New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクールの公式ブログです。

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイトはこちらです。
http://www.nlp-school.jp/

6ステップリフレーミング

Six Step Reframing 日本語訳(3)

Whispering In The Wind
by Carmen Bostic St. Clair and John Grinder
p.220-222

書籍















飲酒問題をもっているアルコール中毒患者、または減量したいと思っている人を、例に取ってみましょう。それは、いかなる中毒にも有効に適用できます。典型的なケースでは、クライアントの過去を調査してみると、一定期間は禁酒することができても、また飲酒を始めていることが明らかになります。該当の行動の「見返り」、すなわち「二次的恩恵」や「二次的利益」が何であるかを明確にすると、以下のようなことが発見できます:

 

 彼は、リラックスするために酒を飲む

 彼は、日々の生活のプレッシャーから逃げるために酒を飲む

 彼は、社交的な状態を達成するために酒を飲む

 

リラックスした状態にアクセスすることを達成するという肯定的な意図にフォーカスするとします。この肯定的な意図は、クライアントにリラックスした状態へのアクセスを提供するすべての行動の集合の名称です。この集合は、定義上、常に元の行動を含んでいます。


※図の省略(Way of Achieving a State of relaxation)

言い換えると、リラックスした状態を達成する方法の集合には、b1(スポーツ), b2(読書), b3(瞑想), bi(ドラッグ), bi+1(ヨガ),bi+j(アルコール中毒), bn(呼吸エクササイズ),(コミュニティ・サービス)などといった多数の行動があります。この集合の要素(メンバー)が何であるかを、いったん(少なくとも部分的に)特定した後は、変化の作業は一般的に単純なものになります。つまり、この集合から問題の行動−この事例ではアルコール中毒−に代替する3つ以上の行動を選ぶだけです。

 

アルコール中毒のような古典的な中毒のケースでは、通常、複数の見返りまたは二次的利益があります。したがって、NLPプラクティショナーは、変化ワークを、肯定的な意図とそれに関連した見返りごとに、一連のセッションに分ける必要があります。このステップを適用することで、一連の集合が自然に生成され、各集合は、変化すべき行動の背後にあるそれぞれの肯定的な意図によって定義されます。

 

これらの2つのステップ(3と4)は、意識的に内容の開示をする必要がないことに注目して下さい。より具体的に言えば、不随意のシグナル体系の強力な支援があれば、有能なNLPプラクティショナーは、完全にコンテント・フリーのアプローチを取り続けることができます。さらに注目すべきことは、無意識が、肯定的な意図と新しい行動のどちらに関しても、その内容を開示することなしに、これらすべてを管理することができるという点です。従って、クライアントが意識的に内容の開示を行わないことを選択する場合、または無意識が情報の開示を拒否する場合に、ステップ3で、内的対話を通してクライアントが自分の無意識に行う質問は以下の通りです:

 

 「変化すべき行動の背後に肯定的な意図がありますか?」

 

あるいは、同様に、以下のように質問することができます:

 

 「無意識さん、変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認することはできますか?」

 

ステップ4で、内的対話を通してクライアントが無意識に要求するのは、以下の通りです:

 

 「貴方が既に確認した変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を、すべて満足させる様々な行動を生成し、その中から実行に移す3つ以上の行動を選択してください。そして、この作業が完了したら、私に肯定的なシグナルを送ってください。」

 

このパターンは、クライアントが、元の行動が提供していた見返りへのアクセスを失うことがないことを保障します。私たちの累積35年以上の経験では、大多数のセラピーの実践者が直面する主要な障害である「抵抗」は、発生しません。

 

抵抗は、私たちに言わせれば、特に重要な非言語的フィードバックの形式であり、適用されている変化プロセスが、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を適切に特定していないか、これらの意図を満足させるための代替となる行動が不十分である、ということを告げてくれるものです。これは、クライアントが変化したいと意識的に言う行動には、現在進行中の変化プロセスによって尊重されていない重要な二次的な見返りが含まれているという言こともできます。言い換えれば、本人(クライアント)は、自分自身がいる文脈(コンテキスト)の知覚において、自分のメンタルマップの制限の中で選択することができる最善の選択肢である行動を取っているということです。より具体的には、ステップ3と4では、この原理が十分に尊重されていて、抵抗が取り除かれます。

 

ステップ5では、クライアントは、この集合から3つまたはそれ以上の行動を選び、変化すべき行動が発生したまさにその文脈の中で、無意識がこれらの新しい行動を実行する責任を取れるかを尋ねます。

 

最後のステップ(ステップ6)では、無意識に対して、元の行動に代替するように選ばれた新しい行動が、その本人(クライアント)の他のパーツの要求と一致しているかを確認します。もしも新しい行動の1つまたはそれ以上に対して異論があれば、NLPプラクティショナーには2つの選択肢があります。1つ目は、異論のある行動を、生成された元の集合から選んだ他の行動に置き換えます。2つ目は、その異論を、他のリフレームのスタート・ポイントとして使い、ステップ3に戻って、その異論の背後にあるいくつかの肯定的な意図を確認するところから始めます。驚くべきことに、これらすべてのことは、有能なNLPプラクティショナーによって、関与する内容にアクセスすることなしに達成されることが可能であり、変化プロセスへのNLPの適用の際立った利点です。



Six Step Reframing 原文(1)
Six Step Reframing 原文(2)
Six Step Reframing 原文(3)
Six Step Reframing 日本語訳(1)
Six Step Reframing 日本語訳(2)
Six Step Reframing 日本語訳(3)


John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





 

 

Six Step Reframing 日本語訳(2)

Whispering In The Wind
by Carmen Bostic St. Clair and John Grinder
p.215-220

書籍














クラシックコードと6ステップリフレーミングの比較

 

これらの(クラシックコードの)欠陥を6ステップリフレーミングの構造と比較することは有益です。読者のメンタルマップが筆者のメンタルマップと一致していることを確認するために、6ステップリフレーミングの分析を提供します。

 

 6ステップ・リフレーミング

  1. 変化すべき行動を明確にする

  2. 信頼できる不随意のシグナル体系を無意識と確立する

  3. 変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認する

  4. 元の行動と同様にまたはそれ以上に肯定的意図を満たすことのできる代替手段のセットを生成する

  5. 実行のための責任を無意識に受け入れてもらう

  6. エコロジーチェック

 

ステップ1では、単に、クライアントが、このパターン化の残りの部分(2以降のステップ)を適用するのに十分に具体的な行動を特定したことを確認します。望ましい状態に関する情報は引き出さないことに注意して下さい。

ステップ2では、変化の仲介者は、パターンの残りの部分を実際に機能させるための極めて重要なプロセスを調整します。それは、クライアントの内部にある敬意を表すべき自己との対話であり、ここでは、クライアントは、フレームや質問からなる一連のせりふ(プロンプト)で内的対話(独り言)を行い、無意識からの反応を受動的に待ちます。意識的には再生できない生理的反応であるこれらの反応の不随意な性質により、パターンが、自分の恣意的な錯覚による最終的には無意味なエクササイズではないことが保証されます。

 

クライアントが自分の無意識に提示する最初のフレームは、自分の無意識を変化のプロセスに密接に関与させようとする、クライアントの(明らかにNLPプラクティショナーに促された)意識的要求を認識しています。実際にシグナル体系を確立するのを達成する具体的なプロセスには、たくさんのバリエーションがありますが、最もシンプルで、最も分かりやすいものは、以下のような、内的対話形式の質問を無意識に提示することです:

 

 あなたは(クライアント自身の無意識のことです)、私とコミュニケーションをとりますか?

 

この質問を提示した後、クライアントは、NLPプラクティショナーの指示により、無意識からの反応を検知するために、体感覚系(身体感覚)に注意を集中させながら、受動的に待ちます。感覚の変化が現れたら、クライアントは、そのシグナルを(その感覚が発生した身体の部分を触りながら)認証し、(内的対話を通じて)ありがとうと感謝します。クライアントは、次に、そのシグナルの意味を判定する作業を行います。身体感覚というものは、結局は、単なる感覚でしかありません。そのシグナルが、最初の質問に対する「Yes」と「No」 のどちらの答えを意味するのかを判定する明確化の作業は、自分の無意識に対して(ふたたび内的対話を通じて)以下のような指示をすることで行われます:

 

 もし、今のシグナルが「Yes」であれば、もう一度同じシグナルを送ってください。

 

次に、フレーミングを使って(フレームの中で「No」のシグナルの必要性を説明して、それを要求することで)否定の不随意シグナルを生み出します。

 

ここからは、非常に重要なステップに入ります。無意識が活動しないように要請しながら、クライアントは、NLPプラクティショナーにより、「Yes」と「No」 の各シグナルを、意識的に、すなわち、変性意識状態(トランス)に入らない形で再生するように指示されます。クライアントが、無意識から送られたシグナルを意識的に再生できないようであれば、すなわち、該当のシグナルが不随意であれば、ステップ2は完了したことになります。もしクライアントが、2つのシグナルのうち、どちらかのシグナルを再生できる場合、シグナルは意識的です。この場合、クライアントは、フレーミングを使って無意識に代わりとなるシグナルを要請し、不随意のシグナルが確実に生み出されるまで、そのシグナルを随意/不随意のテストにかけます。これは、一般的な手順の例で、図式的には下記のようになります:


6ステップリフレーミング


















このプロセスは、文字通り適切な方法の中に無意識を位置づけているので、以前言及したクラシックコードのフォーマットに対する本質的な修正の1つとなっています。このプロセスはまた、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーに対して、変化のプロセスに無意識が直接的に関与する完全な生成型のフォーマットを提供するものと期待されます。その手順にはいくつかの利点があります。1つの明らかな点は、無意識は、ある特定の変化の長期的でグローバルな影響にアクセスする能力については、結果の観点から、意識よりも優れているということです。情報の7±2チャンクの限界がある意識は、このような評価をするには十分ではありません。

 

次に明らかな利点は、この手順を使うパターン(どのような変形であっても)と、直接的な催眠との比較です。催眠、特に深い催眠は、通常は、意識と無意識の大きな分離を意味しています。実際のところ、催眠が選択すべき治療であることを示す指標の1つは、クライアントが、意識で理解することの必要性にとらわれていたり、変化するのは不可能だという信念を持っていたりして、変化の仲介者が、これらの行動がクライアントの変化する能力を大いに妨げると判断するときです。従って、クライアントの意識的マインドを完全に回避することでクライアントの意識的活動が示す障害をバイパスできる催眠テクニックを通じて、熟練した催眠療法家は、意識的なパターンにも関わらず、早く深い変化を生み出すようにクライアントの無意識を刺激することができます。

 

ただし、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーの倫理的なコミットメントの1つとして、NLPプラクティショナーは、自分のクライアントに誘導した分離(ディソシエーション)に注意し、セッションの終わりの仕上げの際に、このような分離(ディソシエーション)を全て元に戻すことを確実にしなければならないということに注意してください。すなわち、クライアントが変化のプロセスの一部で分離した部分を再統合するために、関連するアソシエーション・テクニックが必要となります。意識は通常その(催眠の)適用の中で役割を演じていないため、明らかに催眠自体はこの意味で分離的です。従って、催眠療法家は、ワークの後の仕上げの際に、意識と無意識を再統合する調整を行う責任を受け入れる必要があります。

 

リフレーミング・パターンのステップ2から6は、すべてこの不随意のシグナル体系を活用しており、ここでクライアントは、意識の「正常」な状態(NLPプラクティショナーとコミュニケートしている部分)と、変性意識状態(通常は、軽度から中度のトランス状態)の間を行ったり来たりします。従って、私たちは、この種類の手順(ステップ2〜6のクライアントの変性意識状態のシフト)は、ミルトン・エリクソンが彼のキャリアの終わりに取ったポジションと一致していると考えています。次のような質問をされたとき、

 

「催眠療法家が、クライアントに求めるべき変性意識状態は、どれほど深くあるべきですか?」

 

ミルトン・エリクソンは以下のように答えました。

 

「望んでいるセラピー上の目標を達成するのに必要な深さです。」

 

実際、後ほど説明するように、このような不随意のシグナル体系のいくつかの形式を含めることによって、グリンダーとバンドラーの当初の共同ワークが生み出した欠陥が大きく修正されるという意味において、どのようなクラシックコードのパターン化でも、ニューコードに変換することが可能になります。

 

ステップ3と4では、リフレーミングの心髄(主要部)が概念的に明示されています。これらのステップは、2つの別個の動作(手順)として行うことがベストですが、ここではひとまとめにして論じます。そのストラテジーは、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を特定し(ステップ3)、そしてその後に、この肯定的な意図を満たすような、新しい行動のセットを生成するということです(ステップ4)。

 

この(肯定的な意図を特定し、代替手段を生成する)ストラテジーが、特にどのように機能するかについて、読者が理解するのを助けるために、例を挙げます。実践の場において、NLPプラクティショナーは、通常、効果を生み出している変化の内容が何であるかを知りません。これはシークレット・セラピーであり、変化の仲介者が、変化のプロセスで適用するNLP適用の非常に優れた利点の1つです。実のところ、クライアントは、(ステップ1を達成した結果)起きている変化が何であるかを知っていますが、多くの場合、クライアントは、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図が何であるかは意識的に分かっていません。また、このようなクライアントは、前の行動が起こったような文脈(コンテキスト)に実際に入ってみるまでは、元の行動に取って代わる新しい行動も意識的に分かっていません。このようなポイントに入った時だけ、彼らは、肯定的な意図を満たすために「無意識的に」選択された新しい行動を発見します。


Six Step Reframing 原文(1)
Six Step Reframing 原文(2)
Six Step Reframing 原文(3)
Six Step Reframing 日本語訳(1)
Six Step Reframing 日本語訳(2)
Six Step Reframing 日本語訳(3)


John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク

Six Step Reframing 日本語訳(1)

Whispering In The Wind
by Carmen Bostic St. Clair and John Grinder
p.209-211

書籍
















ブレークスルーのパターン

 

私(ジョン・グリンダー)が、ヨーロッパから飛行機でシアトル・タコマ空港に到着したのは木曜日の夕方遅くでした。海外に出張する仕事は大変で、ヨーロッパからアメリカ西海岸への一時帰国の際には健康管理が必要でしたが、私はこれからの3日間を楽しみにしていました。

 

数ヶ月前、私は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーにある聖ポール精神病院の専門職のスタッフに、4日間のセミナーを開講しました。トレーニングは、この精神病院の精神科医、精神科の看護師、そしてその他の補助職員のために、精密なパターンと戦略を提供するように、明確にデザインされていました。この最初のトレーニングは快く受け入れられ、参加者は、それから数ヶ月間、彼らの仕事の中に提示されたパターンを組み入れることに同意しました。私は、病棟の慢性の統合失調症患者に対してワークを行う1日間のデモンストレーションと、2日間のトレーニングを行うために帰国をしました。2日間のトレーニングでは、デモンストレーションの際に私が行ったことを説明し、過去数か月間の彼らの直接的体験について整理するのを援助することになっていました。

 


私は、空港で車を借りた後、バンクーバーまで運転をして、ホテルにチェックインしました。その時、私は体の不調を感じたので、翌日にフレッシュな形で仕事ができるように、一晩熟睡することにしました。翌朝、目覚めると、体に異常が起こっていることに気づきました。40度くらいの熱があり、軽くうっ血していました。私は、それは肺炎を起こしかかっている症状だと気が付きました。私は状況をすばやく評価して、最も効果的な方法は私の無意識に任せることだと決めました。私は次のように提案しました。
「OK、私はあなたの支援が必要です。これから取引をしましょう。私は、自分の行動をあなたに委ねます。私のお願いは、デモンストレーションをする際、病院の専門職員と患者さんが最も恩恵を得る形で、私たちが最高レベルのクオリティのパフォーマンスを行うこと保証してくれることです。その代わり、私は、仕事が終わり次第、直ちにホテルに戻り、ブランデーを2杯飲んだ後、ベッドに入って熱を冷ますことを約束します。」



 

その日は、意識のない日がいつもそうであるように、あっという間に過ぎました。その日に、私は5人の別々の統合失調患者とワークを行い、少なくとも参加者の意見では、ハイクオリティの結果を生み出していたことを、後に参加者との会話を通して知りました。実を言うと、私は現在まで、その日に起こったことについては、当日2度ほど(休憩時間とお昼休みに)小休止して自分の周囲に関していくらかの意識を回復したとき以外は、何についても意識的な記憶がありません。私は、無意識に、うまくいっているかどうかを尋ねました。返答は即座でした:

 
 「黙っていてください!私がこれを処理しています。」

 

その取引の意識側の約束を守って、私は仕事の後、直ちにホテルに戻り、ブランデーを2杯飲んだ後、ベッドに倒れ込んで熟睡しました。朝、目覚めると、私は、13時間の眠りの間にすっかり汗をかいて、気分がとても良いと感じました。朝食の間、私は、その日にすべき課題、すなわち、前日の患者とのワークで私が使ったパターンを説明することについて考えました。この時、私は、前日行ったことに意識的なアクセスが全く無いことに気付きました。従って、私は、研修施設に早めに到着して、以下のような質問をしながら、参加者と、情報を引き出す非公式のセッションをすることにしました。

 
 「あなたが最も興味深いと感じたのはどのデモンストレーションですか?」

 「その特定のデモンストレーションの何が心を打ちましたか?」

 「具体的に私と患者のどのやり取りを最も興味深く感じましたか?」

 「具体的にどのように、それらが興味深いと感じましたか?」

 

これらの種類の情報を、トレーニングルームの後方で、少し自暴自棄になりながら、早めに到着した参加者に求めていたとき、私は、部屋の前方、より具体的にはそこにある黒板に、私の目が何度も向けられることに気付きました。最後に、自分の無意識が強く引き寄せられる馴染みのある感じを覚え、「失礼」と言ってトレーニングルームの前方まで進み、黒板の前に立ったところ、そこには、自分自身の手書きで次のように書かれていました。

 

リフレーミング

  1. 変化すべき行動を明確にする

  2. 信頼できる不随意のシグナル体系を無意識と確立する

  3. 変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認する

  4. 元の行動と同様にまたはそれ以上に肯定的意図を満たすことのできる代替手段のセットを生成する

  5. 実行のための責任を無意識に受け入れてもらう

  6. エコロジーチェック

 

私は、このパターンの前に立って、私の無意識の直接的産物であるその単純さに驚きました。このパターンは、ゆくゆくはニューコードとクラシックコードのパターンを区別することになると思われる相違を正確に含んだものでした。このエレガントなパターンは、バンドラーと私による長年のワークの産物で、また、ベイトソンとエリクソンの影響の輝かしい統合を表していたということには、今もそのときも疑いがありません。何というギフトであったことでしょう!

 

参加者とのさらに進んだ会話から、彼らの何人かは、私が前日に扱った各統合失調症患者とのセッションのあるポイントで、パターンにある項目の一部または全てを(異なる形式で)行ったことに、非常に興味深く気付いていたことが判明しました。これは、前回の4日間のトレーニングでは、参加者の誰も気付かなかったパターンで、極めて効果的なものでした。その日の終わりに、一人の参加者が、私の使っていたパターンを説明するように求めました。私は、私の目の前の黒板にあるパターンがそれですと答えました。

 

今日まで、長年に渡り、たくさんの個人的な経験と何千人ものクライアントとの経験を持っていて、適切なフレーミングと文脈(コンテキスト)が設定され、指揮権が無意識に明け渡されれば、無意識は非常に複雑でクリエイティブなことを行う能力があるということが何度も証明されてきましたが、私は依然として、結果についてはパワフルで、形式についてはエレガントで、適用については普遍的な、個人的な変化のための完全なパターンの提示となったこの経験に、畏敬の念を感じています。

 

 
Six Step Reframing 原文(1)
Six Step Reframing 原文(2)
Six Step Reframing 原文(3)
Six Step Reframing 日本語訳(1)
Six Step Reframing 日本語訳(2)
Six Step Reframing 日本語訳(3)




John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク


テーマ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
photo garally
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • 2020年秋・ニューコードNLPトレーナーズトレーニングコースを開催します
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース東京6期
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース大阪4期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース福岡7期のお知らせ
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「無限の豊かさにつながる脳の秘密」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「脳を超える。意識を超える」福岡開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」東京開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
  • ニューコードNLPワークショップ「内なるヒーラーとの出会い」大阪開催
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
twitter
  • ライブドアブログ