexperformance of the man, woman or group under study (the source of thepatterning of excellence) onto a model that simply ignores those aspects of theperformance of the source not required for the learner to reproduce the excellent behaviors of the original source in the context in which the modeling occurs. This is fundamentally a sorting of essential from accidental aspects ofthe person or group serving as a source of the patterning, and is, in theobvious sense, a reduced representation.

The collections of patterns or models that result from the modeling of excellence contrast not only with replicas but critically also with theories. Theoriesare, for example, subject to a number of criteria for their evaluation including internal consistency, explicitness, elegance (minimal description Occam’s Razor) and fitwith ”reality” oras it is sometimes expressed, ”truth” ...Models are simpler creatures; the solecriterion (at least thus far accepted) for their evaluationis, 

 

Does this pattern/model work – that is,isit learnable and upon learning it, does the learner display behavior similar in results and quality to the source from which it was extracted?

 

Collections of patterns associated by some common principle(s) will be called a model – we canidentify two such classes of models:


1. common source principle - a set of patterns all of which were modeled from the samesource. For example, the patterns discovered and coded by Bandler and Grinderfrom their observation, assimilation and testing of the specific strategies employed by Dr. Erickson and named the Milton model.

 

2. common function principle – a set of patterns all of which are designed to serve thesame function. For example, the hypnotic patterns that have in common the purpose of communicating directly with the unconscious of the person to whom they aredirected without the conscious participation of that person. These include notonly the patterning modeled by Grinder and Bandler in their extended study ofDr. Erickson, but patterns designed using the variables discovered in that modeling as well as other sources of hypnotic patterning.


The term model in NLP is used in a systematically ambiguous manner; it can refer either, assuggested above, to collection of patterns (e.g. the Milton model) or to thesource of inspiration for the patterning (in the case of the Milton Model, Dr.Milton H. Erickson himself).

 

Models (in the sense of a collection of patterns associated by some principle(s)) may be pure or hybrid; by pure model, we intend that all the patterns in thecollection have a common source (e.g. the Milton model) while by the term hybrid, we intend reference to a collection of patterns whose source is not unitary that is, that has morethan one source of patterning. An example of a hybrid model is the Meta model (whose sources include Perls, Satir and the field of transformational syntax).

 

Collecting all of the secomments, we have the core activity of NLP NLP modeling that results in the creation of a set of patterns or a model. The vast majority of the actual activity at present inwhat is loosely referred to as the field of NLP is application and training more specifically, application and training of the sets of patterns (or equivalently, models) that are the work product of modeling projects to specific areas of endeavor (change work. for example, either remedial or for the purposes of optimization of performance, business practice,sports, medicine, art...)
'Whispering in the Wind' p.54-56

John&Carmen
















Whispering In The Wind
John Grinder & Carmen Bostic
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

グレゴリー・ベイトソンの言葉

どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131より)

any aggregate of events orobjects (e.g. asequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shall be said to contain a "redundancy" or a “pattern" if the aggregate can bedivided in any way by a "slash mark" such that an observer perceiving only what is on one side of the slash mark can guess with better than random success, what is on the other side of the slash mark.... Or, again from the point of view of a cybernetic observer, the information available on oneside of the slash will restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing.
Gregory Bateson, Steps to an Ecologyof Mind, page 131

Gregory Batesib 1904-1980 ※写真右側

グレゴリー・ベイトソン












ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.52より
John&Carmen









 

 






Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

パターンについて(2)「パターンの提示」

前のページ:「パターンについて」の続き


【パターン化の提示】


1.パターンの記述:パターンの要素とその重要な順序づけ (すなわち、これらの要素が適用される順序−歴史的に、NLPでは、フォーマットにおいて実践者が最初にすべきこと、2番目にすべきこと・・・を定義するステップの形式をとってきた)についての感覚に基づく記述。

2.パターンを使用した結果:実践者がパターンを矛盾なく適用することによってどのような結果が予測されるかについての感覚に基づく記述。

3.選択基準:パターンの選択と適用が(モデルの作成者によって当時考えられていたように)適切である状況または文脈の識別−例えば、変化のワークの分野では、1次変化と2次変化に対するパターンの適切性を区別すること。この記述にはいかなる禁忌(パターンが明らかに選択または適用されない条件)も含まれなければならない。

パターン化の提示について上記の形式の提案をする私たちの意図は、モデルの作成者が、彼の業績と、さらなるパターン化によってそれを構築する能力と、それを適用するための明確な基準とを容易に評価できる方法で、彼らが発見したもの(パターン化)を報告することができる標準様式を作成することです。私たちが選択基準を含めていることは、NLPモデリングにおけるパターン化の報告のあまり開発されていない部分を開発し、改良し、促進するために明示的にデザインされているのです。



Presentation of Patterning

 

1. Descriptionof the pattern: asensory-grounded description of the elements in the pattern and their critical ordering (that is, the sequencein which those elements are to be appliedhistorically, in NLP, this hastaken the form of steps in a format which define what the practitioner is to do first, second...).

 

2. Consequences of the use of the pattern: a sensory-grounded description of what consequences the practitioner can anticipate through acongruent application of the pattern.

 

3. Selection criteria: the identification of the conditions or contexts in which thes election and application of this pattern is appropriate (as known at thetimeby the modeler)for example inthe field of change work, making the distinction between the pattern'sappropriatenessfor 1stand 2nd order changes. This description should includeany contraindications (conditions under which the pattern isexpressly NOT tobe selected and applied).

 

 

Our intention in proposing the above format, Presentation of Patterning, is to create a standard format whereby modelers can report their findings (patterning) in amanner that allows easy evaluation of their work, the ability to build on it with further patterning and a clear procedure for its application. Our inclusion of selection criteria is expressly designed to develop, refine and promote this less well-developed portion of reporting of patterning in NLP modeling. 

'Whispering in the Wind' p.53-54

 John&Carmen














Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

パターンについて(1)

【パターン】

NLP
モデリングの基幹となる単位は、モデリングプロセスの自然な成果物であるパターンです。パターンそれ自体は冗長性であり、グレゴリー・ベイトソンの著作によれば、以下の通りです。

「どのような出来事あるいは物(音素の連続体、絵画、カエル、あるいは文化等)の集合体も、その集合体が「スラッシュマーク(/)」で分割でき、そのマークの片側だけを知覚している観察者が、そのマークのもう方側にあるものを偶然の成功以上の確率で推測できるとき、その集合体の観点から言えば、スラッシュの片側で得られる情報は、間違った推測を制限する(すなわち、間違った推測の確率を減らす)ということになります。」
(グレゴリー・ベイトソン著「精神生態学」p.131


その結果、NLPモデリングプロジェクトの成果物は、常に(最小限に)パターンです。

一般的な例として、鳥たちが木に止まっている状態から飛び立つのを観察してみてください。彼らの一連の行動は、常に、飛び立つ前に止まっている木の表面を足で押し下げるという点を含んでいます。したがって、この鳥の活動を、止っている状態から始まって空中に飛び立った時点で終わるまで描写するとしたら、この鳥が止まり木を足で押し下げる時点の描写と、飛び立った時点の間にスラッシュマークを置くことができます。

NLP
の中で適用パターンがとることができる典型的な形態は、何が操作されるべきかを特定する変数と、それらの変数に対して実行すべき操作を指示する命令とを含む一連の(部分的または全体的に順序立った)声明(大部分が宣言的ではなく命令的な)です。適用の文脈の中では、しばしば「フォーマット」という用語が「パターン」の同義語として使われます。


実際の適用パターンをさらに深く分析すると、そのような適用パターンは、実際的には、クライアントと変化を導き出す人(ファシリテーター)のどちらかあるいは両方の注意をどこでどのように集中させるかということを示す一連の注意点であることが明らかになります。

この議論は、非常に具体的な研究の提案につながります。私たちは、NLPモデリングで提案され、文献や口頭発表のいずれかの分野で発表された全てのパターンが、次の3つの最小要件(またはそれと同等のもの)を満たすことを要請します。具体的には以下の通りです。

次のページ:「パターンの提示」に続く


Pattern

The key unit of analysis in NLP modeling is the pattern, the natural work product of a modeling process. A pattern itself is a redundancy or, borrowing from Gregory Bateson's work,


any aggregate of events or objects (e.g. a sequence of phonemes, a painting, or a frog or a culture) shall be said to containa "redundancy" or a “pattern" if the aggregate can be divided in any way by a "slash mark" such that an observer perceiving only what is on one side of the slash mark can guess with better than random success, what is on the other side of the slash mark.... Or, againfrom the point of viewof a cybernetic observer, the information available on one side of the slashwill restrain) i.e. reduce the probability of) wrong guessing. Gregory Bateson, Steps to an Ecology of Mind, page 131

The work product of a NLP modeling project thenis always (minimally) a pattern.

As a common example, observe birds moving from perching behavior to flight. Their sequence always includes a point in their behavior where they push down on the surface upon which they are perched prior to achieving flight. Thus, if we were to write out a description of the bird's activities beginning while the bird isperched and terminating when the bird airborne, we would be able toplace a slash mark between the portion of the description when the bird pushes down on its perch and its achieving flight. 

The typical form an application pattern takes in NLP is a sequence (partiallyortotally ordered) of statements (for the most part injunctive as opposed to declarative) containing variables that identify what is to be manipulated and instructions indicating which operations to perform on those variables. In the context of application, the term format is often used synonymously with pattern.

A deeper analysis of the actual application patterns reveals that such application patterns areactually a series of attention points that indicate where and howto fix either the client's attention, the agent of change's attention or both.

This discussion leads us to a very specific research proposal. We urge that all patterns proposed in NLP modeling and presented in the field either in the literature or through oral presentation, satisfy the following three minimal requirements (or their equivalents)
sptecifically:
('Whispering in the Wind' p.52-53)

John&Carmen
















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/14

NLPモデリングとNLPの適用の区別


もしも私たちがNLPという用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。

もしも私たちがNLPのモデリング(NLP modeling)とNLPの適用(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue − how shall we refer to NLP and its various activities.

If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

('Whispering in the Wind' p.51)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/27

NLPとは何か


グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。


Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...).

('Whispering in the Wind' p.50)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

NLPとは何か

ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。


In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.

('Whispering in the Wind' p.50)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

モデリング、アプリケーション(適用)、デザイン(型)


ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。

必要な区分は、物理学と工学、医学研究と臨床の実践、あるいは化学と薬理学の区別と同様です。例えば、物理学は、私たちの周りの物理的現象を支配するパターンについての研究です。何世紀にもわたるこれらの研究は、特定のパターン、原則、自然の法則等のコード化という結果を生み出しました。橋を設計するエンジニアは、彼の仕事を実行するために、このテストされ検証されたパターンの集合体(特に計算式)を引用するでしょう。彼は、特に橋がどのように建築されるべきかという仕事のために、物理学の原則を適用していると言うことができます。物理的現象の基本的パターンの研究である物理学は、橋の建設から宇宙船のデザインまで多くの例に適用することができます。このような例は、純粋でシンプルな物理学の適用です。

同様に、グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。顧客の会社の課題に取り組んでいるビジネスコンサルタントは、このパターンを引用するでしょう。彼女は、この課題をいかに具体的に解決するかということを決定するために、このテストされ検証されたパターンの集合体を適用していると言えます。人間のパフォーマンスの卓越性の基本的パターンの研究である NLP は、(例えばビジネスの実践という文脈においては)経営管理、戦略的企画、人事、人員採用、新製品の設計等に適用することができます。これらの例は、純粋でシンプルな NLP の適用です。

例えば、メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。

グリンダーとバンドラーによって行われた初期のモデリングにおける多数のパターンのコード化では、一連の変数があることに注意することが重要です。

コード化された各モデルに固有のそれらの変数(例えば、状態)は、卓越性のパターンが構成されている最初の語彙を構成します。そのような変数は、追加のパターンを作成しテストするための設計変数として機能することができます。これらの変数は、最初にバンドラーとグリンダーによって発見されたコード化されたパターンから大きく変化したものになるかも知れませんが、真に新しいパターン化とモデルを開発するために使用することが可能です。(Part兇 The New Code に取り上げられている) ニューコードは、純粋なデザインの優れた例であり、これらの変数の純粋な操作です。したがって、私たちはモデリングとデザインの区別を明らかにします。

実際に、私たちの限られた視点から言えば、NLPモデリング(NLP modeling)として知られている一般的な分野では、厳密に言えばそのようにラベル化されるべき活動はほとんどありません。実のところ、私たちがこの本を書く動機の一部は、私たちが現在提案している区別が認識されない限り、そしてより重要なことには、モデリングの活動が実際に、漠然と NLP と呼ばれるものの重要な活動にならない限り、このような力強いパターン化を作りだしたモデリングの技術が単に消え去ってしまうといことを心配しているからです。例えば、リプレゼンテーショナル・システムや多くの言語パターン化といった NLP のコード化されたパターンに遭遇することなく、アメリカや西欧で質の高いマネージメントセミナーに参加することはほとんど不可能です。したがって、モデリングにおける新たな活動や新しい卓越性のパターンのコード化が NLP の試金石にならない限り、最初にモデル化されコード化された卓越性のパターンは、腐った適用分野に簡単に組み込まれることになってしまいます。ひとたびこのような統合が完了してしまうと、NLP と呼ばれるものは正当化されなるなるでしょう。

したがって、私たちはこの本で、どのように NLP とその様々な活動に言及すれば良いのかという難しい言語上の問題に直面しています。もしも私たちが NLP という用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。もしも私たちが「NLPのモデリング」(NLP modeling)と「NLPの適用」(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは、使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

次にここで詳しく説明するために、NLP をモデリングから適用、訓練までの幅広い活動を指す包括的なラベルとして使用します。この本の中でのどんな使用においても、私たちはコアの NLP −すなわち、NLP modeling と上述したもの−について言及しているのか、何か NLP の適用−NLP application −について言及しているのかについて明確にします。私たちの意見としては、そこにはとても重要な違いがあります。時には、私たちは NLP training という言葉を使うことによってトレーニング(訓練)と適用をさらに区別します。意図している区別が文脈(著者の意図を適切に指定してる周囲の文章)から明らかである場合には、私たちはプレゼンテーションにそれを明記しないことによって、記述されたプレゼンテーションのために選択してきた人工的な手段を避けるでしょう。私たちは、この区別が、読者の一部の関心を活性化し、卓越性のモデリング−すなわち NLP modeling −に熟達して積極的になることに全力を傾けるよう彼らを鼓舞するほど明確で説得力があるものになることを望んでいます。


Modeling, Application or Design

In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.

The required distinction is the same as the distinction between physics and engineering, or medical research and clinial practice, or chemistry and pharmacology. Physics, for example, is the study of the patterns that govern the physical phenomena about us. Such studies over centuries have resulted in the coding of certain patterns, principles, laws of nature... An engineer designing a bridge will draw upon this body of tested and verified patterning (especially the computational formulae) to carry out his work. He is said to be applying the principles of physics in order to work how specifically the bridge should be constructed. Physics−the study of the fundamental patterns of physical phenomena−can be applied in multiple instances from bridge bulding to the design of extraterrestrial vehicles. Such examples are application of physics, pure and simple.

Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...). A business consultant addressing a challenge within a client company will draw upon the pattern. She will be said to be applying this body of tested and verified patterns in order to determine how specifically to resolve the challenge. NLP−the study of the fundamental patterns of excellence in human performance−can be applied (in the context of business practice, for example) to manegement practice, strategic planning, personnel, recruitment, new product design... Such examples are applications of NLP, pure and simple.

The meta model can, for example, be usefully understood to be an application ot the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar.

It is important to note that in the coding of a large number of patterns in the initial modeling done by Grinder and Bandler is a set of variables. These variables (for example, state), inherent in each of the coded models, constitute an initial vocabulary out of which the patterning of excellenceis composed. Such variables may function as the design variables for creating and testing assitional patterns. While these may be largely variations on the patterning initially discovered and coded by Bandler and Grinder, it is possible to use them to develop genuinely new patterning and models. The new code (covered in Part under The New Code) is an excellent example of pure design, a pure manipulation of these variables. Thus, we identify the distinction between modeling and design.

Indeed, from our limited point or view, there is little activity in the general field knows as NLP modeling that strictly speaking should be so labeled. In fact, part of the motivatoin for writing this book is our concern that unless the distinction we are presently proposing is recognized and more importantly, the activity of modeling becomes in fact a significant activity of what is loosely called NLP, the technoolgy of modeling that produced such powerful patterning will simply fade away. It is, for example, almost impossible to attend a high quality management seminar in the USA or Western Europe without encountering any number of NLP coded patterns of excellence such as representational systems or much of the vgerbal patterning. Thus, unless renewed activity in modeling and the coding of new patterning of excellence becomes the touchstone for NLP, then it is quite likely that the patterns of excellence initially mideled and coded will simply be incorporated in the various applications areas. Once such an integration is completed, there will be no justification for anything called NLP.

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue−how shall we refer to NLP and its various activities. If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

For purposes of the exposition here then, we will use NLP as a generic label referring to the entire range of activities from modeling through applivations to training. In any usage in this book, where in our opinion it makes an important difference, we will specity whether we are referring to core NLP−that is, as presented above, NLP modeling −or to some application of NLP−therefore, NLP application. At times we will further distinguish application from training with the use of NLP training. In some cases, the intended distinction is clear from context (the surrounding text specifies the intention of the writers adequately) and we will avoid the artifical device we have selected for a written presentation by leaving the specification out of the presentation. Our hope is that the distinction will be clear and cogent enough to activate interest on the part of some of the readers and inspire them to commit to becoming proficient and active in the modeling of excellence − that is,

             NLP modeling.

('Whispering in the Wind' p.50-52)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

神経言語プログラミング NLP

NLPはモデリング技術であり、特に、同じ分野または活動における天才のパフォーマンスと平均的な人のパフォーマンスの違いを作り出す一式の差異を主題にしています。この意味で、NLPにおけるモデリング研究の目的は、伝達可能で学習可能なコードとしてこれらの一式の差異を説明することにあります。このため、その中核的な活動は、暗黙的な知識を明示的なモデルにマッピングすることです。このメタ学問分野は、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって1970年代前半に創始されました。


Neuro-Linguistic Programming NLP

(NLP) is a modeling technology whose specific subject matter is the set of differences that make the difference between the performance of geniuses andthat of average performars in the same field or activity. In this sense, the objective of modeling studies in NLP is to explicate in a transfer able and learnable code these sets of difference. The core activity, then, is the mapping of tacit knowledge onto an explicit model. This meta-discipline was created by John Grinder and Richard Bandler in the early 70's.
('Whisperingin the Wind' p.50)



John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

アルバート・アインシュタインの言葉

一方では感覚体験の全体性が、他方では概念と命題の全体性が見られます。概念と命題の間の相互関係は論理的性質のものであり、論理的思考の仕事は、しっかりと定められた規則に従って概念と命題の相互接続が達成されることに厳密に制限されており、それは論理の懸念事項です。概念と命題は、感覚体験とのつながりを通してのみ、「意味」つまり「内容」を獲得します。後者が前者とつながることは、それ自体が論理的性質ではなく、純粋に直観的です。この接続、つまり直観的な結合が引き受けることができる確実性の程度によって、中身のないファンタジーと科学的な「真実」が区別されます。概念体系とは構文の規則と共に人間を創造することであり、それが概念体系の構造を構成しています。
(アルバート・アインシュタイン「自伝的ノート」p.13より)


I see on the one side the totality of sense-experiences, and on the other, the totality of the conceptsand propositions. The relations between the conceptsand propositions among themselves and each other are of a logical nature, the business of logical thinking is strictly limited to the achievement of the connections between concepts and propositions among each other according tofirmly laid down rules,which are the concern of logic. The concepts and propositions get “meaning" viz.,"content" only through their connection with sense-experiences. The connection of the latter with the former is purely intuitive, not itself of alogical nature. The degree of certainty which this connection, viz., intuitive combination, can be undertaken and nothingelse, differentiates empty fantasy from scientific "truth". The system of concepts is a creation of man together with the rules of syntax, which constitute the structure of the conceptual system.
AlbertEinstein, Autobiographical Notes, p.13

アルバート・アインシュタイン















ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.28より
John&Carmen













 

 

Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョングリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

NLPとは何か?

私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。

We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology.

('Whispering in the Wind' p.10)

John&Carmen
















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2020/06/13

NLPは高次の操作の認識論です

私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。この説明によって、私たちはいくつかのことを意味しています。第一に、モデリングと、このモデリングの結果である多くのコード化された卓越性のパターンの適用の両方によって定義される操作は、私たちが通常疑いなく受け入れているマインドマップの一部を形成しているプロセスそのものに挑戦するように設計された操作です。これらの挑戦は、私たちが私たちの経験から通常引き出している結論と、私たちがそのような一般化を正当化するために使用している証拠との関係について、新鮮な見方をするように要求しながら、私たちのマインドマップの重要な部分に重大な改定を行うことを強制するよう設計されています。実際に、そのような挑戦は、私たちが意識的に自分自身について、お互いについて、そして私たちの周りの世界について知的な決断を試みるための、私たちの受容体からより高いレベルのコード化に至るまでのマッピング操作に対して、私たちを敏感にします。これが、私たちが提案したNLPの特徴付けにおける「操作」という用語の意味です。

この特徴付けにおける「高次の」により、NLPの焦点であるパターンは物理的世界のパターンではないことを、より具体的に読者に指摘することを意図しています。これらの物理的世界のパターンは、物理学とそれに関連する分野の領域です。NLPの焦点であるパターンは、それらが一時的経験となる前に既に神経学的変換を受けた表象−本書でファーストアクセス(FA)と呼ぶもの−です。私たちが提案していることを正しく理解するためには、認識論の世界への小旅行が必要です。私たちは、どのような深さであってもそれを動機づけることなく自分の立場を述べます。興味のある読者は、「日常生活の認識論(作業タイトル)」(グリンダーとボスティック、2002年)で私たちが行っている全ての議論を調べたいと思うかもしれません。

 


We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology. By this statement, we mean several things: first that the operations defined both by modeling and by the application of many of the coded patterns of excellence that result from this modeling are operations that are designed to challenge the very processes by which we form portions of ourmental maps that we normally accept which we form portions of our mental mapsthat we normally accept without question. These challenges are designed to force a critical revision of significant portions of our mental maps, calling for a fresh perspective about the relationship between the conclusion wetypically draw from our experiences and the evidence that we use to justify such generalizations. In effect, such challenges, sensitize us to the mapping operations ranging from our receptors to the higher level codes by which we consciously attempt to make intelligent decisions about ourselves, one another and the world about us. This is the sense of the term operational in our proposed characterization of NLP.

uestion. These challenges are designedto force a criticalrevision of significant portions of our mental maps, callingfor a freshperspective about the relationship between the conclusion wetypically drawfrom our experiences and the evidence that we use to justify suchgeneralizations.In effect, such challenges, sensitize us to the mappingoperations ranging fromour receptors to the higher level codes by which weconsciously

By higher order in this characterization, we more specifically intend to pointout to the reader that the patterns that are the focus of NLP are not thepatterns of the physical world; those patterns of the physical world are the domain of physics and associated disciplines. The patterns that are the focus of NLP are the representations that have already been subjected to neurological transforms prior to our first experience of them – what in this book we will call First Access (FA). To appreciate what we are proposing requires a briefexcursion into the world of epistemology. We will state ourposition without attempting to motivate it in any great depth. The interested reader may wish to examine the full argument we make in RedTail Math: the epistemology of everyday life (working title), Grinder and Bostic, 2002.

'Whispering in the Wind' p.10-11

John&Carmen














Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

カール・マルクスの言葉

外観と現実に違いがなければ、科学は必要ないでしょう。

カール・マルクス

If there were no difference between appearance and reality, then there would be no need for science.

Karl Marx(1818-1883)

カール・マルクス














ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア共著
「風の中のささやき」p.10より
John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

私たちは生きて、存在しています

鷹














私たちは生きて、存在しています。私たちは、感情なく、判断もなく、目撃しています。

We are alive; we are present. We witness without emotion, without judgement...

('Whispering in the Wind p.9)

John&Carmen
















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13

NLPにおける「神経学と言語」

湿った牧草地の上を湿原の鷹が素早く優雅に舞い降り、そしてけたたましい鳴き声をあげながらまるで壊れた夢のようにあっという間に地上に急降下します・・・狩りで勝利を収めて再び上昇し、その爪の中には獲物がしっかりと握られています。

鷹



 












その停止した瞬間、私たちは言葉もなくそれを目撃し、豊かな質感のある感覚で満たされ、生き物との同一性を確認しています。私たちはこの短い時間ために、人間以外の仲間の種に近いのです。私たちの目は、鷹の優雅さ、スピード、正確さを捉えて味わいながら正確に焦点を合わせ、私たちの耳は、獲物が逃げようと無駄な試みをする必死な動きの音と、私たちが目の前に展開するドラマに沿って静かに滑らかに位置を移動しても私たちの顔と手を冷やす太陽に道を譲る朝の海霧の最後のささやきに合わせます。私たちは生きて、存在しています。私たちは、感情なく、判断もなく、目撃しています。

 

 「貴方は、彼がウサギの上に降りるために翼をひねった方法に気がつきましたか?」

 

私たちは仲間に尋ねます・・・そしてその瞬間は沿岸の霧と共に消えていき、私たちは良くも悪くも人間に戻ります。

 

私たちがその質問に答えるか、単にうなずくかにかかわらず、その蜘蛛の巣(のような関係)は引き裂かれ、その同一性は風に乗って過ぎ去っていきます。この質問は、努力なしに、実際には、選択なしに生み出された、言葉によって引き起こされた突風のようなイメージ、音、感触への扉を開きます。ハリアー(鳥名)がそのドラマを完成させる具体的な方法のイメージは、それを味わうためではなく、比較と分析のために再生されます。

 

 彼は右翼で旋回しただろうか、左翼で旋回しただろうか?

 

貴方は、旋回の間に彼の尾っぽを横切る白い光の帯をはっきりと見たこと、そして今は貴方のイメージを調べていることを思い出し、彼が実際にその標的に降りる前に右翼をひねったことに気がつきます。「ウサギ」という言葉は、貴方が一度見たことがある高いシャパラル(訳注:カリフォルニアの常緑の低木から成る生物群系)からジャックウサギが行った驚異的なジャンプから、貴方が子供の時に小さいウサギを初めて抱っこした時の温かいフワフワした感覚に及ぶ、長い一連の音、イメージ、感情を引き出します。

 

しかし、言葉が貴方を連れて行くところがどこであっても、言葉は最も確実に貴方をその瞬間から連れ出します。湿地の鷹とウサギ、朝の霧と朝日、そしてそれらの停止した瞬間の全ての経験は、貴方の気付きをかすかに駆け抜け、貴方の神経系の中の関連するファイルの別の項目にこの独特な経験を変形する関連付けの大きな渦の中で失われてしまいます。言語を通して、特定のものは一般的なものに変化します。

 

その日の後半には、貴方はこの話を友達に説明し、貴方が聞いたことを覚えている最後の鳴き声が、鷹が視界から見えなくなる前に起こったのか直後に起こったのか、風が貴方の左から上がったのか右から上がったのか、この湿地の鷹が先週見たものより大きかったのか小さかったのか、そのウサギが十分に成長していたのかどうかを思い出すことを試みて、貴方は言葉に詰まり、部分的に難しいと気付くでしょう。貴方がその瞬間を再構築するにつれて、感覚的印象は記憶に沈んでいきます。

 

しかし、その瞬間は実際に起こったのでしょうか?霧は貴方の顔を冷やしましたか?それとも、皮膚と空気との間で複雑な熱と水分による交換が起こり、それが貴方の顔や手の温度を下げましたか?貴方は牧草地に湿地の鷹がいるのを見ましたか?それとも、後頭葉のV1として知られている場所で見ましたか?

 

もちろん、どうしてその瞬間が起こったのでしょう・・・太陽が昇るということと同じくらい確実に。それは、もちろん、地球がその軸で回転していて、太陽が地球に対して常に一定の場所にいるということが明らであることとは反対に、太陽が実際に昇ったということに同意してくれる教養人を見つけなければならないという問題があります。

 

神経学と言語−これら2つの大きな一連の変形は、私たちを周囲の世界から切り離し、そして私たちを周囲の世界につなげます。このように、神経学と言語は、私たちの一人一人、全員を小馬鹿にします。

 

A marsh hawk swoops swift and graceful over the damp meadow and then with a shrill cry falls like a broken dream precipitously to the earth... only to rise again triumphant in the hunt, itsprey grasped firmly in its talons.

For that suspended moment we witness without words, filled with rich textured sensory knowledge, confirmed in our identification with living things. We are for this brief passage of time closeto our non-human companion species. Our eyes focus with precision, capturing and savoring the grace, speed and precision of the falcon, our ears tune themselves to the sounds of the desperate movements of the prey's futile attempt at escape and the last wisps of the morning sea fog giving way before therising sun cools our face and hands even as we silently and smoothly shiftposition to follow the unfolding drama before us. We are alive; we are present.We witness without emotion, without judgment...

 "Did you notice the wayhe turned on his wing to fall upon the rabbit?"

asks our companion... and the moment vanishes along with the coastal fog and we are again human, for better or for worse.

Whether we respond to the question or simply nod, the webis rent; the identification passes on the wind. The query throws open the gatesto a gust of images, sounds and feelings triggered by the words, generated without effort, indeed, without choice. The images of the specific way in whichthe harrier completes the drama are now replayed, not for appreciation but for comparison and analysis.

 Did he pivot on his right wing or his left?

You remember seeing clearly the flash of the white band across his tail during thepivot and now examining your images, you realize that he actually turned on hisright wing before falling upon his mark. The word rabbit drags a long sequence of sounds, images and feelings ranging from an incredible launch by ajackrabbit you once saw out in the high chaparral through the warm furry sensations of the first time you, as a child held a small rabbit.
 
But wherever the words take you, they most assuredly take you out of the moment: the marsh hawk and the rabbit, the morning's mists and the rising sun, and all the experiences of those suspended moments are lost in a maelstrom of associations thatrush through your awareness dimly, converting this unique experience into another entry in the associated files within your neurology. Through language, the specific has transformed itself into the general.

Later that day, you will hesitate, only partially aware of the difficulty, as you relate the story to a friend and attempt to remember whether the last squeal you remember hearing occurred before the hawk dropped out ofsight or immediately after wards, whether the wind rose from your left or right, whether this marsh hawk was larger or smaller than the one you saw last week or whether the rabbit was fully grown... Sensory impressions sink into memory asyou reconstruct that moment.

But did that moment actually happen? Did the mistcool your face or did a complex heat and moisture driven interchange occur between skin and air that reduced the temperature of your face and hand? Did you see the marsh hawk out there in the meadow or in the area known as V-1 on your occipital lobe?

Why, of course, that moment happened...as surely as the sun rises. There is, of course, the problem of finding an educated person who will agree that the sun did actually rise as opposed to the earth having turned on its axis to reveal the sun precisely where it always was with respect to the earth.

Neurology and language - those two great sets of transforms that both separate us from, and connect us to, the world around us. Thus do neurology and language make fools of us all, each and every one of us!
('Whispering in the Wind' p.9-10)

John&Carmen















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

 









記事更新日:2020/07/03

書籍の紹介「Whispering In The Wind」

Whispering In The Wind
381P (英語) ペーパーバック−2001/12/31
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair

書籍03















Amazon:
Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/13
テーマ
記事検索
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
メンバーリスト
photo garally アメリカ
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • ライブドアブログ