New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト:
http://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLPスクール日本語研究部:
http://nlp-kotoba.blog.jp/

4タップル

前庭感覚について

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、2011年5月に東京の渋谷で開催されましたニューコードNLPトレーナーズトレーニングコース(後期課程)の中で、「4タップル」のモデルに Vestibular sensation(略称:Vs)を追加しました。これは「前庭感覚」と呼ばれているものです。これにより、NLPの初期モデルである4タップルは5タップルに変更されました。

前庭感覚(Vestibular sensation, 略称Vs)、すなわち前庭感覚系(平衡感覚系)は、頭の位置と運動の情報を検知して、体のつり合いと平衡の感覚を伝え、頭と眼球の協調的な運動(前庭眼反射)と体の姿勢の調節とを助けています。前庭系は、重力に対して反応し頭の向きを検出する前庭嚢(卵形嚢、球形嚢)と、頭の回転運動の変化(角加速度)を検出する半規管からなります。前庭系が正常に働くとき、私たちはそれを直接感じることはありません。

自分の身体のバランスをとる働き:
●地球の重力に対して自分の姿勢を保つ。
●自分の身体の傾きや回転を感じる。
●自分の身体の揺れやスピードを感じる。
●自分の身体の

自分の身体の機能を把握する働き:
●自分と他のものの距離や高さを把握する。
●自分の身体が環境への挑戦を行うことを促す。

ブランコやトランポリンは前庭感覚(三半規管の機能強化と平衡感覚)の向上に役立ちます。
ブランコ








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2020/07/04

4タップルから5タップルへ

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、2011年5月に東京の渋谷で開催されましたニューコードNLPトレーナーズトレーニングコース(後期課程)の中で、「4タップル」のモデルに Vestibular sensation(略称:Vs)を追加しました。これは「前庭感覚」と呼ばれているものです。

これにより、NLPの初期モデルである「4タップル」は「5タップル」に変更されました。

●4タップル(4-tuple)…1978年に開発されたモデル
 →感覚入力の経路は V
,A,K,O/G

●5タップル(5-tuple)…2011年に修正されたモデル
 →感覚入力の経路は V,A,K,O/G,Vs

Vestibular sensation に関するページはこちらです


2011年5月に開催されたNLPトレーナーズトレーニングコース(後期課程)の参加者。
(東京・渋谷にて)
集合写真














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2020/07/04

触感と直感的感覚について

NLPの初期に生み出された4タップル(4-tuple)というモデルでは、視覚や聴覚と同じように、触覚も「外部生成」と「内部生成」の2種類に区別されました。

外部生成による触覚、すなわち接触によって身体が知覚する感覚を「触感」、内部生成による触覚、すなわち情動および自己刺激に対する感応を「直感的感覚」と呼びました。

●外部生成による触覚:
 →接触によって身体が知覚する感覚…触感

●内部生成による触覚:
 →情動および自己刺激に対する感応…直感的感覚

ハグ













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/04

デジタル聴覚について

NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラー、NLP共同開発者ロバート・ディルツとジュディス・ディロージャの4人は、大脳には(まるで言葉が感覚であるかのごとく)言葉専門の処理システムがあることに気づきました。そして、この言葉による情報をデジタル聴覚(Auditory Digital)と名づけ、音楽や風の音などに耳を澄ませることで得られる聴覚データ(Tonals)と区別しました。

言葉を使った思考、すなわち内的対話(internal dialogue)では、声の奏でる音楽ではなく、各単語にコード化された「意味」に特に注目しています。

河川















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/04

4タップルについて

NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラー、NLP共同開発者ロバート・ディルツとジュディス・ディロージャの4人は、「NLP」という名称を初めて使用した共著「神経言語プログラミング、第鬼」(1980年)を出版した際、その著書の中で、「人間の体験は5つの知覚システム(視覚、聴覚、体感覚、味覚、嗅覚)と2つの情報アクセス(外部生成と内部生成)のそれぞれの要素を組み合わせることによってシンプルにコード化することができる」と記述しています。この概念を4タップル(4-tuple)と呼んでいます。(Grinder, Bandler, Dilts, DeLozier, Neuro-Linguistic Programming, 1980, p.17)

《知覚の要素》
●視覚(Visual)・・・略語「V
●聴覚(Auditory)・・・略語「A
●触覚(Kinesthetic)・・・略語「K
●嗅覚(Olfactory)・・・略語「O
●味覚(Gustatory)・・・略語「G

《経験の要素》
●外部生成(external)・・・略語「e
●内部生成(internal)・・・略語「i


参考ページ:
リプレゼンテーショナル・システム:行動の構成要素(1)


知覚システム









Neuro-Linguistic Programming
Meta Publicaions
1980-06







NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/04

リプレゼンテーショナルシステム:行動の構成要素(2)

次のパタ抜粋は、者が4タップルをさらに理解することを助けてくれるでしょう。

あなたがこの時点でかな場所に心地よく座って一人でんでいる者であると仮定すると、4タップルはあなたの現在のこの世界の経験を次のように表現することに使えます。

この本の印刷された文字、
この部屋の照明のパタ
ーン...

この椅子の感
この部屋の...

(空集合)

この部屋のにおい、
の新鮮さ...(i)




者の体を表現している特定の4タップルは、i 者の指示指標であり、空白 はそのモドについての体がないことを示しています。

言い換えれば、読者の現在の世界の体験は、文字による視覚的な入力、彼の現在の体感覚、そして利用可能な匂いの感覚の記述によって表現されています。私たちの仮定では、読者は外側の世界から聴覚的な入力を何も受けていない場所にいるので、変数Aの値(彼の体験の聴覚の総量)は0です。変数V、K、Oの値は、現時点でその読者に作用している世界からの入力の記述によって規定されています。私たちは、読者の現在の体験についての4タップルを規定するときに、読者の外側の世界から発生している体験を表現するように自主制限したことに注意してください。4タップルは、読者の全体的な体験、すなわち、読者の外部の世界に由来するかどうかにかかわらず彼の現在進行形の体験を表現するためにも使えます。私たちは、4タップルで記述された体験の一部の起源を同定すること、すなわち4タップルによって表現されている体験のどの部分が、その体験が4タップルで表現されている人の外側の世界に由来し、どの部分がその人独自の内部プロセスによって生成されているのかを区別することが、私たちの仕事に役立つことを発見してきました。この区別を表現する簡単な方法の一つは、4タップルのそれぞれの構成要素に i(内部由来)又は e(外部由来)の上付き文字を付けるだけです。したがって、読者が現時点で内的対話とともに本を読んでいると仮定し、4タップルの構成要素が内部由来か外部由来かを区別する上付き文字を使うと、読者の4タップルは次のようになります。

印刷された本の文字(e
この部屋の照明パターン...

この椅子の感触(e
この部屋の温度...

聴覚の内的対話のテンポと質(i)...

この部屋のにおい(e
空気の新鮮さ...


このモデルの全ての区別と同様に、体験が内部由来か外部由来かについてこの上付き文字の区別は、これが使用されるタスクに役立つときにのみ採用されます。


次のページ「リプレゼンテーショナルシステム:行動の構成要素(3)」に続く


The following except from Patterns will further assist the reader in understanding the 4-tuple:

"Assuming that you are a reader who at this point in time is sitting comfortably in a quiet place and that you are reading alone, the 4-tuple can beused to represent your present experience of the world as follows:

the printed words of thebook,
the lighting pattern of the room...

the feeling of the chair,
the temperature of the room...



the smell of the room,
the freshness of the air... i


The specific 4-tuple which represents the reader's experience where i is the referntial index of the reader and the blankspace
indicates no experience in that mode.

"In words, the reader's present experience of the world is represented by a description of the visual input from the words, his present kinesthetic sensations and the olfactory sensation available. Since, by our assumption, the reader is in a place where he is presently receiving no auditory input from the external world, the value of the variable A, (the auditory tonal portion of hisexperience) is O. The values of the V, K and O variables are specified by a description of the input from the world that is impinging on the reader at this point in time. Notice that in specifying the 4-tuple for the reader's present experience, we restricted ourselves to representing experience originating in the world external to the reader. The 4-tuple can also be used to represent the reader's total experiencethat is, his present ongoing experience independently of whether it originates in the world external to the reader or not. We have found it useful in our work to identify the origin of the portion of the experience described in the 4-tuple−that is to distinguish between which portion of the experience represented by the 4-tuple originatesin the world external to the person whose experience is represented by the 4-tuple and which portion is generated by the person's own internal processes. One easy way of representing this distinction is by simply attaching asuperscript to each component of the 4-tuple−either an i (internally generated)or an e (externally generated). Thus assuming that the reader is reading with internal dialogue at this point in time and using the superscripts which distinguish the internally generated from externally originated components ofthe 4-tuple, the reader's 4-tuple would look like:

the printed words(e), ofthe book,
the lighting pattern in the room...

the feeling of(e), the chair,
the temperature of the room...

the tempo and tonal(i), qualities ot the auditory internal dialogue...

the smell of(e), the room,
the freshness of the air...

"As with all the distinctions in the model, this superscript distinction between internally and externally generated experience will be employed only when it is useful for the task for which it is to be used."


知覚システム








引用:Neuro-Linguistic Programming: Volume機The Study of the Structure of Subjective Experience p.18-19

Amazon:

Neuro-Linguistic Programming
John Grinder
Richard Bandler
Robert Dilts
Judith DeLozier
Meta Publications
1980-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/17

リプレゼンテーショナルシステム:行動の構成要素(1)

リプレゼンテーショナルシステム: 行動の構成要素

人間の行動のパターンが形成される基本的な要素は知覚システムであり、これを通して人類は環境に働きかけています。知覚システムとは、視覚(視力)、聴覚(聴力)、運動感覚(体感覚)そして、嗅覚/味覚(匂い/味)です。NLPのモデルは、私たちの(内部と外部の)環境と行動に関して私たち人間が行うことのできる全ての区別は、このシステムの単位で表現されることを前提としています。これらの知覚の種類は、人間の知識の構造的パラメーターを構成しています。

私たちは、全ての進行中の体験は、これらの感覚の種類のいくつかの組み合わせからなるものとして有益にコード化されると仮定しています。私たちの以前の研究(パターン参照)では、進行中の感覚体験の表現を4タップルと略して表現することを選択してきました。4タップルは次のように視覚的に表されます。

  < Ae,i,Ve,i,Ke,i,Oe,i

ここでは、大文字は、私たちの世界のモデルを作るために使っている主要な感覚の種類またはリプレゼンテーショナルシステムの略語です。

  A=聴覚/聴力
  V=視覚/視力
  K=運動感覚/体感覚
  O=嗅覚/味覚−匂い/味

上付き文字の「e」と「i」は、私たちが何か私たちの外側にあるものを見て、聞いて、感じて、匂いを嗅いで、味わっているときに、その表現(representations)が外側「e」のソースから来ているのか、あるいは私たちが何か画像、音、感触、匂い、味を思い出したりイメージしたりしている時のように内側「i」から起こっているかを示しています。私たちは4タップルを象徴(アイコン)的にこのように示すこともできます。


次のページ「リプレゼンテーショナルシステム: 行動の構成要素(2)」に続く


Representational Systems: The Building Blocks of Behavior

The basic elements from which the patterns of human behavior are formed are the perceptual systems through which the members of the species operate on their environment: vision (sight), audition (hearing), kinesthesis (body sensations) and olfaction/gustation (smell/taste). The neurolinguistic programming model presupposes that all of the distinctions we are human beings are able to make concerning our environment (internal and external) and our behavior can be usefully represented in terms of these systems. These perceptual classes constitute the structural parameters of human knowledge. 

We postulate that all of our ongoing experience can usefully be coded as consisting of some combination of these sensory classes. In our previous work (see Patterns II) we have chosen to represent and abbreviate the expression of our ongoing sensory experience as a 4-tuple. The 4-tuple is shown visually as:

  < Ae,i,Ve,i,Ke,i,Oe,i


Here, the capital letters are abbreviations for the major sensory classes or representational systems that we use to make our models of the world:

  A Auditory/Hearing
  V
 Visual/Sight
  K
Kinesthetic/Body Sensations
  O 
Olfactory/GustatorySmell/Taste


The superscripts "e" and "i" indicate whether the representations are coming from sources external, "e", to us, as when we are looking at, listening to, feeling, smelling or tasting somethingthat is outside of us, or whether they are internally generated, "i" as when we are remembering or imagining some image, sound, feeling, smell ortaste. We can also show the 4-tuple iconically as:

知覚システム








引用:Neuro-Linguistic Programming: Volume機The Study of the Structure of Subjective Experience p.17

Amazon:
NLP関連書籍Neuro-Linguistic Programming
John Grinder
Richard Bandler
Robert Dilts
Judith DeLozier
Meta Publications
1980-06-01



NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/06/17
テーマ
記事検索
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
メンバーリスト
photo garally アメリカ
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの海岸を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • ライブドアブログ